« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

第267話:む~

……今日はすこぶる付きで

凹んでいますので

更新はお休みDEATH!
こんな日に書くとろくな文章にならないからね~
復活したら書きますのでご容赦を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/30

第266話:『どぉしたんだ、へへぃベイベ』

薬の副作用なんですかねぇ…
夜だけ飲む薬あるんですが、それとアルコールの相乗効果?
こんばんは、今週まともに更新できないれんです。



昨日も床で沈没。
前回はベッドまで辿りつけてましたので、
今回はより程度が悪い。
いやはや、困ったものです。
どうしたんだ、俺の身体は?



まぁ、眠いなら寝りゃいいんですが、
する予定の事が出来ないのは困りもの。
更新くらいはしてから沈没したいのですが…
ご来訪の皆様、申し訳ありません。
(そんなにいらっしゃる訳ではありませんが)



しかも、明日まで勤務のあとの休日初日は
「肉焼こうリベンジ」開催。
その翌日は「100人飲み会」開催と予定が目白押し。
とても当日には帰って来れませんなぁ…
特に「100人飲み会」は



翌日有給取ってまでの飲み会



つか、取らされたというか…w
12時間ぐらい騒ぐんじゃないですか?
夜8時スタートできっと電車に乗るのは翌朝8時かと…
…体力持つかなぁ?
さぁ、ホントに100人来るんだろうか?
(100人でスタートするのではなく、
 のべ参加人数が100人を予定しております。
  …って、誰がそれをカウントするの?w)





さて、何気に見つけたニュース。



『6年ぶり復活、ガメラの友情物語』



ほほぅ、ガメラの続編かぁ…
と思ったら、新シリーズなんですね。
製作も大映じゃなくて角川映画ですし、
監督も金子修介監督じゃないようで。



『平成ガメラ3部作』ははっきり言って



面白かった!



特撮だの何だのの枠を超えて面白い。
よく出来たシナリオと緻密な撮影があれば、
やはり映画は面白いんだなぁと。
『チャーリーズエンジェル・フルスロットル』
と『ガメラ2』のビデオ借りてきていっぺんに見ましたが
一緒に見た人も(特撮属性全くなし。れんに嫌々見せられた)
「…悔しいけどガメラのほうが断然面白かった_| ̄|○」
との評。
ふふん♪



特に『ガメラ2』は北海道支笏湖畔から物語がスタート。
自衛隊真駒内駐屯地、サッポロビール北海道工場と
れん縁の場所も多く、そりゃもう掴みはバッチリw
3部作の中でも一番シナリオとアクションがバランス取れてたと思いますな。
機会があれば是非。



さて、今回のガメラの撮影風景の写真を見ましたが
え?その亀はガメラの子供?



どう見ても陸ガメなんですけど?



え~っと、飛べるんでしょうか?( ̄-  ̄ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/28

第265話:Give me 酸素

……更新できなかったのは久しぶりじゃのぅ(-_-)ウーム
数ヶ月ぶりではないでしょうか。
内容が無い分、更新回数でお茶を濁しているのにねぇ…
こんばんは、3日連続轟沈したれんです。



ホント、普段は夜更かしの人なんですが、
どうにも今回の睡魔erは強かったです。
どれくらい強いかと言いますと、
北島康介イアン・ソープかと言うくらい強かったです。
…すいませんごめんなさいもういいません



3日連続で睡魔に耐え切れなかったとはねぇ?
何か身体に異変でもあるのでしょうかね?
う~む…



昨日は休みを利用して病院へ。
ここのところ鼻から空気が入って来ず、どうにも息苦しいもので。
とは言え、不思議な事に鼻水は一切出ないんですよ。
鼻づまりもあんまり無い。
にも拘らず、時々何かの拍子に息が出来ない瞬間がありまして。
それでなくても今は「喋り商売」なので、
ブレスを間違えますと大変苦しい。
いくら鼻の小さめなれんとしてもこりゃおかしいので
「?何だろうな?」と思いまして。



さて、病院探しですが、
近所にないかとおふくろに尋ねましたら
「駅前にあるじゃない」
?通勤時通るけどあったかなぁ?



行ってみたらありましたw
れんはこの病院を脳内で勝手に
「ペット病院」と認識していたので
全く耳鼻科だとは見ておりませんでした。
いやぁ、思い込みって怖いですね。
どこにもペット病院らしさはないのに何故だ!



で、先生に症状を話し、鼻の中見られたりしましたが
「ちょ~っと鼻の中赤いかな?アレルギー性鼻炎かな?」
との初見。
「ま、いまどき蓄膿症の人も少ないですが、
 念のため後でレントゲン撮りましょう。
 鼻汁出ないそうですから、まず無いですけどね」
との事。



で、この先生の発言がふるってまして。
「いやぁ、私もアレルギー性鼻炎と花粉症あるんですがね
 れんさんはそうやって口閉じてられるからまだ良いですよ。
 私なんか閉じてられませんから♪」



すいません、今から病院変えるのはアリでしょうか?



一抹の不安を覚えつつ、レントゲンが上がるのを待ちまして。

さて、写真が上がると先生思案顔。
「え~っと、写真だけなら立派な蓄膿症の写真が撮れました」

…なんじゃそりゃ



症状とレントゲンと鼻の内部を見た結果がまるで一致しないので
先生も怪訝な顔。
(蓄膿症で鼻汁が全く出ないなんて事はまず無いそうで)



「さて、薬ですが…とりあえずアレルギー性鼻炎と蓄膿症と
 両方とりあえず効く処方にしましょう」
えらく大雑把やな、オイ。
花的治療とはこの事か?



生活環境の変化や勤務先の環境を念入りに訊かれましたね。
ま、ここ1年くらいの変化は



そりゃ大変に大きかったですよ、ええ_| ̄|○



とりあえずお薬飲んで様子見ましょうかね。
鼻づまりでもないのに息苦しいとは謎ですが…



昨日の眠気は薬のせいかなと思いつつ、
今は全然眠くありません。
やはり外気温が低いと眠くなるんですかね?
…爬虫類じゃあるまいし。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/26

第264話:また寝ちゃいましたw

あれぇ?どうしたんだ俺は?
どうしてこんなに眠む眠むなのだ?
こんにちは、またしても轟沈したれんです。

自分でも知らないうちに○○にでもなっているのでしょうか?
(…死んでしまえ)



そりゃまぁ確かに珍しく早起きもしましたし、
道場行って稽古もしている訳ですから
眠くなっても不思議ではないんですが
それにしてもなぁ…
子供じゃないんですから…



別に体調が悪いと言う訳ではない(と思う)ので、
皆様ご心配なく♪
(心配してもらえると思うとんのかワレ(-_-メ))



思うにコレは、涼しくなってきて寝やすくなっているせいではと。
実際朝晩涼しいですもんね。
今もTシャツ一枚ではちと涼しいカンジ。
腕がスースーします。
やはり寝るのに一番良いのは
「ちょっと涼しくて布団の中がぬくぬく」
でしょうからねぇ。



とか何とか言っているうちにTVでは
「ストーブ」と「スタッドレスタイヤ」のCMが開始…
あぁ、冬が来るのか…_| ̄|○
冬は決して嫌いではないのですが、
やはり北海道の冬は厳しいですからね。
特にドライバーにとっては泣けます。



前職では通勤を含めると
年間2万~3万キロペースで走り回っていましたが、
幸い事故は少なめ。
ドライバー生活全体で見ても片手で足ります。

『冬:対向車線から車が突っ込んできて横っ腹をえぐられる』
 ⇒2回

『冬:高速道路のランプで減速しきれずガードレールにキス♪』
 ⇒1回

『夏:信号待ちで、何を考えたか後ろのBMWが急発進、追突される』
 ⇒1回

『夏:高速から一般道への合流で気を取られて追突する』
 ⇒1回



いずれも物損事故で済んでおります。
まぁ走行距離と年数から見ると少ない…と思う(;^_^A
対向車線から2度も突っ込まれて無事なのは
強運と言ってもいいでしょうな。
正面衝突じゃないので助かってますが。



2度目はもう少し衝突角度が深ければ
ドア側の右腕持っていかれてましたね~
おまけにぶつけられた衝撃でスピン。
(下はつるつるなのでそりゃもう華麗に)
挙句、スピンしてる車の進行方向に『バス停』があって、
人がたくさんいるのが目に映ったれんは大慌て。


「…っと、ヤバイ!止めねェと人をなぎ倒しちまう!」


刹那、どこをどう操作したか今でも思い出せませんが
バックミラーに雪山が見えたので
そこに車を後ろから突っ込ませて止めました。
…なぜあんな事が出来たのだろう?今でも不思議。


バス停の人が唖然と見守る中、
車の中でタバコに火を点け
「…ふーっ」とやらかしてからおもむろに外へ出て
ぶつけた車を探しに歩いていきました。
(俺の後ろにもぶつけていたのが見えたので、止まっているはずと踏んだ)
おお、背中に視線がぶすぶすと刺さる刺さるw


北海道民の方はご存知でしょうが
冬の「そろばん道路」や「わだち」では
容易くコントロールを失うので、
反対車線に飛び出す事もままあるかと。
アクセルコントロールは慎重に。



さて、スタッドレスタイヤは今年はもつと思うけどどうかな?
あ~、バッテリーもチェックしとかんとな~
去年コーナー曲がるたびに
エンジン死にそうになってましたからねw
(パワステポンプ作動するとエンジン回転数が極端に落ちる?)



冬が来る前にドライブシーズン来ますから
走っておこうかな~



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

第263話:寝ちゃった・起きちゃった

あははははは、寝てました。
んで腹が減って起きました。
おはよーございます、れんです。



昨夜は夕食直後に眠気に耐えられなくなり
ベッドの上まで移動したところで涅槃の彼方へ…
電気を点けっぱなしで5時くらいまで「ぐぅ~」
その時間に目を覚まし、うだうだしたあと
「むぅ、仕方ない。また寝よう」
と思ったのは良いんですが(良いのか?)
今度は腹へって寝られず、仕方なく朝食を。



お休み初日は12時間以上の睡眠が基本なので、
こんな時間に起動してしまうとどうしたものやら…
ま、有効活用しましょう。
天気も良いですしね。





さて、歓喜もつかの間
突然噴出した駒大苫小牧問題。
ふぅ…



コレに関して多くを語る気はありませんが
『優勝旗返還の必要はナシ』と思いますね。
部員が単体で反社会的行為をしたとかならいざ知らず
指導の中でのものでしょ?
んなもん指導途中に手の一つや二つ出る時もあるでしょう。
生徒も人間なら先生も人間ですし。
その点でなら両者は平等ですが、
「立場」は平等ではない、とは言っておきましょう。



まぁ、6月に「アゴががくがくするほど殴られて」いても、
その後宿舎内でもスリッパ突っ込みされるくらいですから
「なかなかの根性やな。前回のは大して効いてなかった訳だ」
とか思いますがねw
「本気」で暴力振るわれると、
その後は「恐怖感」を植えつけられるので
反抗なぞなかなか出来るもんじゃない。



「20発」だろうが「30~40発」だろうが
二ケタ殴れば顔なんぞ腫れまくり。
登校途中でも目立つと思うんですがね?
誰も気が付かなかったの?クラスメート。



れんは暴力嫌いですが
さりとてその手段を放棄する気もさらさらないんですね。
(無論、自分に対してもこれは甘受します)
「理由がどうあれ、暴力はイカン」
というのなら、どんな組織だろうと団体だろうと
口頭注意の後はイキナリ退部とか免職ってことかな?
そりゃあ、あまりに冷たいんじゃないかね。



見かけの厳しさよりも
「殴ってでも分からせる優しさ」
「間違った方向を力づくで変えさせる愛」
ってのもアリだろうと信じていますので。
(つかな、『理由の是非の方』が大事だと思うのだが…)



れんもまぁ、指導の途中で
「はたいたり」「蹴っ飛ばしたり」
はちょっぴりありますけどねw
もちろん現在もです。



今までそういう経験はありませんが
仮に後で「謝れ」と言われてもそんな気は頭毛毛頭ないですね。
こっちも真剣に指導してて、
その過程で必要だと思って信念でたたいてますから。
ま、「感謝しろ」とも言いませんがね (´ー`)y-~~



我々は独りで育つ訳ではありません。
途中両親をはじめ、多くの人に育てられている訳です。
育てられた本人が自覚している愛もあれば、
全く自覚できないけれど、
知らないうちに間違った方向に出た芽を摘んでくれる人もいる。


多くの場合、「与えられた事」
に対しては自覚もしやすく感謝もしますが
「摘んでもらった事」
は、その後本人は自分に
「摘まれた芽」が存在していた事自体に気が付きませんから、
正しい方向に誘導してもらっていた事そのものが分からない。
「自分は元々真っ直ぐで、独りでまともに育った」
とか思うわけですよ。
自分の姿を見直してみても、
真っ直ぐの姿しか残っていませんから、
気が付かないのは仕方ないんですけどね。



農業や林業の現場では「剪定」や「間引き」という事をします。
一見芽を摘んだり枝を切ったりしてますから
そこだけ見れば「残酷」なのかもしれません。
しかし、そうしなければ成長が遅れたり、
病気になったり、実がならなくなったりします。
人間と植物を一緒にするわけにはいきませんが
手をかけて愛情を与えている事には違いがない。
ま、仮にれんが植物でも
剪定してくれる人に育てて欲しいですけどね。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/24

第262話:愛・再燃

あ~、気分悪ィ…
こんばんは、帰るなりオヤジとひと悶着のれんです。



今日帰ってみると玄関の様子がちょっと変。
ここしばらくオヤジがいじっているのです。
「ん?入れないようにしてる?」
しかし、横は開いている。
「こっちから入れと言う事か?」



それでも慎重に一歩目を踏み出した足に



ぐにょ



という感触が……



あ~!
オヤジ、知らねェうちにコンクリ打ちやがった!



居間の窓から入って一足踏んじまった事を告げると
オヤジ怒る怒るw
(一応「すまん!踏んじゃった」と詫びは入れてはいますよ)



「だから入れないようにしてたじゃねェか!」
「横が開いてたからこっちから入れって事かと思ったんだよ」
「ったく、工事現場は細心の注意を払え!



人が仕事行ってる間に自宅玄関を現場にするな



ぶつくさ言いながら表面撫でに行きましたが、
こちらとしても憮然。
生乾きのコンクリと乾いたコンクリの違いなぞ、
暗くて分かるかー!



まぁ、このオヤジ相手に喧嘩しても仕方ないのでねぇ…
おふくろも「そーゆー人だからw」という感じ。
完全に「右から左に受け流し」です。
つか、帰ってきていきなり怒鳴られるれんも災難ですが。



あ~、早いとこ出たいなぁ…
仲が良い・悪いではなく、
「我の強い♂」が家の中に2匹もいたら角突き合わすのは当たり前。
オヤジとれんはタイプが違う「我の強さ」なので余計にね。



れんは本来「ここにいないはず」の人間ですから
そこら辺も何と申しますか…ε- ( ̄、 ̄A)



…頑張ろうっと



さて、面白くない話はこれくらいにしまして





「よりが戻る」「焼けぼっくいに火がつく」
なんて事を言いますが、れんも最近そんな気分を味わってます。
かつて夢中になった時の気持ちが甦っておりまして…
何と言いましょうか…
愛していた時の気持ちを思い出す…とでも言うのかな?



ハマってます、「S&B ホンコンやきそば」

8-13











先日久しぶりに食べましたら美味い美味い♪
れんは二袋一気にいきますが、
価格もリーズナブル(二袋で150円しない)。
しかも作り方簡単。
独り暮らし時代は必ず常備していたアイテムですが、
最近は疎遠になっていましたね。
袋物の麺でありながら
「ソースやタレの類がない」という漢らしさもまた惚れます。
(麺自体に味が付いてる。青海苔しか添付はないのです)



今度の休みもまた食べよう♪
あ、今回は5勤ですので明日まで仕事です。
それが明けたら食べられるわ♪



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/23

第261話:まだ痒いっす

どーもねー…、なんというかねー…
こんばんは、どうもイマイチ調子の出ないれんです。



今日はまず朝から電車の遅延。
昨日の大雨で電車繰りが付かずJRが遅れる遅れる…
一駅ごとにホームに乗り切れない方がたくさんいますから
その乗降でさらに時間がかかる…
いやぁ、遅刻ギリギリ…



挙句、れんの乗った電車では急病人の方も…
救急車が来てましたよ。
あの方、何事も無いと良いんですがねぇ…
しかもその駅ではなぜか乗降の際に



片方のヒールをホームと電車の隙間に落とした女性が



止まった電車の中からホームを眺めてますと
(他に見るものも無い…)
「ん?あの女性どうしたんだろう?」と。



かなりの美人だったのですが(ヲイ)
片足でケンケンしてる?
あれ?片方の靴は?



そうこうしているうちに駅員の方が
「マジックハンド」
を持って駆けてきました。
いやいや。N駅の駅員さん、今日はお疲れ様でした



ギリギリで会社に駆け込んだのはいいのですが、
その後PCが立ち挙がらない…
おいおい…



今週はただでさえ働きの悪いれんの「のーみそ」は
さらに性能低下が著しく、
どうにも仕事がはかどらないと言うか、
ぶっちゃけダメダメ。
あ~、凹む~
『道場日記』で「見切り」を偉そうに書いておきながら、
仕事の見切りが出来ておりません…_| ̄|○



ストレスが溜まったれんのする事…
そう、「本屋に行く」「文章を書く」です。
(「ほん」と書評追加だっ!)
たくさん書いてちょっとすっきり。
ま、多少アルコールが入ってますんで
文脈に関しては保障できませんがw





さて、昨日れんの薬指をソーセージにした「奴」ですが
昨夜はおふくろが犠牲にw
おふくろはさすがに気付いたらしく、
夜中に薬塗って事なきを得たようです。
う~む、れんのをたらふく吸って平気とは…
敵ながら見上げたものです。



『強敵』と書いて『とも』と読む



…相手が虫でもこれはOKか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第260話:『おれは戦争下請け屋』 テレンス・リー

4809404374 『おれは戦争下請け屋―Meat is murder』


テレンス・リー









…こーゆー本をラインアップすると
『アブナイ人』という評価をされそうですが、
(まぁ一面では正しいかもね)
読んでみたら面白かったので。



テレンス・リー氏というと
TBS系「サンデー・ジャポン」の危機管理コメンテータとして
『……どこまで本気なんだこの人?』
というコメントを出す人という認識でしたがw、
なるほど、本筋の「傭兵」でしたか。



傭兵というと特殊なイメージですが
日本人も少なくないそうで。
メディア的にれんが知ってる方でも
元フランス外人部隊の毛利さん、
カレン解放軍の高部さんなどいらっしゃいますからね。



現代のように軍が常に存在する
「常設軍」の歴史は近代に入ってからのもので、
中世から近代の入り口までは
戦争の時だけ軍隊が居る(要る?)のが普通。
農民徴用したり、傭兵雇ったりの方がスタンダードだった訳です。



『売春と傭兵は世界最古の商売』
ってな言葉がありますが、まぁ確かにそのとおりだろうと。
んで、今後も無くならないだろうなぁ…と。



こーゆー本を読んでます…とか言うと白い目で見られそうですが
(見たい方は止めませんのでどうぞどうぞ)
戦争も売春も「現実に存在する」事で、
「在る」という事から目を離したくはないのです。



在るのは仕方ない。

じゃあどうするのか?
減らせるのか?
減らすにはどうしたらいいのか?
そもそも、無くそうとして無くなるものなのか?
無理に無くしたら、どこかにしわ寄せ行かないのか?

…等々、考える訳です。



まぁぶっちゃけて言えば
「たくさん人を殺しました」
って告白本とも取れますが、
それを自慢するくだりは一切ありません。
ただ、だからといって後悔もありませんけどねw



傭兵稼業を美化する内容ではありませんよ。
下手に空念仏で
「せんそーはんたーい♪」
と唱えてる連中の論理よりよほど示唆に富んでます。
テレンス・リー氏、実は相当インテリですな。
(文章力高いわぁ)



残酷表現もほとんど無いので、
そっち方面に弱い方も大丈夫…だと思うw





これはさらに「れん的暴論」ですが、
もう一つの最古の職業「売春」も
『いっそ国で管理したら?』とか思ってるんですが。
(こんな事書くと刺されるかな?)



非合法だから地下に潜る。
実態が把握できない。
ひどい事があっても「非合法」だから訴え出られない。
でもそこに「存在」はするんですから、
悲劇は減らない…



ならいっそ売春する女性も「免許制」にして、
(おぉ、国家資格だ)
店舗も国の認定業者のみ。
衛生管理は徹底的にし(性病の蔓延を阻止する効果があります)
労働基準法厳守!(ヤ○ザの仲介の入る余地を減らす)



免許は外国人でも取得できるようにすれば、
不法就労やオーバースティに絡む
密入国や斡旋組織の資金源も断てる。
入国した女性も「ちゃんとした職業」に就く事になりますから
その中には日本で勉強して違う技術を身に就けたりする人もいるかも。
少なくとも、嫌な思いをせずに祖国に帰れれば
日本のイメージ低下にゃなるまい。



「許認可業務」ですからもちろんきっちり税金取れます。
税収も上がる♪



まぁ、ここまで理想的にゃならんでしょうが、
実際日本で売春防止法が施行されたのは1958年。
昭和33年ですから、そう遠い話じゃないんですよ。
この時代にも、公認だった「赤線」の他に、
黙認だった「青線」地区や、
モグリの「白線」地区もあったようですから
取締りがそう簡単じゃないのも分かります。



ですが、放って置いて悲劇は減るのか?
という気持ちもありますので。
『非合法な職業に身をやつした人間なんか知らないよ』
…それでいいのかなー、と思うんですよ。
先進国でも実は公認してるところはありますよ。



それに、女性の中にだって
『あたしH大好き!これで稼ぎたい!プロになる!』
って人がいないとは限らんと思うんですが…
これも暴論ですかね?



プロでもない○○生が○助するよりゃよほどまともだと…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

第259話:呪いの薬指…なんちて

うわわわわ、降られた濡れたぁ!!
こんばんは、わずか数十メートルで濡れ鼠になったれんです。



電車を降りると大粒の雨。
サイズが豪快です。
まさしく夕……このネタは前にやりましたねw



駐車場に置いてる車まで行くのにすっかりずぶ濡れ。
別に雨が降るのに文句はないですが、
こうスコールみたいに降らんでもなぁ…




さて、今朝目を覚ましたところ、手に違和感が。
「んあ?」と左手に目をやりますと




・・・なんじゃこりゃ( ̄□ ̄;)!!



左手の薬指が芋虫のように腫れあがっておりました。
各関節の「しわ」なぞ微塵も無く、
皮がパンパンに張りつめてるという
ボイルしたシャ○エッセン
状態。



そういえば、寝ている間に
「う~ん、かゆいよ~」
と思ったような思わないような……
(気づけよ)
どうやら蚊か何かに刺されたようです。



ここまで腫れると当然まともにゃ動かない訳でして、
「…とほほ、仕事になるのかなぁ」って感じ。
痒くはなく、むしろ痛いって状態ですし。



仕方ないので、時々指を右手で握り締め、
腫れを分散させましたが、当然の帰結として
手全体に腫れが分散。
おまけに指を中心に肌が「ぶす色」になってしまいまひた。
今も熱感と腫れが残ってますよ。
「ぐー」を握っても拳骨状態にならず
「ドラ○もん」の手のようです…_| ̄|○



一体どんな虫に刺されたんだろう?( ̄_ ̄|||)
そしてそいつは…



この部屋から去ったのか?



まぁ、れんの血をたっぷり吸ったんでしょうから



そこら辺で死んでると思います。えへ♪



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/21

第258話:おめでとう!駒大苫小牧!

…凄いの一言。
ビバ、駒大苫小牧!
こんばんは、何というか…唖然としたれんです。



ほんとにねー、
何というたくましさでしょう。



去年の優勝もたまげましたよ、ええ。
まさか真紅の大優勝旗が一気に東北飛び越えて
津軽海峡越えるなんて思ってなかったですからねぇ。
桜前線よろしく、徐々に北上してきて…ってんなら
まだ期待と予想も立ちましょうが、一足飛びでしたから。



その優勝旗をただ返しに行くのではなく
きっちり代表として出場し、あまつさえ



再び持って帰ってくるとは



57年ぶり、戦後2校目。
それが1年の1/4を雪に閉ざされる北海道のチーム?
うそ~!ってのが正味の感想ですよ、ええ。
正直に手を上げていただきたいものですが、
「よぉし!優勝だぁ!」ってよりも
「え?ほ、ホントに優勝しちゃったよ…」って方のほうが多いのでは?
れんはそんな感じでしたけど…w



昨日も書きましたが、楽勝で勝ったというのではなく
強豪相手にがっぷり組んで、ねじ伏せるような勝ち上がり方。
ポンポンと勝つというのも強さかもしれませんが、
追いつかれたり先行されても
突き放し、逆転をして優勝したこの強さ。
本当に自力のある勝ちっぷりですよ。



どちらかというとおとなしく、
勝負にこだわらない北海道民の気性からすると、
「…勝てるんだ!」という気持ちにさせてくれる
実に価値ある優勝だったと思います。



甲子園のあり方には
まぁ色々と文句を言いたいところもありますが
(ここら辺がひねくれ者)
それでも今回のは問答無用。脱帽です。



 3000幾つの参加チームの中で  
 たったの一度も負けないチームはひとつだけ
 でも多分君は知ってる 敗れて消えたチームも
 負けた回数は たったの一度だけだって事をね

               さだまさし 『甲子園』



| | コメント (3) | トラックバック (1)

第257話:久々道場日記

道場のお盆休みも終わりまして、
れんも本日から復帰です。
とは言え、児童・学生連中はまだ休みですから
人数少ねー少ねー



道場入ると、まぁ蒸し暑いこと…
窓は開けてますが、網戸のある窓が少ないうえ
風が無いんじゃ仕方ないっすよね。
網戸無しの窓を開けると道場内に
「蛾」「カナブン」 、「蚊」 が入り放題ですからねぇ…
(意味無くカラフルにしてみました♪)

我々は裸足ですから、



踏み潰すと大惨事でーす




さて、ちょっと間が開いての練習ですから
今日は目と身体慣らし。
れん先生の今日の御題は「見切り」。



「貴様の攻撃、既に見切ったっ!」
「な、何っ!」



…言ってみたいな、こんな台詞♪



実は、見切るだけならそーんなに難しくはないんですよ。
下がればいいんだもんw
問題は、下がるばっかりじゃ追い詰められるという事ですな。
そこで必要になるのが、反撃できる態勢で下がるという事ですが
これが実に難しいのでふ。



当たる距離を正確に測って、必要な分だけ下がり
すぐに反撃できる態勢を維持するというのは
口で言うほど容易い事ではないのです。
まーだからこそ練習しないとならないんですがねぇ。



コツは…「前足に体重を乗せたまま下がる」
さぁ、皆さんもやってみましょう♪





さて練習終了後、師匠と若手とで雑談。



れ:「そうそう、先日Yに遭いましたよ(8月9日分参照)」
師:「おぉ!元気だったか!」
れ:「ええ。すっかり美人になってて驚きました」



ってな話をしていたら、若手がきょとんとした顔。
「?お前ら覚えてないか?」



どうもおぼろげに記憶あるような無いよう様子。
それでも必死に思い出そうとしている…



?……お前らっ!
「美人になって」ってトコに反応しやがったな!w



ま、オトコのコだもんねぇ…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

第256話:あと一つ!

…よ、よく勝ったよなぁ ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
こんばんは、かつては「苫小牧市民」のれんです。



あまり野球に眼の色変えるれんではありませんが、
さすがに駒大苫小牧が勝ち進んでいくと、多少は気になる訳で。
相手はあの大阪桐蔭。
一試合3ホームランの化物と、大会屈指の左腕を擁する強豪。
平田君のホームラン映像は見ましたが、呆れてものが言えん…
(相手投手も苦笑いしてましたな)



序盤に5点先行したものの、
攻撃はその後完璧に抑えられ、とうとう同点。
「あ~、完全に相手に流れがあるなぁ…」
って感じ。
辻内君は良いピッチャーだわ…
ホント力ありましたねぇ…



それでも最後に競り勝ったのは駒大苫小牧。
いやぁ、勝負強いというか何と言うか。
北海道のチームらしからぬ…と言っては何ですが、
昨年、今年の粘り強い勝負っぷりを見て
本当に地域差って無くなったのかなぁと
変に感慨深いものがあるのですよ。


さぁ、あと一つ!
ここまで来たんだからもう一度!
頑張れっ!




さて、今日は休日でしたが夕方札幌まで出張り、
さっき帰ってきました。
明日から早番~。
ま、この程度はなんつー事も無いんですが。
寝溜めしてあるしぃ♪



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/19

第255話:舞い降りた天使w

何だか見知った顔があちこちに…
こんばんは、れんです。



本日より○階での仕事開始。
元々はこちらに居たわけですし、
上は人数的にはぐんと少ないので久しぶりに見る顔もたくさん。
あ~「浦島太郎」気分w
喫煙室ではこやつに何度も会い、その度に



「あ~、パパだ~♪」



と言われ(スリッパか何かで叩いていいか?w)
こちらの顔も久しぶりに。
ま、ウチの同期は生存率(?)が高いので、
他にもまだまだ居るのですが、
今日は全部には会えませんでしたね。



PCの使い勝手が微妙に違ったりするのはまぁご愛嬌。
メリットもありますよ~
地上高が低いので



出勤までの時間が短縮される



とか。





本日、出勤の電車から降りる時に
何と幼馴染の「ヘルナース」とばったり。
まぁ、札幌市内の大学行ってるんだから
会っても不思議は無いんだが、不思議と初めてだよなぁ…



「これから大学か?」
「え~と、就職活動♪」




貴様、嫁に行くのではないのか?



まぁ、コイツから仕事奪っちゃうと
「泳げなくなった鮫」状態になるので仕方ないでしょうが。
(止まったら死にます)
専業主婦になるとは夢にも思っていませんが、
ダンナさん東京だろが…謎だ…



さて、明日は1日だけの休みでっす。
で、その後5勤でっす。
用事済ましで終わりそうでっす。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

第254話:『総員降下!』

少しは涼しくなったと思ったんですがね…
こんばんは、まだまだ扇風機背負ってるれんです。



ふと気が付けば、
鈴虫の声も聞こえるようになりましたし、月も綺麗。
いかに温暖化している地球とはいえ、
北海道はお盆を過ぎると過ごしやすくなるのが通例です。
とは言え、年々その過ごしやすくなる時期が後ろにずれてますが…



さて、今日は仕事終了後、部署のお引越し。
○階から○階へ戻る事になりました。


えっと、またしても出もd…


『何もかもがみな懐かしい…』
(このネタが通用する世代は周囲にはおらんわな)



この方はレンタル期間が終了で戻って来るはずでしたが、
戻られる前にチーム丸ごと迎えに行くような格好にw



私物と書類を持って大移動。
まぁ大した量じゃないですが。



元々そのフロアに居た訳ですし
馴染みの顔が多くてある意味嬉しい。
とは言え○階に入るなり、とある女性に
「あ、お父さんだ!」と声を掛けられたのには腰が抜けました。
あちこちでこう呼ばれていては
「れん子持ち説」が独り歩きするのもむべなるかな。



某・敬愛する上司はキャビネットを移動するという重労働を。
重いキャビネットをずるずると引きずって…
さて、現地到着後、



「このキャビネットにはキャスターが付いている」



という驚愕の事実が判明。
さすがです。只者ではありません。
いやまぁ、「変だなぁ?」とは思っていたんですがねぇw



引越終了後、喫煙室へ。
うわぁ広っ!こんなにここ広かったっけ?
(厳密には○階が狭かった)



さて、季節はお盆。
まだ休暇中のメンバーも居りますが、
この引っ越しが決まったのはほんの数日前。



出勤してきて呆然とするのが今から楽しみです



(教えてやれよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

第253話:姉三六角

宮城県方面の皆様、お見舞い申し上げます。
こんばんは、原産地は宮城県刈田郡のれんです。



震度6とは…
しかも各地の震度表示を見ると
「……あぁぁ!最大震度の川崎町って、ばあちゃんの居る町の隣町だ!」
そう、おふくろの実家はこっち方面なのですよ。
れんは今を去る事○○年前、
町内のとある病院で沸いた誕生したのです。



昼休みに一度実家に電話を入れてみましたが、
オヤジもおふくろも居ない。
電話も来ない。
「むぅ、なら無事と考えてよかろう」
と帰りまで放置しましたが、おかげさまで無事だったようです。



おふくろが夜に電話を入れましたら
「『あ~、随分揺れてびっくりしたぁ~』って言ってた」
って程度のようでしたので、被害も少なかったようで何より。
東北各地に点在する身内も皆無事だったようです。



とは言え、被害は結構出ているようですし、
今後の余震も気になるところ。
謹んでお見舞い申し上げます。
今後もお気をつけ下さい。





さて、先日の休みの際にぼ~っとTVを見ておりましたら、

『みこ巫女ナース!みこ巫女ナース!』という



TVから流れてはいけないようなフレーズが。



……待て待て待てっっっ!!
電波ソングの最高峰と名高いこの曲がなぜTVから流れる?!



…… 『着メロ』 、ですと?



………日本の行く末が心配だ_| ̄|○
(元ネタは「18禁えろげ」のOPテーマだそうで)
よくまぁあんな歌地上波に…



かと思うと本日のYahoo!のニュース一覧。



「『マイアヒー』オリコン1位」



…そうかそうなのか。
最近はスマスマで使われたりしてるんですね(知らなかった)。
何と言うか…メディアがネットにすり寄って来ている気がしますが、
下手に刺激するとへそを曲げる連中も多いから、
注意した方が良いとは思うのですけどねw

今日のニュースでもう一つ。
『暴走族あおり行為で逮捕』


「調べでは、2人は4月24日深夜、佐賀市駅前中央のJR佐賀駅周辺で、
 ハム太郎やクマのプーさんの着ぐるみを着て
 暴走族に手を振ったり、声援を送ったりした疑い。」


逮捕なんだか「保護」なんだか…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/16

第252話:カタメのハナシ5

一応終戦記念日ですので、黙祷を捧げつつ。
こんばんは、れんです。本日2本目~



一度だけ靖国神社にはお参りして手を合わせた事があります。
まぁ、ホレ。れんも一応は元軍人さんですからw
うっかり在隊中に紛争でも起きて、
うっかり戦死したらあそこに奉られる筈でしたからねぇ。
……えっと、奉ってもらえたんですよね?(-。-;)
仏教徒を自認するれんではありますが、
それにあえて眉吊り上げて、否を唱える必要もなかろうと。



なぁに、そこら辺日本の宗教観って



懐が大きい (悪く言うといい加減)



ので、お参りするところが二つあろうが3つあろうが…w
それを否定するといわゆる「慰霊碑」ってのは
意味を成さなくなると思うのですよ。
(だって自宅にもお仏壇あるじゃないですか?
 じゃあ慰霊碑にお参りしても意味あんの?って話)



「政治ネタ、宗教ネタ、野球ネタは紛争の元になるので避けるべし」
ってなものもありますが、もとより日記であるこのブログ。
思ったことを書けずして何とする。
「しょーもねー事書いてるな」と思う方は黙殺の方向で。
喧嘩吹っかけられても買いませんよ~



何かと物議をかもす昨今の終戦記念日&靖国ですが、
戦後50年目の節目の年だった10年前よりも
60年目の今年の方がより突っ込んだ話、
より掘り下げた検証が行われる流れになりつつあるようです。
盛り上がっているようですね。
これは素直に良い事なのでは?と思う訳です。



その結果をどう判断するかはさて置き、
きちんと直視する、目をそらさないというのは
日本人の苦手なところかもしれませんから、
まずは史料検証していくのは良い事なのではと思うのです。



今日はNHKでも討論番組やってたみたいですが
異なった教育、異なった宗教観、異なった歴史を持った国の人が
そー簡単に「なるほど!分かったよ」となるとは思えない。
中国って共産主義ですから、宗教すらあるの…かな?
(お葬式どうしてるんでしょう?)



ただ、ある一定の相互理解と、誤解を解く努力は無駄ではなく
それをしない限り、将来に禍根を残す事になるだろう事は明白。
ヨーロッパの方でもそんな紛争がつい90年代まであった訳で。
「お前のところの先祖が俺の何代前のじーさま殺したんだ!」
という事で民族殲滅戦になりましたね。
ま、これは国と国の戦争ではなく民族紛争ですが
こういった「恨み」を解く努力というのを放棄してしまうと、
「民族浄化」という、最低最悪のことが起きるのです。



日本のユルい宗教観は、ある意味世界のどこの人とでも
仲良くなれる可能性を持っているような気がします。
「お前は忘れてもこっちは忘れない!許さない!」
とか言われそうですが、
そんなにやりたきゃ子々孫々まで殺し合いなさいな。
それで、その連鎖はいつ止まって、
どこで終止符を打てるのか教えてくれ。



相手を根絶やしにする、という発想は既に「生物」ではない。
生物は少なくとも恣意的に、
特定の生物を根絶やしにしたりはしませんよ。



先の大戦がどんな意味を持っていたのか、
大局的な結論が出るのはまだまだ先なのでしょうが、
正しく見直す事は必要でしょう。
「贖う事」だけが正しい事なのか
今ひとつ納得が行かない昨今なのです。



「あいにくだったなァ…
  どういうワケだか わしはもう、お前を憎んでねぇんだよ。
   憎しみは、何にも実らせねえ。
    かわいそうだぜ、白面!」

                      「うしおととら」 最終話



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第251話:K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGAS Ⅱ

昨日もちょこっと書きましたが、
「K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGAS Ⅱ」見てました。
少しばかりリザルトを。



今回の優勝者は若干22歳のロシアの新鋭、カラエフ。
彼の一回戦を見て「…なんじゃコイツは」と唖然。
K-1には幾人かのラッシングファイターが居ますが、
いずれもフック主体の「ずんぐり」タイプで、
彼のような「バランスが良い」体型の人間では少ないですから。
ホーストも手数は多いですが、
あれは「ラッシュ」ではなく「コンビネーション」ですからね。



しかもあの身体つき。
「…あぁ、この背中はミルコのそれだ」
って感じ。
厚みがあってナチュラル(厚みがあり過ぎて猫背に見えるって…)。
あの身体でウェイトトレーニングしたことないってどゆ事?( ̄Д ̄;;



最後にバックスピンキックでK.Oしたのもたまげましたなぁ。
あのタイミングでアレが来たらK.Oされるわ、そりゃあ…



準決勝、決勝になると相手も強く、
決勝はかなりスタミナも浪費していたようですが、
なんにせよ楽しみな逸材ですね~
準決勝のマクスタイ戦はラスベガス大会のベストバウトでしょう。
判定ではあったものの、久々に見応えのある試合でした。



意外とロー、ミドル、ハイが少なく、
ローの防御にも課題がありそうですので、
グランプリ本戦では他の選手にそこを突かれそうな気がします。
(決勝ではミドル蹴ってたので、蹴れない訳では無さそうですが???)
バックスピンキックも後半は読まれてローで刈られてましたから、
決め技にはならないでしょう。
さて、本戦ではどうなりますかね?



さて、スーパーファイトの「ボタVSモー」



…こう書くと何だかわかりませんねぇw
「マイティ・モー」って、あちらの感覚では
「強そう」「カッコいい」感じになるんでしょうか?
アメコミの「SPAWN(スポーン)」も同じ印象を受けましたが…



それはさて置き、試合ですが…



八百長じゃあるまいな



と思うくらいあっさり決着。
う~ん、ボタの動きに生彩は無かった感じはしたが、
いきなりアレか…
確かにモーのスイング・フック、
早いし当て勘も良いとは思うんですが、
あんなに簡単に元ボクシング世界王者にヒットするモンだろうか?
実際、頭越しに出てくるようなスイング・フックって
防御は結構大変なんですが、
(パリーとかでは止まらない)
大振りなんで、反応できない程の速さじゃないと思うんですよね。
ですが、まるっきり無抵抗でもらった感じ。
…ボタ、寝不足だったのか?
下手に蹴りに行ったのも納得できん戦法ではあったが…



ともあれ、コレで一気に優勝候補の筆頭ですね。
さてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

第250話:大地の恵み

お留守番二日目~
こんばんは、れんです。



いやもう、蒸すわぁ…
天気は曇りで直射日光無いんですが、
どうにも汗をかいて仕方ない。
あ~、べたつく…



妹が来て、エアコンの消臭スモークを自分の車にかけ、
ついでに庭も見ていきましたが
なぜか昨日の段階では見当たらなかった



収穫時期のきゅうり



が発見されました。
…え~と、れんの目は節穴のようです_| ̄|○



3本収穫されましたが
そのうちの2本がコレ。



813_003











デカイわっ!


妹が「…ゴーヤ?」と呆れておりました。


妹が帰った後トマトも収穫し、
今日の晩飯はコレ。



813_007











トマト多いって!
ちなみに主食は付けラーメンでっす。



ま、美味しくいただきましたが。



後ろでガタガタとうるさいので、「すけ」を出し
ちょっと室内散歩させてました。



813_008








コレ。あら、赤目になっちゃったなぁ



外を散歩させても良いんですが、
結構早いので見失わないようにするのが大変でして。
(室内でも隙間に潜り込みたがるので目が離せませんが)



今後ろのTVで『K-1』ラスベガス大会やってますが
リング中央に「エヴァンゲリオン」…?
「へ?何コレ?」と思ってましたが
しばらく見てて分かりました。
パチスロなのね…(^▽^;)
れんはパチンコしないもので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/14

第249話:名は体を…

「嗚呼無情 洗車をすると 雨が降る」
…捻りも何もないな_| ̄|○
こんばんは、れんです。



さて、昨晩は「ペルセウス座流星群」を見に行こうか…
などと目論んでいた訳です。



「う~む、まだ人家の明かりなんかが邪魔だな。
 見ごろは深夜から明け方らしいから、少し待とう」
と、居間で時間調整をしていましたら



スズメに起こされました



わぁお、朝5時半。
流星群どころの話じゃねェや。
日が昇ってらぁ。
………いいもん、きっと曇ってたんだもん。
そうに違いない(T_T)



まぁ「床寝王」の面目躍如って事で…
でも固い床に直で寝たら、腰の調子が妙に良いなw
なお、その後寝なおしました。



天気も良いので洗車をし、ワックスも掛け満足満足。
「おー、天気も良いな。こりゃ今晩もチャンスあるか?」



…だから降るなって!



なんと申しますか…ねぇ。
『飄々踉々』の名は伊達ではないという事ですなぁ。
「名は体を現す」って…それもちょっとどうよ。



休みは基本的にネタ不足に悩んでますのでこの辺でw

おっと。一応ご報告。

「8がつ13にち はれ
  きょうわ、にわのきゅうりもトマトも、
   たべごろのはありませんでした まる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

第248話:ペ○○○○○流星○

さて、お休みだ。
こんばんは、留守番れんです。



ちょうど自宅に帰ってくる途中
出発するオヤジ達の車とすれ違いまして。
帰ってみると今晩の食事が置いてある…のは良いのですが。
……これを一人でどう始末しろと?
ふぅ、お腹きちぃ。



先ほど台所を片付けました。
何だか今日は、会社でも洗い物、自宅でも洗い物だなぁw
まぁ、元兼業主夫としては何程のものも無いのですが、
自分のじゃない台所ってやりにくいですから
普段は手出しをしませんけどね。
(かえって邪魔者扱いされるのがオチ)



さて、「コッピー」の餌をやるように言い置かれた訳ですが、



…餌を何処に置いたのだ!



リップクリームを半分にしたようなサイズなので、
収納場所が分からんと探せんぞ!



さて、今夜あたりは「ペガサス流星拳」…もとい

『ペルセウス座流星群』

が見ごろらしいですね。
ちょっと曇っているんですが…
どこか走れば空は見えるかなぁ?
空模様見て出かけちゃおうかなぁ?
蚊に刺されそうですが…( ̄ー ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第247話:お盆ですよ

♪ぼぼんぼ盆盆盆『歯ぁ磨いたか?!』
…こんばんは。
幼少期はあんまりドリフを見せてもらえなかったれんです。



お盆ですねぇ。
れんはたまたまシフトのタイミングで土日休みですが、
あまり世間的行事とはリンクしないので…



ウチのオヤジとおふくろも明日フェリーに乗って墓参り。
まぁ、れんは仕事もありますし
立場的にちょっとアレなものもありまして
今回は留守番です。
おふくろに幾許か渡しまして、
「これでばぁちゃんの墓前に何か供えてくれぃ」
って感じです。



遠征軍司令官より残留部隊への指示


1・「窓は開ける事」
  (…さすがの俺もそれしないと死んじゃいますから)



2・「亀とコッピーに一日一回餌をやる事」
  (いや、生き物の世話は元々は俺がやってたんですけど…)



3・「庭のきゅうりやトマトを観察、頃合を見て収穫する事」
  (で、収穫した後一人でどうしろと?)



なかなか微妙な命令が下命されております。
きゅうりねぇ…ウチのはでかいから困るんだよねぇ。
この土日はキリギリスのごとく、
きゅうりを食べて生活するかもしれません。



さて、本日は木曜日で早番。
となりますと、通常であれば『道場日記』が上梓される筈ですが
さすがに道場もお休みでっす。
ウチの道場のガキどもは、
おじーちゃんとかおばーちゃんとかに会いに行っておるのかのぅ。
休み明けには、全員無事に元気な顔を見せて欲しいものです。
大体一人や二人は怪我しただの車にぶつかっただのが居るからなぁ。
(大怪我はいませんが)



む?
つーことは土曜日の夜はやる事無いのか…
なんせここ○十年、土曜の夜は道場(行けない時は仕事か行事)ですから
土曜日休みには違和感が…
おまけに一人…
さてさて、どうしたもんですかね。



おぉ、そうでした。
今日は…比較的平和に終わりましたよ♪
しかし、聞けば周囲は今ひとつ…
えっと、風邪は周囲に伝染すと治るって言いますよねぇ…
T君、ごめんねw



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/11

第246話:だめぽ

……今日も不調でござったよ_| ̄|○
こんばんは。
「御祓い行ったら?」と周囲に言われたれんです。



つかね、二日連続バトンタッチはのぅ…|||||/(=ω=。)\ガーン|||||
滅多に無いのが連続ですからねぇ。
うむ、こーゆー風の時は…
頭を低くしてやり過ごすのだっ!
(敗北主義だ…)



御祓いね…
以前「厄年」だった時に
おふくろに半ば強制的に行かされ、
しぶしぶ神社に行ったら


『正装で来てください…(-_-メ)」


と帰された事がありましたな。
まぁ、ジーンズで行く方もどうかと思いますが…
仕方なく一度戻ってスーツに着替えて行きましたよ、ええ。



先日の海と航空祭で日焼けをしたのですが、
なんと、もう皮がぽろぽろと。
ええ、デリケートな柔肌ですもの(●´ω`●)ゞエヘヘ
一皮剥けて、これでまた一回り大きくなるというもの。
ほら、トカゲも蛇も脱皮して大きくなるんですよ?
……………_| ̄|○




トカゲと言えば、
今日帰ったら、NHKで赤道直下の海のドキュメンタリーやってましたが
いやぁ、さすがNHKって映像で感動しましたね。
岩の上に鈴なりになってる「海イグアナ」がとてもぷりてぃ♪
しかし、ペンギン好きのれんとしては
やはりペンギンに目が行くのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

第245話:名曲ですね

……本日は一日不調でござったよ_| ̄|○
こんばんは、れんです。



今週は早番週。
初日な訳ですが、一本目から…(T_T)
いやぁ、実質初じゃねぇかなぁ…バトンタッチなぞは…
凹む凹む。



その後もタイトロープな仕事っぷり。
なぜこんなにリズムを崩すのだ俺?
結構いい休みだったと思うのですが…
まぁ、こんな日もあるって事にしましょう。
「反省」と「落ち込み」は別ってことで…



と思って帰ってきたら、
駅のホームを上がる階段でけつまづくしなー(笑)
滅多にこんな事無いんですけどねぇ?
(さすがに足捌きやバランス感覚には自信がある)



挙句帰ってきたら帰ってきたで、



TVには細木数子が



…絵ヅラが悪いってんだよ!
自分でもタロット程度はやりますが、
れんはこのおばさん嫌いなのです。
断定口調が嫌い。



さて、そんなこんなですが一服の清涼剤。

Rinさん、Happy birthday!



あれぇ?昨日も訪問してたはずなんだが…(^▽^;)



ささやかなプレゼント(?)として、曲を…一度アップしたのですが、
思いっきり著作権に引っかかるのでここはおとなしく断念…_| ̄|○
わずかな時間来て下さった方は…ニヤ
明日、可能であれば
面白いブツを引っさげて行きますので乞うご期待。
「♪人の瞳が背中に…」とくれば…


『今までのは奇跡なんかじゃないよ。

              奇跡は…………これからだ!!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第244話:時の流れは

…首筋がちょっとひりひりするぅ…
こんばんは、れんです。



昨日の航空祭で焼けてしまいましたからねぇ。
しかも、ものの見事に「Tシャツの形」に。
トップレスで見るべきだった…かな?
(実際そーいう方多数闊歩)



しかし、写真と記事を多数入れようと思うと
レイアウトの調整が難しいですねぇ。
なかなか思ったところにハマってくれないと言うか。
しかも、確認したのと実際上がったのと微妙に違うし…
何を考えたものか、昨日は何度も作成途中で消してしまいましたしw



通常、お休みはエンジンが切れたように非活動的になるれんですが、
今日も予定がありまして出撃。
まぁこの気温では寝てられませんしねぇ…( ̄ω ̄;)
午後からちょいと打ち合わせに。
結局午後一杯かかりましたな。



帰って来て慌ててクリーニングやら買い物やらへ。

さて、買い物を終えてスーパーから出てきたれんを呼び止める人が。



「あのぅ…」
「ん?」



そこに立っていたのは大きな瞳と色白の綺麗な女の子。
…はて、可愛い子だが…
こんな子に呼び止められる覚えはないんだが?



「れん先生…ですよね?」
「ほえ?」



…れんの事を「先生」と呼ぶという事は道場関係者か。
しかし覚えが無いぞ?



「○○です」
「……………………?!☆※○□△ え~~~っ!!」



お前、○○か!
び、ビックリしたぁ…見違えたわい。
7、8年ぶりでしょうかね。
中学生くらいまで兄弟で来てた女の子ですが、
当時の印象は「元気な子」「男勝り」。
運動神経が抜群に良く、道場狭しと駆け回っていましたが…
「大きくなったら美人になるだろうな」との片鱗はありましたがw
まさか本当になっているとはね。
すっかりおしとやかになってまぁ…



「そうか、○○かぁ~!幾つになった?」
「今月で20歳になります。先生は?」
「…訊くな。察しろっ!」



そうですか20歳ですか……_| ̄|○
小学生の頃から見てますから、
こーのくらい(自分の腰くらい)から知ってる子が20歳ね…
時の流れとは早いものですよ。



そこにお母さん登場。
ご無沙汰しております。



実は引退後、この家族には一度会っていますが
最後に会ったのが

『最もそういう形では会いたくなかった場所』

「俺は何でこんな場所にいなくちゃならん?」
「なんで俺はここにいる?何故だ何故だ何故だ…」
という混乱の記憶…

俺の記憶の中での最後の映像は
「先生、来てくださってありがとうございます」
と搾り出すように言って下さったこのお母さんと、
目に一杯涙を溜めて「…先生~」と言った
この子の姿で止まっていました。



そうか、良かった。
あの姿で止まっていたからな。
二人の笑顔を見て安心したよ。
何より嬉しい事だ。
師匠やあの時同席した連中に話したら喜ぶだろうから、
早速話しておくよ。



看護婦になるべく勉強中のようで、
夏休みで実家に帰ってきていたようですね。



れ:「早いとこ嫁に行っちまえ(笑)」
娘:「孫はお兄に任せてるもんね?」
母:「そうだね。あれは大丈夫」
(実の娘には期待しとらんのか、オイ?
 あ、手元から離したくないのかなw)

娘:「先生は?」
れ:「……俺は一回行ったからいいのだ」



と、すかさずここでお母さん。
「じゃあもう一回!」



………はぁ(━_━)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/07

第243話:「インパルス」で連想するのは?

「ガンダム」なのか「ブルー」なのかで趣味が分かる気がする…
(このネタを操るお前は何者なんだ)



いやいや、蒸しますなぁ…
こんばんは、お休み初日のれんです。



いつもお休み初日は
「二ケタ睡眠」
を己の修行として課している訳ですが、
予告どおり、今日は『千歳基地航空祭』行ってきましたよ。



近傍に住んでいますのでもちろん初めてではありませんが、
ブルーインパルスの使用機が「三菱T-2」から
「川崎T-4」に変わってから見てないはずですので、
「ここは一つ…」ということで。

blue_049










残念な事に天気は快晴ではありませんで、
うすぐもりという、一番スモークの航跡が見難い空模様。
ただ、ブルーの演技の際には少し青空出ました。



空模様を反映してか、
少し押さえ気味の演技だったような気がします。
「上向き空中開花」や「スタークロス」といった
「大技」は無かったような…
ただ、すぐ隣は大規模民間空港の『新千歳空港』ですから
ある意味場所的な制限なのかもしれません。
ちなみに、新千歳空港の空港ターミナルビルからも見れますよ。

blue_048












別名「ドルフィン」と言われるそうで、
可愛い機体ですね。

T-4はT-2に比べると一回り以上小型になっていますし、
T-2が超音速機だったのに比べ亜音速機ですから、
迫力では一歩譲りますが、
その分キレのある演技だったように思いますね。
まぁ、あんなに翼の小さい超音速機でアクロやるのは
土台無理があるような気もしますので
安全のためにはむしろ良いでしょう。
(超音速機:音速を超えられる機体
 亜音速機:そこまで行かない機体)

T-2ベースの支援戦闘機「F-1」は
あまりの運動性の悪さから
『後家製造機』
というありがたくないニックネームが付いてたそうですし。

blue_036










手前の複座機が高等練習機「T-2」、
奥の迷彩機が支援戦闘機「F-1」です。
初の純国産ジェット戦闘機ですね。


blue_012










低空演技は昔はもう少し高度が低かったと思いますが、
まぁあちこちの航空ショーで事故ありましたからね。
(ブルー自体も事故でしばらく展示飛行してなかったはず)
これまたやむない所でしょうなぁ…
一番低くて「対地高度100メートル」というアナウンスがありました。
T-4の全幅が約10メートル、全高が4.6メートルだそうですから、
地上100メートルでも余裕綽々ではありませんやね。
対地速度は概ね時速800キロ前後らしいですし

blue_013











地上100メートルかつ目前で繰り広げられるショーは
やはり迫力あります。
T-4は随分と静かな練習機のようですが、
それでもエンジン音は腹に響きますよ。

blue_018










blue_026

blue_024



blue_030












もっと写真を撮りたかったのはやまやまなのですが、
何せ相手はジェット機。
しかも薄曇りとあって機体が背景に溶け込んでしまい
オートフォーカスが追いつかんのです。
ピンボケ写真を大量生産してしまいました…_| ̄|○



なお、ブルーインパルスの基地である松島基地には
整備士で結成する
「ブルーインパルスジュニア」
というのもあるそうで。
これは50ccのバイクに
ブルーインパルスの外装を模したものを取り付け
地上にてアクロバット飛行をする(?)名物チームがあるそうです。
しかも、アナウンスが女装の男性自衛官とは!
千歳基地への「ジュニア」来訪を激しく希望します。




他にもたくさん飛行機来てましたので、
そちらも見てみましょう。

blue_011











ご存知政府専用機です。
「空飛ぶ首相官邸」って奴ですね。
アメリカなら「エアフォース1・空飛ぶホワイトハウス」。
航空自衛隊所属ですからここにいます。
つか、千歳基地所属なのでいつもいます。

blue_038










アメリカ海軍からF/A-18「ホーネット」も何機か。
整備士と思われる金髪のおねーちゃんと
ツーショット写真を撮りたがる人の列が引きもきらず…

blue_032











先ほども出ましたが、対地支援戦闘機「三菱F-1」です。
エアインテークのところに
『見敵必殺』とマーキングがあるのが笑えます。
この機種は今年中に退役が決まっているので、
他の場所には「F-1 Last Year」のマーキングも。

blue_031










blue_052











現主力戦闘機F-15「イーグル」です。
さすがに主力、そこここにありました。
子供たちにコックピット公開してましたが、その列の長さたるや…
主力とは言っても、調達開始が1980年代初頭ですから、
既に30年近く経っていますね。
次期はF-22「ラプター」買うとか言い出さんだろうな、日本も。
(値段が高すぎると思う…)

F-15関係では他にも

blue_053










Mk82・500ポンド通常爆弾

blue_055










内蔵の20ミリガトリング式機関砲。
『バルカン』とは書いてありませんでしたが、
あれはゼネラル・エレクトリック社の登録商標ですからねぇ。
うかつに書けんのかな?
ま、世の中「ガトリング式」は皆「バルカン砲」って言いますけどね。

blue_060









で、その砲弾。
大きさが分かりにくいでしょうが、
長さはタバコを二つ縦に積んだくらいありますよ。

blue_044







こちらは対戦車ヘリ、AH1-S「コブラ」
レンコンみたいに見えるのはロケット弾のランチャー、
機首に見える3つの黄色い砲口カバーは
3銃身・20ミリガトリング式機関砲。
正面から撮ると分かりにくいのですが、
複座式で、前席が「ガンナー(砲撃手)」です。
パイロットは後ろに乗るんですね。

blue_047











早期警戒機、E-2C「ホークアイ」です。
背中に背負ってるのは「レーダー」です。
そういえば、この間「SE○D」でこんなモビルスーツがいた…
翼たたんでるのは初めて見たので撮っちゃいました。

blue_068











湾岸戦争で一躍有名になった地対空ミサイル「パトリオット」。
ランチャー手前にミサイル本体が見えますね。

blue_061










基地に勤務するお父さんと子供が写真撮影のようです。
今日はあちこちでこんな光景が。
若い隊員の彼女たちもたくさん来ていたようで、
女性観客の多い事多い事…
……泣いてませんよ?

blue_070











基地内に無造作に置いてあったコンテナ。
基地間の物資輸送に使うんでしょう。
「送り先」が書いてあるものもありました。
その中の一つなんですが
「空っぽよ!」「空っぽなのよ」
とガムテープにマジック書きされてるのが妙に可笑しい。

blue_071










これは航空祭用の展示ではなく、
基地入り口の常設展示航空機。
歴代の航空機が展示されてます。
名機ばかりなんでしょうが、子供たちには関係無し。
よじ登られてます。
機種は練習機のT-33「若鷹」と思われ。

とまぁ、こんな感じです。
で、れんは日焼けが痛いのですよ…
曇っていたので甘く見ました…
お歳を考えましょうという事ですね。




さて、帰ってきて一息ついていると弟子から電話が。
女子大生トリオの一人です。



「あ、先生!今日休みですか?」
「ああ。今航空祭から帰ってきたトコだが?」
「5時から歩行者天国でやる『女腕相撲』に出るんで見に来てください!」
「なぬ?『女腕相撲』~?!」



まぁ、せっかく呼んでくれたので
作務衣に着替え出かけると…



「あ、先生!」
「……お前は浴衣で出るのか?!」



なんと浴衣で出ておりました。
この子は別に太くは無いのですが、めっさパワーはあるのです。
一回戦は難なく秒殺。
で、ちょっと腕相撲のコツを教えましたら
あれよあれよと自分より体重ある相手をなぎ倒し、
決勝戦へ。


さて、相手は誰だ?と見ると…



体重2倍は反則だろう



という相手。
さすがにかなわず準優勝でした。
しかし、副賞の「お米10キロ」をもらってホクホク顔。
お前、それって嬉しいのか?(-ω-;)


おまけに「浴衣で決勝戦まで来た若い女の子」ですから
(他はなんか「綱引き世界一のおばちゃん」みたいな人ばかりだった)
市の広報記者がインタビューにw
来月あたり、市の広報に載ってたら面白いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第242話:バーゲン&アフターバーナー

おっ?今日は少し涼しいかな?
まだ扇風機は回っていませんよ。
こんばんは、れんです。



はい、今回のターン終了~
明日はお休みでっす。



今日は地元の花火大会だったので、
帰りの電車からホームに降りると浴衣姿のお嬢さん方が多数。
まぁ、以前にも愚痴りましたので多くは言うまい…(-_-;



しかし、彼女が浴衣なのに彼氏がTシャツってのは
「…イケてねぇな」
とか思うんですよねぇ。



浴衣とはいえ、女性の着物は大変。
それに比べたら男性の着物なんざ楽なものです。
対丈(ついたけ)で着るので楽で涼しいですし、
(女性は「お端折り(おはしょり)が要るので暑い!)
帯なんて兵児帯(へこおび)でも良いんですからねぇ。
(フリガナが要るのか微妙だが、きっと要るだろう)



年に何回も着るわけじゃないんで、
「彼女が着る時くらいは彼氏も合わせてあげたら?」
とか思うのですが…
浴衣で二人並んで歩いたらキマると思うんですよー



値段も今は安いですし、
帯だって最初から結び目が作ってある
「作り帯」なんてシロモノもありますから。
(くるりと巻いてマジックテープで止めたら終了!)



…別にれんは業界の回し者ではありませんが、
個人的に和服は好きなもので。
スーツより長く帯を締めてますから。
(そりゃ道着の事だろう)



さて、ウチに帰ると妹が。



れ:「なした?」
妹:「明日は『Rera』のバーゲンだから、今日は泊まる~」



……ここはバーゲンの前線基地かよ



なお、明日は航空自衛隊千歳基地の航空祭もあるんですよね。
なんと、『Rera』と会場を結ぶシャトルバスも出ているとか…
う~ん、どうしようかなぁ…
ブルーインパルスも見たいし、出店も見たい…
当日基地内に出る出店は、
なかなか普段お目にかかれないモノ売ってるんですよ。



ただね…
暑いのだ!!
コンクリートの照り返しが凄い上、逃げ場なし!
北海道の基地でこれですから、
中東アスランにあった「エリア88」はさぞかし…(ヲイ

『おれたちは墜天使…

 迷彩色の心臓をもち
 天と地の間で生きる…

 紙きれよりも薄い己の命
 燃えつきるのにわずか数秒…』



《本日の小ネタ》



妹は広い意味で建設関係の会社に居ますが、
仕事で見た伝票にはこう書かれていたそうで。



『現場:ファッションセンターしまうま



何を売っている所だ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

第241話:打ち水

扇風機は後ろで回っているのですが、
身体中にじっとりと汗をかきますな…
こんばんは、れんです。



遅番週ですので道場も行けず、
かく汗といえば専ら「暑さ」による汗のみ。
身体動かしてかく汗は嫌いじゃないんですが、
こーゆー汗はじわじわとスタミナを奪いそうでイヤですねぇ。



フロアも暑いので、先日
「お~い、打ち水しようよ~」
と発言してしまい、
「社内のどこに水撒く気ですか!」
とツッ込まれたのですが本日、下のフロアでは



打ち水



をやらかしてくれたようです。
(詳細はナイショだ)



う~む、いくら暑いからって社内に撒くのは冗談だったのだが…
ウチの会社はコンピュータだらけだっつーのに。
被害に逢われた方にはお見舞い申し上げます<(_ _)>



本日目覚めて下に降りると、
いつもある昼飯用のおにぎりがなく、
代わりに小さなおにぎりの山が。
昨日の晩飯に出た奴です。


『晩飯におにぎり?!』
という声もありましょうが、
オヤジが時々食べたがるんですよ。



「ふむ、好きな数を持って行けということやね」



と判断し、5個ほど包んで会社へ。

さて、帰宅してみるとおふくろに
「アンタ、おにぎり忘れて行ったでしょ?」と。



「?持って行ったぞ?ここに山があったじゃないか」
「いつもサイズの奴作って置いたよ?」
「どこにあった、んなもの?」
台所
「……そこに置かれたって気が付かんわい」



ま、サイズと中身が違うだけで、
おにぎりはおにぎりなんですがね。
今日持って行ったものは中身が
自家製「山椒のつくだ煮」です。
大量の山椒の葉をしょうゆ煮にして小分けにして冷凍。
一年中食べます、ハイ。



今日の晩飯は「そうめん」でしたが、
おふくろは「はい、うそうめん」とか言いながら持ってきました。


「……ウソなのか?実はそうめんじゃねーとか?」
「いや、もらってきたそうめんなんだけど、
 バラでもらってきたら産地も賞味期限も何も分からないから
「……怪しげなものを食わすんじゃない」



完食しましたがね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/05

第240話:じとっとした○○

うぁぁぁぁぁぁ、暑”い~
こんばんは、寒冷地仕様のれんです。



この湿度の高さはどうしたものですかねぇ。
明日の予報では最高気温33℃って…
本気で『クールビズ』に換装しなければならないかもですね。
この湿度では脇の下に何かが生えそうです。
コケとか…



うちの会社はしょっちゅう新チームができたり
人員が異動する会社なのですが、
現在もこの方が短期レンタル、
この方も新チームへ異動と慌しい事です。



今日も一人上司の人数が足りないなぁ?と思っていたら、
別フロアにレンタルに出されてました。
ま、少し経ったら落ち着くんでしょうが、
「朝令暮改」がデフォルトの会社ですからねぇ…



え?れんですか?
ハード的に新OSに対応するスペックが不足しておりますので…
(単にスキルが低いとも言う)
新しい事覚えるのに時間がかかるんですよー



さて、この二日の日記ですっかり




「れんさんはエロい」
『じとっ』とした大人のエロさがある」
(「じとっ」ってあーた…)



との評価がされたようです。
…やれやれ、
なかなか真実とは伝わらないものですねε- (´ー`*) フッ
淋しい事です。



そんななか、職場でこんなサイトの話題が。
何でも、本日レンタルに行っていた上司Hさんは
80数パーセントを記録とか。
ちなみに、メンバーの一人がわざと「狙って」回答しましたら
逆にパーセンテージが落ちてしまいました。
う~む、素で80%越えを果たしたHさんはさすがです。
イニシャルにしてからが既に…
ちなみにれんですと79%でした。



そんな訳で、少しサイト回って集めてみました。



・ ☆エッチ度占い☆
・ あなたのエッチ度を占います
・ ケ・モ・ノ占い
・ あなたのエッチ度チェック!



……皆さん、こんなもんでいいですか?_| ̄|○
え~、一応道場では「先生」と呼ばれているんですが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/04

第239話:「復讐するは我『ら』にあり」

注射器を持った『ピカチ○ウ』が一言。

『皮下注~!』



こんばんは、れんです。
ご挨拶には何の意味もありませんしフォローもありません。
言ってみたかっただけですので投げっぱなしです。



…昨日は凄い雨でしたね~
(何事もなかったように)


れんの生息地は川に近いのですが、
夜中の2時頃でしょうか?突如防災放送が…
ほほぅ、上流のダム放水するのね。
夜中にあの音ってのはちょっと心臓に悪いですな。



土砂崩れもあったらしく、
帰りのJRも若干ですがダイヤが乱れたようですね。
ぼちぼち車内でも旅行スタイルの家族連れを見かけますので、
特急なんかが運休すると大変ですねぇ。



今日は遅番1勤目でしたが、まぁそこそこヒマ。
女性用化粧品の話で盛り上がっていた方々(男女取り混ぜて)
がいましたので、ちょっとメッセンジャーで乱入。
(直接話すには遠かった)
その中の一人の男性に

「イヤに詳しいですが、
 女性に口紅をプレゼントしたクチですか?
  『後で少しずつ僕に返してね♪』とか言って」

と飛ばしましたら、



『れんさん、エロ~い!』



とのお言葉を賜りました。


…ええっ?
古典的も古典的。
むしろ古典落語的雰囲気が漂う台詞だと思うんですが…
(「べったべた」とも言う)
てっきり「れんさん、オヤジ~!」という反応が返ってくるものと…
(ま、「エロ~い!」にはその意味も込められてるか…(-_-))



なお、「少しずつ返ってくる」意味が分からない方は
こんなブログを覗いてちゃいけませんw
色んなものを失くしますよ。



それにしてもJさん。別にエロい訳じゃないですよ~



これは『浪漫』と言っていただきたいものだ



(どの口がこんな事を言うんだろう…)



さて、どうやら今月末には
『海行って肉焼こう!Revenge』
があるようです。
…えっと、皆さん何に「revenge」 【復讐】するおつもりでしょうか?
日本海に…かな?



シーズン的には海のうねりとクラゲの歓迎を受ける時期です。
きっと今回もKさんが2回連続のMVPを狙って海に入り、
『うねりに揉まれながら、クラゲにあちこち刺されて助けを求める』
という荒業を披露してくれると思います。
あ…
書きながら、ものすげーリアルに想像できちゃったw



なお、その後さらに大規模飲み会も企画されております。
何だか忙しそうだなぁ…
楽しいからいいけど。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/03

題238話:『飄々踉々』は健全なブログです

お~、凄ぇ雨・・・
雷がもうちょっと近かったら良いんですがねぇ。
こんばんは、雷大好きなれんです。




力強い雷ではありますが、雷光と雷鳴の音から判断して
どう考えても3Kmから近寄ってこないようで。
もう少し近くて、しかも回数も多いと言う事ナシ。
ビール片手に雷を愛でる事でしょう。
(雷嫌いな方には大ブーイングですな)




降りもなかなかいい感じ。
じめじめ降られるよりはこっちの方が好きですね。
「夕立ち」のイメージで・・・
今は夜ですから・・・・・・『夜立ち』?
・・・そりゃ~夜ですもの、ねぇ♪
(何が「ねぇ♪」だ…_| ̄|○)




基本的に「シモネタ」は得意ですが、
若い女性が多い職場だけに封印しております。
(まぁ飲み会とかはさて置いても)
とは言うものの、あまり直接的な表現でウケを取るのは
「下の下、初心者のする事よな・・・フッ」
との信念もありますので、ちょっと捻りますが。
(そんな事に信念燃やしてもな)



何といっても、短い期間とは言え
「♂99%」の自○隊にいましたからねぇ…
自○隊と言えば右を向いても左を向いても♂。
そーなると、その手の話が多いというか
寄ると触るとその手の話しかしないというか…
鍛えられましたよ、ええ。




なお、一部○女子の方々から見ると
『B・L』の園
とゆー見方もされるようですが、
れんがいた頃には一人を除いて体験談はありませんでしたなぁ。
同期入隊のA君が後輩に惚れられたくらいかな?
片想いされてたらしいですが。



れ:で、どうすんの?
A:・・・どうしろと。
れ:受け入れてあげたら?
A:できるか!
れ:一途に想われてるよ~?
A:お前は
  『夜中に目が覚めたら、後輩がずっと寝顔を見つめてた』
  とゆー体験がないから言えるんだよ!




ふむ、どうやら後輩君はアプローチの仕方を間違えたようですね。
キモがられては難しいでしょう。

れんは別にそっち側の方に対して偏見はありませんが、
アプローチの仕方が悪いのは如何とも・・・ねぇ。
ちなみに同期のA君は
空手でインターハイ出場経験のある猛者ですから、
力ずくも難しかったでしょう。
確かに、なかなかの美青年ではあったのですが。



そうそう。
れんはありませんでしたが、一部地方の入隊者は
入隊前の健康診断で
「秘密の花園」近辺を「念入りに触診」されるそうです。



『それは私のおいなりさんだ』



…おっと、誰かが乱入したようです。




病気の有無を見られるらしいのですが。
隊員達の間でまことしやかに伝わってたのが、
その検査医の発言。



『○○○○○○してる奴は分かるよ。
 ○○が○○○みたいになってるからな』



だそうです。
きゃー



今思ったのですが、
『♂』マークと『♀』マークって世界標準なんでしょうか?
どこの誰がどんな連想に基づいて作成したものなんでしょう?
作成者を呼んで、目の前に正座させて小一時間問い詰めたいです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/02

第237話:見上げてごらん夜の星を

お休み初日はだらだらと。
こんばんは、れんです。



れんの住む街は風が比較的強く、
また気温も低めなので、個人的には
『風の谷』
と呼んでいますが、それにしても蒸すなぁ・・・



現在宇宙飛行士の野口さんが2度目の船外活動真っ最中。
実質的な「作業」としての船外作業で、
「遊泳」レベルとは違いますからねぇ。
軌道上でこんなにいろんな作業する人は史上初じゃないのかな?



現代技術でこんなに大変なんですから、
30年以上前での月面の作業はさぞかし大変だっただろうなぁ。
(ポルノグラフィティの「アポロ」ですな)
技術的にあんまり進歩してないのかな?
(それともアレかな?ホントは行ってないとか・・・w)



現在スペースシャトル『ディスカバリー』は
国際宇宙ステーション近辺にいる訳ですから、
高度は概ね400Kmくらいでしょうか?
地上での400Kmはそう遠い距離ではありませんが、
「真上に上がる」高度400Kmは宇宙なんですねぇ。



ちなみに、月と地球の距離は約38万Kmですから・・・w
よく30年以上前に行ったものですな。
(片道3日かかったらしい)



蒸し暑い夏の夜ですから、少しでも涼しげな映像を・・・って事で
いくつかリンクを。



JTSバーチャル科学館「もう一度月へ」
Moonlight -月世界からの報告-
・スタジオミュー「月夜」

31331593

個人的参考文献(笑)
『まんがサイエンスⅡ ロケットの作り方おしえます 』
あさりよしとお ・ 「五年生の科学」編集部
学研ノーラコミックスDELUXE 






この打ち上げのちょっと前、
『太陽系に10番目の惑星発見』てなニュースが流れてましたが。
惑星との結論が出るまで数年かかるらしいですが・・・
人間の子供はすぐ「認知」されますが、
星の「認知」は時間がかかるようです(ヲイ




ところで、このような場合『占い業界』に混乱は起きないのでしょうか?



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/01

第236話:電車にて

いやぁ、今回のシフトは長く感じたわ・・・
こんばんは、れんです。
蚊取り線香地獄を生き抜きました。



明日明後日とお休み。
ふぅ~、やっとかい。
別に長いわけでも仕事がハードだった訳でもありませんが
やはり先週はイベント多かったですからねぇ。
あっしも歳でがすよ、ええ。



あまりの蒸し暑さにここで筆を止め、
今年最初の扇風機出動。
我慢してた訳でもないですが、音がうるさいのでねぇ。



さて、本日は日曜日なので帰りの電車も家族連れが。
なぜか知りませんが女性が多かった気がするのは???



電車の中で「おいおい・・・」という感じのが2件。



まず、後ろに座ったお母さんと子供の会話を聞いてげんなり。
どうやら子供がハンカチをどこかに忘れてきたようですが、



「どこ置いて来たんだよ。あぁん?」
「だから身の回りのものは手に持てっつたろ?」
(くれぐれも言いますが母親です)



アンタはヤンキーか



顔は見ませんでしたが(真後ろなので)、
どうにも品が無くてかなわん。
友達同士ってんならともかく、
母親が娘に対して話す話し方じゃないんじゃないの。


れんも素はどちらかと言えば「べらんめぇ」ですし、
女性の話し方でも「舌っ足らず」よりは
「気風が良い」方が好みですが、
アンタのそれは単に品性が良くないだけ。
聞いてて非常に不快感・・・



何年か後、娘に「アンタ」呼ばわりされても恨む先はねェだろうぜ。



その2



寝ていたれんの耳に若い男性の声。
これまた後方に付き顔は見えず。
どうやら首都圏の人っぽい。



「北海道のシルバーシートは『優先席』だから
 元気な人も座るんだよな。
 東京の方は『専用席』だからさ。
 ま、『優先席』だから譲ればいいけど、大抵ゆずらねぇんだよな」



そんな事を現に今座ってる人がいる前で、
でかい声で話してどうしたいんだ、アンタは。



確かに、ご高説ごもっともだけどよ。
かと言って、
それを車内中に聞こえるような声で話す必要がどこにあるんだ?
善人ぶりを主張したいなら「おあいにくさま」だし、
どっかよそ行ってやれ。


そこに座ってる人が
『外見健康そうな持病もちの人』だったらどうすんの?
自分の正義が絶対だなんて思ってると、
知らねぇうちに人傷つけるぜ。


どうもねぇ、生来のひねくれ者なのか、
「学が無いのはいいが、品性が無いのは嫌い」
「貧乏でもいいけど、貧乏臭いのは嫌い」
という、ちょっと偏った価値観なもので…



とまぁ、少々やさぐれた気分で帰って来たわけですよ





さて、自宅に着いてみると



風除室が無い





・・・・・・・・・あんぎゃ?
あぁ、オヤジのしわざか。



ウチのオヤジは大工崩れみたいなモンですので、
大抵の事はできます。
ヒマにあかせて、ただ今玄関周りの補修をしているようで。
車庫で材木にカンナ掛けてますよ、ええ。
アナタもねぇ、腰痛いんだからセーブしてやりなさいよw



さ、お休みお休みっと♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »