« あぶねぇなぁ、ホント | トップページ | 嫌なご時世 »

2005/02/04

今更ですが「手術体験記」

本日にて1ターン終了。
明日明後日とお休みです。

仕事中ビルの窓から外を眺めましたが…
何にも見えないじゃないか。
いやぁ、時間によってはひどかったですね。
帰って来たら来たでやっぱり降ってるし。
明日は荒れるかな?
病院行ってリハビリしようと思ってるんだが…

昨年12月始めに手術をした肘ですが、
内視鏡(関節鏡)による手術なので、手術痕は肘の上と下に2箇所、
それも1センチ以下のものしか残っていません。
ビバ、医療技術の進歩。

下側の傷は「×」マークになっており、
プラスドライバーがちょうどはまりそうな形になってるのを良い事に(?)、
大人には「実はここの皮膚の下にネジが入ってましてね」
というネタ、
子供には「機械鎧(オートメール)になって取り外しができるんだぜ」
というネタの小道具になってます。
(大人の方で信じる人がいるんですけど……)

いわゆる「テニス肘」と同じ状態でしたが、手術するくらいですからかなりの重症。
手術直前は伸びない、曲がらないで、
可動域は40度有る無し。
なんせ、額の汗がふけない、自分の肩に指が触れない。
ビールジョッキは片手で持てない。
タバコ吸うのに口を寄せていかなくちゃならないという始末。

MRIを見た医者が開口一番「……痛いでしょ?」と聞いたくらいですからw
いや、痛いから来てんですけどね。
たっぷり水も溜まってましたし。
それでもほぼ半年近く我慢したんですが。
(その状態で大会出たりした)

まぁ、手術そのものは筋肉と骨の付着部にできた「かさぶた」を
きれいに掃除して新しい血を出し、改めて「自己再生」させるというもので、
整形外科では文字通り「掃除」と言われているそうですな。
腱を移植したり、どこかとどこかを縫い合わせた訳ではない。
ってーことは………結局自力で治せって事なのねw

手術そのものよりも、「全身麻酔」でやったので
そっちの方が手続きやら、準備やらで大変でした。
はじめて「剃毛」も体験♪
どこを?脇の下ですw
「綺麗なおねえさんは好きですか」系シェーバーでぐりぐりと…
くすぐったくてかないませんでしたわ。
そこから第一波の麻酔注射するんで仕方なし。
これもそんなに痛くは無かったですよ。

俺はかつて「顔面(鼻の下、唇の上)」に注射された事がありますが、
アレに比べりゃ見えないし、肉厚あるし、全然平気。
顔に向かって針が迫ってくるのは、
今でも夢に見ますなw

しかし、あんなに一瞬で意識なくなるんですねぇ…
俺の場合はマスクでガスを…じゃなく、
足首の点滴から入ってきたらしい。
「これから入れますね~」と聞いた途端「ぐぅ」。

寝てる間の記憶は全くありません。
もちろん痛くも痒くもない(当たり前だ)。
気が付いたら自分の病室で寝てました。
長いこと目が醒めなかったらしく、
看護婦さんが
「大丈夫ですか?」
とかなり心配顔で、無理やり起こしに来ましたw
手術開始が朝9時、手術は1時間半程度だったらしいのですが
意識が戻ったのは午後4時近いので、
かなり寝てた計算ですね。

全身麻酔での手術は、手術終了後オペ室で患者を起こし、
自発呼吸が出来るまで病室には戻さないので
一度起きてるはずなんですが、
全く記憶ないですねぇ…

ちなみに、前日にその「自発呼吸の練習器」を渡されて
 「これが出来ないと病室に戻れませんよ」と…
で、その機器は透明プラスチックに入ったボールを息で吸い上げる、 
ある種おもちゃチックなシロモノ。
「…ホントかよ」と思いましたな。

手術中、「去年亡くなったばあちゃんの顔」を見たような気がするのは夢か?
気のせいか?w

なお、「麻酔明けはひどい頭痛」と聞いた事がありましたが、
別にそんな事は無かったですね。
むしろ喉にチューブを挿管したので喉がひどく痛かったのと、
ひどく腹が減ったのが印象的w
前日から絶食ですから。
(浣○もされて身体の中にゃなーんにも入っていない状態にされます)
俺の場合は朝おしっこがちゃんと出たので、
寝てる間に尿管に管を挿し込まれるのは回避できました。
ありゃ想像するだけで縮み上りそうなんでご勘弁。
うひ~

術後は熱も出て夜まで下がらず、夜中に座薬入れられたり、
(看護婦さんてな上手なもんですな。俺は横になったままなのに瞬時に……w)
腕を寝てる間も完全固定し、氷で冷やしまくり。
肘には血抜きのチューブ、足首には点滴とダブル挿管。
「なんで腕一本の手術でこんなオオゴトせにゃならんのだー!」
とは思いましたが、まぁしゃーないですね。

でも今日び入院は最小限の日数ですから、
3泊4日で帰ってきてるんですよ。
同室の人たちには「早いねぇ~」と…
後から来て先に帰って行った訳ですから。
俺が入った病院は下肢が中心の病院でしたから、
入院期間が長い方が多かったのです。
車椅子&ジャージ姿が多い多いw
(サッカー選手とか多かったような)

ちょうど術後2ヶ月ってとこですね。
春には全開で動かせるといいなぁ。

|

« あぶねぇなぁ、ホント | トップページ | 嫌なご時世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/2798785

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが「手術体験記」:

« あぶねぇなぁ、ホント | トップページ | 嫌なご時世 »