« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

ぼでぃ・すぺしゃる

お?今日は少し風があって涼しいですな。
こんばんは、れんです。



6月もあと一日ですか…
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、今年も半分過ぎた_| ̄|○
早いものですなぁ。
ま、劇的に何かが変わる訳じゃないですが、
半年間何かあったかなぁ…



さて、夏になりますと当然薄着になる。
するってーと  目の保養になる 
「ぼでーらいん」が気になるのは男女問わずでありまして。



ぶっちゃけた話
肉体改造には少なくとも2~3ヶ月かかるそうなので、
(筋肉のターンオーバー周期がそのくらい)
本格的にとなりますと今からではチト厳しい…(-_-)ゞ゛



ですが多少は引き締める事はできますし、
しないよりはうんとマシ。
まずは始める事です。



れんは食事量のみを制限してやるダイエットには懐疑的でして。
その方法では
「今も、その先も『美味いものが喰えない』」
という事になると思うので。
一度落として維持しようと思ったらそうなりますよね?
そりゃあ、つまらないんじゃないかなー
美味しいもの食べて美味い酒飲んで…の方が人生楽しかろうとね♪



まぁ、一度制限すると胃が小さくなって…というのはあるのかもしれませんが、
胃なんてまたすぐ大きくなりますがなw
それに「満腹にならなくてもカロリー高いもの」だと
胃を小さくしても意味ナシではないかなーと思うですよ



れんが一応ずっと身体を動かしてきたから言う訳ではありませんが、
やはり運動と併用すべきではないかと。
多少カロリーオーバーしても、消費してくれる身体を作ってしまえば
それほど神経質にならなくても良いのでは?と思うんですよね。



活性酸素がどうのなんて話もありますが、
もとよりタバコ片手に筋トレする男といたしましては(オイ)、
その害より運動しない害のほうが大きいんじゃないかと思いますな。
大体、活性酸素産むほどの運動はダイエットには要らんと思うが…



最近の若い男女の歩き方や姿勢の悪さに
「…素材はいいのにもったいねぇ」
と嘆く事しきりですからね。
(ええ、おっさんですが何か?)



最近の若い方は背も高い、腰も高い、手足もすらりと長い。
男性は肩幅あるし、女性は腰も細い。
でも「猫背・がに股・腹出」ではねぇ…
(この場合の「腹出」は腰が前に突き出した脱力型の事)



鑑賞する側としては
「金返せ!」 「もっとしゃんと!」
と言いたくもなろうってもんです。



では、と言う話になる訳ですが、
これはまた明日以降という事で…



よし、これでネタが引っ張れる!w



時々脳内の非公式な発言がぼろっと出ている場面がございました。
…え~と、聞かなかったことにしてください <(_ _)>



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

『♪ひとつ一人の…』


うぁぁぁぁ、暑い~
こんばんは、上半身まっぱで書いておりますれんです。



一応窓も開けておりますが、空気が動いてねぇ…
まぁ、この程度の暑さでメゲてちゃ本州の方に笑われそうですが、
北海道民は暑さはともかく、湿度に弱いのですぅ…_| ̄|○



旭川、北見などはかなりの暑さになりますし
「一年間の気温差が60~70℃」という幅のあるところですんで、
北海道が一概に「涼しい」とは言えません。
が、しかし本来湿度は低い。
「からっ」としてるのが北海道の良いところだったはずですが、
年々蒸し暑くなってきております。



本州からたま~に「避暑」にくる従兄弟も
「……涼しくないぢゃないか」とぶーたれております。
恐るべし「温暖化」。



さて、本日より同期の「リーダー(仮名)」が上司として業務開始。
大変だろうけど頑張ってくれぃ!
俺もいい部下に…ゴメン、きっと足引っ張るわw
来月からは少々チーム編成変更。
リーダーの負担を軽減すべく、各チームから優秀な人材が集結!



………何故そのチームに俺を残す_| ̄|○



まぁ、リーダー独り占めできるとも言えるか♪
困った時はよろしくねん(はあと)
(…きっと今頃彼は原因不明の悪寒に苛まれているはず)




何故かこの休み中、「Flash」にハマっておりまして、
色んな作品を鑑賞しまくり。
感動作も多く、はぁとふるな作品にも触れて大変心洗われたのですが、
そればっかりじゃないのがこの世界w
おかげで今日も変なミュージックが頭の中をエンドレスリフレイン。


『♪○○○もみもみ も~みもみ』がぐ~るぐる。


……危うく口ずさむところだったわい。
(気になった方は「もみもみ」と「音頭」でググって下さい。嫌と言うほど出てきます)



今日は少々めでたい(?)事が。
前チームで一緒だった女の子が
本日最後ということでわざわざ挨拶に来てくれましたよ。
以前ちょいと相談に乗った事がありましてね。
そんなん気にしなくてもいいのに、若いのに義理堅いしっかりした娘じゃのぅ…
相談つーてもホントたいした事じゃないんですが、
ホレ、そこら辺は『年の功』ですし、いろんな意味で経験も積んでますんで。



望むと望まざるとに関わらずなのがチト痛いが



そだよね~、もうぼちぼちだもんね~♪
元気で頑張って。
ダンナさんと、新しく増える家族とお幸せに♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

失礼しました <(_ _)>


『ワタクシ、嘘をついておりました』
こんばんは、日中更新と言いながらいつもどおりの時間になったれんです。



いかに「お布団が恋人」のれんとは言え、
あんな時間に轟沈したのは珍しいですな。
確かに、投げ技の稽古は内臓が揺れるので
大層スタミナは消費しますが、
一応ちゃんと受身取ってますからねぇ?
今更それほどメゲるとも思えないんですが…



(腰を打たないように足、それも足先側から着地してます。
 「かかと」から落ちると地獄を見ますw←体験者
 『床に一人回転かかと落とし』状態になるので… )



昨日は午後から特別練習。
大会出場組だけ集めて特訓です。
少々気温が低かったのが救いですな。



師匠は仕事のタイミングで来れない(最後に顔だけ出してた)ので、
れんが子供&大人の出場者を一人で面倒見てましたが、
全員ぼちぼち眼の色が変わってきているのでw
一組指導していると、その後ろに分からないところを聞きに来る
『教えてセンセ~』の連中が控えている状態…
ああ、難民だわ…_| ̄|○



一般部の成人コンビはまぁ放って置いても何とかなりますが、
(普段あんまり使わないので教えてない後ろ回し蹴りとか、その程度)
その他の連中はねぇ…
いやもう、息切れしましたがな。
センセ自らバンバン投げられてますし。



ウチの投げが関節を極めて投げてるので、
極められた部分を軸に、振り回されるように飛びます。
「あんなの自分から飛んでるんだろ!」
とはよく言われますが、まぁそれはあるなw



ただまー、下手に我慢するより飛んじゃった方がダメージ少ないです。
本当に極まった状態で我慢すると靭帯がエライコトになりますし、
上級者は重心操作で飛ばざるを得ない状態に持って行きますので、
これを無理に踏ん張ると却って怪我しますね~



ホラ、プロレスでもバックドロップやジャーマンで
綺麗に投げられた方がダメージ少ないのと一緒。
怪我人が出るのは大抵何かの拍子に投げが崩れた時ですからねぇ。
(とてもじゃないが、『エメラルドフロウジョン』や
『ノーザンライトボム』を掛けられたとして途中で暴れる気にはなれん。死んでまう)



基本的に相手が倒れていても「仰向けの状態」は
まだ体勢が生きていると判断します。
蹴れますし、腕も使えます。
人間は「前面に対して」は抵抗力がありますからね。



逆に言うと、投げられる側は「うつ伏せ」にならないよう必死な訳で
下手に投げをこらえて脇固めや後ろからの裸締めなんかに変化されるよりは
さっさと飛んで仰向けになっちゃったほうがマシ…とも言えますな。



まぁ、「マジで使う」という点から見れば別に完全に投げる必要ないし。
「一瞬とは言え、ストライカーに片腕コントロールされて頭を下げる」
という行為の恐ろしさはお分かりでしょう。



………うふふ♪




そんなこんなで、帰ってきてすぐ寝ちゃったのが昨日。


で、今日は変な時間に起きた訳ですが、腹へって寝られなくなりましてw
なんかぼーっとした後に食事をとったら今度は眠い眠いww
午後から髪を切りに行く予定があったので
寝るわけにも行かず…
(れんの場合うっかり寝られません。寝たが最後…)



いつもの美容室に行って帰って、
いつものクリーニング屋といつものスーパーにw
と、ここで珍しいもの発見!
『おぉ、同じ車じゃないか!』
年式もいってますし、
特殊グレードなのでお仲間あまり見かけませんが
なんと車体色まで同じ。
へぇぇ、まだ生き残ってるんだなぁ。
何となく嬉しくなったのでありました。



さーて、明日から遅番ウィーク。
がんばりませう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

わははははは

・・・・・・・・・はっ!すいません、寝てました。
おはようございます、れんです。




昨日は3時間ほど特別練習だったので・・・
気がついたら9時くらいに沈没してました。
とりあえずベッドまでは移動していましたが(無意識)。



この時間になって目が覚めましたが、背中が痛くて寝ていられなくなりまして。
おそらく投げられまくったダメージ・・・ではなく、
寝姿が変だったと思われw



本日もお休みですので日中に改めてアップしまぁす。
(起きてはきたものの、自慢の「虹色の脳細胞」がろくに動いておりませんゆえ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

確認しない方が良い事も、世の中には…

本来なら『道場日記』が上梓されるはずの土曜日ですが…
こんばんは、宴会帰りのれんです。
本日は日本酒3合ってとこですかね。



ちょいとチーム編成が変わりますので今日の宴会は参加。
先日面談をした直属上司も来ましたしね~




なんてーんでしょうね。
……ウチのセクションは濃いわw
皆それぞれ「キャラが立ってる」。
属性の基本キーワードが『エロ』という気もしますが…
とてもとても、れんごときのキャラでは埋没しますなぁ。




ぼちぼち暑くて寝苦しい夜になりますので、ここで一つ
数少ないれんの体験談なぞを。
(なぜか自分の彼女や周辺には、「霊感」がバリバリ強い人が多いのに、
 本人はさっぱりなんですが…)



この手の話に弱い方はここら辺で引き返した方が…w
後で文句を言われても責任取りませんからね~



れんが一人暮らしを開始した時の話です。




アパートに引っ越して、一通り家具も納まりほっと一息。
生意気にも、居間と寝室が完全に分かれた2DKの部屋を借りましてw
ですので寝室にもちゃんとドアはあります。



さて、その日は当時の彼女が遊びに来てました。



彼女は寝室でベッドの上で寝転びながら本を読んでおり、
れんは居間でTVを見ていたんです。
そんな時間が1時間ほど続いた後、
寝室から出てきた彼女が
「ねー、30分くらい前にこっちの部屋に来た?」
と尋ねました。



「なんで?」と訊くと



「ベッドでうつ伏せに寝転んでて、ふと足元見たら

 白っぽい手がこっちに向かって手を振ってたの。

 ちょうど肘から上だけって感じで。

 れんの腕も結構白いでしょ?

 てっきり、れんがそーっと部屋に入ってきて、

 ベッドの下に隠れてイタズラしてると思ったんだけど?」



れんはこの一時間、居間の椅子から立ってすらおりません。
もちろん、寝室などには行っていません。



さて、あの「腕」は誰の腕だったんでしょうね…



不思議な事に、彼女も
「れんだ」と思う気持ちと「れんじゃない」という気持ちが半々で、
振られた手を見て
「れんでしょ?なーにやってるのw」と声を掛けたのに
何の反応も無いことをごく自然に受け止めてしまい、
そのまま本に目を戻し、30分も経ってから居間に来て確認したそうです。



ちなみに彼女曰く



「それほど嫌な感じじゃなかったよ。『通りすがり』じゃないかな?」との事。



通りすがりの…『誰』?ねぇ誰?w
むしろ、どこから来たかよりもそちらが問題です…



新居に入って一週間目。
こんな事を言われても何の解決にもならず、
彼女が帰ってからの時間は落ち着かないことおびただしいw


しばらくはきょろきょろする日々が続いたのでありました。


なお、全て脚色なく実話です。



さて、今彼氏や彼女、奥さんやご主人と一緒の方。
さっき見かけた姿、話した相手は



本当にいつもの見慣れたその人でしたか?



確認したら「え?何のこと?」って言われるかもしれませんよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 『沖縄論』

025673290000

著:小林よしのり
小学館








何かと物議をかもす小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」最新刊。
さすがに395ページ。
一日での読破は無理で、3日かかってます。



しかし、今回日数がかかったのはボリュームだけではなく
その内容による部分も大きいですね。
一言で言えば「この問題は難しい…な」という事。



『ゴー宣読んでる』というだけでまかり間違うと
「右寄り」「イロモノ」と分類されかねない昨今ですがw、
よしりん(あえてこう書かせていただこう)のものの見方には
基本的に賛同してます。



ただし、ご本人言うとおり「無条件な賛同」はしませんし、
「斜めに見る」程度の自主性・主体性は備えておりますが。
それを差し引いてもその主張には頷ける点のほうが多い。
つか、よしりんは至極常識人で控えめだと思うんですがね?



ま、個人的にも「左寄り」と言われるよりは「右寄り」の方がまだマシかとw
だがしかし、現代において
「左」「右」の境界
はどこにあるんでしょうな?



昔自○官だった人間の個人的意見ですが、
その当時、○○の街宣車が大ボリュームで軍歌を流し、
街を我がもの顔に走って、女子供をビビらせているのを見ていると



「お前らと一緒に見られて迷惑なのはこっちだよっ!」



と言いたくなったものです。



「そんなに国守りたきゃ全員入隊すりゃいいじゃねぇか
 (当時は入隊者が少なかった)
 まさか『入隊経験無し』なんていう奴ァいねぇだろうな、オイ」とね。



「戦場から遠い人間ほど好戦的になる」
とは古今、洋の東西を問わない至言でしょうが、
変な形でサポーター気取られるのは極めて迷惑に感じたものですよ。



これは余談ですが、
高校卒業後の進路を自○隊と宣言したれんは、
その日以来、自分の担任に
手のひらを返したように
何につけても茶化され、いじめられたんですよね。
卒業まで続きましたな。



社会に出て、世の中の仕組みとゆーものを知った時に
「あ~!なるほど。だから俺は目の敵にされた訳ね!」
と納得。
「子供を戦場に送っちゃならない」組織の人だったんですものねぇ。
ありがとう、W先生。
おかげで大人になったよ♪
でもね~



…自ら「行く」と言ってる人間を邪魔すんじゃねぇ




閑話休題、さて本論。


似たようなボリュームの『戦争論』『戦争論2』『台湾論』に比べても
圧倒的に読みにくい印象を受けたのは、
時系列で追うのが難しいという事、
ドラマ性に乏しいテーマである事など理由は幾つかありますが、
現地の単純に割り切れない事情によるものが大きいのではないでしょうか。
読んでて眉間にしわが寄りましたよw
『戦争論』なんかは一気にいけてスカッとしたんですが…



とは言え、やはり知って考えておかねばならないとは思います。
この歳になっても、世の中れんの知らない事だらけなんですよねぇ。
「ちゃんと識ってる大人」になりたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

「鶴は千年、亀でまんねん」

いやぁ、こんだけ暑いと亀さんも元気だわ。艶も良い♪
首筋の血管の浮き加減もたまらん。
こんばんは、元気な姿を上から眺めてご満悦なれんです。



…さぁ正直に手を上げたまえっっ!
上の「ご挨拶文」を見て



『エロ系の話?』



と思った者は!


(お前だけだー!)




それはさて置き、亀が元気です。
「何が?」と申しますと、ウチで飼ってる草亀二匹の事です。
20年ほど前から飼ってますが元気ですよ~
「すけ」と「かく」と名付けております。



小さい方が「すけ(♂)」。
体長(甲羅長?)約13センチ。
ひたすら元気。
餌の時間になると水槽で大暴れ。
やや黒光りしております。
(黒色化というそうな。歳経たオスはこうなるらしい)



大きいほうが「かく(♀)」。
同じく体長(甲羅長)23センチ
そのサイズゆえに水槽では飼育は無理で、
半透明の衣装ケースで飼育中。
おっとり寝てることが多い。
こちらは亀らしい緑色。



……やはりオスは黒光(その話題から離れろ)




冬眠はさせずに飼育してますので
まぁ年がら年中活動してはいますが、
それでも夏になると元気で冬は食欲・活動とも落ちます。
冬は下手すると結膜炎になってしまうので油断できません。



実はこの二匹本州生まれでして、
両親が松島観光に行ったときに親父が駄々をこねて
現地で買ってきたんですよ。



松島土産が亀二匹(なまものでーす)。



…貴様、一体何を考えている。



以来約20年。
途中かくの方が病気をしたりしましたが、
現在もなんとか無事に生きております。
既にウチの『守り神』と化してますな。
ちなみに、サイズ的に買ってきた時から見ても
一回り程度しか大きくなっていないので、一体何歳なのやら…
下手をするとれんより年上の可能性大アリ。



この「かく」ですが、実は「経産婦」さん。



ある日水替えの最中に「タマゴ」を発見したれんは
「あーーーーーっ!」と絶叫。
居間でテレビ見てた家族は
「どうした~?タマゴでも産んでたか~?」と



おそろしいほど正確な冗談を。



「そのとおりだ」と答えるれんに今度は家族が絶叫。


なんと7個も。
海亀と違い球形ではなく形も大きさもまゆ玉そっくり。
あの甲羅の中にこんなに入っていたのか。
不思議だ…
水中に産んじゃってましたから全部ダメでしたが…
(「何で?」と思った方!亀は爬虫類ですからねっ!w)



「それにしてもいつ『すけ』が仕込んだのだろう?(オイ)
 ここのところ一緒のタイミングで散歩させちゃいないんだが…?」
と不思議に思ったれんはその後、亀の生殖について調べて唖然。



「一度交尾をしたら体内に精子を保存して数年かけて出産するだと~!?」



…幸い出産はその後ありませんでしたが、一年ほどはドキドキw



こ奴らについてはまたいずれ。
なかなかプリティな生き物ですよ。
ちゃんとなつきますし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記

仕事が長引き大人の部の途中から参戦。
……なんだこの人数の少なさは?
(どうやら学校祭かなんかの季節らしいです)



道場に行く前には必ず道着にアイロンをかける訳ですが、
ぼちぼち暑くてたまらん季節になりますね。
今は師匠にもらった新道着をメインに着て身体に馴染ませてます。
???この道着、風通しはいいが生地が厚いのか?
突きを出した時に袖が「パン!」と鳴らず、「ボスッ」て音がするぞ?
う~ん、馴染んだら音変わるのかな?
音が鳴らんのはちと寂しいのだが…


突きの速度と冴えが一定レベルになると、
袖が「パン!」という音を立てるようになります。
洗濯物を乾す前に「パン」とやる時の音に似てますね。
上達の一つの目安ですわな。
概ね黒帯クラスになると鳴るのが普通。
(鳴らねー奴もいるが…お前ら「冴え」がねぇんだよぅ)



ま、昔は音を競うがごとく道着に細工をする者もいましたがw、
今はそんな人いませんやね。
…え?
師匠、昔してたんですか?w




え?れんはしませんよ。
なぁに、細工なぞせんでも
いーだけくたくたになった小さめの道着着れば
音なんぞナンボでも…




ま、音が鳴るからといって「効く」とは限らんのですがね。
鳴るのは第一段階。
「入り口」ですからね。
せめてその程度はできて当然というレベルです。



同門の中にも、あまりにそれにこだわりすぎて、
「フック」で袖鳴りさせるお○○さんがいますが、
腰の回転と肩の操作で当てるフックで
袖が鳴るわけないだろうにねぇ……ハァ
フック系は肘の角度を決めて(固定して)突き刺さないと意味ないよん。
大丈夫ですか~?





今日も女子大生コンビの指導。
……ナツカレテイル



う~ん、横蹴り(足刀蹴り)がイマイチ…
真横に蹴ると格好悪いし効果も今ひとつだから、
お尻の筋肉使って「気持ち後ろ気味」に蹴ると良いぞ。
相手を見るのは「自分の肩越しに見る」感じで。
アゴもガードできて一石二鳥。
そーそー。
背中の筋肉を緊張させると冴えも出るからな~




ああっ、あとちょうど一ヶ月だ…_| ̄|○



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

遠雷

どうも遅番から早番への切り替えが上手くいきませんな。
こんばんは、昨夜は一睡もできなかったれんです。



ムシムシした空気、散歩&ランニングで火照る足。
かてて加えて



2日間で24時間という豪快な睡眠時間により



またしても眠れなかった訳ですよ。
まぁ、収支はまだプラスの感じもしますがw
(一日6時間睡眠として4日分の備蓄アリ)



先日64式小銃の話をした訳ですが、
「…そーいえば、現在主力になってる『89式』はどーなんだろ?」
(れんは89式が採用になるずっと前に除隊しておりますゆえ)
と興味が沸きまして、ちょいと検索。



あ~、89式から「3点バースト」付いたんだっけ。
(一回引き金を引くと3発『バババン!』と出る機能)
で、肝心のセレクターはっと……




『ア』  『タ』  『レ』  『3』




……少しは捻れっっ!




しかし、考えようによっては純日本的進化かもしれませんな。


なんせ



「仮面ライダーBLACK」が
「仮面ライダーBLACK RX」になったり、



「ドラゴンボール」が
「ドラゴンボールZ」になったり、



「おじゃ魔女どれみ」が
「おじゃ魔女どれみ♯」になったり、



「ふたりはプリキュア」が
「ふたりはプリキュア マックスハート」になったり、



「踊る大捜査線」が
「交渉人 真下正義」になったり(オイ)



する国ですからね~

「アタレ3」かぁ…そんな名前の宝くじが売ってそうなw



さっきちょこっと雷が鳴ったんですが、すぐ終わってしまい残念至極。
子供の頃から「雷」や「嵐」、「夕立」が好きでして、
夏の雷交じりの夕立なんぞあろうものなら、
ビール片手に玄関に出て、
「雷を愛でつつ一杯♪」という…w



なかなか粋でしょ?
惚れてもよいぞ。



……すいませんっ。調子こきましたっ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

ありがとうございます3

おかげさまで、当『飄々踉々』もめでたく3,000HITと相成りました。
ご来訪の皆様、ありがとうございます。
こんばんは、感涙のれんです。



…えーとね




早いってw



過去の記事を見返してみたら、2,000HITから一ヶ月経ってないんですよ?
自分的には「なんでだ~?!」と叫びたい心境です。
たいして面白いこと書いてませんしねぇ。
れんは他所様のサイトにトラックバックも貼りませんし、
特にコメントもしないんですよ…
たーだだらだらと日々書いてるだけなんですが。

まぁ、毎日書いてる分



とんでもねー検索ワードで迷い込んでこられる方が後を絶ちませんが



探して来た挙句がこんなサイトかと思うと、
思わず「ご愁傷様でした」と手を合わせたくなります。


今後ともゆるゆると行きますので、
よろしくお願いいたします ぺこ <(_ _)>




さて、本日もだらだらと買い物行ったりしてたんですが、
夕方からは何故か「Flash」にはまりまして…
面白Flashのサイトに没頭してました。
いやぁ、あんな事出来るんですねぇ。



不覚にも、その中の一本を見て泣いてしまいました…_| ̄|○
くっっっ!ず、ずるいぞその作りは!
思いっきりツボに来たじゃねーか。
ちなみに、作品名は「UNIX」
まぁ、4年近く前の話ですし、有名らしいので



「いまさら感」は思いっ切り否めませんがw



「今更これでかー!」というツッコミはご遠慮くださいませませ。



『2ちゃんねる』消滅危機の際の攻防を題材にしたものです。
騒動そのものは聞きかじってはいましたが、
その裏にこんな話があったとは知らなかった…
(普段からあまり出入りはしませんので。たまに覗くくらい)



バックミュージックも良かった。
劇場版「EVA」のエンディングに流れた曲でしたな。
あの時はあまりのアレに食欲も無くしたせいでw
曲の印象も良くなかったんですが、
今回のこれで帳消し。



さすがは玉石混交、日本一の掲示板。
集う人材もまた凄い。
いや、ホントにね。泣かせどころ分かってるわw
『2ちゃんねる』製のFlashには名作が多いようで、
一度ならずやられておりましたが、
今回もまんまと……_| ̄|○



ネットの世界なんてものは特別な世界と思われがちなんでしょうが、
何の事は無い、一般社会と別に変わるところは無い。
ディスプレイの向こうは『人間』がいますからね。
一般社会にも良い奴悪い奴、熱い奴冷めた奴がいるのと全く同じです。
こんな作品見せられると、
「世の中まだまだ捨てたもんじゃねぇな」と思いますよ。



ふと、昔お会いした事のある中小企業の社長さんの言葉を思い出しました。
この会社、北海道の小さな町にあるんですが、
本州の企業と技術力で堂々渡り合う実力を備えています。
財務内容も抜群。
また、本社を町から大都市圏に移しませんから
出た利益から税金も納め続け、町には欠かせない財源となっているんですな。



それでいて、社風は実に穏やか。
ギスギス、ピリピリしたところが無い。


れんは思わず訊いてみたんですね。
どうしてこんな風にできるんですかと。



社長さん、にっこり笑ってこうおっしゃいました。


「世の中はね、良い人ばかりじゃないですよ。
 でもね、悪い人より良い人のほうがずっと多いからちゃんと回ってるんです。
 そんなに心配しなくても大丈夫なんですよ」



……あぁ、そうか。
この人のこの気持ちが、こういう会社を作ったんだなぁと。
油断はしない。でも人の善意と誠意は信じる。
ごく自然な強さなんだなぁと感じたことがありました。

なぜか、この事(もう5年以上前の話ですかね)を思い出しましたよ。


さて、明日から早番ウィーク。
早起きしなくちゃね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

問題は中身


お休み初日にしては動きましたねぇ。
こんばんは、でもしっかり寝たれんです。



ほぼ昼に目覚め
「む~…お腹減った」
といきなりバターしょうゆで一膳、納豆で一膳ご飯を平らげ
しばしくつろぎタイム。
で、ちょっと病院に行かなくちゃならなかったので、
WEBで検索かけてお出かけ。



初診の病院でしたが、
事前調査により「女医さん」という事は分かっていました。
しかしながら無論それ狙いではありませんw。
むしろ、れんの経験では「…う~む、女医さんか」という感じ。
腕がどうのと言うより、今まで微妙に変わった感じの方が多かったもので…



しかして、れんの前に現れた女医さんは…




やはり微妙



判断は早いですし、説明も上手ですから腕は良いと思いますがw



まぁ、お医者さんに限らず、仕事するのに外見はどうでも良い訳ですし、
(外見必要な仕事は別だが)
多少変わってても別にね。



もとより

「うふふ♪こんなところが腫れてるわよ…」

などという女医さんは妄想かAVの中だけですからねぇ…w
れんには「白衣フェチ」の気はありませんし。
「じゃあ何ならOK?」と訊かれてもなんですが、う~む…?



「メイド服」⇒着てる人見たこと無いので。???

「ナース」⇒病院に行く時はしんどい時なので、良い想い出はあまり…

「女子高生」⇒論外。強いて言うならセーラーよりブレザー。

「OLさんの制服」⇒よって、こっちの方がまだ好み。

「和服」⇒好きだがちょっと違う。

「バニー」⇒スタイル良い人が着ると綺麗ですねぇ。綺麗過ぎて色気から離れるけど。

「チャイナ」⇒あ。こ、これはちょっと弱い…w

「裸エプロン」⇒定番らしいですが、これはれん的には「?」なのですな。

「道着」⇒ばかやろう(これにハァハァしてたら先生やっとれんわ)



……なんでこんなところで自らの趣向を吐露せねばならんのだ俺は_| ̄|○
筆が滑った感じもしますが、面白いのでこのままにしましょうw



他にも電器店(ソフト買った)、中古書店(本買った)など、
休み初日は休養に充てるれんにしては動きましたね。
さーて、明日はどうしようかな~?



先ほどまで、アクセスカウンター付けてみようと実験してたんですが、どうもイマイチ…
やはり無料レンタルカウンターはアレかなぁ?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/20

『突撃に…進めっ!』

今日も大筋で平和。
で、明日はお休みですよ。
こんばんは、れんです。



今日もヒマヒマ。ま、こんな日々も今月一杯なんでしょうがね。



さて、先日職場の女の子に
「れんさん、『匍匐前進』って『第五』まであるんですか?」
と訊かれました。
……どこでそんな知識仕入れてきたの?w



確かにありますよ。
第一から始まって、数字が進むにつれ姿勢が低くなっていきます。
最終的には完全に地面にうつ伏せになって顔は横向け。
ほぼ「大の字」になり、腕の力で地面をずりずりと這っていきます。
顔を横に向けるのは少しでも低くするため。
頭立てるよりは横にした方が数センチ下がるでしょ?



ヘルメットなんて直撃弾喰ったらあっさり貫通するんですから、
(あれはせいぜい破片避け程度に考えるのがよろしいそうな)
「当たらない」のが大前提。



教官にこれでもかと怒られたのが
「かかとを立てるんじゃない!」でしたね。
要するに、足を「アシカのひれ」みたいに横に倒せと…
確かに、足を立てちゃうとかかとに弾が当たる可能性が高くなるのですな。
足を負傷すると動けなくなるので、戦場では命取りだと。
容赦なく足を蹴られましたよ、ええw



とは言え履いてるのが「半長靴(「はんちょうか」と読みます」、
いわゆる「ジャングルブーツ」で足首固定されてるんですから
そう簡単なものじゃないですわな~
走ってきてぜぇぜぇしてるところで、
さらに体力使う匍匐前進中ですから、そんなところまで頭回らんですよ。



ちなみに、ダッシュも概ね4秒以内。
それ以上立って走ってると狙われるとの事で、
(確かに、腕の差はあるにせよ自分で撃ってみるとそんな感じです。
 4秒あったら必中ですな)
頭の中で数を数え、「4」が来るまでに匍匐にチェンジ。
これを目標地点まで延々繰り返す訳で…
後半は何が何だか分からなくなりますよ、ええ。



顔が地面から1~3センチくらいですから、
地面の埃や土は吸い放題w
訓練が終わると、全員「歯ぐき」に細かい土がびっちり付着。
鼻をかむと土が出てくる状態ですからなぁ。
少しでも湿り気のあるところには容赦なく張り付きます。



最終的には目標地点前の塹壕(ざんごう。溝です)に飛び込み、
小銃のマガジンを新品に交換。
(この頃にはバテてますから、手が震えて上手く交換できないんだ、これが)
『着剣!』の命令で腰の銃剣を小銃に装着。
セレクターを「フルオート」にして全員待機。



「フルオート」と書くと何か格好良さげですが、
当時の64式小銃のセレクターは
「ア(安全、セィフティON」、「タ(単発、一回トリガー引くと一発でる)
「レ(連発、フルオート。トリガー引いてる限り出る)
『ア・タ・レ』の文字がレバーに刻んでありまして…
…ほほぅ、さすがは気配りの国ニッポン。
戦場の兵士の不安を和らげる効果が…って、駄じゃれかー!



後方の砲兵部隊からの最終援護射撃が着弾するのを秒読みして、
着弾と同時に全員一気に塹壕から飛び出して一掃射!
あとは奇声をあげて敵陣に突撃ですよw
(まぁ、正気じゃやれんわな)



訓練はれんの場合、ちょっとした小山でやりましたから、
いい加減バテてるのに、さらに斜面を駆け上がる訳ですよ。
味方が小山の頂上に到達したら訓練終了。



これが基本的な教育段階での初歩的訓練。
別に相手はいませんがね。
これを延々何回も繰り返します。
……もう、なんて言うんですかね。
「反吐を吐く」とはああいう感じ?w
………_| ̄|○ おえぇぇぇ  って奴です。



なお
「着弾と同時に全員一気に塹壕から飛び出して一掃射!」
と書きますとカッコいいんですが、そこはほれ
「たまに撃つ 弾がないのが 玉に傷」
という川柳が読まれるほど実弾訓練予算に乏しい自○隊の事。
入隊間も無くの新兵さんに渡すほど弾はありません。
もちろん掃射はしますよ。





口で「だだだだだだ」って言うの。



…こればっかりは寒かったなぁw



空砲使えばいいじゃんとお思いでしょうが、
空砲は実は大層危険です。
れんは演習中に「空砲をナメてるとこうなる」と見せられましたが、
直径10センチ弱の木に押し付けて撃つと、
きれいに高圧ガスが幹を貫通します。
人体だったら穴が開く上にヤケド、しかも火薬を燃焼しているので
亜硫酸ガスばりばり。
多分腐るんじゃないかな~?
空砲ですと連発も難しいですしね。
(確か、64式小銃はガスオペレーションなのでアダプター着けないとスライド後退しないはず)



ま、こんなハナシは山ほどあるのですが、
それはまたいずれ。
細部の記憶はもう随分昔のハナシですので、
間違ってたら笑って許してください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

「♪ある~日、森の中、熊3P~」って、昔ありましたよね?

♪平和な~、一日~
こんばんは、そうなるとネタの捻出に悩むれんですw



まぁねぇ、毎日そう面白いこと起きませんしw
ビバ平凡な人生。
(そうありたいよホント)



昨日ウチに帰ると親は既に床に就いておりました。
早朝山菜取りに出撃するためですが、
出かけていったのがAM2時ごろ。
……おいおい、まだ俺は床にも就いてないぞ。


で、今日帰って24時間ぶりに顔を合わせた訳ですが
本日の夕食には当然戦果が並んでおりました。


れ:どこ行って何採ってきた?
親:トマムでフキ。やっぱあそこのフキ食べないと「フキ食べた」気がしないね。



あ~、まぁ「アク」の強い野趣溢れる美味いフキなのだが…



ここは石狩平野のほぼ真ん中。
トマムはもちょっと行くと富良野という、日高山脈のふもと。
(道外の方へ:「トマム」は占冠町(しむかっぷちょう)という所の地名です)


…………


アンタ方どこまで行ってんの。



ちなみに、今日の夕食にはお隣からおすそ分けの竹の子(笹竹)も並んでおりました。
味噌マヨネーズでぽりぽりと。
さくさくしてうまー



まぁ、遭難しても残った我々は
「捜索隊は出さない(高いらしいので)」、
遭難した方は
「極力遺体が見つかりやすい所に出て倒れてる」
という家族間了解事項がありますので心配はしませんが。
山で死ねたら本望のようですのでw



しかし、熊には気をつけて欲しいものです。
しょっちゅうフンや爪あとには出くわしてるようですのでね。



道外の方へ
ヒグマ普通にいます。札幌市郊外のゴルフ場でも出ます。
れんも兵隊さん時代、演習地に出て陣地を急遽移動したことがあります。
無線に『陣地予定地に熊の目撃情報あり。予定変更!』とか入りました。
7.62ミリの小銃弾で止まるとは限りませんからねぇ、奴は……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/18

『ペガサス幻想』


いい天気だなぁ…仕事しちゃイカンよ、こんな日は。
こんばんは、とは言え仕事のれんです。



本日は結構ヒマ。
天気もいいですし、緊張感は持ちつつも雑談が多少出るのは結構なこと。
しかし、チームの今日のテンションはのっけからちょっと飛ばし加減w



最近チーム内で妙な盛り上がりを見せているのが


『聖闘士星矢』


まぁ、説明の必要もありますまい。
最近はゲームになって再登場って事もあって、
ブーム再燃って感じ?
飛び交う会話に男女取り混ぜて



『小宇宙(コスモ)』



というのが頻繁に混ざる職場。
イカス感じです。



「れんさん、アニメとかコミックOKですか?」
と言われますが(まぁ年長ですんで)、
このブログを見ればヲタ属性丸出しなのは一目瞭然……
最近のものはあまり見ませんがね。
(本当か?)
ふと自分のCD棚のラインナップを見ると
『水木一郎ベスト』だの『ささきいさおベスト』だの
『仮面ライダー全曲集』だのが転がってる訳で…
御大二人に限らず、『スパロボ』に出てくるものの90%以上はいけると思いますな。
むしろ、若い世代が知らない歌の方が多いと思いますが…



つか



そんな事自慢してどうするという気がしますが_| ̄|○



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キリスト教は邪教です!』

4062723123

著:F・W・ニーチェ
訳:適菜 収
講談社プラスアルファ新書







…宗教っ気のある本が2冊続きましたねw
別に意図して並べた訳ではないのですが。


以前にも書いていますが、
れんはキリスト教の方々に対し
何らの偏見も悪感情も持っていない事を重ねて表明しておきます。



「宗教は人を救えない、人を不幸にする」

という空気がスタンダードなこの国で
「…本当にそうなのか?」と考える一人として、
悪感情を持つ必要はありませんから。



ただ、近代を知るキーワードとして
「キリスト教」はやはり外せないと思うですよ。
それと、教団の創始者が亡くなった後
「その教団はどのような変遷を辿るのか」
には少なからず興味があります。
仏教にせよイスラム教にせよそのような事はあるのでしょうが、
現代における影響力の大きさを考えると素直に「知りたい」と思う訳です。



それと今回この本を手に取ったのは、
作者が哲学者ニーチェだと言う事。
基本的にこの本は「再訳」でありますんで、
「ニーチェって名前聞くけどどんな人?」という感じで読んだわけです。



感想としては「…一刀両断やな」という感じw
まぁ手厳しいこと…
ただ、ニーチェもイエスを批判している訳ではないのは読み取れます。
矛先が向くのは勢力拡大のために教義を曲げ、
人間を抑圧する傾向に走った当時(主に中世)の教会勢力ですね。



文体は徹頭徹尾口語体というか、普通に街頭演説してるみたいな文章です。
読みやすいですよ。


これをきっかけにして哲学書を…なんて事はまぁないでしょうがw
こんな本もたまにはいいもんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

『Number sixteen Hideo NOMO』


休み明け、遅番初日。…調子出ませんな。
こんばんは、今日も今日とて震える指で打っているれんです。



どうも仕事は引きが悪いうえ、判断ミスも連発。
おまけに一日で4回のPCフリーズって何だw
(うち1回は再起動直後に再フリーズってどーゆー事)
全てがお客さんと話している最中。
……脳内データベースで喋れるほど知識ねーやい。
(それでも全て円満に、お客さんに悟られる事なく終了しましたがね)


周囲の人と比べてもかなり多いっすね。
変な電磁波、あるいは何かのでも出ているのか俺。
マイクロ波が出ているなら、自前で弁当がチンできるな~
(※マイクロ波は人体に有害です。良い子は真似をしてはいけません)



脇の下に挟むと暖かくなるとか………まぁ、



生暖かくはなるな



…自分で想像して微妙にイヤな感じ_| ̄|○



さて、メジャースポーツとはあまり縁がなく、
また熱心に応援するスポーツチームや選手がいないれんですが、
今日ばかりは嬉しいぞ。



野茂選手、日米通算200勝!



イチローも凄い、松井も凄い。石井も、長谷川もみんな凄い。
でもれんの中では野茂なんですね。
まだメジャーリーグに日本人が挑戦するなんて
「バカじゃないの?」
「日本で通用するからって向こうじゃ無理だよ」
という感じだった10年前に様々な軋轢にも屈せず一人渡米し、
淡々と自分のスタイルを守り続け、投げ続けた男。



様々なチームを渡り歩き、逆境に置かれても
ひたすら自分のすべき事を寡黙に続ける。
一方で資財を投じて自分の野球チームを作り、
野球の底辺拡大と日米の架け橋を願う男。



彼こそパイオニアだと思いますね。



朴訥で多くを語らず、どちらかと言えば華のない選手ですが、
その後の日本人大リーガーの道を拓いた功績はあまりに多大。
あの無口さにしびれます。
まさしく『漢』。



実は……同い年_| ̄|○
我が身の卑小さに恥じ入るばかりなのでございます。



今日はめでたい事がもう少々。
同期が出世~!第一号~!
れんの「上司」になるですよw
(実力あるんだから良いのだ)
待ってますぜ。
しかし、こないだ面接したばかりの上司がもう…ってのは何ともw
これはちょっと残念。



ついでにも一つ。
幼馴染のヘル・ナースのお相手の詳細をメールで聞き出すことに成功。
……こいつの「のろけ話」を聞ける日が来るとは。
とうちゃん嬉しくって涙が出らぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/16

休日日記&道場日記出稽古版

お休み終了~
……この時間帯は微妙に鬱になりますが、まぁ仕方ないので覚悟完了
こんばんは、れんです。



昨日の生理的欲求不満を解消すべく、
今日はきっちり二ケタ睡眠。
こんな風に寝られるのも暑くなるまでですからね。
今のうち今のうち。



午後から洗車&ワックスがけを久しぶりにしましたが、
予想通り夕方から雨加減。
ええ、いいんです。そんなもんです。



しかし、れんとてタダではやられませんよ?
しっかりフロントガラスを除く全ウィンドウに「ガラコ」を塗布済みなのだ。
しかもっ!
拭きのイマイチなフロントワイパーに『モリワイパー』すらコート済み。
(ちなみにワイパーそのものは去年の夏購入した新品です)
さぁ来い。



………ありぃ?あんまり変わらんな?
コレはあれですね、ガラスそのものが少し凸凹なんですな。
あ~、地道にコンパウンドで磨くしかないのか…
めんどくせぇ………_| ̄|○



さて、女子大生コンビの「先生、お願いします♪」により今日も練習。
とは言え、場所がね……
市の施設借りてる都合上、いつもの道場は使用できません。
(あ~、自前欲しいよな)



やむなく今日が練習日の兄弟道場にお邪魔する事に。
ここの若い衆はしょっちゅうウチに来るのですが、
ウチからはあまり行きません。
何故かというと、むっちゃ狭いからですw
(ウチの1/4くらい)
それでいて人数はウチの4/5はいますから、
人口密度が……う、動けん!


ウチはかなり広いうえ、
40キロサンドバッグ(しかもショートとロングが選択可)が常時吊るせ、
投げ技用マット9㎡分、キックミット、10オンスグローブは道場に常備。
(生意気にグローブはかの「ウィニング」だっ!)


これに加えてれんが行く時にはパンチングミット、フェースプロテクタなど
れん私物のオプションもあるという比較的恵まれた状態。
(なお道場のキックミットの半数はれんの寄贈。そら金も溜まらんわな…_| ̄|○)
ついでに若者好みの指導をするwれんがいますので、
バチバチ闘りたい若手は電車で二駅分はあるウチに来ますが、
逆にウチから行くメリットはあんまり……
強いて言うなら下が畳って事くらいかな?w
(でもたまに足をヤケドする)



ここの先生にハナシを通し、何とか隅っこを間借り。
コンビの方は二人に任せておいて、れんは



「ショバ代を身体で払うべく」



ここの道場生に指導をw
狭い場所空けてもらってますから、コレは仁義としてねぇ…



度々思うんですが、年少部も大人の部も
素材としちゃウチより良いんだよな……
う~ん、育ててみてぇ。
つーても、やってることは同じとは言え、
指導の方針ややり方は各々の先生の領分ですから、
控えめ控えめにしないとね。



帰りの時間になりましたが
れ: 「どうだ?まとまったか?」
二人:「それが…」
どうやら技と技のつなぎに苦労している様子。
しかも、出稽古先の先生の一人に焦らされたらしく、凹んでるしw
……気にするな。先生なんてのは



大概性格悪いんだ



仕方ないので帰りの社内で
「ルームランプ点けっぱなし」
で走行しながらで打ち合わせをし
(前が見づれぇ!)
90%まで決定。
一人の自宅前で実際やらせてみて完成!
……すまん、最初から俺が見ててやればあっさり完成したな。悪かった。



師匠に一度見てもらって最終決定したら、
あとは練習あるのみ。



ウチみたいな町道場在籍で、
大学の正式な部としてやってる連中と渡り合うのは正直キツイが
(練習時間が違いすぎるぅ)
「本質」の理解度と技術レベルじゃ負けてないよ。
町道場の意地、見せてやんな。


『良い成績だったらお前達の努力、悪かったら先生のせい』だw
頑張れよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

休日日記&道場日記公園版

お休み初日は寝るのが通例ですが…
こんばんは、用事があって普通の時間に起きたれんです。



時間を有意義に過ごしているはずなんですが、
「生理的に」欲求不満気味な気がする……



今日はちょいと打ち合わせに行く用事がありまして、
ちょいと平岸まで。
天気はいいし、道もまぁそこそこ空いてるし♪
良いドライブだなぁと思っていたら
100メートル前の車がネズミ捕りにGetされました。
うげ、いつからここでやるようになった?
き、気をつけよう…
実は、一度もネズミ捕りに引っかかった事がありません。



が、深夜、見渡す限り車がいない道で
一台だけ走っていた車を追い抜いたら覆面だったというのはあります。
「まーさかこんな時間にお巡りさんも働いちゃいめぇ」
と思ったら、日本のお巡りさんは思った以上に勤勉でした…_| ̄|○


PC(この場合はパソコンではなく「パトカー」)
に乗せられながら装備品の数々を眺め、
「きょろきょろ」「わくわく」しながら事情聴取をされてたアホです。
(ガキの頃は刑事さんになりたかったのだ)



とは言え、反則金は痛いのでもうゴメンこうむりますが。
「遵法運転」ではありませんが「安全運転」してますんでご容赦を。



帰り道古本屋に寄り、「のだめカンタービレ」1巻を購入。
……それでいいのか自分。
ま、はまるかどうかはもう2~3巻読んでからだなぁ。
(つか、「講談社コミックキス」って、そんな雑誌あるんですか?)



夜は大会向け打ち合わせ。
女子大生コンビの構成をガストで3人で検討。
一人が春に昇段したので、使用できる技が増え、
去年とは構成も変える必要が出ましてね。
つか、本人達が変えたいらしいw
大会では自分の段位の「一つ上の段位」の技まで使用して良いので。
(逆を言えば、それ以上は使っちゃダメ)



れ: 「ん~と、今回はこんな技使えるぞ。できるか?」
   (連続写真が載った本を見せながら)
二人:「……イメージが沸きませんよぅ(T_T) 」
れ: 「………確かに。習ってないもんなw」



仕方がないので、街灯の明るい公園で実際に軽く技合わせ。
全員私服なので一種異様w
リストアップした技を軽くかけてみせ、やらせてみて
「どうだ?いけそうか?」
「あ、面白いかも」



ま、幅が広がるとバリエーション増えるんで面白くはなりますな。
昔れんが使った技を教えたら使えそうなんで、
(ちなみにこれはれんオリジナル)
どうやら師弟で受け継がれそうですw


明日も連中、学校&バイトが終了後やる気でいるようなんですが、
場所の確保をどうしたものか…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

最初は俺かと…

ほい、お休みだ。
こんばんは、れんです。



5勤1休のあとの勤務は長く感じましたねぇ…
なまじヒマなのが時間の経過をより遅くしますしね。



本日は上司( 「はぢっこ族」 じゃなくて直属の上司)と個人面談。
チームが固定したのでチーム内全員それぞれに。
まぁ、さすがにこの歳ですのでカチコンコチンとゆー事はなく、、
微妙にユルイ感じの面談となりましたw


とは言え、内容がではなく、
余計な前置きや遠慮なし。
社会人経験それなりにある人間同士の忌憚ないところ…って奴です。
この上司の方、キレ者ですしね。
(年齢も近い…と思うがこの方年齢不詳だよなぁ…)


ふぅむ…いろいろ考えにゃならんなぁ…



最近、職場内で『腰痛』が流行しているような気が…
伝染するもんじゃありませんが(するか)、
周囲に多いですねぇ。



思うに、ウチの職場は一日中座りっぱなしなので、
運動不足もあるんでしょうな。
れんも入社してから足腰衰えましたもんね。
鏡を見て
「……げ。足細くなってる」
と思いますもの。



まぁ、なかなか自発的に運動ってのも難しいですわな。
トレーニングが難しい場合には
せめてストレッチするだけで違うと思うんですが。
30過ぎてから急速に身体が固くなりましたのでこれは実感……_| ̄|○




さて、仕事を終え電車の中。
座って本を広げたものの、眠い…
「仕方ない、寝るか…」とすぐに夢の中へ。
途中、隣の人が入れ替わったのには気付きましたが、
別に気にする事もなく睡魔に身を任せてました。



しばらくして
「……ん?身体が隣の人に向かって傾いてる。イカンイカン」
と体勢を直したんですが、やはり傾いてる気がする。
しかし、睡魔に蹂躙されそのままzzz…



気がつくと降りる駅のホームに電車が滑り込み始めておりまして。


「…んぁ?降りなくちゃ」
と目が覚め、ここで体が傾く理由が判明。


隣の女性がれんの肩に思い切り頭を乗せ熟睡中でありました。


なるほど、これかw
身体がそちらに引っ張られていたので、
お互い「寄り添う」ような体勢になってたんですねぇ。
おぉ、傍から見たら仲良さそうな光景に見えたでしょうなw


とは言え、降りにゃならないので
お嬢さんには目覚めてもらい、電車を降りました。



ありがとうお嬢さん。
おかげで乗り過ごしもなく降りられたよ。
いいタイミングで聞こえてきた



アナタのいびきで目が覚めたんだから


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

♪身長57メートル

う~む、蒸し暑い…
こんばんは、れんです。



ウチに帰ってみますと妹が来ておりました。
ちょっと早い「父の日」だそうで。
あ~、なるほど。
そういうイベント覚えてるってのはやはりコイツも女性なのかと…
れんはこの手のイベント日覚えるのはとんと苦手です。
うっかりすると自分の誕生日すら忘れます。


それにしても、チチがないのに父の日とはこれいか(そのネタから離れろ)




さて、れんは現在高いビルの高い階にいるのですが、その話を妹に。



れ:「今な、1○階にいる訳だ」
妹:「それで?」
れ:今日ふと思ったのだがな。
  1階あたりが約3メートルとすると、
  『コン・バトラーV』の視線はこんな感じかと感動したのだよ」


妹:「ばかやろう」


妹に一喝された訳ですが、
その後「じゃあそのビルの重さは550tなのか?!」
と続けるあたり、やはり血は争えないものがあります。
日本で一番身長・体重が有名な巨大ロボットですからねぇ…


ちなみに、ウチの妹は気が荒いです。
職場の新人の「なってなさ」をいーだけ吐き出していきました。
「スーツのボトムを下げてはくな!」
「敬語がなっとらん!」etc…



う~む…w


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

寝不足は解消されましたが。

「目覚めたら、いつもの電車は、行ったあと」
こんばんは、思い切り寝坊したれんです。



ねぼーん!



まぁそれはいいとして(いいのか)



起床した時には、既にいつも乗る電車は発車した後。
10分で身支度し(!)、いつもの2本あと(約20分遅れ)の電車に。
「え~と、あの時間で着くのが○○分だから…(汗)」
などと計算していましたが、
意外と普通に着いちゃいました。
なぜ同じ各駅停車で、いつもの電車より10分も短い所要時間で着くのだ?w
今日が土曜日というのが幸運でしたねぇ。



若い人が遅刻間際で走るのはある意味微笑ましい(?)のですが、
この歳でハァハァするのはちょっとアレでナニですからねぇ……



昼休み、何の拍子か「右翼」と「左翼」の話になりまして。
れんは

「爆弾使うのが左翼で、匕首使うのが右翼」

という



もの凄く偏った分類をしてのけましたが



(でも基本的には間違ってないと思う)



他にもタブロイド紙に記事をでっち…(以下自主規制)



こんな様な話を幾つかしましたが、
Jさん、「いやぁこの会社に入って初めてためになる話を聞いた!」
ってのはきっと大間違いですw
こんな奴(れん)の言う事信じちゃいけません。
人生の方向を誤りますよ。




札幌は「YOSAKOIソーラン祭り」真っ最中。
この季節が来ると夏も近いなと。



そしてこの季節が来ると書きたくなる事が。
ごめんなさい、させてください。



(すぅっ)


さぁ皆さんご一緒に!初代「仮面ライダー」の節で!


♪ちゃかちゃかちゃ~ちゃかちゃかちゃ~



迫る~ 初夏~



はい、ありがとうございました。


| | トラックバック (0)

道場日記

今日は普通に仕事でしたから、子供の部の途中から参戦。
大人の部から中学生や大人が来て指導を手伝ってくれてたので
(大人つーても20歳前後ですが)
安心して大会参加組の指導に。



………技がひでぇ。
あ~
関節技習いたてだもんねぇ、お前らは…_| ̄|○
まぁ、小学生であまりぎちぎちに効かせる訳にもいかねぇか…
二人とも関節柔らかいから、
効かせるまでっていったらえらい事になるしな。
とりあえず形を覚えたまい。



大人の部。
久しぶりに来た「一番弟子」(某医療系大学生)。
(一番れんになついており、技術的傾向にもれんに近いので「一番弟子」)



「師匠!『Zガンダム』見に行ったよ!超面白かった!」



いきなりそれかw


師匠も誘えよ(オイ)



本日は人数多く大忙し。
兄弟道場からいつもの2人来てましたし。



このうちの一人との会話。
彼:「今日乳首に付けようとしたんですけどね、触ったら暴れるんですよ。」
れ:「おっかなびっくりだからじゃないの? しっかり握ったか?」
彼:「手つきがまだ甘いんでしょうかねぇ」
れ:「まぁねぇ。でも、ちゃんと吸ってやらんとならんだろうしなぁ」



彼は農業系大学生でっす。
搾乳器を装着するのに四苦八苦しているようです。



遠くで聞いてた師匠がやって来て
「乳首だの乳だの…品位の下がるような会話は控えてくれ」と…
牛です、牛



♀にしかないのに「チチ(父)」とはこれいかに。



…………吸いませんすいません




いつもの女子大生コンビとこの二人中心に指導。
K君(同段位)、改造の余地多数アルよ。
身体(俺より二回りでかい)と柔軟性を生かしきれてない。
柔軟な動きは結構だがキレと早さが不足さぁ。
身体を逃がしながら蹴っちゃ威力半減だぜ?



いつも言ってるでしょ?
「速さ」と「早さ」は違うって。
足の先端速度は「速い」んだけど、
動きそのものは「早く」ないんだって。
俺から見ると蹴りの出所もタイミングもバレバレだし、
蹴りの途中に「足の指がはっきり見える」ぞw
「鉈の重さ」はあるんだから
あとは「ナイフの小回り」身に付けないと、
いずれ壁にぶち当たるよん(にっこり)。



俺より若くて俺より遅くちゃイカンだろ?頼むぜ、若大将。
ま、素質は大したものなので、
これからは無駄をそぎ落とすような修行の時期でしょうな。
なまじ才能あるとそれに頼った動きになりますからねぇ。
誰しも若い時はそうなんだけどねw


そうそう。
新マーク入った道着を一着師匠から贈呈されました(まぁ一応幹部ですので)。


ふむふむ、サイズは……まぁこんなもんかな?
もう少し袖と丈は短い方が好みなんだが…
長年「○ザキ」より「○川商店」の道着を愛用してるので、
○ザキの道着は初めてだなぁ…
(「○サミ」は一度あるがれんの体型には合わなかった)
てか、ズボン太くないすか?w
「○川商店」からカタログ来たら見てみようっと。

| | トラックバック (0)

2005/06/11

『○○○ッシュ、何だかとても眠いんだ…」

Q、上記の○の中に入るものを一つ選びなさい。

1・ダルビ
2・パトラ
3・ギルガメ

いや、もうね。眠いんですよ。
こんばんは、れんです。


1休明けて今日から早番。
もちろん、それに備えて早く床には就いたんですよ、ええ。
しかし、遅番5勤をこなした後に1休のインターバルでは
身体は付いてこなかったようで。



………眠れん。



身体が火照ってどうにもならず、悶々としてました。
(女性が言うと淫靡ですが、野郎が言ってもな)



そうこうしているうちに
スズメはちゅんちゅん、カラスはくわぁくわぁ。
嗚呼、お外が明るくなっていくよママン。
結局寝付いたのは4時半くらいですかねぇ…
起床は6時半ですから正味2時間睡眠ってところでしょうか。



しかもあろう事か、今日の仕事のヒマぶりは凶悪。
寝るなという方が無理ですぅ…_| ̄|○
まぁ、仕事が入れば頭は瞬時に起ち上がるんですが
それにしてもきつかった。



仕事時間が終わって、こんなに嬉しかったのも珍しいw



さて、そそくさと退社し電車待ちの間にちょっと薬局へ…と思い、
ショッピングモールのドアを開けようとしたれんの腕を
誰かが「はしっ」と掴みました。
「…ん?」
見ると、同期最年少の「なっち(♀)」が…
「パパ、どこ行くの」



パパはやめろ



れ:「どこって、帰るんだよ」
な:「方向反対じゃん」
れ:「薬局寄るの」
な:「ふ~ん。ね~、本屋どこにあるか知らない?」
れ:「あぁ?ここは札幌駅だぞ?大型書店だらけじゃねぇか」
な:「だって場所知らないんだもん」



結局拉致連行され、今日発売の雑誌を探す羽目に…_| ̄|○
ところが店頭には並んでない。



れ:「おい、何日発売なんだ?」
な:「10日」
れ:「……そりゃ東京方面じゃねぇのか?北海道は2日くらい遅れるぞ」


ちなみにこ奴は
「左にあるから『左骨』」「6本あるから『ろっ骨』」
の至言をのたまったツワモノです。
案の定、発売は9日…って、10日発売の情報すらずれてるし!


振り回された挙句、ステプラのディズニーショップに引きずられましたが、
「『ディズニーショップには近づくな』ってのが親の遺言だ!」
と断固入店を拒否。
下手すりゃ年齢がダブルカウントの娘っこと一緒にディズニーショップはご勘弁を…
しかもれんの事を「パパ♪」と呼ぶ同僚と一緒では、
れんが今まで築いてきた何かが壊れそうですので
それに、ディズニーとは縁のない人生を歩んできましたし、
願わくばこれからも持ちたくないので…w



いやはや、天真爛漫と言えば聞こえは良いですが
あの自己中パワーは巻き込まれるとえらい目に遭いますなw。



しかも、寄り道しないで帰ろうと思ったのに、
本屋なんぞに寄らせるからついつい…あ~



寝るったら寝るんだい!

| | トラックバック (0)

2005/06/10

『ニッポンの猫』

4101198160





岩合 光昭
新潮文庫





あああああああああ、買ってまった……_| ̄|○


書店で見かけて心動いてはいたんですが
「待て待て、それでいいのか自分」
とブレーキをかけていたんですけどね。
誘惑に負けましたw



とは言え、いわゆる「可愛い猫ちゃん大集合」的な写真集ではありません。
沖縄や北海道、喜多方、横浜など各地を回り
あくまで生活の中に溶け込んだ猫だけを撮ったものです。
釣り人の隣で大あくびする猫、
岸壁でぼ~っと海を眺める猫、
古い商店前で集会する猫など、
ニッポンの風景に溶け込んだ猫が題材です。




猫は野生種ではなく、人間と共に生きていく生き物。
人の生活あるところ猫ありです。
風景写真としても絶品。
猫の「鼻ちょうちん」姿に悶えてしまいました。



れんはと申しますと、
親父が猫嫌いなので子供の頃飼った事はないのですが
結婚時代に3匹の猫と暮らしてました。
初体験でしたね。
「ええっ!毛玉吐くとは聞いてたけど…コレ?」
「ああっ、スーツ食べられた!(なぜかウール大好きな猫が一匹)」
「ジャンプして抱っこされに来るな~!爪がぁぁぁぁ(ざりっ)」




まぁ大騒ぎでしたなw
れんは動物なら大概なんでも好きなので
(甘やかしませんが)
3匹とも仲良くなり、好かれてもいましたよ。



皆元気かなぁ?

| | トラックバック (0)

特に何事もなく。

待て待て。
おかしいだろ、この状況わ。
こんばんは、妙に来訪者の方が多く困惑しているれんです。



職場でも微妙にばれつつありますが(いや、別に隠してもいませんがね)、
その分を差し引いても「何だこれ?」な状況なので。
ちなみに、アクセス解析によるとどうも『はぢっこ族』から来ている方もいるような…
………微妙に怖い気がするのは気のせいですかそうですか。
さすがは我が上司のブログ♪
定期巡回者の数が多いとみえる。



今日は1休なので用事こなしが主体。
車検代を払いに行ったりガソリン入れに行ったり、
クリーニング出したり仕事用飲み物の仕入れに行ったり、
道場生が「筋トレの本見たいです!」とゆーので、
本棚がさごそ探して「…これならまぁ良いか」というのを選んだり。
……………夏だもんねぇw



レベルに合わせた本を選別しましたが、それでも10冊近くになりましたねぇ。
しかし、結局そいつが持っていったのは
『角田信朗のボディ・トレーニング』
ってのはどうだ?w
ま、この本は特別なトレーニング機器を使わない方法が中心なので、
学生にはちょうど良いわな。
まぁ、10代・20代の若者なら、
1、2ヶ月もちょっと熱心にやれば見違えるようになりますが。



夕方5時ごろ自宅にいますと、下かられんを呼ぶ声が。
行ってみると「夕食」が並んでいました。
……なんだよ、この早さは?
聞くと、親父が仲間と連れ立って山菜取りに行くそうで。



集合時間がAM1:30って何だ?



まぁ、バカですから……


| | トラックバック (0)

道場日記

貴重な1休ではありますが、道場は休まないのさ。



さて、大会に向けたスケジュールも始動。
少々メンバーの入れ替えもしまして、ほぼ固まったかな?
今回は緑帯から上って事で。
黄帯は来年ね。



さて年少部。
大会出場組とその他の子供は師匠に任せ、
れんは新入門の子を指導。まだ道着も来てないのでジャージ姿。
……仕方ないんだけど、しまらねぇなぁw



1年生と5年生の女の子と3年生の男の子。
お~、女の子は可愛いのが入ってきたのぅ。
特に1年生の子の「歯無し」っぷりがキュートですw
(時期的にそういう時期だ)



なお、れんには「炉」属性は一切無い事はここで宣言しておきます。
(ウチの可愛い子達に余計な手出ししやがったら殺すぞまぢで)


……ほほぅ、なかなか筋が良いねぇ。
殴ったり蹴ったり受けたりってのは、日常ではほぼ無い動作なので
(あったら困る)
習得するには意外に時間がかかります。
まずは基本基本。数をこなせば覚えるよ。
もっとも最近の子は理屈っぽいのでw
「何故そうする事が必要なのか」を教えてやらないと納得しないようですが。



へぇ、随分面白そうにやってるなぁ。
興味わいたかな?
良い良い♪



大人の部も大会練習スタート。
型競技とは言え、使えねー技は一切判定の外ですんで、
自然と練習も厳しくなります。



対人演錬で必要な事の一つに
「相手に合わせる」という事が挙げられます。
もっとも、合わせると言ってもむしろ必要なのはその逆なんですけどね。
攻撃力はさすがに皆そこそこある訳ですが、
それを有効に使う方法がまだ不足しているんですな。


それぞれ得意なコンビネーションはある訳ですが、
流れの中で「自分が出したいから」「出しやすいから」出しているだけで、
「相手の体勢を見て有効な攻撃を出す」レベルにはない。
言い方を変えると「独りよがり」なんですよ。


相手に予測されようが、ガードが固いところであろうが、
お構い無しに攻撃をするのでは有効な攻撃にはなり得ない。
必要なのは相手の体勢と思考を観て、
「空いている所」を見つけ、「予測の外」を読んで攻める事。
コレができないと使いものにはなりゃしません。
「相手に合わせつつ、相手の嫌がる事」をする訳です。


簡単なようですが、こっちにもその場その場の状況がありますから、
その中で妥協点を探してそこに落とし込んでいく作業が必要になります。
100%相手に合わせる事は無理ですから、
「自分」をしっかり保ったまま…が要るんですよ。
相手の変化に臨機応変に対応するには、
それだけ自分の幅と幹がしっかりしてないと無理なんですね。



とまぁ、こう書いていくとなんかの話に筋が近くなっていきます。
そう、恋愛に似た部分がありましてねぇ…w
ま、恋愛の場合には相手の嫌がることしちゃいけませんがw
(ん~……ちょっとならスパイスなのかな?)


今日れんが指導担当したのがいつもの女子大生コンビと大学生の男の子。



「君達はね~、動きが自分勝手なんよ。
 自分が気持ちイイ事だけしかしてないんだなぁ。
 自分勝手にがしゃがしゃ動いちゃイカン。
 もっと相手の事を良く見て動かんとね♪」



とちょっと思わせぶりな口調と目線で話すとそれぞれ微妙に赤面w
うん、君達に彼氏&彼女いるの知ってるもんね♪
え?セクハラ?
何をおっしゃいますか。武道の指導ですよ、ええ。
もっとも、


彼らが頭の中で何を連想したかは知りませんが♪
(オヤジだ)



ま、自分達の身体を使って「闘う」という行為と、
「人間関係」とは不思議と似たところがあるとは思います。
力押しすりゃいいってもんじゃない。
かと言って相手に合わせてばかりでも局面は打開できないし、
なにより自分が気持ち良くないw



一見、防御一辺倒な状態に見えても、
きちんと余裕を持ってさばけている間はそれほど窮地なわけじゃない。
余裕があるということは、いつでも反撃に転じられるという事ですからね。
それに、嵐のような猛攻をさばききった時って快感ですよ~



仕事なんかでも、
忙しくて「いいかげんにしろ~!」って時、
ちょっぴり快感だったりしません?
「……でも充実感あるな」って。
それほどの仕事じゃないのに自分のリズムを崩されるとストレスですし。


武道を続けるというのは
こういう余禄みたいな楽しみも付いて来るんですよ。


| | トラックバック (0)

2005/06/09

札幌駅も人だかり


ふぇえ、やっとこ休みナリ。
こんばんは、れんです。



先日、眠りが浅いなんてお話をしてましたが、
原因が判明しました。
生来なまものぐさなものですから、
冬のぬくぬく羽根布団を「さすがに暑い!」という理由でたたんで足元に置きっぱなしで、
タオルケットと薄手の毛布だけで寝てたんですが、これが原因。
要するに「寒かった」のですな。



昨日コットンケットを上に重ねて寝てみたところ熟睡♪
思わず今日は寝坊しちまいました。
まぁさすがに遅刻はしませんが…
いやぁ、疲れ取れたなぁ。
なるほど、下手に寒いと疲れ抜けないんですねぇ(当たり前だ)。
まぁ、6月とは言え北海道ですからね。
しかし、旭川は30度???
う~ん、これからの季節は暑くて昼間で寝てられない季節になりますね。



夏だなぁ…(何で季節を感じておるか)



今日はW杯の影響か、仕事ヒマヒマ。
うむ、まぁ良し。
さぁて、明日はどうしたものかね。
貴重な1休ですからね。

| | トラックバック (0)

2005/06/08

『山田ク~ン!』

最近ログインしづれぇなぁ……
こんばんは、ログインできず待ってたれんです。
にふてぃさん、しっかりね。




いつもなら4勤2休なので今日でおしまいなのですが、
今回は5勤でしかも1休…
明日も仕事か……_| ̄|○
「仕事少なくていいじゃん」と言う声もありましょうが、
祝日も連休もへったくれも無いので、
月の総労働日数ってそう変わらなくなりますね。
1休かぁ…お布団LOVEしてたら一日終わるじゃん。



帰りの電車で向かいにご老人が4人ほど座りまして、
うち一人がほとんど歯の無いおじいちゃん。
この4人連れ、一杯やってきたんでしょう。
それはそれは話が弾んでいたんですが、
このおじいちゃんの言ってる事だけ「ふがふが」なので
何を言ってるか全く分からないw



それでもちゃんと会話が成立するのはなぜだ?



寝ながら、聞くとは無しに聞いてましたが
普通の会話(?)の合間に「~~~」という
効果音とも発情期の動物ともつかない音が挟まり、
また会話が展開する…妙だろ、それ。



いやぁ、慣れって怖いですね。
俺もいずれああなるのかしらん?
今のとこ一本も失ってはいませんが…



今日のオチ
『歯無しでもハナシは弾む』



……………
ニゲロ―――――――――――――――――――――― !!

| | トラックバック (0)

2005/06/07

「あれは…良いものだ」

ふあぁぁぁ、眠みぃ…
こんばんは、今日は飲み会だったれんです。



れんが前いたチームの上司を「(とり)囲む会」が開催されるとの事で、
参加してきましたよ。
遅番でしたので、行った時には座るところも無いくらいになってましたが…
てか、お約束のように罠にはまり、
会場である居酒屋の「支店」に行ってしまい、
20分ほど余分に歩く羽目になりました。
さすが俺w



ほほぅ、期もなにもバラバラでこんなに集まるのかぁ。
(と言うより、みんな口実さえあれば集まるんだろうな)



「なるほど、Sさん(上司)のまいた種がこんなにも…」



と発言したら、
「れんさん、それは何かエロいです」と言われました。
……文脈的にはおかしくないはずだが?w



この会社に入って初めて「自分より年上」の方と話しましたよ、ええ。
期的には自分より後の入社の方ですが。
どうやら何人かいるようなんですが、
なかなか話す機会なんかないですからね。



宴会も終了近くに、なぜか脈絡も無く
「結婚とは!」というテーマで発言を求められました。
すかさず一人が「えっ!れんさんは…」とネタばらしをしましたが、
おいおい、そういうのをいきなりばらすんじゃないよw



自分でばらしてこそ美味しいのに



他に「新婚さん」「倦怠期」といたようですが
あたかも「星の一生」のような順番で発言をするのは如何なものかと…
無論、れんは最後に発言でしたがw



でもねー
れんが言っても全然説得力無いでしょうが、
結婚は良いものですよ。一度はした方が良いと思いますねぇ♪


| | トラックバック (0)

2005/06/06

『オレ様化する子どもたち』

4121501713










著:諏訪 哲二
中央公論新社



まぁ、何と言いますか…
若い頃は「『先生』になぞなりたくないなぁ」と思っていたのに、
気が付くと「先生」と呼ばれる立場になっておりまして…



道楽の延長線上で、本人も意図しないうちに
子供たちと接する人生を送っておりますがw、
それでも接する子供達には「まっとう」かつ
「幸せ」になって欲しいなと思う訳ですよ。



現代の学校教育がどうなっているのかは子供居ませんので分かりませんが、
「………こりゃあ学校の先生は大変だなぁ」
と思う事はしばしばです(いつも?)。
ウチみたいに「体罰(じゃないつもりですが実力行使には違いない)」が
ある程度許容されるような組織でも大変なんですから、
実力行使しちゃいけない学校の先生はさぞかし…



現代教育論とは真っ向から対決しちまうかもしれませんが、
れん的には道場運営上、子供たちにしばしば言う事が



「ここではお前達は『王様』じゃねぇよ。オレが王様!」



です。


一人一人の個性に合わせた指導というのも「心がけて」はいますが、
どだいそんなの無理。
一人で何人も見なくちゃならないんですから。
それぞれの「小理屈」に付き合っているヒマは残念ながらありません。
それに道場はある種の技術と思想を教え込む場所ですから、
一応「型」にはハマって貰います。
堂々言いますが、一度は型にはめますよ。無理やりでも。



ウチの構成員(…表現が不適切か?)である以上、
「これはできなくちゃダメ」「ここは理解してもらわにゃならん」
という基準があります。
そこまで一応は到達してもらわなくちゃ仕方ないんですよ。
ですから「王様」は指導者であるれんです。
「王様」が媚びてレベル下げる訳にゃいかんのですね。



個性というものはあります。
どんな子にだってある。
皆、素晴らしいものを持ってます。
ただし、それは無制限の状態では決して個性として発揮されませんし、
下手すりゃ自分も周りもそれを個性として認識しない恐れがあります。
周りも、本人も一度は「型にはめる」努力をしてみる。
本人が「どうして僕は周りの人と同じようにできないんだろう…?」
と悩むくらいはめ込んでみて、それでもはみ出してしまうもの。
それが「個性」だと考えます。



皆がてんでバラバラの事をしている中で、誰が個性的か判別できます?w



ただ、そうやって努力しても、
「どうしようもなくはみ出してしまったもの」
についてはそれを認めてやります。
それがプラスであれマイナスであれ…です。
だって仕方ないじゃないですかw
工業生産品じゃあるまいし、人間だもの(みつ○)。
マイナスなら、マイナスがまともに出ないようにカムフラージュしたり、
コントロールする方法に持っていきますし、
プラスならそのまま伸ばします。



不思議なもんで、練習前後はフレンドリーつーか精神レベルは一緒(威厳なし)、
一度怒ると烈火のごとくのれんですが、
それほど怖がられてもバカにされてもいません。
怒るっても当たり前のことでしか怒りませんし。



「人が喋ってる時はこっちを見ろ」
「今はお前が喋る時間じゃない。オレが喋る時間だ」
「目上の人には敬語を使え。オレとお前は『友達』じゃねぇ」
「先輩は自分より技術的に下手でも立てろ。オレから見たらお前も下手くそだ」
「後輩の面倒は先輩がみてやれ。お前もそうやってもらったんだ」
「一生懸命やってる奴を笑うな。笑われた奴の気持ちを考えろ」
「先生が見てる時だけ一生懸命なフリしてどうする。それでお前は上手になんのか?」



偉そうですね~w
ぶっちゃけ、意図的に「上下関係」をこさえてます。
そうでもしないと子供たちは無意識に「自分達のレベルに相手を降ろそう」とします。
これは無意識なんでしょうから、特に悪意は無いでしょう。
ただ、大人として媚びてそのレベルに降りてやる事はできません。
正直、恨まれたってへーき♪



れんの役目は「一人前にしてやる事」であって、
「好かれる事」ではありませんからね。
一人前になった人間が自分から離れていこうと、
それはこっちの関知することじゃないですよ。



おっと、書評も書かねばねw



え~、前半部分は非常に面白かったです。
ただし、後半部分は引用多数になりますので勢いが落ちるのは否めない。
それと「 」や( )が多く、文章的に読みづらい…_| ̄|○
これは仕方の無い部分なんですが、もう少し何とか…

| | トラックバック (0)

2005/06/05

基本はショートケーキ

あ~、初日からはまった…
こんばんは、今日から遅番スタートのれんです。



仕事ではまりましてね。
帰ってきたのが12時ちょっと前。
コンビニで夕食を買って自宅で食べました。
幸い、今はあまりコンビニご飯のお世話になっていないので、
逆に新鮮とも…
体内のシュークリーム分が足りなかったので、
シュークリームもデザートとして。
うまー



隣町には最近すっかり大手チェーンとなった「も○もと」さんの本店がある訳ですが、
すっかり垢抜けましたねぇ…
(でも本店は意外と地味だと思う)
れんが学生の頃のイメージですと「パン屋さん」なんですが、
今じゃすっかり「ケーキ屋さん」ですねぇ。



それでも、当時からケーキは大きくて安くて美味しかった。
ここのイチゴショートが大きくてスポンジ柔らかくて絶品でした。
今も味は落ちてはいませんが、大きさが小さくなった気が…w
まぁ、今は小さめに作るみたいですから。



それと「プリンアラモード」が食べ応えありましてね。
フルーツもしっかり盛り合わせてあって、しかもプリンが美味しかったんだコレが。
これは昔の勝ちだと思うなぁ。



確か期間限定で「ビールゼリー」というものもあったと思うんですが。
ほんとにちょっと苦味が効いてましてね。
白い泡も載った本格派。
今は作ってないのかなぁ?
(も○もとさんじゃ無かったら大笑いだが)



深夜にこんな事書いてますと、
なんかこう…よだれが出てきますなw


| | トラックバック (0)

2005/06/04

「ライトセイバー」はSWファン、特撮オタは「レーザーブレード」

「シャッカ、シャッカ、シャッカ…」
こんばんは、ウィンドブレーカーの音も涼しげなれんです。


今夜も散歩をね。
川っ縁がコースな関係上、ジャージにウィンドブレーカー上下という
ある程度重装備をして歩いてます。
汗かきに行ってる訳ですから、寒くちゃイカンですよ。



普段車を運転してて暗がりからぬぅと出てくる歩行者には
大層肝を冷やしますんで、
自分が歩く時はせめて…と思い反射材装備のものを着用しています。
闇夜にきらめくメタリックレッド…
そりゃあ鼻歌も『強さは愛だ』になろうってもんです。



性格的には「地味」を自覚していますが(異論出そう)、
なぜかアウターは「赤」が好きで、ジャージも赤ベース、ウィンドブレーカも赤という
(今日に至ってはTシャツも赤だった…「MEGMILK」ロゴでしたがw)
某国から賞状もらえそうな風体です。



断じて要りませんが



車も、今まで6台乗ったうち3台が「赤」。
他2台が「ワインレッド」という事を考えると異様に「レッド」率高し。
何だかなぁ…



「赤い」とくれば、
その後ろには何らかの名詞が来るのがこの国の常識ですので、
何か考えねばなりませんな。
条件としては「3倍」が必須…う~ん…


…「赤い燻製」ってのはどうでしょう?
通常の3倍痛みやすいの。




嗚呼、馬鹿な事を書いてしまった……_| ̄|○



間も無くサッカー日本代表戦ですな。
れんはさほどサッカー観ませんが、
それでもこーゆー時は一応「頑張れ日本!」です。


| | トラックバック (0)

2005/06/03

道場日記


本日はお休みでしたのでもちろん道場出動。
サイトに何度かご来訪の方はお気づきでしょうが、
基本的に木曜と土曜が練習日です。
最近の子供は忙しいので、
木曜日は入りが少ないですなぁ…



大会に向けて師匠からペアの発表もあり、
しばらくは大会向け練習でっす。
おぉ、今回は小学生で男女混合もアリか。
………全体に今回の選手団は


ちびっこ


気味だねぇw
その時代時代で身長なんかに差があって、面白いものです。



ウチの団体に入ってくる子はどちらかと言うと
「ボーっとしている」「落ち着きが無い」「おとなしい」「運動神経鈍い」
子が多いので(オイ)、
(そうじゃない子は当節サッカーや野球に行きますな)
まぁ気長に育てにゃならんのですが、
大会用となりますと「それなり」にしないとならないので、
この時期はある程度は「叩き込み」ます。
まぁ、年にこの時期くらいは必死にやってもいいでしょう。
のんべんだらりと変化無くやっててもモチベーション下がりますからね。



入門したての小学校一年生が必死にやってる様なぞは、
子ペンギンがじゃれあっている」ようで
それはそれは可愛らしいのですがw



大人の部も参加メンバー発表。
先日昇段した連中は参加クラスが一つ上がります。
レベル上がるんだから練習せぇよw
最年長のNさんは参加する部門が無く今回は断念。
黒帯取ったら出ていただきますんでよろしくね♪
(本人シャイですから「いやいやいや」とか言ってますが)


ウチは試合が無いので、大会では本人が「出たい」場合、
結構どこかの部門で参加できるようになってます。
(人数制限ありませんので)
自分の道場にペアを組む相手がいない場合には
他所の道場の人と組むのもOK。
(練習が大変ですけどね)



「競技会」というよりは「発表会」に近いかもしれません。
別に道場のメンツかかってませんからコレでよいのです。
自分のモチベーションが続く限りは出続ける事ができる。
コレはなかなか面白い。



試合なら、誰しも勝てなくなったら参加しなくなるものですが
「順位は二の次だけど参加したい!」
というのだってアリでしょう。
言うなれば市民マラソン?w



社会人になってから、
なかなか大きな会場で「選手」として参加できるなんて無いですからねぇ。
雰囲気味わうだけでも楽しいものです。
大会に向けて必死に練習して、本番で緊張して、結果迎えてという
「選手」ならではの気分を味わえるのはオツなもの。



順位が無いとは言いますが、
もちろん審判団がいて優勝、準優勝などは決まりますよ。
(フィギュアスケートを連想してもらえば良いかと。あれに近いですね)
大会終了後、
「今回の審判基準、ちょっとおかしくねーか?!」
と負け惜しみを言うのも醍醐味ってもんですw



れんも参加ですが、
今回ははっきり「優勝狙いで」と断言しちまいましたw
無論、出続ける事に意義はありますが、
一度は優勝しててその後順位が下がるのはやっぱ面白くないw
怪我も治った事ですし、ここは復活の狼煙を上げるべきかと。
プロフの「形勢立て直し中」というのは「いろんな意味で」、ですんで。



大会の成績が「腕」を示すものではありませんが、
(大会に参加すらしない方で上手な人、強い人は山ほどいます)
れんは、年に一度くらい自分を「評価のまな板」に載せてみたいんですよ。
会社で評価されるのはまぁメシの種ですからアレですがw、
それ以外で「評価される場」ってのがあってもいいじゃないですか?


| | トラックバック (0)

2005/06/02

見に行くべきか…w

………うむ、寝た。
こんにちは、二ケタ睡眠が健康の秘訣。れんです。


つか、お決まりの途中憤死だったんですけどね…
更新用の文章を考えているうちに沈没しました。
先週はちょっと疲れ加減だったので、まぁ仕方ないでしょう、ウン。


毎日更新を基本としておりますが、
考えてみればそれだけイベントが無いということだよなぁ…_| ̄|○
あ、本日は休みです。


さて、ウチの職場は若い方が多いのですが
(つか、れんより年上はほとんどいない…)
男女問わず、職場における
「Zガンダム見に行きたい(あるいは行った)率」
が異常に高いのはどうだ?w


考えてみると、
ウチの弟あたりが一番はまった年代だと思うので、
不思議は無いといえば無いのですが。
れんはファーストを本放送で見た世代ですが、
あの当時はあまり「面白い」とは思いませんでしたねぇ。
難しかったし。
後年、年食ってから面白くなりましたが。



Zガンダムと言えば重い話と情念丸出しの台詞の応酬が見ものですが、
(MS戦じゃないのか)
バンダイチャンネルの予告編は格好いいですな。
カミーユ君のテンション高い叫びはやはり理屈ぬきでキテます。
仕事中も脳内リフレインするので困ってますw



『途中でやめるわけにはいかないのは見れば分かるだろう。
 ティターンズの事を知ってしまえば、戦うしかないじゃないか!』


『冷たい言い方だが、ティターンズというのはああいうものだ』



……また富野サンは使い勝手のイイ台詞ばら撒くんだからw
ところで、昔アナタは「Zはほとんど見ていない」という

総監督にあるまじき

発言をされていたような気がしますが…w
ま、それも富野サンらしいわな。

| | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »