« 第230話:『鋼の錬金術師 11巻』 | トップページ | 第232話:みんな満足気で良し♪ »

2005/07/29

第231話:『ヨコハマ買い出し紀行 13巻』

4063211711 『なぜ

  人間の生活の思い出が
 
   こんなに特別あつかい

    されているんだろう 』



え~と、ストーリーと呼べるものがないオハナシです。
淡々と時間が流れてゆく・・・ただそれだけのストーリーです。
基本的に「ドンパチ・流血・爆発・擬音」大好きなれんが読むにしては
ちょっと異質な作品ですね。



おそらくは、文明が大きな気象変動などで大きく後退した世界。
(原因などには言及なし)
そこは「黄昏てゆく世界」。
そこで人の来ない喫茶店を営む(営むとすら言えんな…)
女性型ロボット一人。



この時代はロボットはごく普通に居るようで、
特に珍しい存在ではありませんが、
やはり彼女達(男性型も居るけど珍しいらしい)は
人間達と接しながらも老いていく事はありません。



変わってゆく周囲。
変わらない存在。
ゆっくりと流れてゆく時間と風景を切り取って漫画にした…
そんな感じの作品です。
激情も、展開も、世界の謎を解き明かす事も、何もありません。
でも暖かい時間と満足と、そして少しの寂寥感があります



何となく気ぜわしい時にぜひ。


|

« 第230話:『鋼の錬金術師 11巻』 | トップページ | 第232話:みんな満足気で良し♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/5209094

この記事へのトラックバック一覧です: 第231話:『ヨコハマ買い出し紀行 13巻』:

« 第230話:『鋼の錬金術師 11巻』 | トップページ | 第232話:みんな満足気で良し♪ »