« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

第235話:いぶしれん

うへぇ、蒸し暑い…雨降ったのに涼しくならないなぁ。
こんばんは、れんです。



昨日一昨日と割合ヒマだったのですが、
今日は仇をとられたように忙しかったですね。
ま、コレぐらいが普通なんでしょうが。
世間的には夏休みですしね。



れんは決して「ムキムキ」型ではありませんが、
それでもまぁ同年代の中では体型は維持できている方かと。
となると、「基礎代謝」は割と大きい訳で、
基本的に「暑がり」です。



さて
そうなりますと会社ではクーラーを効かせたくなる訳ですが
女性も多い職場ですからねぇ。
温度設定は難しいとこですなぁ。
女性は仕事中もタオルケットかぶってる方多いですし、
実際冷えると身体に良くないですからね。



『女の子が身体冷やしちゃイカン!』
とか言うとオッサンですが、
実際、筋肉が少ない⇒発熱量が少ないって事ですから、
構造上仕方ないのであります。



女性は体内諸器官が「内装型」オールインワンですが、
我々男性は一部器官が



放熱のため外付けになっている



「外装型」です。
(太字にする意味あんのか?)
冷却してないといけない器官がありますんで、
暑がりはやむを得ないかと・・・
とは言え、ここは男性が辛抱ですねw





ウチに帰ると妹が来ておりまして。



「どした?」
「桃買った。小さいの買っても美味しくないし、大きいの買ってここで食べる」

…お前は桃食いに来たのかよ。


夕食は妹を含んで、
どうやら車庫にて七輪で焼き物をしたようです。
(れんは道場行っちゃいましたので…)

帰ってきてから食事を取り、二階に上がるとどうにも苦しい。
「???煙い?」
玄関を見ると、先ほど車庫で使ったであろう
「蚊取り線香」
が火の点いたまま置かれていまして、
煙は階段を通じて全部二階に上がる仕組み。



俺をいぶしてどうする。



明日の朝には手足を上に向けて倒れているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第234話:『ブレーメンⅡ』 全5巻

4592132416 『寂しかったのだ

 ヒトは皆寂しかったのだ

 それ故にヒトは「ブレーメン」を作った…』




第44回日本SF大会「星雲賞」コミック部門受賞特別レビューです。
(なんじゃそら)



星雲賞というのは日本SF大会で発表される、
SFに関連した賞な訳で、そこで川原泉先生の
「ブレーメンⅡ」がコミック部門受賞とは…



喜ぶべきなのか、それとも笑うべきなのか?



とは言うものの、SFとして立派に成立してますし
泣かせどころも考えさせどころも満載。
「異種族間理解もの」として読む事もできます。
小学校高学年のお子さんには読ませて損なしと思う。



ただ、キャラの絵柄が基本的に「脱力系」なので、
スペクタクルに乏しいのは如何とも…ねぇw



川原先生のはほとんど読破してます。
『銀のロマンティック・・・わはは』や『美貌の果実』では
何度泣かされた事か。
聞けば『笑う大天使』も映画化だって言うじゃありませんか。


しかしながら、


『3人の女学生が繰り広げる青春物語を、
 ワイヤーアクションとCGを駆使して描く新感覚
 “お嬢様系ハイパーアクションコメディ!”』



ってのはどうなんだろう?
れんには、「青春物語」と「ワイヤーアクションとCG」の間に


関連性を見つけられないのですが…



えーと、「駆使」しないでいただく訳には・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

第233話:ありがとうございます5

ふぅぅぅ、やっと針仕事が終わりましたよ。
こんばんは、『♪れんさんが~夜なべをして~』
ではなく、れんです。
夜なべはこの歳になるとキツイのでしませんw



先日道着に「袖章」を縫ったのですが、
ものの見事に逆側でしたので…
いつまでも先生が付けてないのも示しがつきませんしねぇ・・・
仕方ないのでちくちくと。
あ~、縫いにくいっ!



あまりの手際の悪さに横で見ていたおふくろが
「場所だけ決めて置いとけ」
とは言うのですが、さすがにこの歳でそれはパス(^▽^;)
一応、元は兼業とは言え「主夫」だったんだし(・・・)
まして、自分の道着は大事な商売道具だからねぇ。
『漢の魂』が宿るんですから、可能な限り自分で。



さて、今日は花火大会でした。
「どーれ、浴衣で流すかぁ」と思ってはいましたが、
雨模様なのでさすがにあきらめました。
後の始末が大変だし。



スーツ姿のまま
ちょこっとだけ遠くから眺めて帰ってきましたよ。
浴衣はまたチャンスを見計らって。



さて、駄文ブログの極北たるこの『飄々踉々』も
おかげさまで本日5,000HITと相成りました。
ご来訪の皆様、ありがとうございます。



v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v

(可愛い顔文字貼ってみました)



・・・で、なんでだろう?(-_-)ウーム



なお、おひねりは歓迎しますが、
毎度仕事で疲れておりますので、
できるだけ軽いものの方がありがたいですな。
そう、『紙』のように軽い方が…
(こんな事書いてると刺されそうだ)


今後とも飄々とやって参る所存でございます ので
皆様、え~色んな意味で大目に見てやってください<(_ _)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/29

第232話:みんな満足気で良し♪

おぉ、何だかブログがえらい事になってる…
来訪者ほぼ3桁ってナニ?



こんばんは、少々ビビったれんです。



ま、写真をUPしましたからね~
チームの皆さん見ましたか~♪
ココログプラスのアクセス解析は
「ブログ」と「マイフォト」を別にカウントできますが、
マイフォトのアクセスが二日間で
700アクセス
って…



ま、写真一枚めくったら1アクセスですから、
そんなに驚く数字じゃないとは思いますが。
・・・あれ?平均出すとチーム人数を大きく上回る気がするぞ??



さすがにみんな勘が良いようで、
あのヒントで結構認証を突破して見てくれたようです。
おっと、そうじゃない方も居ましたか…( ̄∀ ̄*)イヒッ



さて、本日から勤務スタート。
とは言え、あれだけの大盛り上がりイベントの後だけに
余波はしばらく残っておりましたが。



れんはと言えば、カラオケの最後に感動の全員大合唱となった
(なぜ全員分かる!)
『電撃戦隊チェンジマン』が脳内リフレイン。


帰宅してからも
「…聞きてぇ」
とオリジナルを流して聴きまくってましたので…



さて、今日は道場に行きまして子供たちに結果報告を。
うむ、優勝公言したのに済まんのぅ m(-_-)m スマヌ



で、ここんとこ「型」の練習ばかりでしたので、
少し乱捕りを…



うわー!ヤバイ!!勘が鈍ってる!!!全然ダメダメじゃん!!!!



…しばらくは殴り合いに専念しますぅ。とほほ・・・



明日は札幌の花火大会。
3週連続の最終日な訳ですが天候はイマイチの様子。
う~む、一応浴衣を出して、帯の結びもおさらいしてましたが・・・
(一般的な「貝の口」ですが)
天候的には難しいかのぅ・・・
持って行って、どこぞで着替えて・・・と目論んでたんですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第231話:『ヨコハマ買い出し紀行 13巻』

4063211711 『なぜ

  人間の生活の思い出が
 
   こんなに特別あつかい

    されているんだろう 』



え~と、ストーリーと呼べるものがないオハナシです。
淡々と時間が流れてゆく・・・ただそれだけのストーリーです。
基本的に「ドンパチ・流血・爆発・擬音」大好きなれんが読むにしては
ちょっと異質な作品ですね。



おそらくは、文明が大きな気象変動などで大きく後退した世界。
(原因などには言及なし)
そこは「黄昏てゆく世界」。
そこで人の来ない喫茶店を営む(営むとすら言えんな…)
女性型ロボット一人。



この時代はロボットはごく普通に居るようで、
特に珍しい存在ではありませんが、
やはり彼女達(男性型も居るけど珍しいらしい)は
人間達と接しながらも老いていく事はありません。



変わってゆく周囲。
変わらない存在。
ゆっくりと流れてゆく時間と風景を切り取って漫画にした…
そんな感じの作品です。
激情も、展開も、世界の謎を解き明かす事も、何もありません。
でも暖かい時間と満足と、そして少しの寂寥感があります



何となく気ぜわしい時にぜひ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第230話:『鋼の錬金術師 11巻』

4757514964 『救われた気がするんだ

   私はあの子を

     二度殺してはいなかった…!』






劇場版公開に合わせて新刊発売ですか。
ナーイスタイミング。
何にせよ…待ってましたよ、んふふふ♪



TV版はちらちらとしか見てなかったのでアレですが、
本編も盛り上がっております。



実は



「人体練成の結果アルが消滅。
  エドが右腕を代償に魂のみをかろうじて練成し、
    鎧に定着することに成功」



ってのにはその前後の映像や台詞から
「違和感」を感じてましたが、さすがです。
納得の回答が用意されてました。



なーるほどねー、バリー・ザ・チョッパーは
単なる撹乱分子だけじゃなかったのね。



エドの覚悟に満ちた行動も、
アルの願いも、イズミ師匠の涙も
マスタングの背中も、ハボックの怒りも
全て燃えるシチュエーション。
今巻はイイ!



ネタバレになりますのでここら辺で。
結構重要なターニングポイントですよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

第229話:焼けました(肌も)

だららららららららら…だん!
第一回『海行って肉焼こう!』開催~!



こんにちは、れんです。



え~、予告どおり昨日は海へ。
迫る台風もなんのその。
行ってきました石狩浜「あそびーち」。



しかしながら当日朝はれんのところは小雨。
「…こりゃあ無理じゃねー?」
と思いつつ
「ま、向こう行ったら天候違うかなー」
と一応準備して出発。
とは言え、「海用装備」というよりは「雨用装備」での出発ですね。



車2台に分乗し、目的地に向かいましたが
どんどん天候は良くなる。
おいおい、日差し差してきたで( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
着いてみると快晴とまでは行きませんが立派に晴れ。
うむ、我々の日ごろの行いであるな。



海用装備を全く考慮していなかったれんはもっぱら
「炭で焼く人」と化し、
『ほ~い、焼き鳥あがったよ~』
『イカ焼けたよ、イカ~』
と、完全に


『祭りに来たテキ屋のおっさん』


になってました。
サングラス着用でしたので、怪しさ倍増。



まぁ、皆元気だわ。
いいねぇ、若い者は…w



仕事を終えたチームも来る予定でしたが、
さすがに天候が持たず、夕方には撤収。
物足りないという事で、『JJCLUB』に移動。
ここでカラオケでもう一盛り上がり。
カラオケの待ち人数が常時5人以下にならねぇってのも凄まじいな…



今回のMVPはやはり海、カラオケで
我々の腹をよじれさせてくれたSさんで決まりでしょう。
僅差でTくん。日付が変わっても落ちないそのテンションはスゲェ。



終了は日付が変わっておりまして、
れんの帰宅は2時過ぎ…
バ、バテた…_| ̄|○
実は前日寝苦しく、ほとんど眠ていない状態で参加しましたので…
おかげで今日は爆睡できましたが。



いやぁ、でも楽しかったですよ。
またチャンスがあったらやりましょう。



なお、写真を「マイフォト」にUPしました。
残念ながらメンバーオンリーとさせていただきます。
ユーザー名は我々のチーム名(数字記号含め6文字)
パスワードは数字3文字(仕事でよく出てくる数字です。コピペでGO!)
「分からん!」という方はメールくださいなw


※追記

メンバーオンリーですので支障は無いと思いますが、
写真の削除はいつでも受け付けますのでお申し入れください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

第228話:ご報告

_003



多数のご声援ありがとうございました。
(…脳内には聞こえておりました)



こんばんは、れんです。



あれだけ公言したネタですので、
まずは結果報告せぬ訳にはいきますまいw



『優勝狙い』だった訳ですが、一歩届かず準優勝となりました。
残念…って程じゃないですね。
一応自分の思うように身体は動き、
満足のいく『型』はできたと思います。
あとは審査員がどう判断するか…ですので。
まぁぶっちゃけ「好み」になっちゃいますしねw



「試合」ならこういう「もやもや」は少なくなるのでしょうが、
(全部K.Oしちゃえば何の余地もない)
ま、それがないかられんみたいに
身体の弱いのが長続きしてるとも言えますし(爆)。
(とは言え、今なら制限の少ない組み手の部門があったら迷う事なく出ますね)



優勝者と帰りにばったり会って少し話もしましたが、
ちょっぴり肝を冷やすくらいの事はできたようですので
(まぁ多分にリップサービスでしょうが)
今回は良しとしましょう。
来年以降に向けての動機付けにもなりますし。
実際、「いつ選手として大会出るの引退しようかな~」
とか思ってる訳ですからねw



つか、弟子の成績がアレなのが問題ではあるのですが、
(今回は入賞者無し)
今回は主力メンバーは忙しく練習不足、
年少部は「…本選まで行けたら御の字」という感じでしたから
予想の範疇ではあったのです。
ま、大会に出て周囲のレベルと
自分を比較するのが目的の一つですから
それはそれで仕方がない。



年少部はさて置き、一般部の連中について言えば、
「入賞狙い」で、指導方針を変える事もできますが
残念な事に師匠も俺もそういうやり方はしたくないですし、
本人達も嫌らしいので、
ある意味苦労はそれぞれ覚悟のうちですね。
それに、やはり入賞する方々のを見てますとレベルは確実に高い。
まだ文句を言えるレベルには達していないのは
本人達が良く分かっているようですので。
それが救いと言えば救いです。



今年は嬉しい事が一つ。
ウチに微妙に「遅れ」加減
(って程じゃないけどやっぱり落ち着きはない)
の子がいましてね。
ウチで唯一一回戦を突破したのはなんとコイツの組。
…お前、練習の時より上手いじゃないか!
本人も自信ついたでしょうし、
親御さん喜んだだろうなぁ…



今年の大会はコレにて終了。
れんは増やして落とした体重をまた増やしにかかりw、
子供たちは間も無く夏休みです。
ふぅ、やれやれ…





そうそう。
会場で「いとこ(女性、既婚、子持ち)」にばったり会いまして。



れ:「?!何故お前がこんなところにいる?」
い:「えへへ~、子供が入門したのよ」



見ると確かに見覚えのある顔がいっちょ前に道着着て…
あらら、大きくなったなオイ。
早くに結婚してポンポン生んだので、結構大きいのです。
それにしても、俺の事を紹介するのに

「ホラ、亀の居るトコのおじちゃんだよ」

ってのはおかしいだろ、それ。
「亀」が主体かよ。


れ:「早いもんだなぁ。もうこんなになったかぁ」
い:「選手名簿見たら○ちゃん(○内本名入る)居たからさ、見に来た」
れ:「そりゃどうも。で、予選は抜けたか?」
い:「…あはは、もう帰ろうかなと」
…さいですか、そりゃ残念。



い:「○ちゃんも早いとこ子供作らんと。あ、まだ『新婚』か」



……あいたたたた、やはりそのネタになるよなぁ。



れ:「…え~と、情報行ってないみたいだな」
い:「何が?」
れ:「『新婚』じゃないのは事実だが、『婚』ですらないのだが…」



《し ば ら く お 待 ち く だ さ い》



れ:「…という訳だ」
い:「ま、まぁ最近は珍しくないし…」



うむ、独創性のないフォローありがとうw



まさか、本番前に身内に会った挙句にこの話題になるとはね(;´Д`A ```
コレがなければ優勝してたかもしれません(大嘘



さて、明日はお休み。
会社のメンバーで海行って肉を焼くんですよ(表現がおかしい)。
台風さま、ちょっと関東で停滞してください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/24

第227話:出陣

こんばんは、何だかんだと準備に忙しいれんです。


なんと申しますか…


なぜこんな時に滅多になった事のない



頭痛



に悩まされねばならんのだ…
あたたたたたたたた、アタマイタイ…_| ̄|○



日ごろの行いですかそうですか。


ま、何とかなるでしょう。
…なってよ(T△T)




明日は8:30現地集合。
ほとんど駐車場ないのでJR&地下鉄で行きます。
今日最終チェックでやってみましたが、
やはり身体が温まってないとイマイチですねw
明日は十分にアップしてから臨みましょう。
(これも老化かも…)





では行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/23

第226話:でも浴衣はいいですね

ふぅ、やっと汗引いた。Tシャツが重くてねぇ…
こんばんは、川原での「不審人物ごっこ」も今日が最後のれんです。



ここしばらく、夜な夜な川原にうごめく怪しい人影してました。てへ♪



さて、昨日も幼馴染集合してまして。
集まる時は集まるし、集まらん時は集まらないのは
一人台湾のプラントで技師として働いているので
彼の帰国スケジュールに我々在日(ん?)が合わせるからです。



しかーし!
曜日感覚のないれんは、「休み」という頭はあったものの
「道場」という頭は完全に吹き飛んでおり
大幅に遅れてひんしゅくを買ったのでした。げしょげしょ。



最近は婚約中のヘル・ナースをイジって楽しんでおる訳ですが、
長い付き合いとはいえ、
コイツの天然ボケには
れんを含めた残り三人全員が



殺意を覚えます



お前なぁ、このブログのアドレスは教えただろう!
何で分からなくなった挙句に
「れんの本名の苗字でググる」
アホがいるか!



「えっと、山梨の方の駅名が一杯出てきたよ」
って、あーそうだろうよ!
「で、見つけてちゃんと見たのか?」
「み、見たよ…」



貴様、なぜ目が泳ぐ



女性の中には「作ってる」のもいますが
こやつはその手の類ではありません。
つか、「男と女」ってーのがイマイチ理解できてないので、
そんな芸当できる訳ありませんがな。
そんなのでも婚約はできるんですなぁ…
ま、相手が神だからなぁ…
頼むから、ダンナさん『脱力死』さすなよ。
俺たちゃ「免疫」できてっからいいけど、今回も数回



絞め殺そうか



と思いましたからねぇ



さて、4人で喋ってる訳ですが、
ある事に気付きました。



M(♂)…独身。
I(♀)…婚約中。
A(♂)…こないだ二人目生まれた。
れん(♂)……むにゃむにゃ。



…はっ!
またしても「星の一生」ネタですか!! Σ( ̄ロ ̄lll)!!




『ほらご覧、あれが砕けた星だよ』
『わぁ、パパ綺麗だね♪』




……_| ̄|○




さて、本日は札幌の3週連続花火大会の2週目。
会社の窓からもちょっと見えました。
仕事を終えて駅に行くと、浴衣の女の子もちらほら…



って、ちょっと着方が…(・・;)



丈が全体的に短いですね。
足が見えすぎですなぁ。
スカートの短いのは歓迎しますが
着物の丈はね。
浴衣の丈は若干短くても良いとは言え、
あまり短いとやはり違和感。



それとやはり帯が壊滅的…
まぁ、最近の女性はウエスト細くて胸が大きいので
着物は確かに難しいとは思いますが



帯の上に胸が乗ってるのは如何なものかと



不思議だったのは足袋らしきものを履いていた女性が。
え?え?浴衣に足袋?

今は7月ですから、
絽(ろ)や紗(しゃ)の季節。
(単は…着ないよな、うん)
その生地で、花火を見に行く遊び着と考えれば小紋。
小紋も立派に着物ですから、その場合は足袋でしょうが
浴衣に足袋は履かないと思うのですが…
あれは浴衣だったぞ?



最近は履くようになったですか?
何でもアリだからなぁ…
詳しい方教えてくださいな。



さて、明日明後日と会社はお休みいただきました。
本番は日曜日ですが、明日は準備と最終調整ですので。
一部職場で
「れんは日曜日『試合』」
と思ってらっしゃる方がいますがそれは間違いでっす。
引率の片手間にちょこっと単独の「型」をやってくるだけでっす。
ま、わずか「制限時間75秒以内」のために
2ヶ月以上自主トレはしましたがね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

第225話:道場日記気味の日記w

こんばんは、まさに今帰ってきたれんです。
いやいや、更新がすっかり遅くなりましたね。



本日は休みですが道場日。
その前にばたばたしてまして、ちょっと遅刻。
買い物行ったり何だかんだ動いてから、
今回の大会参加にあたっての注意事項をまとめてたりしたら
遅くなっちゃいましたw
ちなみに、「軽く注意点だけ書いておくかぁ」と思っただけなのに



A4三枚になりました。



…文章を短くまとめられないのは
皆様このブログを見てもお分かりとは思いますが…_| ̄|○
作成時間約30分ってーとこでしょうか。
嗚呼、「遠足のしおり」を作ってる気分です。
(あ、そんなもの作った事ねぇや)



さて、いよいよ練習も本日と土曜日を残すのみ。
師匠が出場組を担当し、れんはそれ以外を担当。
はいはい、れん先生からの本日のお題は「回し蹴り」だよん。



ほいほい、斜めからすり上げちゃダメ~
真横から「なぎ払う様に」蹴りましょうね。
最初のうちはフォーム気にせず、大きく振り回して良いからさ。
初めから小さく覚えると、威力も不足でその上応用も利かなくなるからね。



最近面白い事が一つ。



先に入門してた子の友達(兄弟)がつられて入門したんですが、
先に入門した子より真剣になってやんの ( ̄▽ ̄) ニヤ
先に入ってた子はちょっと手を抜く癖があるので、
それに影響されてか最初は道場ナメてたみたいですが、
だんだん眼の色変わってきまして…
彼らなりに「面白い!」と自覚したんでしょう。
素直に俺達の言うことも聞くようになりました。



彼らの目がれんにこう訴えているのが分かります。



「上手になるにはどうしたら良いの?」
「もっと教えて!」とね。



子供たちが
『注意されたり指導されたりするのが嫌』
というのは違うと思いますよ。
彼らは待っています。
「凄い技術」「強い力」を教えてもらう事を。
「新しい事を覚える快感」を彼らは欲求しています。
『憧れられるもの』をね。



こうなると子供ってのは爆発的に伸びますね。
この子らは覚えが早い分、
武道を無用の暴力に使わせないような教育的指導が必要ですが
センスが良いのでこの先が楽しみです。
OK、任せろ。
望むなら、俺の知る全てを伝えてやるよ。
「出し惜しみ」はしない代わりに、
「間違った方向」に行ったら力ずくで修正するけどなw



大会参加組は仲間の前で初披露。
拍手をもらって照れくさそうw
ま、何とか格好はついた…かな?
う~ん…(;´Д`A ```



で、大人の部。



またしても兄弟道場からいつもの顔に加えて新顔が…
…って、おいK!
お前さん、俺と同段位なんだからお前さんが指導せぇ!\(*`∧´)/
「生かし捕り」と「殺し捕り」の区別くらい教えとけ~!



れんも自分の選手の片手間に見て指導はしましたが…
う~ん、素材はウチの選手よりイイのよね~
ちょっぴり複雑w



さて、本日はれんも皆の前で初披露。
師匠にチェックしてもらう部分もありますから。



こう見えて(…「どう」見えていると?)、
「気合」には自信があります。

型スタートと同時に、


最初の一発で道場内の全員の動きが止まったのが目の端に…w


…見るなよ、恥ずかしい(*ノ▽ノ)イヤン



で、師匠にチェックしてもらい2、3の修正点を。
了解です。本番までには修正しておきまっす。
ま、致命的じゃなく修正可能な範囲ですから、何とかなるでしょう。
本番では今日の70%くらいの力のほうが綺麗かな?



さて、道場日記編はここまで。
明日はその後またしても行われた幼馴染集合の話でも。
ひどいわっ!
「日付変更線は超えない」って話だったのに…_| ̄|○



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

第224話:『K-1 WORLD MAX 2005 決勝戦』

久しぶりに腰をすえて「K-1」を見ました。
やはり自分と体格が近い「MAX」の方が好きなので。



面白かったのは
やはり現王者ブアカーオと初代王者クラウスの激突。
技術的にも見ごたえ十分。
「事実上の決勝戦」と解説も言ってましたが、
まさにそのとおりだったと。



この二人、ルックス的にもカッコいいと思うんですが。
碧眼のハンサムクラウスと
タイ人特有の穏やかさと怖さを持ったブアカーオ。
タイプは違いますがどちらも二枚目だと思いますし、
肉体的にも両者見てて惚れ惚れするような筋肉。
いいっすね~



ブアカーオは前回クラウスに負けてますから、
気合のノリが尋常ではなく、
あまり表情を出さないムエタイファイターには珍しく
感情丸出しでミドル放っていきます。
クラウスのパンチテクはそりゃもー凄いものですが、
パンチファイターをムエタイが料理する手順どおりに
はまってしまいましたね。



今回のブアカーオはちょっと
「ブルース・リー」
入ってましたね。
気合が入ってたんでしょうが、
蹴った後、ゆっくりと足を着地させ
「…どうだ」
と言わんばかりにゆったりと構えなおす。
『うへぇ~!しびれる~!』と
TVの前で悶絶してました(バカ)。



ここで燃え尽きたのか、
決勝ではサワーに判定負けしてしまいましたが…
そりゃアレだけの激闘、
しかもリベンジ果たした後では
テンションも切れるでしょうし、
フルラウンドでしたからね。



魔裟斗は残念でしたね…
腓骨骨折ですか…
マイク・ザンビディスはルックスがイケてないので、
(あの「ぴったりパンツ」はよせと言いたい)
評価がイマイチですが、
パンチのレベルはクラウスに匹敵する強敵。
(パワーのザンビディス、テクニックのクラウスかな?)


それにしても、「マイク」と名のつく選手は
ハードパンチャーが多いのか?
(「マイク・タイソン」「マイク・ベルナルド」など)



スピードもありますので、
楽観視できる相手ではありませんでしたが
カウンターの右でダウンを取ってのけるのはさすが。
ただ、代償は大きかったですなぁ…



文句を言いたいのは小比類巻。
相手が優勝したサワーですから、
あまり文句も言いたくはないですが
パンチの連打もらうと後ろ向くクセは治して欲しいものです。
見てて印象が悪い!



カウンター型の選手ですから、
手数が少ないのはある程度仕方ないとは思いますが
世界標準から見るとあまりに消極的。
ヒザに固執せんでも、ハイキックとか持ってるじゃないか。
勿体ないなぁ…



魔裟斗が棄権したため、準決勝で安廣選手が登場。
パンチ主体の選手との印象が強かったですが、
蹴り多彩!唸る胴廻し!!いいぞ空手家!!!
やっぱ空手家はこうでなきゃ。



サワーを押してた印象ありましたが、
残念な事に前の試合で額を切っており
途中で無念のドクターストップ。
あ~…残念。
でも次回以降楽しみですねぇ。



前年も思ったんですが、
「MAX」のジャッジ、ちょっとおかしい時ありますね。
「え?」と思う採点が出る時ありますから。
昨年も魔裟斗×ブアカーオで採点がおかしく、
「結果、不要な延長戦を強いた」との事で
処分喰らってますが、
今回も「おいおい、点差がおかしい人一人いるぞ?」
という感じ。



現状3人とも日本人で、
皆さんそれぞれ実績ある方なのは認めますが
ぼちぼちボクシングの世界戦並みに
対戦国以外の第三国のジャッジ導入すべきでは?



優勝はシュートボクシングのアンディ・サワー。
…って「シュートボクシング」はどのくらい知名度あるんだろう?w
強い選手輩出するんですが、
その強さが「他の土俵に上がって明らかになる」のは残念。
(日本生まれの格闘技なのに…)



パンチテクが高いのはもちろんですが、
ソツが無く、相手の長所を殺すのが上手い選手ですね。
序盤押されても、すぐに相手の攻撃に対応して対策取って来る。
『適応能力』が高いんでしょう。
100戦以上やって勝率が90%以上は凄い。
これと言って特徴が無いので、
前評判はイマイチでしたが、運も味方しましたね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/20

第223話:「月は出ているか?」

イイ月だなぁ…
明るくて、適度に雲がかかって風流。
思わず鼻歌も出ようってもんですよ

『♪月のひ~か~りに み~ちびかれ~…』

こんばんは、風流気取っても選曲がダメダメなれんです。
(タイトルは「第一話」ならハマるんでしょうが)



明日から2日お休みっす。
で、一日出勤して二日有給いただいてます。
大会前日と当日ですので。
職場の皆様、ご迷惑をお掛けします。
道楽ですんで、勘弁してやってつかぁさい。



電車通勤をしてますと、いろんな人を見るわけですが、
今日は濃かった。



まず乗車。
ホームの乗降口位置に一人立ってます。
で、数メートル空けて柵のところにもう一人…
って、その「間」は何だよ、オイ。
その間に入れねーだろ?


見ると、年齢でいくとれんと同じくらいのスーツの男性。
ですが、妙に若作りというか「チャラい」。
「なんじゃ、こやつは?」
と思いつつも、仕方なく隣に占位。



電車が来て乗り込むと、
その男性が女子高生に向かって「よっ!」と声を。
掛けられた女子高生も「あ、おはようございます」
アンタ、先生かいw



途中、おばあちゃん、お母さん、子供三人というチームが乗車。
「…通勤電車にその構成もどうかね?」
と思いつつも、まぁ仕方ないなー大変だなーと。



…いや、坊主。うるせーよ。
「座りたい」
「喉渇いた」
そんなのは我慢せい!これは満員電車だ!



どうやらおばあちゃんに誰かが席を譲ったようで
一緒に座り、ついでにおばあちゃんがたしなめたので少し静かに…
…オイ、お母さんがやろうぜ、そーゆーのはよ。



見ると、上の兄妹(3~4年生くらい)
に「優先席」の方が「座んなさい」
と譲ってやる光景が…



『ガキは立たせろ』
『お母さん、座らせんな。断らせろ』
『おじさん、甘やかさんで良い』


まぁねぇ、れんのガキの頃ってのは
『子供は料金半分しか払ってないんだから座るな』
と親にも周囲にも平気で言われた時代ですからねぇ…
高校時代も、椅子に座ると体力無いみたいで
気恥ずかしかったものですよ。
下手すりゃ通学バスの中、マンガの真似をして



「爪先立ち」



してました。
今思うとバカですがw



外に出たら外のルールに従わせるようにしといたほうが
後々お互いのためだと思うんですがねぇ。



…今回はオヤジスメル全開かな?w



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第222話:「着衣総合格闘技『空道』入門」

025667280000 著:東 孝
ベースボールマガジン社





えらくマニアックな本をラインアップしてしまいました。



実は「空道」(当時は「大道塾」…ん?今もそうなのかな?)の方とは、
ごくかる~く手を合わせた事がありますが…
(「スパーリング」とすら言えない軽いもの)



つ、強えぇっ…!



溢れるパワーと両立する打撃の切れ。
打撃から組み技、組技から関節技・締め技への連携。
いやもう、完全に翻弄されまして…_| ̄|○



余談ですが、この手合わせは
れんが新入社員で入社した会社で行われた、
「新入社員集合研修」の夜に行われましたw
(何をやっとるんだ)


彼は東北の新入社員でしたね。
研修終わった後、東京でやる大会に出るっていうんですもの。
ちょっと「調整相手」を努めたわけです。



なお、この光景を目撃した
同じ札幌採用の同期社員は後にこう述懐。


「二人とも気が狂ったかと思ったw
 夜中、薄暗いロビーで『シュッ!』とか
 『ふん!』とか言いながら
 ほとんどパンツ一丁で絡み合ってる男二人…」



…だって初対面なんだから、用意なんかある訳ないじゃん。



ちょうどこの時期、ちょっと慢心して
惰性で稽古していたれんは
このコテンパン体験から再び火が点きましてw
「強くなんなくちゃ!」
と以前より真剣に取り組むようになったのはさらに余談です。



興行格闘技ではなく、
自らを「社会体育」と位置付けてぶれないその理念も
実戦に目をそむけないその技術体系も好きでして、
単純にいちファンです♪



ウチとも理念や体系で共通点は無い訳ではありませんが
ウチは理屈っぽくて、力を軽視しすぎだしなぁ(´Д`) =3 ハゥー
仮に、れんが今の道を進んでいなければ
ぜひやってみたい武道の最右翼です。



なお、選手でいくとやはり小川選手好きですね~
天才だと思う…
好きとか、そういう次元を超越しちゃってるのが加藤選手。
脚部切断寸前の交通事故から復帰された精神力はもはや崇拝。


2,300円は痛いんですが、
この手の本には目がないれん。
数十冊こんな本がありますから、ひと財産ですね。
(そら金も溜まらんわ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

第221話: 『なぜ、その子供は 腕のない絵を描いたか』

025517870000

忘れてはいけない事はただひとつ。
 「子どもは手をかけるほどいい子に育つというのは、幻想にすぎない」-本文より


著:藤原 智美
祥伝社



別に「先生になりたかった」とか
そーゆー訳ではありませんが、
(でも一時期『保父』を志望した事があるのはナイショだ!)
かれこれ20年以上も子供たちに接していますので
やはり子供達の変化というものに関心があります。



なお、全く関係ありませんが
社内の一部でれんは



『子持ち』



という風評が流れているようですが
それはありませんw
別に居ても良いんですが、居ないんだってば。



それはさておき



まぁ、時代は流れる訳ですから、
自分のガキの頃の話をしたところで
意味が無いのは承知しております。
しかしながら、ここ10年くらいの変化は
「…大丈夫なのかなぁ?」
と少々不安。



ウチは「身体を動かす」ところですから、
どうしても運動能力的に見てしまいますが
(精神的傾向についてはまたの機会に)、
まずは



・身体が固い



足をぴったり揃えてヒザを曲げてみましょう。
かかとを地面から浮かさずにどこまで曲げられます?
ま、大人でも完全に曲がりきる人は多いはずです。
ところが、ここ10年ほどで、まるで
「空気椅子」のような高さまでしか
ヒザを曲げられない子が増えてきました。
それ以上曲げると後ろにひっくり返るんですよ…∑(=゚ω゚=;)



あたかも



大倉山のラージヒルに挑むジャンパー



の様な姿です
しかも、それが小学校低学年だってんですから…



現代の子供は「洋式便座」しか知らないのかもしれませんが
この日本、さびれた観光地に行った時は
まだまだ「和式」が幅を利かせております。
彼らはどう挑むんだろう…w
途中でひっくり返るような悲劇は起こして欲しくないものよな…南無。



足を伸ばしての前屈もかなり固いです。
しかも、多少曲がる子も良く見ると
「背中」が曲がっているのであって、
「腰」から曲がっている訳ではないようです。
どうも骨盤上部が後傾し過ぎているような気がしますね。
しかも、背中はそんなに曲がっちゃイカン。
(ありゃ過伸展だと思う)



・意外にリズム感・バランス感が悪い



これだけ音楽が氾濫している世の中のわりには
どうもリズム感が悪いんですね。
別にカラオケ歌わせている訳じゃないですよw
ただ、「スキップ」できないってのはどうかと…



「片足ケンケンで前に進む」なんて事も苦戦してますし、
「うさぎ跳び」やらせると全く前に進めず、
その場で「ぴょこぴょこ」してるだけというのも居ます。



「蹲踞(そんきょ、お相撲さんや剣道で仕切り前にする姿勢)」
をさせると、20秒ぐらいでバランス崩して倒れます。



・ジャンプ力や空中姿勢がおかしい



「障害物を飛び越える」という動作ができないみたいです。
片足で踏み切るのか、両足で踏み切るのか、
助走はどのくらいの勢いが要るのか等の判断が付かない。
助走してきて止まる奴が居ますからねw
ちなみに高さは「またげるくらい」のものですよ。



・目がつぶれない



「…何言ってんの?」とお思いでしょうが、
ここ数年急速に増えてきてます。
稽古前には黙想をするんですが、
「まぶたの力加減」が分からず、
つぶったままの数分が非常に辛そう。
顔をしかめて、全力でつぶるしかできない子とか、
コントロールが効かず、開いたり閉じたりしちゃう子。
コレは一体なんじゃ?と思っていますが…



そんなこんなで、
今回はこんな本読みました。



対象になるのはれんの知ってる子供たちよりもやや下から、
まぁストライクゾーンまでの子供たちですが、
「……症状が一致している気がする」
と、少々恐ろしくなりました。
ウチの子たちは少々鈍いのかな~
等と考えていましたが、どうも全体的傾向のようです。



だからと言って、悲観的にもなっていませんし
なる訳には行きませんけどね。
自惚れた言い方ですが、
悪い方向に流れつつあるんなら、
大人が少しでも踏ん張らないと。
気が付けば幸か不幸か、
影響を及ぼせる立場に立ってしまいましたので…_| ̄|○



子供を持つ親御さんだけが頑張っちゃ無理だと思うんですよ。
何でも親のせいにしちゃいけませんし、
学校やテレビ、ゲームやアニメのせいだけでもない。
いい加減
「『悪者探し』して、そいつのせいにして安心する」
って思考回路から抜け出さないとマズイ時期なのかもしれませんね。



れんはまぁ、
この先自分の子供…って目は薄いでしょうけど(;´▽`A``
それでも注意深く見守って行きたいと思います、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

第220話:【イケイケハンタータイプ】です(!)

帰りしな、会社から出た途端
「…なんじゃこの暑さは~!」
こんばんは、地元は涼しいれんです。



いくらも離れていませんが
札幌と比べると5℃以上違うんじゃないかなぁ?
夏は過ごしやすくて良いんですが、
冬も同じくらい違うのでむっちゃ寒いですが。




最近仕事中「ぽかっ」と暇な時間が訪れる事がありまして、
ヒマなのでついついサイト巡りを。
「ヲタ属性」を多分に持つ身としては、
こんなサイトにも行ってみたりしちゃいます。



で、本日のリザルト。



・ブライトさん
・しずかちゃん
・ホークアイ中尉
・ルパンⅢ世
・孫悟空
・サンジ
・にゃも先生
・オスカル



……どんな人間性だそりゃ_| ̄|○



番外編
「受け責めチェック」




『あなたの受け攻めタイプは【言葉攻め系】です』



…あえてノーコメントw




本日も道場にて特訓。
来週日曜日が本番ですからね~



れんは仕事を終えて参加ですから少し遅れましたが、
道場に顔出すや否や、子供から一般部まで
『あ、先生~!見てくださ~い!』
…頼りにされてるな、オイ(;^_^A



アイサレテル、ジッカン…♪



なんちて



実際、「炉」っ気のある人が見たら
鼻血をだしそうなくらい可愛い子が揃ってますぜ、ウチは。
(こーゆーのも「身内の欲目」と言うのかね?)
…余計な手なんぞ出しやがったら普通に殺ス。



しかし、小学校低学年で
『先生見て下さい!』なんて来るのは偉いと思うよ、ホント。
俺がガキの頃そんな事したかなぁ?w



で、見ましたよ。
…何とか、間に合った…かな?w
よくここまで来たよ (゚ーÅ) ホロリ
練習始めた時はどうしたもんかと、
こめかみに鈍痛を覚えたもんだが…
(まぁ、毎年の事ですが)




こちらの記事を見て
「あ~、そうだったか~!」と。
花火の季節でしたね。



………むぅ~ん




………ごそごそ



取り出したるは畳紙(たとうし又はたとうがみ、と読みます)二つ。



「腰紐あり、角帯あり…大丈夫だな」



実は年に一回は浴衣着たい人なのでw
浴衣も二着ありますし。



来週の花火大会は遅番だからダメだなぁ…
最終の奴は…早番か?
むむっ…浴衣の畳紙ならかさばらん…な。
あとは下駄と信玄袋程度…
う~む、どうしようかなぁ…
(よからぬ事を考えてます)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

第219話:羞恥徹底(誤

仕事前の朝礼。
「本日の周知事項ですが…」という上司のお言葉が
「本日の羞恥事項」に聞こえるのはれんだけではないはずだ。


こんばんは、またしても切り替え失敗したれんです。
よって眠いので、訳のわからない事をつぶやいています…



でも「しゅうち」を変換したら「羞恥」が先だったw



どうも上手く眠れませんね。
ま、何かと忙しい「フリ」をしておりますので
仕方ないのですがw



さて、昨日は「ポッドキャスティング」を試験的にアップしたため、
「話数なし」という珍しい回になりました。
ま、たまにはお遊びお遊び♪



基本的にネットラジオ配信用なんでしょうが、
曲を無制限に配布できちゃんじゃないかとチト心配。
ネットラジオとくれば、
トークなしではお話にならないよーな気が…
そのうち自分で吹き込んでアップしましょうか。



落語とか般若心経とか



ちなみに今回アップしたのは「Southern Cross」つー曲です。




さて、今日も明日も道場なので
「道場日記」と普通の日記を別々に…
などと言う余裕はありません。
今回は(明日以降も)ごっちゃでいきます。



練習が終わり、男子高校生が更衣室で着替えている所に
そぉっと扉を少し開け、れんの手を差し込んで待つ事1分。
もちろん、手は少し力を抜き、かつだらんとはしない絶妙の力加減。



1分後

『…おわぁぁぁぁぁぁ!!」

という絶叫と壁が「ドシン!」と揺れる音。
うひょひょ♪



出てきた高校生
「め、めちゃくちゃビビった~!!」
れんの手は極端に小さい上、色も白めなので
(冬の手袋は『婦人物』を使用しますが何か?)
裸電球一つの薄暗い行為更衣室内での破壊力は絶大だったようです。



ほら、練習後で汗かいてるし、気温も蒸し暑いからさ。
少しでも涼しくしようという先生の心配りであるよ。


「…チャリで帰れなくなるから止めて下さい!\(*`∧´)/」
と怒られました_| ̄|○


しかし、先生ともあろうものが
弟子の着替えてる更衣室に手を突っ込み
「気付くのを待ってる」絵はどうしようもなく脱力ですな。



いいじゃんか、イキモノ(れん)なんだし。
れんの高校の生徒会室は何人もの人間が
「壁から手が生えている」のを目撃しとるぞ?(オイ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

てすとですので話数なし

う~ん、分からんなぁ?

これでいいのかな?

あ、なるほど楽曲は聴けた…
って、著作権問題は~?!

一応ネットラジオならOKってトコから拝借したんですが…



はんはん。
まずコントロールパネル⇒ファイル⇒新規ファイルのアップロードで
音楽ファイルをアップロードして
そこへのリンクを貼ればいいのね。
「LINK」ってとこクリックするとリンクURLが出るから、
" "の中のリンクURLをコピって貼ると…
なるほど。




「Podfeed」はマイリストだから、
適当な名前付ければPodfeed項目のリンクもできると…
ふぅむ…



あ?あれ?
ボリュームコントロールが無いぞ?これw


しかも、別ウィンドウで開かないのね…  ̄_ ̄ i)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第218話:『妹属性?』

何事もない休日~♪
…はネタがないっとw
こんばんは、れんです。



先ほど近所の空き地に行って一人稽古。
道場では指導ONLYなので、
自分の練習は自分でやります、ハイ。



ひとりでできるもん(オイ



しかし、いかに型とは言え、暗くなってから空き地で
「殴る蹴る」の練習をしているのは『怪しい』の一言。
通報されないように気は使っていますが…



それにしても、あ~股関節が痛ぇ…
ストレッチしても痛むというのは何か起きてるかな?
ま、仕方ない仕方ない♪




先日芸能ニュースで見ましたが
「里見八犬伝」が新春スペシャルドラマになるとの事。
あ~、「南総里見八犬伝」ね~
ガキの頃夢中になって読んだな~
SFテイストの時代劇ですからねぇ。



薬師丸ひろ子さんと真田広之さん主演の角川映画もありましたが…
「時代劇にロック!」とかいうアオリ文句も
「星よ!導きたまえ」という番宣も
今考えると時代を感じますな。
でも監督は深作御大なんだよな…



関係ありませんが、
この映画のラストで静姫(薬師丸ひろ子)が
犬江親兵衛(真田広之)を
叫びながら追いかけるシーンがあるのですが、
この時の叫び、「しんべぇ~!」がどう聞いても
「ひんべ~!」にしか聞こえず



「…「ひんべい」とくれば『はに丸』か?」

screen_h03






としょーもない事を連想したものです。
(今回は年齢層を限定するネタだなぁ…)



今回は滝沢秀明君に仲間由紀恵さん、菅野美穂さんですか…
…完っ壁、美男美女っすね。
あ、でも菅野美穂さんの演じる「玉梓」は悪役…w




このニュースのちょっと前に



「いしのようこ宅に空き巣」
などと言うニュースも…
あれま。



微妙に斜めな人であるれんは
なぜか女性芸能人は「妹の方が好み」というケースが多いのです。


中山美穂と中山忍なら中山忍。
石野真子といしのようこならいしのようこ。
岩崎宏美と岩崎良美なら岩崎良美。
荻野目慶子と荻野目洋子なら荻野目洋子…てな具合。



微妙なライン

・叶姉妹(いや、ユニットですから)
・安倍なつみ、安倍麻美(すいません、個別認識してません)
・三倉茉奈、三倉佳奈(すいません、個別認識できません)



おすぎとピーコ(…え~っと)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

第217話:…マニアじゃないですよ?

いやぁ、寝た寝た。
こんばんは、ちょっと寝すぎを反省したれんです。



ま、休み初日は寝るんですけどね♪


「道場日記」を書く日はもう一本書くようにしてますが
コレはあまりに「道場日記」がマニアックなせいでして…
これはこれでキツイなぁ…と思う今日この頃。


先日、札幌市内で自動車盗難犯を取り押さえようとした警察官が
包丁で抵抗した犯人に腹を刺され、
警察官が発射した拳銃弾が犯人を撃ちぬき
さらに通行人の足に当たって骨折…なんてニュースが。
う~む、思いっきり市内中心部ぢゃないか…



自分の周囲でこういう事件が起きるというのもアレですし、
こういう問題も起きてくるかぁ…と。
以前に比べると、警察官の発砲基準が下がったようで
現場の警察官の命が守られる方向にあるのは
良い事だと思います。
以前は「死んでも撃てない」って感じでしたからねぇ。



しかし、当然都市部で発砲すりゃ
こういう事も起きてくるわけで。
この辺の兼ね合いは難しいところですね。



トカレフでの発砲が相次いだ頃から
警察官は抗弾・防刃ベスト装着しているようですから
刺された警察官は軽症だったそうですが、
抗弾・防刃ベストも万全ではないですからね。
(トカレフは下手すりゃ貫通、アイスピックも貫通。
 FNのSS190弾なら文句無く抜けるんじゃないだろうか?)



犯罪者も防弾ベスト用意しているご時世ですから、
各国とも警察関係の重武装化は進んでいるようです。
銃や弾丸も
「相手を制圧できて周囲に安全」
という研究は進んでいますが、
元々矛盾した要求ですからwそう上手くは行かないようで…



しかし、日本も「流れ弾」気にせにゃならん時代になったか…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第216話:道場日記

休日ですから当然道場に。
出撃前にちょっと裁縫を…



新しい道着を師匠から頂いた訳ですが、
まだ『肩章』(所属、段位、役職などを表すもの)
を付けていなかったので。



道着2着にアイロンをかけた後作業開始。
『肩章』本体はアイロン接着剤が最初から付いていますので
これにマジックテープの「オス」側を接着。
道着側には「メス」をちくちくと縫いつけるんですが…



生地が厚い…_| ̄|○


は、針が通らねぇ!



まぁ、ウチの道着は
「殴る蹴る、投げる引っ張る」と
使用環境が苛酷なのでかなり丈夫というか、
軽さや通気性を犠牲にして「目の詰まった」生地を使ってます。



洗濯機に入れると生地が鉄板のようになり、
5キロクラス以下の洗濯機では
道着以外の洗濯物を入れると
中身が回らず洗濯にならない…というシロモノ。
まぁ、おかげで「道着が破れる」という事態は
30年間、自分も含めて一度も見た事がありませんね。



で、肩の部分はそれが二重w
そりゃ指貫なしでは厳しいですわ。
以前指貫なしでやってて、あまりの硬さに力を入れすぎ
針の「頭」を自分の指に刺したことも…w


たかだか10センチ×3センチの肩章を縫うのに20分。
いやはや…


で、ちょっと遅刻気味で道場へw


さて、入ってみるとどうも違和感…
「ん?なんか違う気が…」




付ける袖が反対でした…_| ̄|○


みんな、こんな先生でスマソ



さて、本日の大人の部は「刈足」。
柔道の様に「足払い」ではなく、
ヒザ関節への横蹴り(足刀蹴り)で
相手を崩したり倒したりします。
ヒザの後ろ側から蹴りますので
一応安全です。



安全に「やりたくない」んならヒザの真横や正面から蹴れば…
うふ♪
俗に「正面から蹴ると」とは申しますが
正面から蹴っても折れませんね。
アレは多…(以下自主規制)



さて、上手に相手を崩すには
何でもそうですがコツがありまして。
たーだ力任せに蹴っても倒れるもんじゃないです。
ま、慣れると面白いようにコロコロこけますが。



安全とは言え、後ろから蹴る場合でも
体重を乗せて踏み抜いちゃうと
相手のヒザを床に叩きつけてしまうので注意が必要。
(下がコンクリならお皿が割れかねません)
また逆に、相手のヒザの曲がる状態によっては
相手はノーダメージ、
こっちは「足を挟まれて動けない」という



間抜け



な事態が発生するのでここら辺が難しいですな。



小技ではありますが応用が利くので
れんは好きな技術ですね。
こかしてしまえば、
必要以上に怪我させずに制圧できますので。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

第215話:『オーキス』ってのはどうだ?

こ、今週は何か知らんが疲れた…_| ̄|○
こんばんは、明日からお休みのれんです。



今日はチームの大半がハマるという謎Day。
無論、この手の事でれんが例外となる事は無くw
きっちりハマってきました。
くっそぉ、見切りが甘かった…




依然として当チーム内では「ガンダム」などが猛威を振るっていますが
何気なく見たYahoo!!内に『ガンダム占い』を発見。



「ほほぅ、コレはいったい何?」
と必要事項を入力、




『行きまーす!(占う)』



と書かれたボタンをクリックし(これもどうかね)、
占ってみた訳ですが…




『ハイゴッグ』ってどうよ?_| ̄|○



何なんだ、その微妙さは。
しかし、なかなか侮れんな、この占い…(-_-)ウーム



『すごく高尚なことを言うかと思うと、
    俗っぽいミーハーな発言をする場面もあります』


『ぶっちゃけた話、アクや個性がクドすぎ
    付き合いにくいタイプと言えるでしょう』



え~と、自覚はあるんですが指摘されると…w



ええ、「白い」のと「黒い」の


『二人居る』


と古くからの友人には言われますので。



今日はこの辺で。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/13

第214話:干支一回り

…ぁふん。
こんばんは、大あくび直後のれんです。



今日はこれといった事件も無く平和に経過。
帰ってきて新聞を見て


「あ~、そうか。あれから12年も経つか」



12年前の今日は「北海道南西沖地震」でしたね。
奥尻島が大津波に曝され、
死者198名という多数の方が犠牲になった日です。



今でも当時のニュースを覚えていますが、
ちょうど今頃の時間、ライブの映像を見ていました。



『何てこった…島が…無くなってるんじゃないのか…』



人口の明かりは全く見えず、炎がちろちろと見えるばかり。
時折家庭用プロパンガスのボンベが火を噴いて、
ロケット弾の様に吹き飛んでいく光景。



その炎が切り取られたように何も無い、
「漆黒」の所がありまして。
今思えば、あれは
津波で何もかも根こそぎ持っていかれた場所だったのではと。



人工衛星からの夜の写真を見ますと
日本列島で人口の明かりが無い所はない訳で、
どこを見渡しても人口の明かりがなく、
ただ炎だけが支配する映像は
まさに異様な光景でした。



一夜明けて、島の周囲の海に
「『住宅』が浮いている光景」はショッキングでした。
そこには人が住んでいたはずでしょうから…



あれから12年ですか…
早いような、そうでないような。
島は往時の姿を取り戻しているようですが、
記憶が薄れる事は無いでしょうね。



同じ道民として、
12年目にあたり
再び哀悼の意を表するとともに
復興に尽力された方々に敬意を表します。





さて



これは余談ですが、
当時北海道内の建設関係の企業には
復興のお声が多くかかりました。



れんの知ってる社長さんの所にも来たそうですが、
社長さんは断ったそうで…



れん:「社長、なんで行かなかったんですか?」
社長:「う~ん…先に行った会社の話聞くとねぇ…」
れん:「?何です?」
社長:「…凄いらしいんだよ、○○が…そこらじゅう普通に…」



……さもありなん。
(「○○」の中はご想像にお任せしますが…解りますよね?)


ちなみにこの社長さんはいかにも「猛者」って感じの方です。



ただ、この話聞いて
別に怖いとは思いませんでしたねぇ。
むしろ「…悲しいなぁ」と。
そりゃ俺だって、同じ立場なら
『もう少しだけ現世に居たいよ…』
と思ったでしょうから…



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/12

第213話:ありがとうございます4

あぁぁぁぁぁぁぁ…
ウソだろう…
こんばんは、驚きのれんです。



あの『破壊王』橋本真也が…
まだ40歳だろう?これから復活と思っていたのに…
新日本の『闘魂三銃士』の中では一番好きだったんですよ。
入場テーマ曲『爆勝宣言』は
その曲が入ってるアルバムを探して購入したものです。
実は毎年、大会前日には聞くようにしているくらい好きな曲。



技術があるって感じじゃなかったけど、
ツボに入った時の攻撃力はまさしく『破壊王』。
鬼の形相で叩き潰すようなチョップを放ち、
重爆のようなミドルキック。
「…もらったら死ぬな」という説得力がありました。
「垂直落下式ブレーンバスター」は好きだったなぁ…
(訂正:橋本選手が使っていたのは「垂直落下式DDT」でした)
愛嬌のある方だったので余計に悔やまれます。



謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
合掌…



さて、osoさんからミュージックバトンなるものが…
うへぇ~
れんは最近めっきり音楽聴かなくなりましたし
(これを「老化」と言うのでせうか?)
聴く音楽のジャンルも



恐ろしく偏っているので



あまり公開しても面白くないと言うか、
指を指されそうなんですが…
仕方あるまい。



1・《コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量》


え?入ってませんが?w
皆さん入ってるんですか?
CDとMDばかりなんですけど…
ただ、ゲームとか映画の予告編とかは入っていますが。



2・《今聞いている曲》


最近Flashにはまっているので、
「恋の呪文はマイアヒ・マイアフ」とかw
「幻想戦記Mona」(古いなオイ)
(「Take Me Back To Tokyo」ただ今中古で捜索中 )
を流しっぱなしにしてPCに向かってます。
実は意外とユーロ好きですねぇ。
なーにも考えなくていいので…


曲かと言われれば微妙か…


あれ?
今後ろから「メリッサ」(ポルノグラフィティ)が流れてきたぞ?


うわ、『鋼の錬金術師』再放送してやんの…
この曲も大好きですね。



3・《最後に買ったCD》


え~と、何だっけ?
あ、これか…_| ̄|○



「『ローレライ』サウンドトラック」



でも映画は見ていないという半端ものです…_| ̄|○
最近ちょこちょこTV番組のBGMとして使われてますね。
危うく「げ、アニメの曲が最近か?」かと思いましたが、
こちらが僅差で最近でした。
あぶねぇあぶねぇ
(言ってしまっては同じこと)



4・《よく聞く、または特別な思い入れのある5曲》


(1)ロストマン(BUMP OF CHICKEN)


  凹んだ時に


(2)天使達の歌(坂本サトル)


 いやぁ、仕事中車の中で聴いて自然に涙が溢れましたね。
 初めてこれを聴いたのはラジオ、
 しかも坂本さんのスタジオ生でしたが、
 「…なぜ俺は泣いている?」つー感じでしたな。


(3)遠く遠く(槙原敬之)


 大抵送別会の時には一曲歌う事にしていますw


(4)約束の土地(笠原弘子)


 …ここらへんから怪しくなってきたな。
 誰も知らない分からない曲。
 随分昔に聞いた曲ですが頭から離れない。
 綺麗なメロディーラインの曲は好きです。


(5)LONLY☆WILD(布袋寅泰)


 これまた古いねぇ…
 ここ一番の前に聴いて気合入れます。



まぁ、挙げるとキリがないんですが。
…何とか綺麗にまとめたか?
(馬脚は出ている気がする)



レンタルで入手できる曲はレンタルで落としてしまうので、
自宅にあるのはレンタルに出回らない
『マニアック』なものになりがち…
困ったものですね。



いやぁ、今回ほど更新に時間かかった日も無いな。
恨みますよ、osoさんw



さて、次のバトンは…って5人もいないよ(;´Д`A ```
まだ回ってない人はと…
あ、いた♪
ずみさんに回しちゃえっ!




さて、最後になりましたが
本日にて『飄々踉々』4,000HITとなりました。
ご来訪の皆様、ありがとうございます。



えっとね



おかしいって



そんなに来ていただけるような事を書いていないんですが…
いや、ためになるどころか
「腐臭」が漂っている気がするんですけどねぇ…

ま、今後も続く限り書いてまいりますので
よろしくお願いいたします<(_ _)>



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/11

第212話:『永遠ブルー』

本日より遅番開始。
休み明け遅番、世間的には日曜日。
エンジンかかりませんねぇ。
こんばんは、れんです。



仕事を終えて携帯チェックすると、師匠からメールが。
今日は前回再試験となった3人を引率して再び昇段審査へ。
…なんとか無事受かったそうです。
ふぃ~~



いやもう、
「今度落ちたら今後数年間は昇段させんから覚悟しろ!」
とは言い渡してありましたが、実際のところはねぇ…
実技は全員合格してて、「学科」で落ちてますから、
ひとえに準備不足。
お前ら、ウチの「学科」舐めてただろ?w



ウチは実技できなくたってある意味OKだが、
学科できない(団体の設立趣旨を理解していない)のは×なの!
合格祝いと同時に、
もう一声お説教をしておく必要がありそうです。



さて、「お疲れ様でした」と打ったメールの返信をみて



『!!! しまった~! 会社サボるんだった!』



(あ、このブログは会社の人たくさん見てましたねw)



当団体の『伝説の達人』、G田先生が講師で来ていたとは…
御歳74歳。
しかし、今日じかに見た師匠からはこうメールが…



「不思議発見」



…ったく、この世界はバケモノが多くて困る。
あ~ん、見たかった~!




さてさて
ここのところ、ウチのチームでは
『聖闘士星矢』がブームとは以前にも書きました。
このワードを聞いて、れんは妙に引っかかっていたのです。
「…何かが心に引っかかる」



そしてそれは
つい先ほど、偶然に発掘されました。
長い長い時の彼方、忘却の淵に沈んでいたもの。
封印されし記憶…



さぁ。
当社の善男善女たちよ、見るがいい!





_005








…何だこれは

若い方々はなじみが無いでしょうが、
これが「LPレコード」です。
大きさの比較にタバコ置いてみました。



中身はこう


_008










ついでに




_007







歌詞カードですな


レコード番号から調べてみると
コロムビアレコードから出ていた
『聖闘士星矢ヒット曲集』のようです。



え~っと、発売が…
『昭和61年 1986年』
…え~っと、今2005年ですよねぇ?
20年近く前?!( ̄□ ̄;)!!



いやもう、破壊力ありすぎ。
ところで、コレ誰のだ?れんは買ってないんだけど…
妹か弟であることは間違いないんですが、
果たしてどっちだろう???
両方買う可能性があるもので…




そして善男善女たちよ。
最後にコレを見るが良い。




_010








見づらいですがこう書いてあります。


『テレビ漫画』




『子供向き』




…そしてこれを書き終えた私は今、
恐るべき、重大な事実に気が付いた。



『これをアップしている私こそが、チーム最年長である事を』


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/10

第211話: 『恐怖』は要りません

なんか、先週は「暑い」って書いてた気がしますが…
こんばんは、れんです。
寒いですね~



どうもこの上下動の大きい天候には参りますね。
会社でも体調を崩したきり、
なかなか完治しない方も多く…
ウチのおふくろに至っては、
自転車で外から帰って来るなり
「耳が冷たい!手がかじかむ!」と言って



ストーブ



点けました。
いくら何でも7月にストーブはどうかね…(-_-)



ロンドンのテロは大惨事のようで…
する側にはする側の理屈があるんでしょうし、
いくばくかの「真理」もあるんでしょうが、
それでも無辜の人間を巻き込むテロは
断じて許されるものではないでしょう。



別にムスリムの方に何の悪感情も持ってませんが、
こういうのが続くとその方々も暮らしにくかろうな…と。
こうなってきますと
同じイスラム教徒として原理主義者に
「対話と自制」を呼びかけていただく訳には行かないもんですかね。
社会に溶け込んで普通に暮らしているイスラムの方にとっては
かなりの迷惑で、決して他人事ではないでしょうし。
まぁ、それを聞かないのが「原理主義者」か…(-_-;



日本でもその昔は「日本赤軍」や
「東アジア反日武装戦線(狼、大地の牙など)」
という過激派グループが、
世界中でハイジャックや爆破事件
銃の乱射など起こしてましたから、



「日本人はそういうテロはしない温厚な民族♪」



という認識も成り立ちませんがw、
(たまーに国粋主義の○○が言うけど、んなもん眉唾だよな)
少なくとも「宗教的」な感覚は無かったようですからね。
今は「テロ」と聞くと「宗教がらみ」と反射的に連想しますが、
当時は共産主義的なものが多かったみたいですね。



宗教観の薄い日本人としては
なかなか原理主義者の感覚は理解し切れないところですが、
それでも、「テロリズム」は絶対に手法として支持できません。
<terror>、すなわち『恐怖』で支配されるのはまっぴらゴメンなので。



アメリカ、スペイン、イギリスか…
さて次は…う~む…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第210話:道場日記

お休みですので子供の部からみっちり見れます。
(いかに土曜日なのに「予定が無いか」を雄弁に物語っています)
師匠もいる時は密度が濃くできるので良いですね。



今日は大会出場組を師匠に任せ、
れんはそれ以外を担当。
…あ~、入門したてで道着もまだ来てないのから
黒帯までバラエティに富んでるな、オイw



身長も120センチ無い子から、
れんと目線が同じ奴までおるわぃ。
一体、体重差でどれくらいあるんだろう、コイツら( ̄∇ ̄;)
(平気で3倍くらいありそうです)



まぁ、最近は兄弟が少ない傾向にあると思うので
こうやって学年が上から下までいるところで
ワイワイやるのはいい事だと思うんですけどね。



面倒くさいのでw、
上から下まで基本の一つを。
基本とは言え難易度は比較的高いし。
ほれ、気ィ入れないと顔面直撃するど。



さて、大人の部。
2人ほどは明日の試験で前回の昇段審査の再試験なので、
こちらでは大会組をれんが指導。



そうそう。
女子大生コンビの一人は短大なので
もう就職時期なんですが、
めでたく決まったそうで♪
良かったなぁ。
しかも良いとこだし。



しかし、入門してきたのが高校1年ぐらいか…
それがもう社会人になるのね。
高校卒業 ⇒ 大学生 ⇒ 就職
早いもんだなぁ…って、



………なんかもー、すっかり『お父さん』の気分です_| ̄|○



二組とも大分「形」にはなってきましたが、
まだまだ不安定。
どちらも「細かなところ」にこだわるので
あまり細部にはこだわらず、
全体通して見るようにアドバイスはしましたが…



さて、れんも身体作りは一段落させて
大会向けの練習に切り替えますか。
一度切り替えたらしばらくそっち方面のトレーニングはしませんので、
この時期にどれだけ積み上げておけるかは結構重要。
体重も一度増やしてから1~2キロほど落とします。
(つか、勝手に落ちます)
その方がキレが出る気がしますのでね。
ま、根拠はないんですけどw



痛む股関節がネックだのぅ…( ̄へ ̄|||) ウーム



おまけ

今日は二人を車に乗せて帰ってきましたが、
途中、前方に自転車で、横一線で走ってる弟子ども発見。



れん:「あいつら迷惑だなぁ」
二人:「ですね~」
れん:「ちょっと『当てて』お灸すえとくか。
    『峰打ち』なら平気だろう」
二人:「先生ダメ~!車の『峰』ってどこですかー!!」


…ダメか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

第209話:『バイオ粒子反応アリ!』

…あれ?今日外に出てない?w( ̄▽ ̄;)w
こんばんは、ふと気が付くと一歩も出てなかったれんです。



まぁ、今日は休養日&PCに向かってる時間が長かったので…



起きたら首が痛い痛い…
昔「首」を痛めたせいで、
恐ろしく「寝違え」しやい体質なのです。
高校時代、カウンターの右を顔面直撃されまして…
フェースプロテクタ越しとは言え
人生初のK・Oを味わいましたなぁ。



…キモチ・イイ♪(オイ)



でも、頭でK・Oは実際気持ちいいんですよ。
「ふわぁ」ってなって。
自分が倒れるんじゃなくて、
「床が立ち上がってくる」感じ。



これをきっかけにその前後にも、
なぜか首にダメージを負う事件が多く
結果どうも変になっちゃいました。



レントゲンを見たお医者さんが
「…れんさん、頚椎が真っ直ぐw」
何でも、普通の人が「S字」を描くはずのカーブがなく
真っ直ぐなんだそうで。



おぉ、真っ正直に生きてるからな!



……_| ̄|○



ま、今朝は少し真っ直ぐに寝直したら治りました。
それでも昔に比べると良くなってますよ。



さて、りんさんとこでは
かねて予定の上映会が開催されたようで…
くぅ~、楽しそう♪
後半の「超合金」系なんてたまりませんね。



「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まる「東映戦隊シリーズ」
近年では「スーパー戦隊」としてますます盛ん。
厳密な意味では
「秘密戦隊ゴレンジャー」と「ジャッカー電撃隊」でひとまず完結。
「スーパー戦隊」は3作目「バトルフィーバーJ」からだそうですが…



れんは何とか「超新星フラッシュマン」までは
歌詞カード無しでフルコーラス行けますが(オイ)、
それ以降はさすがに…
(「十分すぎる!」という声は聞こえません)



主題歌的にお気に入りは
1・「科学戦隊ダイナマン」
2.「太陽戦隊サンバルカン」
3・「電撃戦隊チェンジマン」
ってとこですかね。
これ以降のシリーズでも「鳥人戦隊ジェットマン」は
あの影山ヒロノブさんがこのシリーズのアルバムで
日本レコード協会・第6回 日本ゴールドディスク大賞、
『アルバム賞学芸部門』を受賞してるらしいので
ぜひ聞いてみたいんですが…w



あ、そういえば
別途「未来戦隊タイムレンジャー」はCD持ってるなぁ…
…はい、そこ



指をさすんじゃない。



あ~、この手の歌歌いまくりたいですね~



追記

本日更新分より回数をタイトルに入れることにしました。
どうも自分でも分からなくなりつつありますので。
自ブログ内リンクもぼちぼち出始めてますからねぇ。
さぁて、これが自分の首を絞めなければ良いんですが…w



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第208話: 『フロン』岡田斗司夫

020183310000
著:岡田斗司夫
海拓舎







え~、この『飄々踉々』に来て頂いている方々が
どのような皆様なのか窺い知ることはできませんが
まぁ若い方が多かろうと。
え?お前はどうなんだ?
ふっふっふ、微妙 ( ̄ー ̄)ニヤ



それはさて置き、そーゆー層に
「こーゆー本」の紹介ってのもどうかとは思うんですが
面白かったので一応レビュー。
少々古めの本ですが(初版発行2001年)、
内容的にはまだまだ陳腐化してません。



ネタばらしをしますと、
もっと早く紹介するつもりだったんですが
ヘル・ナースに貸したままになってましてw



結婚申し込まれたのはいいが、
「結婚」が何なのか、
脳内でもさっぱりシミュレーションができない様子なので、
(その手の感覚が極端に…仕事は抜群に優秀なんですが_| ̄|○)
ある意味「劇薬」として貸したんですが。



「『甘い本』貸すよりこっちの方がアイツ向き」
との読みが大当たり!w
結納報告と共に、先日返してもらいましたよ、ええ♪



…しかし、とてもじゃないが結婚を
「無条件に推奨」
する内容じゃないんですが…
コレを参考にとは、やはり大物。



閑話休題



「フロン」というタイトルは
「夫論」「婦論」「父論」
等という意味を内包しているそうです。



『夫はリストラされるべき』という、
センセーショナルなアオリ文句に目が行きがちですが
内容的には、実に現代の「夫婦」「家族」というものを
冷静に見ている著作です。
片方の幸せではなく、
両方と子供の幸せを考えた、
これはこれで一つの考え方だと思いますね。



100%の賛同はできかねる部分もありますが、
現実に著書の「オタキング」岡田斗司夫さんは
コレでうまく行ってるんですからねェ…
自分の出した結論に忠実に、奥さんと離婚し(!)
良きパートナーとして再出発してますからね。
(結婚する前ならいざ知らず、
 しちゃってからわざわざってのが凄い)



「リストラ」っていうともの凄い「マイナスイメージ」ですが、
本来は皆様ご存知のとおり
「リストラクチュアリング【restructuring】」
すなわち「再構築」って感じの言葉ですからねぇ。
間違っても「リストラ」=「首切り」ではないですよ。
同義に使うのは、それしかできない能無しのバカ経営者だけですw



でも、れんは結婚はしたほうがいいと思う人なんですけどね。
根拠?
それを聞きたい方は、
ぜひ一緒に酒でも飲みながらゆっくりと…w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

『じぇっとすとり~む』(「アタック」付けちゃダメ)

…今回は休みまで長く感じたなぁ_| ̄|○
こんばんは、明日からお休みのれんです。



昼間のうちに、昨日の「第205話」を封印しました。
れんは「書く事」がストレス発散になるので、
「書かないとやってられない!」という事があると
とりあえずが~っと書いてしまえば整理がつくのです。



内容的には「混乱」と「弱音」なので、
いつまでも載せとく気もなかったんですよ。
それに、今回の一件は長期戦です。
1年2年でケリの付く事じゃない。
今のうちからへたり込んでいる訳にはいかないので…



そんな訳で、胸に仕舞い込んで復活です。




「心に棚を作れ!!」
 (「炎の転校生」島本和彦)




すいません島本先生<(_ _)>
高校の先輩って事になるんですよねぇ…
(無論年度は全く違うが、全然というほど離れてもいない)
一度れんが在学中に遊びに来てた気がしますが。



さて、@niftyで
「ポッドキャスティングジュース」
なるサービスが開始との事。
へぇぇ、自分のブログがあれば配信できるのか…
ネットラジオよろしく声の配信もできるのね。
(iPod持ってないけど。MP3もどうしていいのか分からんけど)
ふぅむ…



いえ、実は今日仕事で電話してまして、お客様(男性)に



「アンタの名前は?」
「れんと申します」
「ふぅん…アンタ、良い声してるな
「は?え、あ、ありがとうございますぅ?」



などと…w
そんな事、いきなり褒めていただいても反応に困ります(;^_^A アセアセ・・・
(一瞬固まりました)



しかし、ここでのぼせるのがれんのれんたる所以。



………声の配信かぁ…
(あっ!コイツ何か不埒な事考えてますよ!)



つか、これはwakaさまにこそ…w
まぁ、ウチの会社は「美声」の方ホント多いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記

早番とは言え、そうそう定時に終われるものではなく
ちょっとハマってしまい大人の部からの参戦となりました。



帰りの電車を待つ間、
ホームの「立ち食いそば」を一気に啜りこみ腹ごしらえをして出陣。
いやぁ、食べるチャンスがあってよかった♪
立ち食いそば大好き。
特に、「かけそば」に一味を振って、
息つく暇もなく…ってのがたまらん。
『大人の香り』がしませんか?(大誤)



さて、道場に行ってみると主力メンバーは皆おらず、
なぜか「大会出場しない」メンバーが…w
まぁ、このメンツなら今日のメニューは基本やなと思っていたら、
師匠からも『単独での動きやらせて。後ろから見てるから』と。
考える事は同じっすねw



「要するに…だ(タバコに火をつけ)
  なっちゃいねェという事だ・・・(ふーっ)
(誰だよお前)



すべからく、武道や格闘技ってのは
「相手」がいますんで、対人練習が最も効果的。
「脳内組手」やっててもねぇ…w



しかしながら基本中の基本である
「構え」「足さばき」「突き」「蹴り」などは
一人で練習して、少なくとも
「自分だけで動くならできる」というレベルにしとかないと
対人練習したって仕方がない。



一人で出来ないものが、相手目の前にして出来るかよ!


とゆー事です。



相手はこっちのしたいようにはさせてくれないんですから、
一人で出来る事も、相手には通用しないのが当たり前。
世の中には「実戦の方が動きが冴える人」も居るには居ますが、
こりゃあ天性のものでしてね。
真似は出来ませんやな。



ましてや、一人でやってる段階で「ダメダメ」ではね。
お前ら、鏡で自分の動きチェックしながら一人稽古しろっ!
今も昔も上手になるには
「人十度、我百度」
しかないの。



「努力した者が全て報われるとは限らん
 しかし!
 成功した者は 皆すべからく努力しておる!!」
 (「はじめの一歩」森川ジョージ)



さて、当道場最年長のNさんですが、
今日の稽古である事に気が付きました。
Nさんは無茶苦茶力が強いのですが、
その分「力み」がなかなか抜けず
「シャープさ」に欠けていたのです…が



いつの間に「袖鳴り」するようになったですか?



御歳70歳…
か、確実に上達してるw( ̄o ̄)w オオー!



中・高生、抜かれるぞw



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

ひとまず

こんにちは、れんです。



少し正常(?)に戻りましたので、
自分で読み返してもチト辛い



第205話 『今日だけは』



封印とさせていただきました ペコリ(o_ _)o))
公式にはこの記事が205話になる訳です。
俗に言う『幻の第○話』ですねw


昨日読んだ方は珍しいものを見たと思って



そのまま忘れてください・・・(-_-)

「忘れないもんね」という方は、
れんが秘術を尽くして記憶を抹消いたしますのでご一報をw


夜になったらごく普通の更新しますのでお楽しみに。
(・・・ウソです!期待なんかしないでくださいっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

おちかれもーど


眠い…
こんばんは、でも夜更かしのれんです。



昨日は帰りが遅くなった上に
帰ってきてPCの前に座っても文章が浮かばず
アップしてからも頭冴えてしまってなかなか寝られませんでした。
おかげで今日は眠む眠むですよ、ダンナ。 (誰?)



「これをアップしたら寝るど~」



と思ってちまちま文章を書いていたら
この腐れPCはまたフリーズしやがる。
はい消えたー!w



今週に入って変な案件が多い事もあり、ややストレス溜まり加減。
週末は飲みにでも行こうかねぇ…
それもそうなんですが、
ストレスが溜まると…本屋に行きたくなるのですよ、れんはw
で、「ほん」4冊一気購入&追加。
並んだラインナップの『統一性の無さ』に頭を抱えております



ええ、ダメ人間ですとも



『GUNSMITH CATS』は復活ですね~
懐かしいですな。
まぁ、前シリーズも「完結」って感じじゃなかったので
復活の要素は十分あったわけですが。



GUNヲタのためのコミックと言っても差し支えないでしょうw
あとアメ車か。
前シリーズを読んで
「昔のアメ車って排気量の単位が『キュービックインチ』なのかよ?!」
と驚いた事がありますな。
1インチ=約2.5センチですから
「CC(立法センチ)」の日本車やヨーロッパ車と比べると…




「でかい?そりゃアメリカ製だ」
「おいおい」
(『宇宙家族カールビンソン』あさりよしとお)




ではありませんが、おかしいだろその単位w



銃出まくり、アメ車走りまくりのコミック。
しかも微妙にエロ…
いや、微妙などと言うものではなく



「洋○○のポ○○」



のよーな感じ?w
(後半の○○はともかく、
 前半の○○に適切なカタカナ入れられるアナタはツワモノです)



でも拳銃は撃った事が無いんですよね~
自○隊では指揮官か戦車兵くらいしか携行しないんで。
つか、拳銃持たされても困りますが。
(役に立つか~!)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

『願わくば 良き導きと 加護を垂れさせ給え』

…今日は文章が上手く浮かびませんな。
こんばんは、れんです。



予定通り、本日は友人3人と思いっ切り喋ってきましたので
更新は短めってことで。



やはり話題の中心はヘル・ナース。



……「縁」というものはあるものだ。
必要な時に、必要な人が、彼女の傍に寄り添ったようです。
話を聞いてそう思いました。



世間一般とはちょいと違った形での夫婦となりそうですが、
どうやらそれがこの二人には合うようです。
ダンナさんとは会っていませんが、聞く限り



『コイツにはこーゆー人でないと無理』



の条件を満たす人が実在するんですねぇ…神だ
我々3人、今後は東京の方角を向いて「礼拝」することにしました。
れんなんか『五体投地』しちゃいますよ、ホント。




自分の事はさて置いても、
やはり、自分の周囲に居る人たち
居てくれる人たちの幸せを願わずにはいられません。



30年来の友人であるヘル・ナースが、
無理する事無く、自然に、生涯の伴侶となり得る人を得た事は
何よりも何よりも嬉しい事です。



神様は信じません。
もし居るのなら、れんは文句を言います。
『泣いている人は、泣かなくちゃならない程 間違っていたのか?』
『苦しんでる人たちは、苦しまなくちゃいけない程悪い事をしたのかよ?』
れんはいつも怒っています。



が、今この時だけは
何だか分からないものに祈りたいと思います。



幸多かれと…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

明日から早番週ですよ

び、微妙に寒い…
こんばんは、ただ今目が覚めたれんです。



部屋の掃除や稽古でそれなりに忙しく過ごし、
ついでに風呂上りという、
「睡魔を召還する条件」が整ってしまいまして、
既にPM11:00前後で息も絶え絶え。
明日からは早番なので夜更かしもできん…


「むぅっ!いかん、このままではいつもと同じパターンだっ!」


れんとて毎度毎度ベッドに直角に寝たり、
上半身だけ乗せて寝たりでは成長がないというもの。
更新もしたい…となれば、やはりこの方法しかあるまい!
幸いな事に今日は掃除もしているッッッッッ!



床に直で寝ました



床で直で寝ますと、その寝心地の悪さゆえ
概ね「ご休憩」程度の時間で目が覚めます。
(どんな例えだオイ)
ちょっと寝たい、でも寝過ぎたくないという時にはコレですね♪
………自分で言ってて微妙に死にたくなりました_| ̄|○



ちなみに、ベッドに寝なかったのは
掃除機をかけた都合上、

ベッドの上に色々物が置きっぱなしだったせいもありますが

だって、片付けて寝るほどHP残ってなかったんだもん…_| ̄|○



ともあれ、無事に目を覚まし、こうして更新ができる訳ですよ。
重畳重畳♪



自分は監督とは言え、やはり3時間みっちり稽古は疲れます。
今日も今日とて一般部の男性二人を相手に
盛大に投げられてきた訳ですしw
投げ方&投げられ方の指導なので仕方ないんですが。
投げる方は最初は受身の上手な人を相手にすると覚えが早いですし、
投げられる方は身体の使い方を見る必要があるので。



今日はこの二人中心に指導。
まぁ腕は良いんですが、
構成に悩んで決まっていなかった所があるので
「こんなんどう?」
とアドバイスをし、ほぼ決定。
本人達の希望を最大限取り入れつつ作ってはみたのですが、
出来上がったものを最初から通して見てみて絶句。



う~ん、師匠がなんて言うかな…_| ̄|○



ちょっとオモシロくし過ぎたかも…w
ウチは意外と地味な技のところなので(全体が、と言う意味)
あまり派手な技は眉をひそめられる傾向があるのですが、
血気盛んな年頃の二人の意見を取り入れてたら
何だかモロ「殺陣」風になっちゃいました。
実戦性は損なわれちゃいないと思うんですが…



技も地味なら名前も地味な流派なんですが、
珍しく「なんだかかっこよさげ」な名前の固め技が一つ。



「蜘蛛絡み(くもがらみ)」



……なんかこう…来ますでしょ?w
技としては単純で(ストレートアームバーの裏)、
うつ伏せにした相手の腕の肘関節を両足で極めるものです。
普遍的な極め方ですから、
大概どこの組み技系格闘技にも似たような技はありますが、
こいつを組み込みまして。



最初の説明で「こんなのあるけど使うか?」
とやって見せたところ「おおおっ!」と驚嘆の声。
どうやら初めて見たらしい。
ま、ウチで足で固める技は俺の知る限り他にないもんな。
「やってみたいっす!」という声に押されて入れましたが、
あまり一般的に使う技じゃねぇんだよな~w



他にも後ろ回し蹴りやヒザなど、


大会ウケしない技


がてんこ盛りになっちゃいました。
う~む……
まぁ、ちょうど俺もあの年頃はそんな技使いたがったので
あんまり偉そうな事は言えませんな( ̄∇ ̄;)
若いうちだからできるってのもありますしね。
構成見てみたら、大技多いので体力要る要るw
とてもじゃないが、今の俺はパスだな。



さて、明日は台湾から友人が一時帰国するので、
会社終了後、奴を囲んで数人でおしゃべりの予定。
毎回このメンツは5時間ぐらい平気でしゃべりますので
更新は休み、もしくは遅くなるかもです。



なお、結納を済ませて後初お目見えのヘル・ナースも来る事に。
んっふっふ♪
事情聴取の嵐が奴を待っています。
ちなみに本日のメールのやりとり。



れん:「検察側の質問に答えられるようにしとくように」
ヘル:「…黙秘権は?」
れん:「却下」
ヘル:「うむぅ」



いいじゃねぇか。
電撃結納なんだから、事の経緯や気持ちなんぞを教えろよ♪
そうそう人生であるもんじゃないよ。
「婚約期間」なんて。
(ロマンのある響きですなぁ)



蛇足



「明日はメシ要らんよ~」
と予定を告げ、ヘル・ナースの話をしたれんに対し、
「アンタももう一回…」と、ごにょごにょおふくろが言うてましたw
あはは。
すまんなぁ、不甲斐ない息子でのぅ…
ま、そのうちそう思わせる相手が出来る日も来るだろうさ。
…来なかったら来なかったなりに。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/03

祝・200回突破

祝・200回突破(前回「道場日記」で200回)。
こんばんは、無駄にサーバーのスペースを消費し続けるれんです。



まぁ極力毎日書くようにはしてますが、
別に強迫観念で書いてる訳ではありませんw
ただ、本来ぐーたらなので
「サボり始めると際限がなかろう」という、思い切り



後ろ向き



な理由によるものです。
そんなそんな毎日書くネタなんぞありゃしませんよ(;´Д`A ```
こーゆーのを「自縄自爆自縛」と言いますな。
う~ん、淫靡な響き(オイ)



さすがに半年を経過しましたし、
記事も200本を突破しましたのでちょっとデザイン変更を。
どんなもんかなぁ?
画面左上の犬をポイントすると対応したしぐさをします。
「自分の『オッサン度』を考えろ!」と言われそうなデザインですがw
まぁ犬は好きなので。
(猫もハムスターも亀も好きですよ。カマドウマは嫌いですが)



今日は衣類の衣替えを。
(もっと早くやりたまへ)
いや、どうもTシャツが少ないなとは思っていたんですが…


ファッションセンスを演習中に落としてしまったので、
基本は

「Tシャツ」、「カッターシャツ」、「ジーンズ」



以上。
ちなみに「ポロシャツ」は壊滅的に似合いません。なぜだ?



ウチの会社はドレスコードさえ守れば私服全然OKなんですが、
依然スーツを通すのは
「考えるのが面倒くさく、また考えるとろくな事にならない」からです。


「れんさん、私服で良いんですよ?w」
とおっしゃっていただいた前上司のYさん。
ご配慮いただきありがたいのですが、
決して堅苦しく考えている訳ではなく、
あくまで「自己防衛」のためですw
今後もスーツ一本槍となることでしょう…(ノДT)



余談



「スーツを着ると2割方オトコぶりが上がるね」と言われた事があります。
「道着を着ると2割方オトコぶりが上がるね」とも言われました。


…じゃあ普段はダメダメですかそうですか_| ̄|○


| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場日記


今日も今日とて道場でっす。



最近は昼が長いので、開始時間前後ですとまだまだ日があるんですな。
ぶっちゃけ暑いw
窓を開けてやってますが、時間を見計らって締めないと蚊がね…



本日は師匠からも注意がありましたが、
最近は道着の下にTシャツや、
ひどいのになるとポロシャツ着てくる小学生がいるんですが
これは当流派の方針としては×でございます。
冬場はある程度認めますが、
それとて「白」限定と考えていただけると…
こりゃもう「文化」の話になってきますんで、
理屈じゃねぇんですな。



つーか、夏場は暑いでしょ~にw
(そのくせタオルの一本も持って来ないのは理解に苦しむところではある)
かえって抵抗力とか落ちて健康に悪いんですから…
保護者の方々、着せないでいただけると。
あ。無論、女の子は別。着なさい。



さて年少部。
大会出場者の監督。
うむ、まぁ形にはなってきたか。
入賞レベルには程遠いが…



まだまだ小学生レベルでは、その子個人の運動神経に左右される訳で、
(厳密な意味で言うとこんな神経ないけど)
修行の成果なんかまだ出ませんやね。
見てると、「腕」や「足」単独では動いてるけど
全体を統合して動かすのが苦手なのがごろごろしてますからねぇ。
「巧緻性」が低いんですな。



右手に気持ちがいくと左手は忘れる。
蹴りを出すと両手を忘れる。
投げをしようとすると足捌きを忘れる。



ま、これが上手にできたらあっという間に達人なんでしょうがw
なかなか人間そうは行きませんな。
ですので、指導者がしつこく言い続けるしかないのですよ。



大人の部。
おっ。A、久しぶり♪

中学に上がったので、今年から一般部に来た女の子ですが
顔立ちも愛らしく、控えめでいつもにこにこ。
はにかみながら笑っているような子なので、
特に女子大生トリオには大人気。
うちのアイドルですなw
相手がいれば今年も大会出したんですがねぇ。
ちょっとヒザを痛めたりもしてましたから…



今日はちょっと全員蹴らせてみましたが、
ほほぅ、Sは蹴り上手になったなぁ。
見事なハイキックを蹴るので、
ちょっと皆の前でやらせて見本にしました。
あとは蹴りに行く前の「予備動作」を
もう少し殺せるようになったらかなり効果的じゃな。
(まだちょっと相手にばれる)
でもまー使えるレベルになってきたぞ。


なんせ高校生で87キロ。
(こいつを「お姫様抱っこ」しようとしてれんは痛い目をみた)
学校じゃ砲丸投げてるそうですからパワーは十分。
友達が空手やってるらしく、そっちから影響も受けてるみたいですし。
良い良い。どんどん吸収したまえ。



試しにこいつと蹴り合いしてみましたが、
なるほど、上手くなっとるわ。
で、なんで俺の「左」を嫌がる?
「お、重くて切ないっす…」


あ~、すまんすまん。
俺は「左手」「左足」が何故かいつまで経っても不器用でなぁ…
器用にゃ動かん代わりに、
自分でコントロールが効かない分「変に重い」のよ。
「右」と「左」でここまで特性が違うってのもどうかとは思うんだが…
(単に修行不足です、ハイ)



「カケ蹴り」もやらせてみましたが、
う~む、これはまだちょっと…w
(後ろ回し蹴りの「半分」です。
 一度前に振って、前から後ろに半月型に回してかかとを当てます)
結構使えるんだがなぁ。
慣れるとローキックをフェイクにして本命はカケ蹴り…なんて使い方もできます。
皆、覚えておくと便利だよ。


さて、明日も特訓です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

失礼すますた

ほい、お休みだ。今回は長かった気がするのぅ…
こんばんは、れんです。



えー、ここまで書いて憤死してました…
何故ベッドに対して直角で「えび反り」状態で寝ているのだ自分。
5時ごろ目を覚ましたしたが、
身体の痛みにしばし呆然。
目が覚めても筋肉が硬直して動けず、
いきなり「こむら返り」は起きるし、もうさんざん。
皆さんも寝る時は気をつけましょう。



さて



以前から予告があったとおり、7月に入ると忙しくなりましたね。
まぁ、これぐらいが当たり前なんでしょうが。
あんまりヒマだと人○削○なんてー話にもなりかねませんからねぇ。
おぉ怖わw
ヒマなのは歓迎すべきですが、
それではおまんまの食い上げになるのが渡世の世知辛さですな。



昨日より新チーム公式稼動。
我らがリーダー(仮名)も管理職初日を迎えたわけですが、
忙しかったので結構一杯一杯気味ではあったもののw
充実していたようです。
まぁそうだよな~
大変そうですが楽しそうです。
まぁ昨日はそれほど足は引っ張らなかった…と思う(ーー;)



まぁ、今からではなんですので
本日大目の更新って事でご容赦を…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

ぼでぃ・すぺしゃる2

7月になりましたよ。早いものですねぇ…
こんばんは、7月はちょっと鬱なれんです。



何の考えもないのに『飄々踉々』始まって以来の連作企画。
…どう始末を付けるつもりだお前わ。



さて、れんが昨日書いたのは要するに「筋肉量増やしましょう」というお話ですが
日常でそう筋肉なんか使いませんからこれは簡単そうで難しい。
現代は筋肉使わなくてもやっていけますからねぇ。



れんはトレーニングの専門家ではありませんので
(勉強&自分の身体を使っての人体実験はしていますが)
まぁ話半分ぐらいで聞いて頂けると気が楽ですw
十分に眉につばを塗ってご覧下さい。



基本的には女性向けの内容となりそうですが、
そも女性来訪者いるのかこのブログ…_| ̄|○



男性はね……まずやろう。方法が多少間違っててもいいから。
(ええ、女尊男卑ですが何か?)
男性は女性に比べるとまだマシともいえますからね。



なんだかんだ言ってもやはり男性は筋量多い。
筋肉は個人差はあるものの、トレーニングしたら嫌でも付きます。
これは人体の仕組みがそうなっているので、
善人だろうが悪人だろうが、目的意識があろうがなかろうが
鍛えてメシ喰って寝てりゃ付きます。
男性は、自分のボディデザインを自分で何とかできる部分が女性より多いのです。
女性はなかなかこうは行きませんやね。
筋トレしても胸大きくなったりはしませんからねぇ…
(土台が大きくなる分大きくなったりとか、形の維持には効果ありますが)



女性に話を聞いてみますと
「腕立て伏せは一回もできない」
という方が多いのですが、
まぁこれがデフォルトでしょうな。
そういう方に「腕立て伏せを…」ったって無理無理。
だってつまんねーもんw
一回もできないものが楽しい訳がない



ならば「インチキ」から始めましょう♪
腕立て伏せを例に取ると、
「膝を地面に着いて行う」とか「壁でやる」とかです。



壁でやるというのは、壁に向かって
自分の好きな距離分離れて、手をついて、あとは腕立て。
壁からの距離で負荷を調節できます。
近ければ負荷が軽いですし、離れればヘヴィ。
まずはここから始めましょう。



これで効くのは
腕の後ろ(上腕三頭筋)、いわゆる



モモンガのごとき『ぷるぷる』



部分と背中です。



背中は男女とも、一定年齢を超えると
知らないうちに付き始めるので要注意。
(何が付くかは言わずとも…)



ここでのポイントは「胸を開くこと」と「肩甲骨を寄せること」です。
目一杯胸郭を開いて、肩甲骨を自分で意識して寄せましょう。
肩こりにも効きますよ。



あと女性特有の注意点として、肘が過伸展する方がいますので
(200°近く曲がる方)
そーゆー方は肘を伸ばしきらないようにすると良いでしょう。
伸ばしきってロックしてしまうと肘に負担がかかります。



慣れないうちは指先を内側に入れてしまいがちですが、
(両手の中指同士が向き合うような状態)
これもよろしくないので指先は前に向けましょう。
親指同士が向かい合う感じで。



あと、れんが昔からやっているのは、
仕事中暇になると机に手を付いて、
背中をやや丸め、腹筋を意識して強く手を机に押し付ける運動。
腹筋と上腕三頭筋、広背筋全部に効くので便利。
足を地面から浮かすとさらに効果的。
ちょっと身体を捻ると外腹斜筋(わき腹)にも応用が利くのでお勧め。
この状態を7秒ぐらい、息を止めずにキープ。
息を止めると血圧が上がって危ないのでダメですよ。
回数は任意で。まぁ2~3回もやれば十分でしょう。
いわゆる「アイソメトリクストレーニング」ですね。



下半身はスクワットが一番なんだが、負荷が強いのであまり…
「スパインヒップリフト」という方法が良いかと。
(腰を痛めてる方はご注意。負担がある程度かかります)



仰向けに寝て90°より少し大目、
膝から下がまっすぐに地面に立つように足を曲げましたら、
身体を一本の棒のようにしてお尻と太腿の力で上げます。
(上半身は背中が支えます)
腰は曲げないようにね。
これで効くのは何といっても



おしり♪



(無意味に大文字&太字)
回数は適当にw
こんなもん、TV見ながらで十分。
疲れたら止めたらいいんです。
長続きのコツは無理をしないこと、しんどくならない事です。
そのうちクセになったらしめたものですよ。



字面だけでどこまで説明できているかは微妙ですがw
まぁ方法はあるということです。
一番の効果的方法は毎日ちょっとでもいいから意識する事ですよね。
まぁ、毎日裸で鏡に向かえとは言いませんがw



一月やったら効果はある程度あると思いますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »