« 道場日記 | トップページ | 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 『沖縄論』 »

2005/06/24

「鶴は千年、亀でまんねん」

いやぁ、こんだけ暑いと亀さんも元気だわ。艶も良い♪
首筋の血管の浮き加減もたまらん。
こんばんは、元気な姿を上から眺めてご満悦なれんです。



…さぁ正直に手を上げたまえっっ!
上の「ご挨拶文」を見て



『エロ系の話?』



と思った者は!


(お前だけだー!)




それはさて置き、亀が元気です。
「何が?」と申しますと、ウチで飼ってる草亀二匹の事です。
20年ほど前から飼ってますが元気ですよ~
「すけ」と「かく」と名付けております。



小さい方が「すけ(♂)」。
体長(甲羅長?)約13センチ。
ひたすら元気。
餌の時間になると水槽で大暴れ。
やや黒光りしております。
(黒色化というそうな。歳経たオスはこうなるらしい)



大きいほうが「かく(♀)」。
同じく体長(甲羅長)23センチ
そのサイズゆえに水槽では飼育は無理で、
半透明の衣装ケースで飼育中。
おっとり寝てることが多い。
こちらは亀らしい緑色。



……やはりオスは黒光(その話題から離れろ)




冬眠はさせずに飼育してますので
まぁ年がら年中活動してはいますが、
それでも夏になると元気で冬は食欲・活動とも落ちます。
冬は下手すると結膜炎になってしまうので油断できません。



実はこの二匹本州生まれでして、
両親が松島観光に行ったときに親父が駄々をこねて
現地で買ってきたんですよ。



松島土産が亀二匹(なまものでーす)。



…貴様、一体何を考えている。



以来約20年。
途中かくの方が病気をしたりしましたが、
現在もなんとか無事に生きております。
既にウチの『守り神』と化してますな。
ちなみに、サイズ的に買ってきた時から見ても
一回り程度しか大きくなっていないので、一体何歳なのやら…
下手をするとれんより年上の可能性大アリ。



この「かく」ですが、実は「経産婦」さん。



ある日水替えの最中に「タマゴ」を発見したれんは
「あーーーーーっ!」と絶叫。
居間でテレビ見てた家族は
「どうした~?タマゴでも産んでたか~?」と



おそろしいほど正確な冗談を。



「そのとおりだ」と答えるれんに今度は家族が絶叫。


なんと7個も。
海亀と違い球形ではなく形も大きさもまゆ玉そっくり。
あの甲羅の中にこんなに入っていたのか。
不思議だ…
水中に産んじゃってましたから全部ダメでしたが…
(「何で?」と思った方!亀は爬虫類ですからねっ!w)



「それにしてもいつ『すけ』が仕込んだのだろう?(オイ)
 ここのところ一緒のタイミングで散歩させちゃいないんだが…?」
と不思議に思ったれんはその後、亀の生殖について調べて唖然。



「一度交尾をしたら体内に精子を保存して数年かけて出産するだと~!?」



…幸い出産はその後ありませんでしたが、一年ほどはドキドキw



こ奴らについてはまたいずれ。
なかなかプリティな生き物ですよ。
ちゃんとなつきますし。


|

« 道場日記 | トップページ | 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 『沖縄論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/4682947

この記事へのトラックバック一覧です: 「鶴は千年、亀でまんねん」:

« 道場日記 | トップページ | 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 『沖縄論』 »