« 遠雷 | トップページ | 「鶴は千年、亀でまんねん」 »

2005/06/24

道場日記

仕事が長引き大人の部の途中から参戦。
……なんだこの人数の少なさは?
(どうやら学校祭かなんかの季節らしいです)



道場に行く前には必ず道着にアイロンをかける訳ですが、
ぼちぼち暑くてたまらん季節になりますね。
今は師匠にもらった新道着をメインに着て身体に馴染ませてます。
???この道着、風通しはいいが生地が厚いのか?
突きを出した時に袖が「パン!」と鳴らず、「ボスッ」て音がするぞ?
う~ん、馴染んだら音変わるのかな?
音が鳴らんのはちと寂しいのだが…


突きの速度と冴えが一定レベルになると、
袖が「パン!」という音を立てるようになります。
洗濯物を乾す前に「パン」とやる時の音に似てますね。
上達の一つの目安ですわな。
概ね黒帯クラスになると鳴るのが普通。
(鳴らねー奴もいるが…お前ら「冴え」がねぇんだよぅ)



ま、昔は音を競うがごとく道着に細工をする者もいましたがw、
今はそんな人いませんやね。
…え?
師匠、昔してたんですか?w




え?れんはしませんよ。
なぁに、細工なぞせんでも
いーだけくたくたになった小さめの道着着れば
音なんぞナンボでも…




ま、音が鳴るからといって「効く」とは限らんのですがね。
鳴るのは第一段階。
「入り口」ですからね。
せめてその程度はできて当然というレベルです。



同門の中にも、あまりにそれにこだわりすぎて、
「フック」で袖鳴りさせるお○○さんがいますが、
腰の回転と肩の操作で当てるフックで
袖が鳴るわけないだろうにねぇ……ハァ
フック系は肘の角度を決めて(固定して)突き刺さないと意味ないよん。
大丈夫ですか~?





今日も女子大生コンビの指導。
……ナツカレテイル



う~ん、横蹴り(足刀蹴り)がイマイチ…
真横に蹴ると格好悪いし効果も今ひとつだから、
お尻の筋肉使って「気持ち後ろ気味」に蹴ると良いぞ。
相手を見るのは「自分の肩越しに見る」感じで。
アゴもガードできて一石二鳥。
そーそー。
背中の筋肉を緊張させると冴えも出るからな~




ああっ、あとちょうど一ヶ月だ…_| ̄|○



|

« 遠雷 | トップページ | 「鶴は千年、亀でまんねん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/4682840

この記事へのトラックバック一覧です: 道場日記:

« 遠雷 | トップページ | 「鶴は千年、亀でまんねん」 »