« 美味しゅうございました | トップページ | 『低俗霊DAYDREAM』6巻 »

2005/04/05

『ブーストポッド作動。エンジン臨界点までカウントスタート』

こんなタイトルつけても誰も付いて来れない気がするけどまぁいいやw

お休みですのでぼけぼけしているれんです。
こんばんは。


今日はぼちぼち車検なので、三菱系ディーラーに行って見積もりなぞを。
……ちと高ぇなオイ。
中古で買ったので、走行距離が結構いってます。
まぁ北海道では標準的ですが。
タイミングベルトは換えておかんとなぁ…
走行中に切れたらエンジンお亡くなりになる可能性ありますからねぇ。
エンジン上部に「でーん」と載ってるインタークーラー外してからじゃないと、
作業できんだろうな。面倒くさそうw
おかげでプラグ交換も面倒くさいらしい。
……誰だ、ターボ車に好き好んで乗るのは(自分です)
ちなみに、れんの影響なのか、道場の若手連中のターボ比率が高い気が…
何でみんなボンネットにターボバルジの開いた車ばかりなんだよw

色々とやらかしている三菱ですが、
車としては実は好きでして、ランサーターボ(エボに非ず)を2台連続、
8年間乗ってました。
当時長距離通勤(片道40キロ)だったのと、
さらにその中の一時期中距離恋愛(同150キロ)だったもので、
「全天候型高速巡航機」が必要だったのです。
長距離かまそうと思うと、北海道では四駆必須ですしね。
四駆のハイパワー車となると、メーカーが限られてきましてw
下からトルク出まくりで、意外と燃費の良いランサーは気に入ってました。
後輪にLSD仕込んだ2代目は走破性がぐんと良くなり、
「これであと乗り心地が気持ちマイルドならなぁ」と…

どうも国産大手6社(乗用中心として)では
「半分より下」のメーカーに目が行く癖がありましてね。
トヨタ、日産、ホンダという上位メーカーよりも、
やはり三菱、スバル、マツダといった一癖ありそうなメーカーの方が…

「なんでそんなにターボが好きなんだ!三菱」
(今はおとなしくなりましたが昔は正気とは思えなかった)、
「水平対向エンジンと心中する気か!スバル」
(それが功を奏して今やすっかりプレミアムメーカー)
「実用的なのに何でそんなにイメージ戦略が下手なんだ!マツダ」
(フォード傘下で最近勢いあるなぁ。ボルボのワゴンがアテンザベースとは…)

という3メーカー大好きですw

ちなみにれんはマツダ、マツダ、三菱、三菱、日産、三菱と来ております。
社用車としてはトヨタ、ダイハツ、トヨタでしたから、
トヨタグループばかりですね。
使ってて不満がないのはさすがですが。

ま、当面は今の車大事に乗ることになりそうです。
春になったらまた手を入れたり綺麗にしたりするでしょう。
(ドレスアップは基本的にしない人ですが)

|

« 美味しゅうございました | トップページ | 『低俗霊DAYDREAM』6巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/3577733

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブーストポッド作動。エンジン臨界点までカウントスタート』:

« 美味しゅうございました | トップページ | 『低俗霊DAYDREAM』6巻 »