« 第221話: 『なぜ、その子供は 腕のない絵を描いたか』 | トップページ | 第223話:「月は出ているか?」 »

2005/07/20

第222話:「着衣総合格闘技『空道』入門」

025667280000 著:東 孝
ベースボールマガジン社





えらくマニアックな本をラインアップしてしまいました。



実は「空道」(当時は「大道塾」…ん?今もそうなのかな?)の方とは、
ごくかる~く手を合わせた事がありますが…
(「スパーリング」とすら言えない軽いもの)



つ、強えぇっ…!



溢れるパワーと両立する打撃の切れ。
打撃から組み技、組技から関節技・締め技への連携。
いやもう、完全に翻弄されまして…_| ̄|○



余談ですが、この手合わせは
れんが新入社員で入社した会社で行われた、
「新入社員集合研修」の夜に行われましたw
(何をやっとるんだ)


彼は東北の新入社員でしたね。
研修終わった後、東京でやる大会に出るっていうんですもの。
ちょっと「調整相手」を努めたわけです。



なお、この光景を目撃した
同じ札幌採用の同期社員は後にこう述懐。


「二人とも気が狂ったかと思ったw
 夜中、薄暗いロビーで『シュッ!』とか
 『ふん!』とか言いながら
 ほとんどパンツ一丁で絡み合ってる男二人…」



…だって初対面なんだから、用意なんかある訳ないじゃん。



ちょうどこの時期、ちょっと慢心して
惰性で稽古していたれんは
このコテンパン体験から再び火が点きましてw
「強くなんなくちゃ!」
と以前より真剣に取り組むようになったのはさらに余談です。



興行格闘技ではなく、
自らを「社会体育」と位置付けてぶれないその理念も
実戦に目をそむけないその技術体系も好きでして、
単純にいちファンです♪



ウチとも理念や体系で共通点は無い訳ではありませんが
ウチは理屈っぽくて、力を軽視しすぎだしなぁ(´Д`) =3 ハゥー
仮に、れんが今の道を進んでいなければ
ぜひやってみたい武道の最右翼です。



なお、選手でいくとやはり小川選手好きですね~
天才だと思う…
好きとか、そういう次元を超越しちゃってるのが加藤選手。
脚部切断寸前の交通事故から復帰された精神力はもはや崇拝。


2,300円は痛いんですが、
この手の本には目がないれん。
数十冊こんな本がありますから、ひと財産ですね。
(そら金も溜まらんわ)

|

« 第221話: 『なぜ、その子供は 腕のない絵を描いたか』 | トップページ | 第223話:「月は出ているか?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/5059173

この記事へのトラックバック一覧です: 第222話:「着衣総合格闘技『空道』入門」:

« 第221話: 『なぜ、その子供は 腕のない絵を描いたか』 | トップページ | 第223話:「月は出ているか?」 »