« 第274話:小さくなぁれ | トップページ | 第276話:ないん・はーふ »

2005/09/08

第275話:「HERO’S」TV観戦

久々に腰を据えて格闘技イベントなどを。
『HERO’S』を見ました。



おぉ、顔ぶれスゲェなぁ…
須藤元気に宇野薫、それにKIDかぁ。
それにしても…最近の格闘家って二枚目だらけじゃのぅ…_| ̄|○



れんは第1回アルティメット(UFC)も知っている世代ですが、
(この時、並み居る選手達を締め落として優勝したのが
 かの『グレーシー一族』ホイス・グレーシーです)
その頃の総合格闘技は
はっきり言ってグレーシー以外は「野蛮」の一言。
金網のオクタゴンに放り込まれた選手達は
恐怖の余り技術を忘れ
喧嘩ファイトに終始してましたね。
(レフェリングの技術が確立してなかったせいでもある)



しかし、どんな競技でも世代が進めばやはり洗練されるもので、
今回の『HERO’S』を見てると実に美しい。
ミドル級ってクラスも影響するんでしょうが
スピードもあるし、見てて陰惨さが無くなりましたね。
技術戦の好きなれんはこのクラスがやはり好き♪



日本人は身体能力こそ劣るとは思いますが
それを補って余りある技術研鑽の熱意、
闘いに対する真剣さがあると思います。
このクラス、別にアジア人だけのためじゃないと思うんですが
(現に「K-1MAXは」結構外国人多い)
やはり残るのは日本人ですねぇ。



初期のK-1で、海外の選手達が泣いて喜んだのは
プロデューサーである石井館長が
良いファイトをした選手には
それに見合ったファイトマネーをきちんと渡し、
次のカードもちゃんと組んであげた事が大きい。
(海外ではバックレ、ピンはねも多いそうで…)



しかし、それ以上に彼らが感動したのは
日本の観客の「闘いを見る姿勢」だったそうです。
海外では…まぁ賭けの対象だったりしますからね。
酒飲みながら観客がヤジを飛ばすって事も多い。
(負けたら、損した観客にビール投げられたりする)



それに引きかえ、
「ファイターを尊敬してくれる」日本人の前で試合をすると、
たとえ負けても良いファイトには賞賛の拍手…
しかも目が肥えている。
も~たまらなかったとか。



一度日本で試合をした選手がその事を自国で話すもんで、
「マスター・イシイに認められてニッポンでファイトしたい!」
と燃える選手達も増え、
結果として格闘技界の底上げに繋がった訳です。



何かと「甘い」「世界のずるさを見習え」
と言われる事も多い日本人ですが、
こういう正直さ、真摯さは財産なんじゃないですかね。
松井もイチローも中田も小野も中村も
別に「ずるい」って風評は聞きませんねぇ。
むしろ「正直」?w



さて、そんなこんなで今日の試合。
なんで前フリがこんなに長くなったかと言うと、
試合を終えた選手達が実に良い笑顔で抱き合ったり
お辞儀をしたりするんですな。
宇野×所戦も、KID×宇野戦も
実に良い笑顔でした。
宇野と所なんて、終了のゴング鳴ったとたんに笑い合ってやんのw
一昔前のバーリ・テュードでは無かった光景だな…と。
血みどろの宇野を抱きしめるKID…良いですね。



技術的にはやはり宇野のレベルが高いかな…と。
(目じりをカットし負傷TKO負けになりましたが)
KIDのパンチをほぼ完封したといっても良いでしょう。
それにパワーでは劣るのかもしれませんが
パンチスピードでは負けてませんでしたしね。



須藤は今回ちょっと不調?な感じでしたが
一瞬で腕ひしぎに持っていったのはやはり凄い。
あの体勢から腕十字に行くとは全く予想してませんでした。



年末はKIDと須藤元気。
共に人気者し実力は言うまでも無い。
楽しみですね。

|

« 第274話:小さくなぁれ | トップページ | 第276話:ないん・はーふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/5837245

この記事へのトラックバック一覧です: 第275話:「HERO’S」TV観戦:

« 第274話:小さくなぁれ | トップページ | 第276話:ないん・はーふ »