« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/30

ムシムシ大行進

こんばんは。
部屋の中に「ワラジムシ」を発見し、「…春だねぇ」と感じたれんです。


つーても、今日は時折吹雪いた訳ですがw

本日、最初の仕事はIP電話の解除。
ウチの親父が
「表示が050では誰からかかってるのか解らん!
  こんな仕組みの解らんものはヤダ!」
とわがままを申しまして_| ̄|○

一応IP電話の仕組みは説明しましたが、
まぁ難しいやね…w
ウチの身内にはインターネットやってる人間は少ないので、
IP電話はあまり意味ないんですけどね。
遠距離通話には確かに有効なんですが。


設定完了後はお休みモード。
だらだらとね♪


明日は年度末なんですねぇ。
営業関係、経理関係の皆さんお疲れ様です。
3月も終わりかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きてます

珍しく2日間も更新が開いたれんです。
こんばんは。


別に体調を崩していた訳ではありませんよw
日曜日にウチのチームの送別会がありまして。

ウチの場合、同じチームとは言え就業時間が違うので、
飲み会とかになると先に始めてる連中に、
後から合流する連中がいるので、
飲み会は長くなりがちです。

ええ、結局帰れませんでしてねw
そのままカラオケ屋から会社に直行という、
20代のような真似をする羽目に…
眠いよー、つらいよー

なもんで、
昨日も24時間ぶりの帰宅後、更新に挑みましたが、
あえなくPCの前で椅子に座って憤死してました。
大変失礼をいたしました。
仕事場からアクセス数だけは見てたんですが、
幾人かの方が訪れていただいたようで…
うぅ、こんな適当かつ内容のないサイトに…
ありがとうございますだ。

その分、今日は少し大目のUPとなっております。
これで4本目?
100まであと10か…
(何の意味がある)

とりあえず明日明後日は休みなので一息付けますな。


数ヶ月前に新編成されたチームなので、
実質的に全体としては初めて飲み会。

「れんさんって結構元気なキャラなんですね?」
……何ですかそれわ?
「いや、普段一線引いてるような気がして」
……チーム最高年齢の新人ですんで(爆)、一歩引いてはいますが…
変に気を使わせてもなんですし。

大丈夫、根は素っ頓狂ですから。
楽しくない酒を飲むくらいだったら飲み会の席には来ねーし。


「れんさんって元警察官ですか?」
また言われたかw
以前にも初対面の方に言われた事が数回。
お巡りさんね…なりたかったんだけどね。
れんは(短期間ですが)軍人さんの方ですから。
あとはちょっとハードボイルド風味の会社にね…


まぁ、そこそこ楽しい飲み会になりました。
ただ、抗生物質を忘れて飲み忘れたのがどう響くか…(オイ)


さーて、明日はどうすっかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ARIEL番外編1 侵略会社の新戦艦』

4257770546.09.LZZZZZZZ

「ゲドー社は侵略会社である。
 ゲドー社のスポンサーである銀河帝国は、全銀河統一をたくらむ巨大星間国家である。
 ゲドー社は銀河統一のために日夜戦い続けるのだ!」

著:笹本 祐一
ソノラマ文庫

……以前にもこれに近いネタを書いたよーな気がw
(でも今回はあとがき抜粋ですから!)


1986年(だったかな?)に連載開始され、
以降連載誌がなくなっても(笑)きっちり書き続けられ、
2004年完結した「ARIEL」(エリアル)全20巻の番外編です。
……長かったなぁ。

地球侵略を企む宇宙人の来襲に対し、
日本の国立科学研究所(通称SCEBAI)で開発された
実験用試作機「全領域要撃/支援レディ」、
頭文字を取って「ARIEL」と名付けられた全長40メートルの巨大ロボットが立ち向かう…
乗り込むは所長の孫娘2人と姪…

………このべったべたに古典的なプロットを逆手にとって、
半ばパロディ的なスタートを切ったこの小説ですが、
なかなかどーして面白い。
キャラが立ちまくりですし、会話のテンポが抜群に良い。
まぁ、一応主役メカは存在する訳ですがw、
可愛そうに、ARIELは脇役ですなぁ…

後半の展開はまさに圧巻。
「人類と異星人のコンタクトもの」として見事な完結を迎えました。
今回は番外編で、侵略してきた宇宙人側のハナシ。
完結後の後日談です。
ですから、地球人サイドは一人も出てこないw

こんな事ができるのもキャラの魅力と世界観がきっちり確立されてるから。
まだもっと読みたかったが…
笹本センセ、番外編まだ出るんですよね?ね?
(いつとは言うまい…筆遅いし…_| ̄|○)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『オーケー!ボーイ ―エディさんからの伝言―』

4901638106.09.LZZZZZZZ

「勝ったときは 会長が リングで抱くの。
              負けた時は ボクが抱くの。」


監修:百合子・タウンゼント
写真:高橋 和幸


ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、
かつて、エディ・タウンゼントというボクシングトレーナーがいました。
ハワイ在住の日系二世で、力道山の招きで来日。
以後、彼は日本人6人を世界チャンピオンにしました。
ガッツ石松氏も教え子の一人。

日本のボクシング界に大きな貢献をした方ですが、
語られるのはその事よりも、その人柄。

「今度また生まれるだったらトレーナーなるね。ボクシングトレーナー」
ちょっと変わった日本語で語られるその言葉は、
ボクサー達を勇気付け、過酷な練習に耐えさせました。
また同時に、誰よりも誰よりも選手の身体と人生を大事にしていました。

今でこそ総合格闘技などというものがあり、
ルール無しに近い激しいものがありますが
実はありとあらゆる格闘技の中で、群を抜いて危険なのがボクシング。
人間の要である「脳」にダメージを与え合うこの競技は、
大げさではなく常に「死と障害」と隣り合わせ。

その中で選手を勝たせながらその後の人生を考える。
トレーナーは大変です。
いわゆる日本式スパルタがまかり通っていた時代に、
選手の手を握り、気合を入れるための竹刀を片づけさせ、
「ハートのラブで教えるの」
という指導をした彼の名は、
今でも多くのボクシング関係者から尊敬と親しみを込めて語られます。

その彼の言葉を、書き文字と、写真で綴った一冊です。
ボクシングに興味ない方でも、
その言葉に込められた愛には共感できると思います。

実は自伝的な本も既に持っていて、
今回のこの本に出てきた言葉はたいてい知ってはいるんですが、
この本は構成が良いのか、違った感動があります。
何となく元気がないときぜひご一読をお勧めします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『セラフィック・フェザー』9巻

4063143694.01.LZZZZZZZ

「く…紅の 守護天使…   いや…   鮮血の 魔女…!」

ストーリー:武田俊也
作画:うたたねひろゆき
講談社アフタヌーンKC

…今回は比較的レジに持って行きやすい表紙だったなw
「これで?」という声もありましょうが、これ以前の巻はこんなもんじゃないですからねぇ。
「成○コミック」って書いてない方が不思議ですな。

途中ストーリー担当が替わったりと、微妙にはらはらする作品ですがw、
次巻完結らしいです。
今巻ではさすがに話が進む進む。

ストーリーがどうのと言うよりは、うたたねセンセの絵を見たくて買ってるという説も。
思いっきり「エロい」ですが。
(まぁ元々成○コミック方面の出身ですし)
でも画力はすごいなぁと思いますね。
繊細な線は意外と女性にもウケるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

風車のダンナが…?

こんばんは。
残業キャンペーン中ではあるのですが、
放っときで道場に行っちゃうれんです。
……まったく、これさえなければ俺の人生もw


さて、風邪のせいで延び延びとなっていた
「ヘリコバクターピロリ殲滅作戦」
作戦遂行中であります。
一週間の抗生物質服用による集中攻撃により
相手に反撃の機会を与えず、一気に葬り去る予定です。

やはり副作用としてお腹がぐるぐるする訳ですがw、
(他に喉が意外に渇くというものも発生しております)
この程度の損耗は止む無し。
人類とレギオンが共存できないように、
れんとピロリ菌も共存はできません。
「片方の生存を許せば、片方の生存はできない」のであります。

……長年の胃痛もこれで軽減するのかなぁ?


本日仕事中に天井の点検口のフタが
「バダン!」という音と共に突如開放!
一瞬仕事場内は「何が起こったー!」と…
あ~、びっくりした。
忍者でも降りてきたのかと(オイ)

それにしても、ウチのビル…最新鋭だよね?w


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記

今週は早番なので道場行けました。

4月から団体のシンボルマークが変更になるので、
最後の記念撮影。
寂しいのは無論ですが、まぁこれも時代の流れでしょう。
マークが何かを創る訳ではない。
我々がマークに意味を持たせるのだ!
……なんてなw

本日師匠から昇段審査スケジュールと受験者発表アリ。
えーっ!二段に5人、三段に1人っすか?
ど、道場の有段者の2/3が昇段審査ぁ?
どひゃーっ、この間一人でも大変だったのに…_| ̄|○
う~む、しかもこの間受験した女の子は真面目だったのだが、
今回の連中は出来が…w
(技術的にっつーか、精神的に甘い!)

試験は5月上旬予定。
……来月は地獄を見るな、こりゃ。
あるいは「地獄を見せる」ことになるかも。
今回受験者多いから一人一人にかまけてられんぞ。
幸いオトコばっかしだから、スパルタで行くで!

ま、昇段審査で練習した事が一番身になるからなぁ。
一皮剥けるには必要なのだよ。

余談
早速の昇段審査対策練習。
金○蹴りに対応する技の練習中、れんが
ハブの頭を狙ってもしょーがねーよ」
と言いましたところ、何故か一人がツボに入ったらしく大爆笑。
……そんなに面白かった?
だってさ、狙いは「ハブの頭」じゃなく「抱いてる卵」の方だもん♪
こんなネタで良けりゃいくらでも在庫はあるぞ?

……高校生男子相手にこんな事で威張ってもなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

…ボケるぞ

なぜ俺が出歩くと天気が荒れるのだ!
こんばんは、気分が荒れ模様のれんです。


今日はちょこちょこ動いてました。
主に札幌中心部ですが。
帰りにY電機K田店(隠す意味あんのか?)に寄ってハブを購入。
さーて帰るかな~と外に出ようとした途端、外が見えない。
……なんじゃこの猛吹雪は。

デフォッガフルパワーにフォグランプまで点灯して走る羽目になるとは。
来週は4月ですよねぇ…

先日来襲した弟がFAXとプリンタを送ってくれたので、
(弟は某電器店勤務)
昨日はそのセッティングをば。
ついでに家庭内LANも復旧を。

プロバイダが最近変わり、ルータも変わったのはいいのですが、
なぜかこのルータLAN端子が1個だけ。
う~む、複数台接続はさせんということか?
仕方ないのでハブ購入。
メシ後すぐ作業開始。
親父はぶつくさ言ってましたが。
自分の解らん事にはすぐ文句を言うんだよな~
おふくろがインターネットしたいって言ってるからセッティングしてるの。
別に興味ない人間に無理やりやれとは言わんし、
アンタの手も煩わせてないんだから黙って見てな。

ウチの親父だけがこうなのかどうか分かりませんが、
どうも高齢者になるとオトコは頭固くなっていかんのぅ…
俺は仕事柄ご高齢の方からのインターネットの問い合わせ受けるけど、
60代なんて序の口よん♪
70代、下手すりゃ80代もなさるご時世。
親父には「年寄りぶってんじゃねーよ」と言いたいw

パソコンやインターネットは、実は身体の不自由な方や高齢者の方にこそ
威力を発揮するツールではないかと個人的には思ってるわけで。
共通のインタフェースがある、その場で世界と繋がれる、
自ら情報発信ができるというのは、
こういった方にとって強力な武器になるんじゃないかなぁ。
まぁ、メーカーももう少しこっち方面を重視した商品戦略が欲しいものですが。

とは言え、冷蔵庫や電子レンジ並になる日は遠いだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記

本日は師匠が居りませんでしたのでれんの指導日。
おっ、今日は人数多いじゃないか。

この春から中学生ってのから、この春から小学生(!)ってのまで、
まぁバラエティに富んでますわw
ようまぁ幼稚園年長組で来るよな~
たいしたもんだ。

「子供達のお父さん・お母さんが俺より年下」って事態が来ようとは
入門した時は夢にも思わなんだが_| ̄|○

「かつて俺と一緒にやってた人」の「子供」が入門してくるし…
もう2世の時代ですかそうですか。

大人の部も人数多し。
兄弟道場の一人が自衛隊入隊が決まっており
明日神奈川に出発。
…前日によく来るな、お前さんもw
まぁ俺も自衛隊の経験はあるがね。

「10人部屋らしいです」とか言ってたが、
俺の時は13人部屋だったぜ。
2段ベッド6つに、部屋長だけシングル。
プライベート?無い無いw
ベッドの上の空間だけだよな。
一番新米が一番部屋の入り口側で、
後輩が入ってくるに従って奥に移動していく
「ベルトコンベア」のよーなシステムでしたが…

ま、頑張れよ。お前さんなら大丈夫だよ。

さて、大人の部は「追い出し」も兼ねてスパーリング中心にw
れんは個人的に久々にフェイスガード付けて
(商品名「スーパーセーフ」。今は自団体開発品があるので正式採用でない)
顔面への対処をチェック。
ふ~ん、勘が鈍っているかと思っていたが、
意外に見えるな…まだ何とかなるか。

ふと見ると、最年長Nさんに若手が追い込まれてやんの。
こら、お前ら若い上に道場では先輩だろうが!
だらしねーぞ。
まぁNさんは手加減できないから怖いとは思うがw、
それでも70歳に追い込まれてどうする…
ホント、あの年代の方の真面目さと身体の頑健さはスゴイ。
お前ら、少し爪の垢もらって帰れw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

不思議不思議

あっしたは、おっやすみ♪
こんばんは、風呂上りのれんです。


遅番の週は帰りが遅いので、なかなかゆっくりお風呂って訳には。
その代わり朝はシャワー浴びて行けますが、
湯船はやはり捨てがたいものが。


今日は珍しく同期の男の子、自称「4様(確か20歳)」と顔を合わせました。
れんは今は違うフロアに居ますので、
なかなか社内でも顔を合わせませんね。

なんせ身体を動かさないこの会社。
油断をするとあっちゅーまに体型が乱れます。
「マク○ナルドとお酒」大好きの彼も、入社時から見るとちょっとぷくっとねw
と言っても、決して太ってる訳ではないのですけどね。

しかしながら、久々に見た彼はちょっと締まった感じ。
れ:「おっ?少し締まったんじゃないか?」
4:「え~、そうですかぁ?もっと言ってくださいよぅ♪」
れ:「どりゃどりゃ、腹に力を入れたまへ♪」

腹筋に力を入れさせ、指で押してみたんですが

ぷにゅ

・・・・??????

れ:「…力入れてる?」
4:「入れてますよぅ」

もう一度、今度は少し強めに

ぷにゅ

………うむ、とりあえず柔らかいのは良く分かった。
しかし、いくら何でも押したら下の腹筋に行き当たるだろ?
なぜ何も手ごたえがない

れ:「……ちょっと待て。筋肉はどこだ?」
4:「え~、普通こんなもんですよぅ」

そんな訳はない

俺だって道楽の性質上、人体は結構触っているほう。
人間の身体の構造も感触もある程度知っている。
何というか、ぬいぐるみを押しているかのごとく、
均一に指が入っていくってのは…
重ねて言いますが、太ってる訳じゃないんですよ?!

君の身体の中にはいったい何が詰まっているのだ?

謎だ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

ちょっと安直過ぎゃしませんか?

こんばんは、若干手が震えながらキーボード叩いてるれんです。

○○中ではありませんよw

昨日書きましたとおり、大した事ない筋トレをしてますが、
さりとて終われば多少は手も震えようというものw
ミスタイプが多く、毎晩閉口しています。

新聞読んでてちょいと気になる記事が。
「新ひだか町誕生」
三石町と静内町が合併して「新ひだか町」ねぇ…

7年ほど胆振支庁管内全域と日高支庁管内全域をエリアとして仕事してました。
当時支店では若手だったのでw、遠方である日高圏はれんが事実上の担当に。
えりも町日帰りとかよくやってましたね。
地面に立って(?)仕事してる時間よりも、
運転してる時間の方が長い訳ですが…

なかなか良いところですよ。
雪少ないし、桜きれいだし。
風景的には積丹半島みたいに起伏や奇岩があるわけではないので
それほど感動はしませんがねw
運転してると行きは「左が牧場ないし山、右が海」、当然帰りはその逆。
単調極まりない訳で……(^_^;)
眠気との壮絶な戦いを強いられます。

さて、今回の「新ひだか町」はちょっと名前的にいただけませんねぇ…
北海道の例に漏れず、アイヌ語の発音を無理やり漢字に当てはめてるとは言え、
なかなか味のある地名も多い。
合併そのものはまぁ止む無しなのかもしれませんが、
名前はもう少し捻ってほしいなぁ。

観光地北海道的に考えれば、
「『日高って海なの?山なの?』という声も多いでしょうし。
まぁ、広すぎるのも原因でしょうが…
(日高山脈から西側はおーざっぱに『日高』ではあるな)

「ひらがな」は当たりが柔らかくていいとは思いますが、
反面どうも格調というか、重みを感じないなぁ…
せっかく歴史も由来もある地名があるんですから、
ぜひ一考していただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

若いってことは

ほ~ぼ完璧に熱が下がったれんです。
こんばんは。


とは言うものの、何故か依然としてお腹の調子は良くないのですがw


今晩から少し筋トレも復活。
この歳で一週間以上さぼると堪えます。
筋トレといっても大した事をしてる訳じゃないですよ。
なんか、無茶苦茶ハードなのを想像されても…w

武道を長年してきてはいるものの、
ウチの流派があまり「チカラちから」していないので、
体型としては標準並です。
むしろスポーツやってる方のほうがフィジカルは鍛えられてますよね。


今日は会社帰りに同期の若いオトコの子(20代前半)と久しぶりに一緒になりまして。
「れんさん、俺最近筋トレしてるんですよ」
「ほほぅ」
確かに彼は細身なのです。

「やっぱ一日空けた方がいいんですかね」
「そだよ。24時間から48時間空けた方がいいね」
これは本当です。毎日やっちゃ筋肉が再生しません。

「もうちょっと体重増やしたいんですよ」
「今何キロあるの?」
訊いた体重は50キロ台前半…
身長は160センチ後半ってとこかな。
あ~、もうちょっとあったほうが良いよね、ウン。
ただ、最近の男性はこんなもんかなと。

「れんさんは何キロあるんですか?」
「俺?66キロ、プラスマイナス2キロってとこかな?」
「もっと重いと思ってましたが」
「…俺身長170しかないんだけど?w」
この身長でこの体重は現代基準で軽いほうではないと思うんですがね。

とまぁこんな話をしつつ、一緒の電車で帰ってきました。
若い彼は俺の人生経験が興味深いらしく、
「れんさんみたいな人生面白いっスよね。憧れますよ」
とのたまいましたが……それは人生踏み外すから絶対やめた方がいいぞ。
俺も好きで苦労したり紆余曲折している訳では…_| ̄|○

「れんさんは声の仕事とかしたら面白いんじゃないですか?森本レオ風で」
とか言われましたが…
う~ん、この会社入ってから色々言われるなぁ。
「『世界の車窓から』のナレーション風」とかw


では一席。
『南郷、本郷、北郷の三人は札幌の白石区だけを守る正義の味方だ。
  古来から伝わる雅楽の音色を奏でると、彼らはホワイトストーンズへと変身し、悪と戦うのだ!
   白石区の平和の為、戦え我らの雅楽戦隊ホワイトストーンズ!
    燃え上がれ、真っ赤な薔薇の様に。』  (by中江真司さん)


……なんか違う。


でもDVD持ってたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/20

ふっかーつ

何とか復活いたしました。
こんばんは、れんです。


本日から遅番シフトで、朝は比較的ゆっくり支度ができることもあり
無事出勤できました。
会社に行ってもしばらくは「ぼーっ」としがちで、何故かふらふらしましたがw
まぁ夜には復調しました。
まだちょっとお腹の具合がアレではありますが…

思うに、ピロリ菌が抗生物質を飲ませないように、
胃から全身を操っているのでは?
最後の抵抗って奴ですかね。
ふっふっふ、甘いぜ。必ず息の根止めてやる。


九州で大きな地震があったとか。
被害に逢われた方、お見舞い申し上げます。
あまり地震の起きない地区ですよねぇ…
さぞ驚かれたのでは。


以前、北海道日高地方の「墓石屋さん」とお話したことがありますが、
この地区のお墓はちょっとの地震では倒れないという事で、
本州方面から引き合いが来たとか。
これも地震が多いからこうなっているだけで、
普段来ないとこに来ると恐怖もひとしおでしょうね。
Yahooのニュース見てたら「繁華街にガラスの雨」……うひゃあ


最近、ボトル入りの缶コーヒーありますよね。
130円から150円くらいの。
どうもビン(缶なのか?)とキャップの素材が違うっぽい。
ゴミの分別に迷ったおふくろが
「これ鉄かな?アルミかな?」と。
れんが「磁石くっつければ判るっしょ?冷蔵庫に何個も張り付いてるし」
とアドバイスを送りましたところ、わが母は
「外したキャップを冷蔵庫にくっつけ」ました


…それで何がわかるのか_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

『K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL 』

今この時期に韓国ってのもどうかなぁと思うのですが
とりあえず世界予選開始です。
幾つか試合の感想などを。

●イ・ミョンジュVS○堀 啓
技術的には堀選手が上回っていました。
デビューしたての頃はホントに細く、
「大丈夫かいな?」と思ったものでしたが、
身体もできてきているようです。
サウスポースタイルですが、左ガードが常に高く、
遠距離戦ではまずその位置から動かないのはたいしたもの。
よほど練習したんでしょう。

イ選手は倒れませんでしたね~
相手のタフさもあるんでしょうが、
堀選手の打撃があとほんの少し「速い」か、
間合いがあと数センチ奥かだとKOできた気がしますね。
ちょっと気になったのが「足の運び」。
相手が出入りの激しいハードパンチャータイプの場合には
あの足の運びはちょっと危険なような…
堀選手、もう少しキレのある打撃が出来そうな気がします。
まだまだ成長して欲しいですね。


○曙VS●角田 信朗
うわぁ~!「空手バカ一代」だ~!
本来「極真会館」のテーマソングともいえるこの曲を、
他流派(正道会館)の選手で入場に使えるというのは角田選手の人徳ですなぁ…
両者並ぶと…マジで大人と子供。
技術的には曙選手に依然見るべきものは「全く」ないですが
(も少し成長して欲しい)
それでも振り回せば効いちゃうのがあのカラダ。
腕の重さだけで子供の体重ほどあるでしょうし、
それがどすんどすん当たると思えば、効かんほうがおかしい。
角田選手の身体では如何とも…ですね。
途中、いい右のロングフックが当たってましたが…
でも角田選手の気迫と姿勢には素直に敬意を。


●ガオグライ・ゲーンノラシンVS○チェ・ホンマン
片や韓国相撲の英雄、
片や昨年のアジア王者でトーナメント本選をかき回したムエタイ王者。
それはいいが……この体格差は何?!
身長で40センチ差、体重で倍?
…K-1以外ではありえんな、この対戦は。
ある種イロモノ対決になった訳ですが、
やはりガオグライのポテンシャルは凄い。
何故ハイキックが当たる~!?

韓国の方にゃ悪いですが、
現時点でチェ選手のK-1でのレベルはそれほど高い訳ではない。
パンチというよりはプッシュですし、
ヒザも身体が大きいから当たるし効いてるだけで、
テクニックの面ではまだまだでしょう。
今ホーストやボンヤスキークラスとやるときれいに切り崩されるでしょうな。

ただ、やはりあの身体は脅威。
今後は怖い存在になるかもです。
にしても、あの「にやにや笑い」はれんはあまり好きじゃないですね。

日本で韓国選手と日本選手がやったとして、
日本選手に応援が行くのはまぁ当然としても、
入場の時からブーイングはせんぞ…
見てて気持ちのいいもんじゃねぇな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うが~!

本日は正規の休日。
こんばんは、れんです。


一日だけなんで、明日は仕事。
この2日プラス本日と3日間身体を休めまして、
道場もお休みしました。
結構『良い子』にしてたつもりなんですが…w
…なぜ回復せん!(怒)

一度こうなると長引く事があるので、
ちょっとやな感じです。
こうなったら仕事でごまかすしかなさそうですな。

ちっくしょー、稽古行きたかったぜ_| ̄|○

本日はK-1もありましたので、別途UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟帰る

休暇で一時戻っていた弟が昨日帰って行きました。
まぁ、八つ年下とはいえ立派に20代後半。
基本的には放置プレイです。
ま、基本的にウチの一家は仲は良いが『放置』ですね。
音沙汰なしでも全然平気。
あ~、オヤジあたりが心配性かな?

それにしてもな、弟よ。
行きがけの挨拶が
「じゃなぁ~『あんじゃむし』、風邪早く治せよ~」
ってのはどうだ?
おふくろも「アンタ、いまだに『虫』なんだね」と…w
(前半は「兄者」なのだが後半の「むし」は意味不明。昔からこう呼ぶ)
ちなみに妹はれんの事を「○○○子ちゃん」と呼びます。
(○○○内には本名入ります)
……兄の威厳は?ねぇ?

関西方面で仕事をしておりますが、
ここから空港行って関空に降り立つのと、
そこから居住地まで帰るのとでは
どうやっても向こうについてからが長いそうで。
距離ではなく時間が。
渋滞、凄いらしいですなぁ…
そりゃアイツも北海道帰って来たがる訳だ。
(兄弟そろって運転好き)

同じ遺伝子を受け継いでいるはずですが、
こやつの行動はアニキの俺から見ても面白い。
職場に一人いたら楽しいでしょうな。
末っ子らしく、甘え上手で要領良し。
ま、『世渡り上手の罰当たり』という奴でしょう。
(末っ子の方ゴメンナサイ)
ま、長男坊は『総領の甚六』って奴ですから。

帰りはオヤジとおふくろが送っていき、
空港で彼女と合流。
晩飯一緒に食べたそうで。
『ウチに帰ってきたってウチになんか居やしないですよ』
とおふくろが話すと、彼女が
『す、すいません』と恐縮してたそうで。
か、可愛いじゃないかw
オヤジも鼻の下伸ばしてたらしいですな。
まぁ良い良い。

今日は妹が、弟が滞在中貸してた車の回収に。
立派に『お局』なので、社内の愚痴を発散して帰ってゆきました。
さて、俺の愚痴は誰が聞いてくれるのかな?ん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

いまだ沈没中

珍しく2日連続の休みとあいなりましたれんです。
こんばんは。


今回の風邪はどうにもしつこいようで、
高熱は去りましたが微熱が内在しだるだるです。
うむむ、体力がじわじわと奪われていくぅ~
冒頭のご挨拶で「微熱中年」と名乗ろうかと思いましたが、
自分で首を絞めたくなりましたので止めました。

まぁ、毎年「今年の風邪はたちが悪い」なんて事を言いますが
「たちの良かった年」ってのは無かった気がしますのでw、
こんなものでしょう…

ただ、寝てばかりもツライので、
途中布団を抜け出し郵便局に行って
有段者講習会の学費を振り込んだりはしてました。
なるべく人ごみを避けつつ…ですが。

たーだ寝てるのは退屈なので、
今日はも一回ぐらいUPしようかと。
そうでもせんと気力が萎えるぅぅ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

『動け!動け!動け!動け!動いてよ!』

動けませんでした…_| ̄|○
こんにちは、れんです。

一応定時に目覚ましを掛け、眼も覚めましたが、
身体は全く動けず…
腕だけを動かして、枕元に集中配置してあった体温計で測定。
「…38.3℃ね」
アカン、こりゃ仕事にならん。

つーわけでお休みしております。
午前中は全く動けず、メシ食ったのも昼近く。
ようやく今36℃代にまで下がってきましたが
油断すると上がる気配がひしひしと感じられますw
寝てるしかないのですが、あまりに長く寝てると腰痛いですしね~
時々起きてます。

何とか今日一日で治して復帰したいものですね。
明日一日行けば休みですし…
(でも1日だけ)

最近「アクセス解析」なる機能を使えるようになりまして。
………よもやこんな文字ばかり、
しかも大してオモシロイ事を書いてる訳でもないブログに
一日平均20人近くの方が来てくださっているとは…

「ぜんぜんたいした事無い数じゃないか」とツッ込まれそうですが、
なんらの広報活動もなし、TBやコメントを他の方のブログにするでなし。
この状態でこの数字は本人驚愕です。
現状ではあくまで「書くのが楽しい♪」的な感覚でこさえているので
来訪者の数字とかはまるで意識していなかったのですが、
皆さん、一体どこから探し出して来てらっしゃるのでしょう?w
ネットって怖いわ~

ともあれ、来訪していただいている皆様、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

れんに触ると火傷を…

朝起きた時「……妙に寒い。お腹イタイ」と、
危うく電車に乗り遅れるところだったれんです、こんばんは。


しかして、ニッポ○放送の株価のように体温は乱高下。
「……今日は中日だからなぁ、無理せず早退するかぁ」
と思いつつも、
なんせあまり「早退」ってした事ない人ですんで、
場の空気が読めぬまま、しかもタイミングよく仕事も入り
しっかり定時まで仕事を…

駅のホームで電車待ちの間、笑う膝と寒気を我慢し、
何とか帰還。
しかし、ちょっとした書類の件で師匠宅に寄らねばならず…

「……よく風邪ひくなぁ」
つーか、治ってないんじゃないかとw

「ま、立ち話もなんだから上がれば」
今座ると立てなくなりそうです。
下半身が痺れてます。

「俺飲まないからこれをやるよ」
『ミリオンパワー』箱ごとですか…_| ̄|○
『無臭にんにくを独自製法で粉末化!』
……あ~、これは息の長い健康食品ですねぇ。

でも、俺がこれを師匠にいただくのは、
色んな意味でイタイんで、
固辞したいのですが…


結局持たされました。


なお、身体の痺れと寒気から判断して
「39℃弱!!」と読んでいましたが、
ウチに帰ってから測ってみるとズバリ38.8℃!
ふっ、さすがだな俺。
お褒めの言葉募集します(ウソです)。

背中に寒気が来ると38℃を超えた証拠。
他にも
身体のバランスがくずれる
手が逆に冷たくなり始める(37℃台では熱い)
などなど。

腰から下が痺れてくると39℃目前。
○○○○が「でろ~ん」と伸びきる。
(ラジエター機能低下です。ピンチだ!)
逆に「辛くなくなる」
このくらいになると逆に元気に見えます。

とまぁ、熱慣れしておるれんは何とか明日までに治そうかと…
ノドに来ていないので、何とかなる…かな?

薬も飲みましたし、嫌というほど食事も摂り、
水分補給も万全。
厚着もしたし、布団もバッチリ。
さぁ、寝るぜっ!
ふふふ、薬飲んだから少しは熱も下がっただろう。
「………38.9℃」


上がってどーする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぇるかむなんだってばよっ!

さて、本日3本目の記事でございます。
こんばんは、れんです。


「100本目の記事まではハイスピードで書こう!」と
意味の無い目標を掲げておりましてw

さて、本日より抗生物質に入る予定でしたが、
どうも朝からお腹の具合がイマイチ。
この抗生物質、副作用として「お腹がゆるくなる」と宣言されているシロモノ。
別途、腸の薬も処方されております。
しかし、飲み始めたら途中で止められないのが抗生物質。
……このコンディションではw
しかも、れんの職場は一度仕事に入ると中座はなかなか…
明日以降に期待しててください(何をだ)


で、仕事は何故かヒマ。
基本的に「待ち」の仕事なので、向こうから来ないとヒマヒマです。
うぇるかむだと言うておるに…
さすがに残業はせず(でも思い切り普通に食い込みましたが)帰ってきました。

帰りにステプラの旭屋書店に寄って「よつばと!」げっと。
タイミング逃すと探すのが難しい…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スポーツは『良い子』を育てるか」

著:永井洋一
NHK出版 生活人新書


まぁ、武道なんてものを通して一応子供たちとは関わっている訳ですが、
指導には常々頭を悩ます訳でして。
ウチなんぞはまだ世間一般の価値観とはある種隔絶されてますんで、
指導もしやすいとは言えるのですが、
それでも難しいことには変わりが無いですね。

ウチに入ってくる子の親御さんあたりですと
「礼儀正しい子になって欲しい」ですとか、
「少し落ち着きを…」とか、
「頼りないのでたくましく」なんて感じですから、
「勝負論」とは縁遠く済んでますが、
実際、勝ち負けのある競技スポーツですとそう簡単なものじゃないでしょうね。
自分のところのチームやクラブが負けっぱなしじゃ
気持ちの良いものではありますまい。

では、「勝てば良いのか?」
というハナシになる訳ですが、ここが児童期のスポーツの難しいところ。
「それでいいのか?」というのがこの本の趣旨です。

永井さんはサッカー畑の方ですから、自然サッカーの話が多くなりますが
実際、競技人口も非常に多いので、
そこを見ていくことは大事だと思います。


「スポーツをしていると礼儀正しくなる」という見方がありますが、
この意見はある意味で合っていますが、
「礼儀」という意味からすると間違っている部分が多々あります。
指導者、関係者に「だけ」する礼は、
いくらそれがきちんと行われているものであっても形だけ。

もっと言えば、利害関係のあるところにだけ発生する「礼儀」は
本質的には「礼儀」ではない。
そりゃー「服従」とか「下心」ですね。
大人が計算づくでやる分にはまぁ構いませんが、
子供がまともにそれをやるのは見ててイタイ。

スポーツ、特にクラブ活動は関係が密接な分
勘違いが起きやすいのですが、
「なぜ自分が挨拶をしなくてはならないのか」
を教えておかないと、
「外の世界」で通用する「礼儀」ではないでしょうね。

ちなみにちょっとした毒を吐きますと、
ウチの親御さんでも「俺に挨拶をしない」ご父兄もいらっしゃる…
まずはそこからですよ?
いかに年下で頼り無さそうでも、俺がここでは「先生」ですから。
親御さんがそういう姿を見せずに、
お子さんだけ改造しようってのはちょっとどうかな?
多くのご父兄はちゃんと挨拶して下さいますが。


スポーツと子供、両方への愛情が感じられる良著だと思います。
機会があればぜひご一読を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『よつばと!』3巻

4840228957.09.LZZZZZZZ

「よつばは動物園初めてだな 知ってるか?」
「り りろんはしってる」
「理論知ってんのか すごいな」

あずまきよひこ
メディアワークス


どうも最近発行日にうとく、レビューもタイミングずれてますw
やっと見つけて買いました。

「あずまんが大王」が(一部で)大ブレイク。
息の長い人気ですな。
「あずまんが」も「最近流行りのアニメ絵マンガかぁ?」と思っていましたが
読んでビックリ、正統派4コマ(とも言い切れないが…)でした。

何度読んでも疲れない。
「こまったちゃん」は出てくるけど「嫌な奴」はいない。
「爆笑」はしないけど「変な思い出し笑い」はする。
泣かせるつもりは無いんだろうけど、何となく泣ける。
ヘンな味を持ったマンガでした。

さて、今作「よつばと!」はファミリードラマ…なのかな?
つーか、実の親子…なんだよね?(^_^;)
前作より強烈なキャラ立ちしてないので、わりと淡白かも。
その分「よつば」の元気さが目立ちますね。
意外なところで吹き出すので、立ち読みはできませんなw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

うぇるかむ

駅に降り立ったら「うぉぉぉ、寒いっ!」
やはりこの街の寒さは一味違う。
こんばんは、れんです。


風邪は何とか退治できたようです。
明日からは抗生物質に切り替えて、
「打倒ピロリ菌!」と相成ります。


さて、当社はただいま「残業ウェルカムキャンペーン」中。
(無論、正式名称はこんなたわけた名前ではありませんが)
ぶっちゃけ「…残業しない?ちょっと色つけるよ♪」というもの。
そんな甘い誘いに……乗らないれんではありません。
嬉々として「は~い、しまぁす♪」

たださー、このキャンペーン始まった途端に暇になるのは何故?w
忙しくないと効率悪いのよ。
これでは「お仕事ウェルカムキャンペーン」ではないか。
物事の加減は難しいものですなぁ…


弟が帰ってきているのですが、
やはりこちらの友人と遊び呆けておりまして、
家になんぞ寄り付きゃしません。
まぁ、彼女は一足先に帰ってきとるしな。
追っかけコイツも北海道に帰ってくることでしょう。

なかなか可愛い彼女なので、
あんな可愛い「妹」ができるなら俺は歓迎だなぁ。
早いとこ拝み倒してお嫁に来てもらうが良いぞ。
妹欲しいし。
こちらも「うぇるかむ」って事で。

………あ、妹はいるんでした。
(ウチは3人兄弟です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

『対ピロリ菌用決戦兵器』

_004

雪さえ降らねばおとなしくしていたものを…
こんばんは、れんです。

昨晩は帰ってきてから順調に熱が上がり、
寝る直前は39℃近くまで上昇。
ふ、熱いオトコは違うね♪(誤)
薬を飲んで暖かくして寝て汗を出しましたので、
(夜中に下着を交換)
まぁなんとか。

一応36℃台後半にまで下がりましたので、
ひとまずは大丈夫でしょう。
さすがに昼過ぎまで臥せっていまして、
それから食事を取って薬飲んだんですが
「雪大量に降ったよ~」の家族の声に、
仕方なしに駐車場まで出かけていって雪かきを…
寒いっちゅーねん!

まぁ出かけましたんで、ついでにガソリン補給やクリーニングなど
やることは一通り。

帰ってきてからも動けてますんで大丈夫…かな?


さて、昨日病院に行きましてもらってきたのが写真のお薬。
組織検査の結果、やはり胃の中には「ピロちゃん」棲んでいるとの事で、
これから一週間抗生物質で叩くと、こーゆー訳です。

薬局で出てきた薬の袋が妙にでかいので見ていると
中から登場したのがこのお薬7シート。
朝は左の5錠、夜は右の5錠と分かれております。
へぇぇ~、システマチック♪

比較対象にジッポー置いてみましたが
カプセルでかいですw
こんなもん5錠も飲むのか……

お医者さん曰く
「一週間これ飲んで経過を見て、2ヵ月後にもう一度胃カメラで見ましょう」
……え?経過良くても飲むの?!
今痛みはすっかり治まってんですけど…


ちなみに、数年前から保険適用になってますが
この抗生物質、結構高いです。
一週間分で3,000円近くしました。
途中で抜くと耐性菌が発生するかもなので、
何としても一週間は連続服用せねば…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記

38度あるとはいえ、
まぁ道着着ちゃえば何とかなるもんです。
(せなならんしな…)
スーツなんかも同じ効果がありますが。

最前列、ちょうど俺の正面に並んだ女の子には
「…帰ってからうがい・手洗いしてくれよ」
とお願い。
嫌そーな顔で頷いておりましたがw

昇級試験もひと段落したので、
今日は説法と基本と乱捕り。
殴り合いばっかり教える訳ではなく、
ちゃんと「身体鍛えてどうするのか?」も教えとかんと。
ウチは「人間凶器」こさえる気は無いので。

ただ、「ミスった!」と思ったのは乱捕り。
じ、自分の体調考えてなかった…_| ̄|○
いかに子供とはいえ、20人以上、
しかも中には身長のでかい小学校高学年・黒帯もいる訳で、
(最近の子は大きいですよ)
それを一人で次々と相手するのはきつかった!
思いっきり科目の選択ミスでした。
別に乱捕りにする必要なかったんだよな、うん。
(でも俺が好き♪)

いえ、別に軽くさばけるのはさばけますが、
体力的に息切れとめまいが…(笑)
しかも後半時間が足りなくなり、黒帯連中には
「時間無いから2人ずつ来い!」と…
2対1な訳で、時間の短縮にはなりますが体力は損耗するよな。

で、そのまま今度は大人の部へ。

始まる前に自主トレというか、サンドバッグ蹴ったり、
仲間内でミット打ちしたりの時間は大目に見てるんですが、
そのうちの一人(有段者、中学生、身長俺より5センチくらい高い)
と遊んでるうちに、寝技の応酬になりまして…

ウチにはあまり「寝技」という概念はありませんが
まぁ個人的に「たしなみ」として研究はしてあります。
(とはいえ、柔道、柔術、サンボ、レスリングなどの方々に比べると子供以下でしょうが)

そんなこんなで10分近くごろごろと転がりながら…(笑)
だから自分の体調考えろってば!!

まぁ、その後説法を長めにしてごまかしましたが…
久々に「しんどー!」って日でしたね。
(自分でしんどくしたとも言う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/12

この時期の病院は…

今日はお休み。ですんで、
こんにちは、れんです。


1年ぶりかで大阪方面で働いてる弟が帰ってきまして。
まぁ、ウチにいるのは何日もなく、
彼女と一緒にあちこち行くんでしょうが。

で、れんは本日師匠がいないので、道場なんですが
む~?寒気がおさまらない…?

何気に体温計突っ込むと…おぉ38度。
午前中行った病院で拾ってきたな???


ですので、今夜の更新はあまり期待しないでくださいw
ネタはそこそこあるんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鋼の錬金術師』 9…じゃないや10巻

4757513860.09.LZZZZZZZ


『守れたはずの人が 目の前で死んでいくのを見るのは
  我慢できない!! 』


荒川 宏
ガンガンコミックス


またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
……今月は豊作だっ!


いかにヲタ属性アリとは言え、
さすがにこの歳でコミックスの販売予定を把握している訳ではなく、
遅番出勤前に
「帰りの電車の中で読む本ないかな~」
とふらり立ち寄った書店で平積み発見!!

「えっ?ええっ?発売…だっけ?」
てっきり夏ごろかと…
宮部みゆき先生も喜んでおられる事でしょう。
(8巻の帯にコメント出してた)

ちなみに、買ったからといってコイツは電車の中じゃ…


さて、アニメの方は終了している訳ですが、
原作はまだまだ続きます。
(OP&EDのCD&DVDアルバム持ってますが何か?)
てか、物語が大きく展開してきましたね~

少年漫画の「直球ど真ん中」な訳ですが、
ちゃんと「大人」と「少年」「少女」を描き分けているのに好感を持ちますね。
大人の世界と子供の世界。
「大人の理屈」で動く世界にあって、
それでもエドとアル、ウィンリィの真っ直ぐな感情は大切な事。
大人は大人として、彼らを見、また影響を受けます。
少年達もまた成長します。

今回は戦闘シーン多めで、アクション編としても満足満足♪

道民としてはやはり応援せざるを得ないっ!!


追記っ!

take_14さまより
『読まれたのは10巻ではないでしょうかっ!』
と思い切りご指摘を…
……Σ( ̄ロ ̄lll) 
いえね、変だとは思ったんですよ…_| ̄|○
れんは数字が苦手なので、二桁になるともう…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/11

カタメのハナシ2

今日は何故か仕事がヒマで、
仲間と首をかしげていたれんです。
こんばんは。

まぁ、何かの偶然でそんな日もあるんでしょうが、
普段忙しい身としては、ヒマだと却って不安。
「…機械故障してるんじゃないの?」とか。
まぁ、ヒマとは言え、
相変わらず珍しいネタばかり引く訳ですが…


ウチで購読しているのは某Y新聞ですが、
今週に入りずっと「東京大空襲」60年企画でして…
おぉ、さすがライトカーブ誌。
まぁ、れんもレフトかライトかと聞かれれば、
微妙に右へスライス気味かと。

で、今日がその日な訳ですな。

ヒロシマ・ナガサキの原爆については
こりゃもう人類史に残る愚行な訳ですが
「東京大空襲」もひどいもんでして。

一夜にして死者10万人、ほぼ同数以上の負傷者。
投下された焼夷弾、実に2000トン。
ちなみに、爆弾ってのは一般的に「爆発」するから爆弾です。
「燃える」のと「爆発する」のでは意味が違う。
戦車や装甲車などの目標に対して
「燃やす」のは有効な攻撃手段にはなりません。
(だって鉄ですもん。火は着かないですよ)

わざわざ「焼夷弾」と言うというのは
これが「焼き払う」事を目的とした特殊な爆弾で、
しかも装甲目標(すなわち軍隊以外)を目的とした
「人口密集地用殲滅兵器」であるという事です。
よーするに最初っから「民間人狙い」。

おまけに火をつけるということは
火勢は勝手に広がる訳ですから、
その後の火災のコントロールはできないという事。
民間人を逃がす気はなかったらしいですな…

ここまで大規模な大都市への無差別爆撃は類を見ない訳です。
(当時日本は完全に制空権を失っていましたから
米国も安心してここまで大規模な空襲ができたとも言えますが)


これを「ジェノサイド」といわずして何とする。


ちなみにこの後、道内でも室蘭、釧路などは空襲にあってます。
室蘭は艦砲射撃で結構被害出たらしいですね。

「日本が戦争しかけたんだから、ひどい目に逢うのは仕方ない」
という意見もあるでしょうが、本当にそうなんでしょうかね。
「仕掛けた責任」は、
業火の中で息絶えて行った下町の人々にあったんでしょうか?

「我々は過去の歴史を反省し過ちを繰り返しません…」
総論賛成、各論反対。
気持ちは間違っちゃいないと思う。
でも、この国は「誰に対して」「何を反省」してきたんでしょうね。

誤解なきよう申し添えますが、
れんは戦争を始め、一般生活のなかですら争い事は嫌いです。
思いっきり平和主義者です。
なんせ臆病モンですから。

さて、ここで質問。
我々が望んでいるのは「平和」ですか?
それとも「安全」ですか?
心のどこかで
「自分達が『安全』であれば『平和』でなくてもいいや」
と思ってはいないでしょうか?


今日は堅めのオハナシで。
ほれ、ちょっとは考えないと、
ほんの60年前に亡くなっていった方々が
浮かばれないじゃないですか。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/10

差し入れは「リポビタンD」が良いかな?

最近車の中では「ローレライ」サントラの13曲目がヘヴィローテーションしているれんです。
こんばんは。

本日は昨日のようにクレームを引く事もなく平穏ではありましたが、
やはり何故か一風変わったネタを引くのが俺らしい。
上司に対処を確認しに行って、その上司がさらに上司に確認に行くという、
あたかも「上告」のような風景が数度…

教育時期から
「れんさん、変わったネタ引くねぇ…でも現場行ったらそんな事ないから大丈夫♪」
と言われてきましたが、現場でも引いてますよ?
トレーナーさんのうそつき~!


仕事を終え携帯を確認すると、
10年以上勤めた会社の事務のおばちゃんから電話が。
折り返し電話入れると
「最近音沙汰ないから大丈夫かな~とね」
…ありがとうございますだ。
何とか元気にやってますよ。腹ん中で菌を培養しつつもw

退職した元の会社の人に気にかけてもらえるというのは嬉しい事です。
時々元上司や同僚、先輩の間でも話題に出るそうで。
まぁ、ふらふらした人生ですんで
「アイツ大丈夫かいな?」というのが話題なんでしょうがw

ただ、支店の様子を聞くとやはりメンバー疲れ切っているようで…
ハードな会社ですからねぇ…
今度支店に顔でも出す事にしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/09

お気に入りは『純Legend』 

……予想通り寒波戻ってきたか。

帰りに駐車場がざくざくで、出るのに一苦労したれんです。
こんばんは。


本日より遅番シフト。
帰ってきて食事を終え、今はゆっくり焼酎のお湯割り等を楽しみつつ、
ついでにコイツで胃薬なんかも飲んじゃったりして♪(オイ)

何事もなく仕事を追え、優雅な一時を……と言いたいトコですが
今日はがっつりクレーム引き…_| ̄|○
1時間半くらい頭下げまくり。
まぁ、サラリーマンなんてな頭下げてナンボとも言えるので
下げるのは別に苦じゃないですけどね。
(好きとも言わんけど…)

まぁ、引いたのが俺で良かったとも言えるか。
「バカじゃないか!」とか言われると凹む人もおろう。
本気で応戦してしまったりとか…
頭下げてんのは「仕事用のれん」ですしねー


電車内や、社内の喫煙室で「しゃがむ」連中にもの申す。
見苦しいからやめたら?

年齢的には十分「おっさん」になってますんで、
まぁこーゆーことも言っていいかなと。
うん、年齢相応♪

特にオトコノコ。
若いくせに体力無いことを自慢するなよ。
若いうちに意地張っておかないと、
歳食ってからは張りたくても張れなくなるんだぜ?

立って起立背筋群を使っておかないと
いざって時、腰も振れないぜ?w
マグロ志望なのかな?
(ここら辺の話の持って行き方にオヤジスメルを感じませんか)

俺はガキの頃、電車に乗ると
「料金半分しか払ってないんだから座るな」
と親をはじめ周囲に言われた世代ですんで。
(古いな~)

本音で生きる、自分の気持ちに正直に生きるってのは確かに大事だけどね。
でも「建前」や「意地」、「見栄」を無くしちまうと
人間どこまでも楽に流れそうでね。
大丈夫なのかなぁ?
ちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

寝た寝た♪

珍しく一日記事が空きましたね(^_^;)
こんばんは、れんです。

体調を崩した訳ではありませんが、
さすがに疲れたようで、昨日は睡魔に耐え切れず…
汗をかいて少々寒気もありましたが、
受験の後折り返し平岸の美容院まで髪切ったりと
バタバタしてましたんで。

美容院のセンセに
「どうしたの?!その右手!」
(シップとテーピングで固めてた)
はぁ、まぁいつもの事です。気にしないでくださいw

昨日が寝れなかったんで今日は爆睡。
お布団大好き♪
風邪も引っ込んだようです。


暖気で雪が緩み、家の前とかざくざくになってます。
うへぇ~、埋まりそう。
駐車場どんな事になってんだろうな、オイ。

気分的には雪割りの一つもしたくなりますが、
今の段階でやって、寒波が戻ってきたら目も当てられない。
ここはもう少し我慢でしょう。
とはいえ、春ですなぁ。

休みで家を出ないとなると、
ネタに乏しいので、今日はこの辺でw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験&講習会

さて、試験本番でございます。

試験は月イチの有段者講習会と同じ場所。
レギュラーの方々(全道から集まる有段者)に加え受験者ですから、
そりゃーもー混雑する訳で。

駐車場が一杯になるのが嫌なので、かなり早めに時間設定。
AM7:30に受験生の娘を回収し、さっさと出発。
「おい、『帯』忘れてないだろうな?w」
「大丈夫ですっ!」
(結構忘れるんだコレが。間抜けな上に途方にくれる)

ハイ到着…って………会場まだ開いてねぇしw

受験生は午前中実技で、俺達は座学(!)。
午後からは受験生はペーパーテスト(!!)で、俺達は実技ですから、
一度送り出したら昼飯時間まで会いません。

まぁ大丈夫だろうと踏んでましたんで、
わりとお気楽気分。

で、実技終了。
「お~、どうだった?」
「え~、何とかできました」
そうだろうそうだろう。

で、結果から言えば無事合格。
良かった良かった。
後で試験官の先生とウチの師匠が話ししてましたが、
「受験者のなかで基本一番できてたよ」とお褒めの言葉を頂いたそうで。
(今回は女性は一人だけ)
指導者としては何より嬉しい言葉でございます。

ふぅ~、肩の荷下りたぜ。

さて、俺のほうはいつものように講習。
今回は大阪の先生が特別講師。
おぉ~、この先生、声渋いな~

しばらくしてウチのグループにも来てくれました。
あ、実験台俺スか?w
で、いいように投げ飛ばされてきました。
ウチの流派は基本的に下は板の間なんですが、
こっちがちゃんと受身取れて、上手な人に投げられてれば
まず怪我はしません。

20~30回ほど飛ばされた…かな?
へぇ~、こういう崩し方・投げ方もアリかぁ…
新鮮な驚き♪

ただ、「しまった!」というのが一つありまして。
昨年の昇段試験の時に、肘ともう一箇所
右の人差し指と中指の間の靭帯を痛めまして。
しばらく痛みは落ち着いてたんですが、
昨日、とある技をかけられた時に「ズキン!!」

「あ~!!、思い出した!!
 俺が痛めたのこの技だ!!」
(かけられて投げ飛ばされながら…)

そうです、昇段審査の時に痛めた技でまた…
どうもあの技とは相性悪いらしいなw

帰ってきてからシップとテーピングで固定。
処置が早かったおかげで今日はかなり調子戻りました。
あぶねぇあぶねぇ。
人差し指がアレではキータイピングが泣けるので。

とは言えまだ完全に動く訳ではないので、
少しおとなしくしませんとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

え~

本来なら「道場日記」の更新をすべきところですが、
明日は試験本番で試験会場まで引率&れん本人も裏で有段者講習会と、
思いっきり忙しいので、明日帰ってきてからゆっくりとアップします。
明日明後日と休みですしね。

では本日はこれにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/05

はまりデー

珍しく、残業してきました。
こんばんは、れんです。

本日「今月は残業スペシャル月間」なるお達しが発せられ、
「おぉ、こりゃやらねば♪」
と意気込んだのは良いんですが、
今日のれんは引きが悪く、どうにもハマり加減。

残業する気ではいましたが、
定時終了前からの案件引きずって、
そのまま「普通に」残業突入。
なんだかな~

やる気でやるのと、「ずるずる突入」では
やはり気分的にも…
イマイチな初日でしたわ。
明日は残業できませんしね。
(道場あるので速攻で帰る)


関東、東北地方は大雪だそうで。
北国に住む人間としては、東京で「大雪」が降ると
「…大雪か?」と思ってしまうのですが、
普段降らないところではあれでも十分危険なんでしょうね。
笑い事ではないようで。

スーツ稼業が長いのですが、
「裏がまっ平ら・溝なし」の靴を履く気になれないんですよね。
濡れたタイルの上とか死ぬほど滑りますぜ?
まして雪では…
内地(…)の人ってアレで大丈夫なんかな?不思議不思議。


苫小牧で7~8年ほど働いた事がありましたが、
転勤初年度、支店に「雪かき」が無いのにビックリ!
「雪かきどうしてるんですか?」
「あん?ほうきで十分よ」
……………
違うもんだなぁと思っていましたが、
れんが転勤した年から年々雪が増えましてw
「おめーが雪連れて来たんだろ!」と
支店メンバーにさんざん恨まれました。
俺じゃないよ、うん、きっと、多分♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/04

道場日記

本日は師匠がいた訳ですが、
昇段試験を控えた女の子がいますんで、
今は一生懸命指導指導。

日曜日が試験日ですから、あと今日と土曜日しかないんで。

まぁ、ほとんど心配はないでしょうがね。
よほどガチガチにならん限りは楽勝で合格する…と思う。

受験失敗するのは本人以上に指導者の責任だと思いますんで、
(昇段は別に定員ある訳じゃないので)
その点ではこっちも胃が痛いんですがw

ウチの流派は技が多いので、
覚えるのと「技」と「名前」一致させるのが一苦労。
今回受験する娘あたりだと60以上あるのかな?
(もっとか)

まぁ基本となる技があって、
そこからの応用変化にまできちんと名前が付いてるんで
こんな数になるわけですが、
さりとて「技名」付けとかないと、教える側は大変w

「え~っと、相手に○○の技をかけたら、こっち側に逃げたと。
 そこをこう変化して極める技」

とか言わなくちゃならないので、
んなもんやってられません。
武道の指導というより早口言葉の練習になりかねん。
指示代名詞のオンパレードになる…
「そうやって」「こうして」「こうきて」「こうなって」…
…うがー!

覚え方に法則があるんで、
これさえ覚えれば特に難はないんですが
そこまで来るにはやはり一定以上練習しないと分からないんで、
やっぱりそれはそれなりに大変。

ちなみに昨年俺が昇段試験受けたときは多分「技名」が100超えてたw

「どう覚えさせるか」考えるのも楽しいので、
苦ではないですがね。

もう一息だ、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/03

「アンパンマンとシャブおじさん」

……ビニール袋と注射器が必須アイテムですね。
「アンパンマン!新しい○○○○だ!」


さて

本日より早番。
すっかり夜更かしが板に付き、今日はねむねむのれんです。
こんばんは。


調子は良いものの、依然として毎食後の服薬が日課でございます。
ただ、少なくとも一食は会社で食事を摂るわけですから、
当然薬も会社で飲みます。

「…れんさん、それはおかしいでしょ?!」
「へ?何が?」
「何で『缶コーヒー』、しかも『ミニ缶』で胃薬飲んでるの?」
「食後のコーヒーと薬、いっぺんにたしなめて良いじゃないか」
「いやいやいや、それ間違ってますから」

そうかなぁ?
下手すりゃ胃薬ならビールや水割りで飲むぞ。
さすがに風邪薬ではやらんが…
(一度ひどい目に逢ったことがある)

仮に食後すぐ水で薬飲んでも、
その後コーヒー飲んだら一緒のような気がするんですが。

……こーゆーデリカシーのない奴はダメですなぁw

「腹に入れば皆一緒」って訳じゃないですよ。
ちゃんとカップめんはお湯を入れて作ってから食べてるんですから。
(当たり前だーーー!!)


年末にはノロウィルス(としか思えん)にやられ、
しかも、胃にはその時期「ピロリ」が先住してたという事が推理されまして、
異種の菌とウィルスが同時に体内で繁殖(養殖?)していた男と……
「身体にばい菌飼ってるんですか?」と聞かれる始末。

「今度かられんさんの事を『バイキンマン』と呼ぼう!」
「メッセンジャーやメールのあて先も『ばい菌』に変えますか?」

……おい、小学生のいじめじゃねーんだから。


では今日はこの辺で。
ばいばいき~ん!


……………………_| ̄|○


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

お休み日記

こんばんは、れんです。

本日はお休み二日目。
明日より早番となります。

昨日は休み初日の恒例「爆睡」。
いやいや、12時間以上寝るのも楽じゃないですなぁ。
だって起きたら身体痛いんですよ?
(じゃあ起きろ)

自分で思うに、これは「寝ている」のではなく、
カラダのどこかにスイッチがあって、
これが強制的に切れて
「仮死状態」や「冬眠」に近い状態になっているのでは?
と思うんですよ。
腹も減らない、トイレにも起きないとなると
その可能性は決して否定できない。
さて、そのスイッチはカラダのどこにあるんだろう???


今日は例によって駐車場の除雪をしたり
おふくろを仕事場に送迎したりとまぁこれと言った事もなく。
ただ、携帯に相談事メールも入り頭悩ましたりとか…

で、結局「ローレライ」のサントラ買ったりする訳だ…
まだ映画見てもいないのに_| ̄|○
(きっと劇場には行かないだろうしな)
買った甲斐はあったけど。
メインタイトルの曲はやはり良かった。
この一曲のために金払ったようなものかも。
約9分…高い一曲だわぁ(笑)。
樋口監督には「ガメラ」のサントラも買わされてるからな(爆)。

もっとも、あまりに「水曜どうでしょう」で流れるから
聞きたくなるのが人情ってもんですよ。
(次回予告とかBGMはほとんど「ガメラ」から)

そう思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『仮面ライダーSPIRITS』7巻

349195-2

「ちいい、しゃーねぇ………本郷!!」「ああ 一文字!!」
『  変  身  』


原作:石ノ森章太郎   漫画:村枝賢一
講談社ZKC


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


ぼちぼち禁断症状が出てました。
待ってましたよ、村枝センセ♪


「ZX編」に入って早4巻目。
(いや、早くない_| ̄|○)
それまでの前3巻は9人ライダーがそれぞれに活躍する短編形式。
もちろん現在の「ZX編」への伏線も張ってありましたが。
「10人目のライダー」であり、ある意味「幻の仮面ライダーシリーズ」
「仮面ライダーZX」を素材にここまで盛り上げるとは…
なんせホラ、TV番組としては放映してない訳ですから。
(スペシャルとして1回だけ特番があったそうだが見ていない)


記憶を取り戻した村雨良(ZX)とある人物の再会
囚われの身となったXライダー救出劇と、バダンの侵攻。
話進む進む。

そして「もう一つの再会」にも触れずにはおれんでしょう。
一号ライダー本郷猛と……

今回は比較的「泣き」が少ない巻でしたが、
アクション主体にぐいぐい押してきます。
その中でもアマゾンと敬介(Xライダー)はちょっといい味出してましたが。
(基本的にアマゾン好き)

泣ける話はやはり前半3巻にてんこ盛り。
どの巻でもご飯3杯はいけますな。


平成ライダーも悪くはないんですよ。
「仮面ライダークウガ」などはなかなか苦悩があってよかった。

しかし、自らの意思ではないのに「改造されて人間ではなくなった」
彼らの生き様はやはりぐっと来るですよ。

殺された家族の復讐のために
1号2号ライダーに志願して改造手術を受けたV3や
同じく親友の復讐のために
ちゃっかり悪の組織に改造してもらった後
まんまと脱走したストロンガー。
(ある意味相手も大マヌケではあるんだが)

瀕死の重傷を負い実の親父に改造されたXライダー、
元々宇宙開発用サイボーグのスーパー1なども居るには居ますが、
皆「志願兵」ではなく、自分の身に降りかかった災厄を背に、
それでも一人立ち向かう。
燃えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »