« 第211話: 『恐怖』は要りません | トップページ | 第213話:ありがとうございます4 »

2005/07/11

第212話:『永遠ブルー』

本日より遅番開始。
休み明け遅番、世間的には日曜日。
エンジンかかりませんねぇ。
こんばんは、れんです。



仕事を終えて携帯チェックすると、師匠からメールが。
今日は前回再試験となった3人を引率して再び昇段審査へ。
…なんとか無事受かったそうです。
ふぃ~~



いやもう、
「今度落ちたら今後数年間は昇段させんから覚悟しろ!」
とは言い渡してありましたが、実際のところはねぇ…
実技は全員合格してて、「学科」で落ちてますから、
ひとえに準備不足。
お前ら、ウチの「学科」舐めてただろ?w



ウチは実技できなくたってある意味OKだが、
学科できない(団体の設立趣旨を理解していない)のは×なの!
合格祝いと同時に、
もう一声お説教をしておく必要がありそうです。



さて、「お疲れ様でした」と打ったメールの返信をみて



『!!! しまった~! 会社サボるんだった!』



(あ、このブログは会社の人たくさん見てましたねw)



当団体の『伝説の達人』、G田先生が講師で来ていたとは…
御歳74歳。
しかし、今日じかに見た師匠からはこうメールが…



「不思議発見」



…ったく、この世界はバケモノが多くて困る。
あ~ん、見たかった~!




さてさて
ここのところ、ウチのチームでは
『聖闘士星矢』がブームとは以前にも書きました。
このワードを聞いて、れんは妙に引っかかっていたのです。
「…何かが心に引っかかる」



そしてそれは
つい先ほど、偶然に発掘されました。
長い長い時の彼方、忘却の淵に沈んでいたもの。
封印されし記憶…



さぁ。
当社の善男善女たちよ、見るがいい!





_005








…何だこれは

若い方々はなじみが無いでしょうが、
これが「LPレコード」です。
大きさの比較にタバコ置いてみました。



中身はこう


_008










ついでに




_007







歌詞カードですな


レコード番号から調べてみると
コロムビアレコードから出ていた
『聖闘士星矢ヒット曲集』のようです。



え~っと、発売が…
『昭和61年 1986年』
…え~っと、今2005年ですよねぇ?
20年近く前?!( ̄□ ̄;)!!



いやもう、破壊力ありすぎ。
ところで、コレ誰のだ?れんは買ってないんだけど…
妹か弟であることは間違いないんですが、
果たしてどっちだろう???
両方買う可能性があるもので…




そして善男善女たちよ。
最後にコレを見るが良い。




_010








見づらいですがこう書いてあります。


『テレビ漫画』




『子供向き』




…そしてこれを書き終えた私は今、
恐るべき、重大な事実に気が付いた。



『これをアップしている私こそが、チーム最年長である事を』


|

« 第211話: 『恐怖』は要りません | トップページ | 第213話:ありがとうございます4 »

コメント

おつかれさまです~。
リンク貼らせて頂きました。
マンガもお詳しいですね!
今度是非語らいたいです!!

投稿: oso | 2005/07/11 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/4918626

この記事へのトラックバック一覧です: 第212話:『永遠ブルー』:

« 第211話: 『恐怖』は要りません | トップページ | 第213話:ありがとうございます4 »