« 道場日記 | トップページ | 本日は »

2005/04/08

『退引町お騒がせ界隈』1巻

4592886062


「どーせおれはいらない子供だし」
「いらない子供なんて最初っから生まれてこないよ」
「おっさん だれ?」
「この姿を見て久米宏と言う人はいないだろう」

遠藤淑子
白泉社文庫


元々れんがコミックを読み始めたのは、
親戚のおねーさんの家にあった少女漫画が振り出しでしてw
「りぼん」「なかよし」「花とゆめ」「プリンセス」…
ええ、「ときめきトゥナイト」も「悪魔の花嫁」も「空くんの手紙」も、
一応は目を通しております。
(今回は皆様をぶっちぎってる気も致しますが…)

後年安定して読むようになったのは(と言ってもさすがに本誌は買いませんが…)
やはり「花とゆめ」コミックス。
「スケバン刑事」に燃え(萌えに非ず)、「ここはグリーン・ウッド」にやられ、
「イブの息子たち」にみょ~な感覚を習い(習ったんかい)、「動物のお医者さん」に笑い、
「ぼくの地球を守って」に震え、「笑う大天使」に滂沱の涙を流して育ってまいりました。
(ここで軌道修正しなかったのが大間違いだったかも知れぬ_| ̄|○)


少女漫画というのは懐の深いジャンルでして、
恋愛ものは無論として、業界もの、サスペンス、コメディ、オカルト、ハードSF etc…
何でも描けるがゆえに難しいですし、
少年漫画のワンパターンとは違った世界が存在しますね。


さて『退引町お騒がせ界隈』。
え~っと、知名度きっと低いですw
絵が上手かと訊かれれば…すいません、論評は控えたいと…
でも泣けますし笑えます。
何というか、時代劇テイストなのかもしれませんね。
適当にドタバタがあり、色恋(恋愛ではないのが味)があり、
人情で締めくくる。
かなり説教臭いともいえますがw、それもまた良し。

最近無性に読みたくなりまして、文庫で再入手してしまいました。
ついでに『いつか夢の中で』も…_| ̄|○
『エヴァジェリン姫』シリーズも読みたいのですが…


最近「これもブログのネタになるんだっ!」と自分に言い訳をして、
堂々と書籍をあさっている自分を発見し、
少々悩み加減なれんなのでした。


|

« 道場日記 | トップページ | 本日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/3608343

この記事へのトラックバック一覧です: 『退引町お騒がせ界隈』1巻:

« 道場日記 | トップページ | 本日は »