« 道場日記 | トップページ | 『キリスト教暗黒の裏面史』 »

2005/01/22

『ヘルシング』7巻

「なあ泣くなようセラス おまえはしぶとい女じゃん 俺を喰えよう
               俺を喰って いっしょにやっつけようぜ セラス」

平野耕太
少年画報社ヤングキングコミックス

「諸君、私は戦争が好きだ」
から始まる名調子が一部で有名なこの作品も佳境に入りつつあるのかな。
今回は平野節はすこし大人しめだったようだが。
「事前にそのキャラクターの隠された過去や、想い等を描いたエピソードが入ると、
 そのキャラクターは近々お亡くなりになる」
という定番をきっちり踏襲し、こちらではベルナドット隊長が戦死。
そのおかげと言っちゃーなんだが、セラス覚醒。
ロンドンでは大佐が指揮棒振ってるし、マクスウェルは暴走気味だし、ウォルターは美形になって若返るし。
(おまけに吸血鬼になってますが)
あげくアーカードはテムズ川遡るし。
続巻が待たれますが、如何せん1年1冊ペースだもんな~

|

« 道場日記 | トップページ | 『キリスト教暗黒の裏面史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/2663356

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘルシング』7巻:

« 道場日記 | トップページ | 『キリスト教暗黒の裏面史』 »