« カタメのハナシ3 | トップページ | さぶいさぶい »

2005/04/11

道場日記

昇段審査が近いものですから、レギュラーの稽古に加え、本日も特訓。
れんも仕事を終えて合流しました。

いやもうね、最近の若い奴はあれだね。気合出せないんだね。

のっけからオヤジスメル満載の発言ですが、ホントです。
まぁたいがいどこの武道でも「気合」って言うのがある訳ですが、
んも~、最近の男の子ったらシャイなんですよ♪
声が消え入りそうなんですから♪

………てめぇら、殴るぞ。

「アレが何の役に立つ。K-1やボクシングは気合出さないだろう?」
という声もありましょうが、
ムエタイの選手は出しますし、
ボクサーも呼吸に合わせ「シッ!」という感じで出してますよ。
現代医学でも、自分の肉体的リミッターを外すのに、
お手軽で、効果があるのは「大声を出す事」と研究結果が出てるそうで。

気合にも「上手下手」「段階」ってもんがありまして、
最初の段階ではまず大きな声を出す事から始まり、
段階を踏むに従って自分なりに変更していきます。
声をあまり出さないボクサー風の「含み気合」は
ある程度まで行ってからのもの。
中・上級者のモンです。

ちなみに下手な人は
「攻撃の前に」気合を出す人がいますw
「今から行くよ」って言ってるみたいなもんでして、
バレバレですなぁ。

れんはと言いますと、
ノってくると声が出っぱなしですw
かーなーり、うるさいです。
普通防御の時は気合は出しませんが、
れんは防御から反撃、追い討ちまで…
ちょっと同門では変わったタイプですな。

ま、これも自分でリズムを作りやすくするためのもので、
それなりの試行錯誤の結果、このスタイルに落ち着きました。
ちょっと説明が難しいのですが、
慣れてくると「声」で相手のリズムを崩したり、
ちょっとした「時間差攻撃」を仕掛けられるようになりますよ。

とは言え、それはキャリアがあるからで……
だからな、お前らはまずでけぇ声を出せってんだよ!
ウチの道場は無声映画やお通夜じゃねーんだよ!

ほんとにね~、困ったもんです。

技術が仮に同じなら、
気合や気迫を前面に出す方が勝つに決まってるじゃないですか。
人間の「意志力」ってのを舐めちゃいけません。
仮に技術的に自分より数等劣っていても気迫のある奴とやると、
下手すると「勢いに呑み込まれる」時があります。
アニマル浜口じゃーないですが、
決してバカにできないんですよ。

ま、今は気迫出さないとプレッシャーで潰れるような、
激しい攻撃をして覚醒を促してます(ニヤリ)。
あと一ヶ月。スパルタで行くから覚悟しろ。

|

« カタメのハナシ3 | トップページ | さぶいさぶい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/3651120

この記事へのトラックバック一覧です: 道場日記:

« カタメのハナシ3 | トップページ | さぶいさぶい »