« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

第322話:隊長がうらやましい

お休みなんですが内職が忙しいですな。
こんばんは、れんです。




遅番でしたが昨日で終了。
遅番週で帰ってきてからもちまちま作業しているので
寝るのが4時とか5時とか…w
夏ならいざ知らず、最近は夜明けが遅いので助かってます(?)




『休み初日は布団との交流を深める』原則に則り、
たっぷり睡眠をとりましたが、
考えてみたら遅い時間に寝てるんだから
遅い時間に起きても睡眠時間は少ない…って事だよなw







晩飯は『鉄腕DASH!』を見つつとっておりましたが、
いやぁ、楽しいですねぇ。
何よりTOKIO達が普通に楽しんでやってますよね。
日本で一番何でもできるアイドルグループですな。
(もっとも、既に30過ぎではあるが)




番組中、ヘチマを栽培して『ヘチマスポンジ』作ってましたが
ガキの頃、ヘチマの『観察日記』書いた覚えがあるなぁ。
スポンジにはしなかったと思うが…
稲の借り入れ風景では宮城の農村出身のおふくろが
「そうそう、こうやってたのよねぇ~」
と懐かしそう。
この番組内は昭和30年代かよw




も一つ、「モデルロケット」なるものが…
「打上げ花火を上から見る」とゆー無茶な企画ですが
加速タイミングの違いで一瞬早く打ち上げられるロケットを
下から花火が追いついて、ほぼ真横で爆発!
凄ぇぇぇぇぇ!
こんな映像初めて見た!(そりゃそうだ)
しかも、常にアヒル隊長のお顔がフレームイン。
ある意味シュールだ(爆)。
下手なハリウッドのCGより興奮しましたよ。
それにしても、さっきHP見てきましたが
モデルロケットって世界規格でエンジンとか作ってるんですね。
一緒に見ていた親父も
「やってみてぇ」と興奮w
こーゆー子供みたいな事好きなのは血なんでしょうな。




さっき銭湯行ってきたんですが、外に出た途端『焦げ臭い』。

「む?近所で火事でも?」

と思っていたんですが、
帰ってきたから見たニュースで理由判明。
ロシアの方の大規模山火事の影響ですか。
函館の方は濃度も濃かったようで、結構迷惑な感じですねぇ…




先ほど弟から電話。
昨日からいませんが、どこ行ってんだか。
れ:「どした?」
弟:「今友達と函館なんだけど、パンクさせられたみたい」




函館山に上っている間に
タイヤのサイドウォールやられたようです。
ま、それはいいののですが(よかないけど)
どうやらこやつ、
俺よりはるかに活動的で、恐るべき距離走っているのに
ほとんどパンクの経験無かったようで。
応急タイヤで走るのは初めてだとか。
…うらやましいやっちゃな。
俺は免許取り立ての頃、
なぜかエンジンにガソリンが行かずエンジンストップ。
やむなく路上でボンネットを開け燃料パイプ外して




口でガソリンを吸い上げ、
ガソリン出てきたところでパイプ接合!




という荒業をしたり
(その直後タバコ吸いかけて大慌てw)
パンクやその他のトラブルの経験も多いのですが
車とタイヤの時代の差…でしょうな。

れ:「ま、時速100キロ以下なら問題ねぇよ。
   何でも『設計限界』がそこら辺らしいから
   それ以上はシャレでなくキツイとよ。
   やられたのはどこだ?」
弟:「右後輪」
れ:「ならまだ負担は少ないだろう。
   (弟の車はFFベースの4WD)
   帰ってくるくらいなら問題なしだな
   途中でスタンドあったら空気圧見とけ。
   応急タイヤは積みっ放しだから、
   空気抜けて圧が足りなくなってる時がある。
   ただでさえ細いんだ。バーストしかねんぞ」
弟:「ほいほい、りょ~か~い」




まさか、まだ弟に頼られるとは思わなんだなw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/29

第321話:小人閑居して

あ~、肩こったなぁ…
こんばんは、れんです。




ここのところ妙に肩がこっておりまして。
首を痛めている関係上、首が痛いのはしょっちゅうですが
あまり肩はこらない人だったのですがね。
たまには誰かにゆっくり揉んでもらいたいなー
どっちかっつーと、揉んでばかりなのでw




弟から『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』
既刊全巻を借り受け、一気に読破。
うむ、安彦ガンダムを読んでいると妙にレトロモダンw




いわゆる「リアルロボット」の白眉たるガンダム。
実は現時点での軍事常識や
物理学からいくとリアルじゃないんですが、
そこをそう思わせないのがSFの面白さ。




まぁ、「レーダーが使えない世界」で「有視界近接戦闘」
という逆転の発想がなければ、
人間の10倍の身長を持つ「人型直立二足歩行兵器」とゆー




思いっきり発見されやすく、
とんでもなく不安定な兵器




が主力になるワケは無いのですが。




さて、日本お得意の「巨大ロボ」なんですが、
どうやったら操縦できるのでしょうか?
ほぼ共通して「二本のレバーと両足ペダル」なのです。
…ちょっと考察。




《移動編》


・『前進』
  ⇒両方のペダルを同じように踏む

・『走る』
  ⇒両方強く踏む

・『曲がる』
  ⇒片方を強めに踏む
  (『砲神エグザクソン』のように
   ペダルを捻った方向で指示する事もできるか)




ま、ここらへんまでは良しとしましょう。




・『後退』
  ⇒両足を…引く?えっ、引くって…w
   土踏まず付近に支点のあるシーソーの様なペダルで
   かかと側を踏む?足が疲れそうだなぁ…

・『段差を乗り越える』
  ⇒…ペダルに足が固定されてて力ずくで持ち上げる?

・『膝を着く』
  ⇒よくあるシーンではあるのですが…う~む
    
・『蹴りを入れる』
  ⇒え~と、え~と…



《顔編》

・『顔を向ける』
  ⇒く、首?
   ヘルメット連動方式にすれば何とかなりますか。
   現代も戦闘ヘリのガンナーは視線検出してますし。



《腕編》

・『肘を曲げる』
  ⇒レバーを縦にして手前に引く

・『腕を肩から上げる』
  ⇒レバーを横にして手前に引く

・『伸ばした右腕を左に向ける』
  ⇒え?あれ?

・『肘を曲げたまま腕を上げる』
  ⇒ああっ!もう引くスペースがない?!



ま、まぁ腕の動きは
ジョイスティックとレバーの混合方式にしないと
とても無理なようですね(;´▽`A``




さ、ここからが更に難問。



・『地面のものを拾う』
 ⇒腰を曲げる操作って…?




…いやいや、なかなか難しいw



なお、同系統の動作で『腰を捻って振り返る』がありますが
これはちょっと思いつきました。



シートからちょっとお尻を浮かす
右を浮かせば右に振り返る♪




戦闘中、パイロットは右のお尻を浮かせたり
左のお尻を浮かせたりする訳です。
微妙にセクシー♪うむ、画期的。




結論


『PS○のコントローラー持って来い!

 コマンド入力にしてしまえ!!』




……今日の日記は「人生の無駄遣い」ですねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/28

第320話:針仕事

寒い&眠い…
こんばんは、れんです。




おぉ、今日は寒いなぁ…
いつもはパソコン稼動しているとそこそこ暖かいのですが。
余熱も余すところ無く利用しております。




とは言え、今日はそれでは追い付かないようですので
久々に『どてら』登場。
今PCの前に向かっているのは




『ホルスタイン柄のどてらを羽織った男』です。




うむ、ぷりてぃ。







昨日の晩から何となく耳がむずむず。
痛いような痒いような…
今朝には顔にも広がり、ぴりぴりしてます。
どうも何かのアレルギーが出てますねぇ。
多分顔も腫れてますね。
だって、眼鏡がいつもより鼻に喰い込みますものw
はて、何に感応したのだ?







さて、ここからはちょっと「痛い系」の話ですので、
(「イタイ」ではなく肉体的に)
その手の話が苦手な方は引き返した方が…




今日の喫煙室にて。
当社は現在順繰りに健康診断の季節。
血を抜いたの注射をしたのという話が…
隣にいた「4様」改め「フェロモン香水BOY」が
「針刺されるのはイヤですよぅ」という話をしたので




れ:「そんなにイヤかい?」
フ:「イヤですよぅ」
れ:「…俺は自分の足を自分で縫った事があるがな?」




と発言しましたら、彼はもとより室内ドン引きw




縫ったといっても、
もちろん肉を縫うわけ無いじゃないですかw
れんは子供時代から高校くらいまで「あかぎれ」って言うんですかね?
足の親指の付け根の皮膚が硬くなって、
それがそのうちひび割れて
血が出る事がよくありまして。




さて、その日は大会当日だったと記憶してますが、
それまでの稽古と相まって、ひび割れはもう少しで血が…という段階。
(幅は1センチ以上になります)
さすがに幼少期から慣れてますから
痛みはどうという事は無いのですが、
血というのは板の間だとべらぼうに滑るのです。
それが足から直接ですとそりゃもう…




「う~む、このまま動くと裂けるな…」
と判断したれん。
おもむろに「ソーイングセット」を取り出し、
厚くなった皮膚の部分を慎重に掬い、




ちくちくと縫合




おかげで当日は事なきを得ました。
糸が無く、『黒の木綿糸』ってのが凄まじいですがw
いやぁ、当たり前の事なんですが
縫い針ってカラダ縫うのには向いてませんねぇ
真っ直ぐな針で縫うのはひっじょ~に難しい。
縫ってる途中、痛くない部分を通過して
ついつい深く刺しすぎてしまい
「あいたたた!」とか言いながらやってました。




自○隊時代、米軍のファーストエイドキットをもらいましたが
その中に「パックになった手術用針と糸セット」がありまして
やはり針は「Uの字」というか、半月型してますね。


実物がこれ。

hariito0066







…次使う時はコレにしよう。




問い:今日の「痛い話」で最も「コイツ変だ!」
   と思ったところを以下から選びましょう

A・「いかに理由があったとは言え、 
   『木綿糸で自分のカラダを縫う』という暴挙」

B・「『次回があるんじゃないかな?』と思って、
   いまだに米軍放出品を救急箱に入れているその感性」

C・「大会当日の出場選手が
    『ソーイングセット』を持っている意味不明さ」




………れんはCだと思います_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/27

第319話:ほわいと・あうと

こ、凍ったぁ?!
帰りの車のウィンドゥがっ…!
こんばんは、驚愕のれんです。




今日から遅番スタート。
帰りもまぁそれなりに遅いのですが、
ここのところ帰ると車がしっとり濡れておりまして。
「あ~、天気悪いんだなぁ」と。
で、今日も車が濡れてましたので
何の気無しにワイパー作動。
一瞬、視界が開けた後




白く戻っていく・・・




「…何?まさか…」
と思ってよく見ると『氷の結晶』が
ウィンドゥを白く覆っていく…
樹氷の成長の高速度撮影みたいですw




「あああぁぁぁ、来たか~!」



ま、前が見えねぇ。
ワイパーだけでも冬用に換装しないとならんかな?
ウォッシャー液も濃度上げておこう。
やれやれ、一気に冬支度の予感ですよ。


ここんとこ、非常にログインがしづらく
書く気も萎え萎えなのですが、今日の告知。




oshirase
















…どこのアホンダラだ!


トラックバックスパムねぇ…
新手のスパムですよね。
れんも見つけ次第即刻削除してますが、迷惑千万。
来てくださっている方を不快な所に誘導するので困ります。
えっと、ぬっころしていいですか。




さて、今日は同期がまた一人上級職へ。
(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

うむうむ、良かったのぅ…
さ、宴だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

第318話:備えあれば?

おぉ、明日も最低気温は0℃の予報か…
寒くなりましたねぇ。
こんばんは、れんです。




実は、既に居間ではストーブが時々。。。
早くね?




今日は愛しのホ○マックに買い物。
こーゆーホームセンター大好きなんですよね。
1時間くらいは平気で居たりします。




しかし、目的のものが見当たらず…
う~む、不人気商品だったのか?
化粧品(ローション)を買いに行ったのですが、
隣の薬局でも店頭に無い。
馴染んだもの変えるのはちょっとねぇ…
れんは電動カミソリではなく、
普通の(?)カミソリで髭を剃るので
その後には何らかのケアはいるのでふ。




結局、違うところで入手できましたが
この手の「肌に使うもの」は馴染んだ頃に無くなると
「え~、待てよオイ」って気になりますな。







さて、ホ○マックでは既に冬物商品が凄い勢いで展開中。
雪べら、雪押し、スノーダンプに始まり
店内にもタイヤ交換用フロアジャッキ、冬用ワイパー
靴の中敷、手袋、窓の断熱シートetc…と
そりゃもう一気にw
ちなみに「スノーダンプ」は別名「ママさんダンプ」と言いますが
このネーミング、誰がつけたの?




れんは雪国のドライバーとして、
一応冬にはある程度の装備品を積んでおきます。
じゃないとマジで「命がヤバイ」時があるので。
吹雪いてる時に路外に落ちると
簡単にゃ見つけてもらえませんからねぇw
(タイヤ痕も雪で消えてしまう)




特別なものは積んでませんが、
牽引ロープやスコップ(折りたたみ式の小型のもの)、
ブースターケーブル、長靴や懐中電灯って物を基本に
カイロとか手袋、雨具、防寒衣料などをチョイスしてます。
移動距離によっては「18リットル携行ガソリンタンク」などの
オプションもアリですw
(オホーツクの方に行くとホント、スタンドが無いんだよぉ)
変なものでは「鉈」(小賢しいサバイバルナイフより使い道が多い)、
「工事現場で使う反射ベスト」とか・・・w




「そんなもん何に使うんだ!」という声もありましょうが
実際、一度冬場に使用した事があります。
目の前で、対向車線の車がスピン。
ガードレールに突っ込みまして。
『ありゃ~、こりゃイカンな』
と様子を見に。




おばちゃん3人とお嬢ちゃん1人が乗ってまして。
結構フロント変形したので、
怪我は無いもののドライバー動けず。
「救急車呼びますか?」
「お願いしますぅ」
って事だったので、救急車呼んで待機。
可愛そうに、お嬢ちゃんがちょっと顔を切ってたので
これまたたまたま積んでた救急箱で
(道場用ですが基本的に積みっぱなし)
血を拭い、消毒しておきましたが
大層ショックだったんでしょうな。
ガタガタ震えてましたよ。




さて、この作業の間
れんは『革ジャンに反射ベスト』という珍妙な風体。
夕暮れで吹雪という状況ですから、
路肩であれこれやってると、
れんが車に撥ねられかねんのですw




後続の車も
「どうしましたぁ?!」「大丈夫ですか~」
と声をかけてくれるのはありがたいのですが、
間の悪い事に2車線が1車線に減少するすぐ手前なので
うかつに車を停めると二重事故になりますから
(ただでさえ吹雪で視界が悪いのだ)

「大丈夫!救急車呼びました。
 危ないですから止まらず行ってください。
 ありがと~ございます!」

と救急車到着まで現場整理もやる羽目にw
…「誘導棒」も用意すべきでしたかね。




この時は「う~む。積んでて良かった…かな?」
と思いましたね。
二重事故は良くある事なので。
元々は、閉店する作業用品専門店で
安く売ってるのを見て『衝動買い』しちゃったシロモノなんですが。




そもそも衝動買いするものじゃない気がする…_| ̄|○




| | コメント (1) | トラックバック (0)

第317話:血は水よりも…

久しぶりに…イヤと言うほど寝たなぁ。
こんばんは、お休み初日のれんです。




今日は食卓でインターネットの話が出ましたが
ウチの親父は「んなもんは分からん!」とゆー感じ。
まぁ仕方ないとは思うがねぇ…
おふくろはすっかり「弥生会計」を使いこなしているんだが、
ここら辺がボケるかそうでないかの違いでしょう(オイ)
(実際ウチの親父はボケそうで怖い)




で、本州のおじさん宅が「IP電話」になったとの事。
ウチにも機能はありますが
「050で発信されたら誰だか分からん!」
との親父の一声で封印しております。
つかな、親父。
元々電話は「相手が誰だか分からん」メディアなんだぜ?w
技術の進歩で番号が表示されるようになってから
まだそれほど長い年月経っちゃいないんだが…




れん:「おじさん宅がIPになったんなら封印解いたら?
    料金安くていいぞ?」
親父:「アイツと喋る事ねぇもん」




…あぁ、仲悪いもんなw
おばあちゃんがあの世で嘆くから仲良くしたら…
と言っても、兄弟だからといって
必ずしも仲良しとはならないのは仕方ねェやな。
なまじ身内なだけに逆に…って事もあろう。
俺が言うのもなんだが、親父方の一族は




全員我が強い




ので。



れんは穏やかなヒトなんですがねぇ。
「とても同じ血を引いてるとは思えん」と、
親戚の寄り合い行く度思うもんね。
…いや、笑うところじゃないってば。



一族揃うと喧嘩腰の議論始まるので、
それぞれの家族は
「また始まりましたねぇ」
「すいませんねぇ、ウチの○○が」
「いえいえ、ウチの△△も」
「毎回よく飽きないわねぇ…」




親父&おじさん方。
あなた方が血圧上げて口角泡を飛ばしている間
それぞれのおかみさんはニヤニヤw
冷静に観察してるんですよ~
ま、これはこれで微笑ましい光景ではあるな。







最近、自室でネットしながら
「缶コーヒーの焼酎割り」
という外道な飲み方にすっかり馴染んでしまいして。
さて、この場合、眠くなるんだか目が覚めるんだか…




自室に焼酎のビン…なんてのはどうもアレなんですがね。
こちらの「仔猫」じゃあるまいしw
(お前さんは同じ猫科でも「トラ」だろう)




そういや、しばらく個人的に飲みにも出てないなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/24

第316話:今時の○○は

『目覚めると 既に電車は 行ったあと』
こんばんは、寝坊したれんです…
そういや、この駄句は前にも使ったなw




まぁ遅刻はさすがにしませんがね。
朝、シャワー浴びられなかったのは切ないですな。
「髪型変えたんですか?」と訊かれましたが
単に時間が無く、ワックスで上げただけですだよ…_| ̄|○
(普段は下ろしているのでふ)




スタートがこんなだったせいなのか
仕事もさっぱり調子が出ず…
あ~、なんか散々な日でしたよ。




昨日も日記をサボったのですが、
「…こりゃ今日も絶対まともに上がらんだろう」
というココログの重さにめげました。
今日も重いなぁ…




昨日はNHKでやってた
「今時の若者」対決ネタでも書こうと思ったんですがね。
今日に持ち越して…
道場行く前にちらと見て、
帰ってきてからもやってたのは驚いたw
それでも、古代エジプトから続く
「今時の若けぇモンはなっちゃいねェ」
というのをNHKが数時間でやるには
テーマが漠然としすぎだぁな。




道場といえば若者の巣な訳ですから
まぁ確かに「大丈夫か、お前ェら?」
つー感じですがね。
ただ、こっちも
「すまねェな、お前らが後から来るから、
 もうちょっとマシな世の中にしとこうと思ってたんだけどよ。
 なかなか力及ばなくてな…ε-(;ーωーA フゥ…」
って気分もありますからねぇw
ま、大人もロクなもんじゃないのは古今東西変わらず。



れんは「個性重視」は賛成ですが、さりとて
周りがあんまりそれを重視しすぎるとロクな事にはならないし
いわんや、本人が「もっと私の個性を大事にしてください!」
なんて言うのは「どうよ?」という感じなので。



「個性ねぇ…。
 自分でメシ喰って尻の始末が出来てりゃ誰も何も言わねェし、
 言われたとしても知らん顔してろよ」




それが出来ないうちは仕方ないんだし
出来るようになる頃には色んな事が分かっているでしょう。
一人の人間が「始末を付けられる範囲」なんてのは
本当に小さい範囲だと思うので。




期せずして、昨日は道場の若手にお説教してたのですw
先日の学校でのテストでの点数を聞いてビックリ…
『お前らっ!勉強くらいしておけ!!』
お前らは「勉強は向いてない」と言える程
勉強した事無いだろう!w




そりゃ当道場No3&4「ダブルT」の片割れは高校中退だけどよ、
コイツは勉強より仕事が合ってるw
俺が言うんだから間違いない。
言っちゃ何だが、コイツは頼りになる奴だ。
…が、お前らはまず勉強しろ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第315話:『絶対可憐チルドレン 1&2』

4091273718『子供を誘惑するのはやめてくれ。

 授かった力で不幸になったのは
 君がそれを選んだからだ!!

 それだけの力を持っていながら、
 情けない事を言うなッ!!
 
君はなんにでもなれたし、
 どこへでも行けたんだ!!
 この子達の未来を
 自分と一緒にするんじゃない!! 』







お気に入りの漫画家、椎名高志氏待望の新刊( ̄▽ ̄) ニヤ
「一番湯のカナタ」も好きだったのになぁ…
打ち切られるんだもんなぁ…_| ̄|○
その鬱憤晴らしか、今回

『1巻・2巻同時発売』

という暴挙に出ましたねw




今時「エスパー」ものを持ってくるとは…って感じですが
逆に今の世代には手垢が付いていないテーマなのかな?
れんの世代ですと「バビル2世」という
ど真ん中な作品がありましたが。
「黒豹」を見ると「…ロデム?」と言ってしまう世代です。





今作はそれぞれ超絶の能力を持った10歳の女の子3人と
彼女らが所属する政府機関の現場主任(要は子守だ)が主役。
とは言え、流行りの『萌え』には背を向けるその意気や良し!!w
ま、椎名氏の描く女性はそりゃーもー
現実に目の前にいたら「金払わなきゃ!」って感じなので
そのタッチで少女を描いたらエライこっちゃ。
所属機関名が「バベル」なのは…狙ってるだろ?w




異能を持った人間がつまはじきにされるのは
古今東西変わらぬ悲しき人間の業。
今回の3人も表面上はムチャクチャですが
内心で周囲に溶け込めない疎外感を抱えています。




冒頭の台詞は彼女らをまとめる主任が
超能力を悪用した犯罪者に向かって言った言葉。




「強力なエスパーは普通の人間にはジャマ者だ!
 能力が強いほど俺達の居場所は限られてるんだよ!」




"俺たちは同じ身の上だろ" と
取り押さえた彼女らに向かって同情を請う犯人に対し
決然と言い放った台詞。
椎名氏はこういう台詞をちりばめるので好きなのですよ。




きちんと「大人の目」から見た子供たちと、
「子供から見た」大人を書き分けられる作品は好きですね。
今後に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/22

第314話:ハチミツと…

今日はログイン出来そうか…な?
こんばんは、昨日は「二本」記事を書いたのに
サーバーに上げられずボツにしたれんです。




たくもー、俺の時間を返せ、ニ○ティ。
ちぇっ、名作だったのにねぇ…
(見てないと思って嘘をつくな)




以前にも書きましたが、
「道場日記」はあまりに趣味性が強すぎるのでw、
TOPには持って来ないようにしているのです。
ですので、普通の日記を一本書いておいたのに
いつまで待ってもアップできねぇ。
挙句「混雑していますのでお待ち下さい」だと?
眠いんだよ、こちとらw




「では関係者向けか?」というと
実は、道場内ではブログを持っている事は公開していますが、
URLもタイトルも教えてなかったりします。
若い衆は「先生、教えて!」とうるさいのですが
教えたらお前らをネタに出来ねーじゃねぇかw







今夜の晩飯はカレー。
もちろん初日は「ライス」な訳ですが
(通常、次回は「うどん」、三回目は「パスタ」です)
ラップに包んだご飯をチェックしていたおふくろが変な顔。
挙句、おもむろに「パスタ」を茹で始めるではありませんか。




れ:「どした?」
母:「ごめ~ん、このご飯ダメだわ」
れ:「痛んでるとか?」
母:「そうじゃないけど、前に『ためしてガッテン』で見た

   ハチミツ入れて炊いた

   ご飯なのさ…失敗作なのよね~」
れ:「……そりゃどんな味なのだ?」




以下、番組ホームページより抜粋




「はちみつ:古いお米を炊くとき、
 はちみつを溶かした40度のお湯につけてから炊くと、
 ごはんの甘みが出やすくおいしくなる
 ※はちみつにでんぷんを分解して糖にする酵素が入っているため 」




母上、れんは特に酵素パワーでなくても、
健康にならなくても
カレーに合うご飯で十分です…_| ̄|○




今日の戯言



最近レイザーラモンHGなる芸人がそこかしこで
「フォー!」と叫んで腰を振っているのを見るのですが
れんは「ふぉぉー」と聞くと、
どうも「究極!!変態仮面」を連想してしまうのです。
いろんな意味でツッコミどころ満載な気がします。


なお、私見ではありますが



乳首ピアスをしていないハードゲイスタイルなぞ認めん!




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/21

第313話:道場日記

今日は仕事が食い込んだので、
大人の部でギリギリセーフ。
子供たちよ、なかなか面倒見れなくてスマソ。




先日、福井で当団体の国際大会が開催されたのですが
これに参加したイギリス選手団の方が
「せっかく日本に来たので、世界遺産になった知床が見たい!」
という事で北海道に来ていたそうで。




で、日曜日にれんが行っていた講習会に、この引率で来ていた
イギリス連盟理事(この方は日本人)が少しだけお見えになり
話をしていかれました。




ただでさえ海外での普及は苦労があると思うのですよ。
「道場」「先生」「弟子」という概念すらない場合もあり、
「先生のメンツを立てて、なぁなぁで…」なんて事は期待できないw
実力でねじ伏せないと話を聞いてくれない訳ですから。
(ある意味正しいのであるが)




その分、一度その道に入った外国の方の熱心さたるや、
本家日本人を上回る事しばしば。
実は、当道場にもフランス人が在籍していた事がありまして。
大学のバイオ研究者で、日本語ペラペラ。
母国でも柔道(本人は柔術だと言ってましたが)の経験があり、
背はれんより少々低いくらいですが、
組み技系の足腰の強さで、よく振り回されましたわw




この人、ま~熱心。
真剣に技術を吸収しようという意欲は心底頭が下がったものです。
おまけに頭良いんだもの、すぐ上手くなりましたよ。
ちなみに本人は「ピエール」さん、奥さんは「カトリーヌ」さん。
……こう言っちゃ何だが、ベッタベタやなw
娘の「キャロライン」ちゃん(本人は「キャローン」と呼んでいた)は
それこそ「フランス人形」そのままの可愛さ。
一時期、某大手子供服メーカーのカタログモデルをしていたそうな。




今はフランスに帰りましたが、元気でやっているかなぁ…




余談

れん:「そのうちメール送るよ」
ピエール:「あ、英語でOKよ♪フランス語は難しいネ」
れ:「……『OKよ♪』と言われても…_| ̄|○」
ピ:「あ、じゃあ日本語を『ローマ字読み』で書いてネ。読めるから」




フランス人相手にしこしこと「ローマ字」でメール書きましたともw
「OGENKIDESUKA?」って感じ。
いやもう、コレはコレで書きづらい…




で、返信アリ。



『れんさん、たくさん文字化けしてたネ』




……。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。







さて、冒頭の先生の話に戻りますが、
この先生の話では、先進国はさて置き
途上国ですとやはり「道着」なんかは不足するそうで、
それこそボロボロに擦り切れるまで着ているらしいです。




この話を聞いたれんを含め、周囲の人間は瞬間的に
「じゃあ今着ていない物を贈ろうじゃないか!」
と脳裏に浮かべたと思うのですが、
なんと!
「古着にも関税がかかる」
らしく、彼ら異国の仲間の手元に届く時には
結構な値段になってしまうとか。
……現実は厳しいなぁ_| ̄|○
周囲で一斉に「ぇえええ?」という
落胆の空気が広がったのが分かりましたよ。




それでも何とか手元に届いた数少ない道着。
日本人の名前を刺繍したままの、
ボロボロの道着を着て頑張ってる仲間が各国にいると思うだけで、
本家としては頑張らなくてはと思いますね。
彼らが何かのきっかけで日本に来た時、
あるいは自分が何かの拍子に現地を訪問した時に
「……本家の日本がこんなレベル?」と
落胆させるような事があってはならないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/19

第312話:買える買えないは別の話w

今日は早め更新。
こんばんは、何事も無い休みを終えたれんです。




『東京モーターショー2005』直前と言う事で、
結構ニュースなどでも取り上げられてますね。
「下手の車好き」であるれんも、一応は注目。
まぁ、自動車雑誌や関連サイトなんかで見るだけなんですけどね。




個人的に注目しているのは三菱の新型軽自動車「 i 」 (アイ)。
リアにエンジンを置いて後輪駆動…?
一瞬「RRか?」と思いましたが、
車軸の内側にエンジンあるのでリアミッドシップですね。
「ホンダ・ビート」や「ホンダ・Z」以来ですか?
後席下部への搭載ですから、「Z」に近いのか。




三菱らしからぬ「まるっこい」デザインと、その斬新な発想。
実車見てみたいですね。
ホイールベースが同じ三菱の「コルト」より長いってんですから
面白い車ですなぁ。
1月発売予定だそうです。




ごく普通の軽自動車であり、
スポーツカーではないので量販が見込まれます。
結構台数行くんじゃないでしょうかね?




さて、ミッドシップ車は当然のことながら
ボンネット開けてもエンジンは入っていない訳ですよ。
となりますと、ガソリンスタンドで店員さんが
「エンジンオイル見ましょうかぁ!」
とか言ってボンネット開けてしばし硬直。




「お客さん、この車エンジンがありません!」




とかのたまう、ミッドシップ車特有の現象が楽しみです。






先日『仮面ライダー THE FIRST』
なる映画が公開間近なのを発見。




「え?ファースト?」
調べましたら、
本郷猛の1号ライダー、一文字隼人の2号ライダーが登場の
原作とTV版の折衷みたいな企画のようで…
うぉぉぉ、「サイクロン」がカッコいい!
「ホンダCBR1000RR」を微妙にカラーリング変更しただけ…
という気がしないでもないですがw
ま、それだけ元の形がカッコいいんでしょうな。
どちらかと言うと、2号の乗る「サイクロンⅡ」が
昔の「サイクロン号」のイメージですね。




公式サイト行って予告編見てみましたが
ちょっと面白そう…かな?w
1号、2号のデザインは当時のものを現代風にリファイン。
まぁ納得できるスタイルに仕上がってますねぇ。
1号が「旧1号」なのは、こだわっとるな…




俳優は言うまでも無くイケメンですw
出演の中に「DA PUMP」のISSA君が居たり
(ライダーマニアだもんね。東映さんも彼主演で一本作ってあげたら?)
天国から死神博士(故・天本英世氏)がご出演とか、
配役も面白いといえば面白いのですが、
何よりれんを驚かせたのは
「おやっさん」立花藤兵衛(故・小林昭二氏)が
かの「アオレンジャー」「仮面ライダーV3」「怪傑ズバット」、

『ミスター特撮』宮内洋氏!!




ええええええええっ!?∑( ̄Д ̄;)!!




れんはこの世代ではなく、
後の「Xライダー」とか「アマゾン」の世代なんですが、
それでも「1号・2号」は伝説ですからね。




最近のライダー達は「ライダーである事を辞められる」ので
(強化スーツ着用だけとか)
どうもイマイチ感情移入しにくいんですな。
ひとたび「改造人間」にされてしまったら




「もう二度と人間には戻れない」




という重さが無いんですよねぇ…




石ノ森章太郎氏がモットーとした
『人に似て人ならざるものを描く事によって
 反面的に人とは何かを映し出す』という事から言えば
人間のままのライダーではチト薄い。
「人造人間キカイダー」も「サイボーグ009」も
「ロボット刑事K」も皆「人間」ではないので。



さて、上映館は…職場の目と鼻の先だなぁ…
どうしようか…




さ、北海道民の皆さん…
今日は『水曜どうでしょう』復活ですよ!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

第311話:時代の趨勢ではありましょうが…

…ついこの間まで「暑い暑い」とぼやいてた気がするんですが。
こんばんは、れんです。




まぁ、さすがに北海道。
寒くなる時は一気ですね。
先刻、天気予報を見てて、明日の最低気温が



0℃



なのは「あ~、来たか」って感じ。
ここから冬までは一直線ですな。




昨日は仕事が長引きましたので、
札幌駅前の屋台でラーメンを平らげ、
(なぜか昔からある)
帰宅したのは午前様。
さすがに更新をサボりました(・・。)ゞ



れんは夜間大学(厳密には普通の大学の夜間部)に通っていたので
学校帰りにここでラーメン…というのも楽しみでしたね。
ついでにメニューの「コップ酒」を引っ掛けたりして…
(おっさんかおのれは)



今日は部屋の掃除なぞをしてました。
さすがに衣替えの時期でもありますしね。
サマースーツや半そでのYシャツはさすがにもう寒いw
さて、本の置き場が…



久々に掃除機も掛けましたが(オイ)、
ついでにPCも開けて中の埃を…
れんはタバコ吸うので煙の直撃を避けるべく
PCはディスプレイの隣ではなく、デスクの下段に置いてありますが、
その分埃が溜まるので。
ま、気休めではあるんでしょうがw




タバコといえば、
札幌駅のホームの喫煙場所が、苗穂駅寄りの


ホームのとんでもなく端っこに追いやられ


しかも透明アクリルで囲まれた喫煙室風に変わりました。



……そりゃまぁ、吸わない人にとっては迷惑ですから
分煙は基本的には賛成なんですけど
どうも「檻の中」に入れられてる気がしてならないんですが…
周囲から明らかに隔離されてる感じ。
あれじゃ女性の喫煙者は入りづらいだろうなぁ。



そんなにいじめなくたっていいじゃんか…_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/17

第310話:明日は仕事

あ゛~、首いてぇ…
こんばんは、寝違え気味のれんです。



今日は有給を頂きまして講習会参加。
忙しい時期なのに、チームの皆さん申し訳ない<(_ _)>
つか、有給申請した先月はそんなに忙しくなかったのに、
最近はやたら忙しくなってしまいましたねぇ…



講習会と言う事ではありますが、
一応「学校」に近い制度です。
年間に取得する「単位」が決まっていまして、
単位が足りないと「留年」です。
まぁ、順調に行く人も
仕事や家庭の都合でそう簡単に来れない人も居ますので
留年は珍しくないのですが、
やはり取れる時に単位とっておかないとねぇ…
(学費かかってますので…)
現在れんは「高等科2年生」(おぉ、『高2』だ♪)ですので
順調に行ってもあと6年かかります…_| ̄|○




自分の道場でふんぞり返っていれば良いのと違い
ほぼ同レベル(他の道場の先生クラスばかり)の集団ですから
行く度に身体は痛めつけられる訳ですが
こんな機会でもないと「本気」で自分の練習できませんからね。
もちろん「本気の本気」ではなく、和気あいあいではあるのですが。




ちなみに今日は

・かなり胴越しに蹴られたので胸が痛い
・関節を極められまくった手首が痛い

の他に、「おまけ」として


・関節の痛みでタップした手が、床に打ち過ぎて内出血




…加減しろよ、自分。

コールドスプレー吹いてたら、技を掛けた方の人が来て
「れんさん、大丈夫っスか?」と心配してくれましたが、
いえ、極められた方ではなく逆の手でして…
ご心配かけてすいませんw




毎回、ゲストの講師が全国各地から来るのですが
今日の先生はイマイチ…
なんて言うんでしょうね、
技も合わないし、多分性格も合わねぇだろうなw
なんか、自慢話を腹いっぱい聞かされた気が…( ´⊿`)y-~~




れんはあまり「イケイケどんどん」な性格ではなく
変なところで斜に構えてしまう人なので
「男に生まれたからにはTOP取るぜ!」
な感じをあまり前面に出されるとげんなりしてしまうのです。
我ながら、あまりいい事では無いと自覚してはいるんですがねェ…
ま、「イケイケ」タイプの人はブログ名に
『飄々』とは付けんわな( ̄∇ ̄;)
(掴み所が無い…って意味ですからね)







土曜日は仕事で道場には参加できなかったのですが
その前に門下生(女子大生コンビの片割れ)からメールが。




『先生、明日は道場来れますか?』




?はて、何でこんな事を訊いて来るのだらう?と思い
先を読み進めると




『高校の時の友達が道場見学に来るんですが
 色んな意味で素敵な子なので先生に会ってもらいたいなぁと』




マ テ




返信
『…意味が分から~ん!!』




返信
『いや~。純粋に、面白い子だから
 先生に会わせたいって思ったんですヨ』




…「純粋に」と「会わせたい」の間の
因果関係が分からねぇよ_| ̄|○




続き
『むしろ○○ちゃんに先生を知ってもらいたい、みたいな(^0^)/』




いや、だから知らせてどうするんだ…_| ̄|○




脱力気味の返信
『…なら入門させてしまえ』




時として、無邪気は怖いものですなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

第309話:感謝と愛を込めて…w

こんばんは、れんです。



本日ほぼ0時、10,000HITと相成りました。

ご来訪の皆様、誠にありがとうございます。
こんな何も無いブログに来て下さっている皆様に
心より感謝申し上げます。




実は昨日の段階で
「臨時にカウンターでも付けておこうか?」
と思ったのですが、
「まぁこのペースなら明後日だろう」
と実験のみで済ませましたら、
今日のご来訪多いんですもの…_| ̄|○
キリ番踏んでいただける方もいたろうに、
つくづく先見性がありません…




しかもだ
「じゃあせめてキャプチャでも」と思い、
アクセス解析を何度か更新。
「あ、9999だ」



9999



と思ったら次の更新で




なぜ数字が9995に戻る?

caunta





その後「9997」になった段階でしばらく停滞。
次のチェックで




当日来訪者が増えてないのに




「10001」とはどういう事だ、ニフティ!


10001






『10000』撮り逃した…_| ̄|○




まぁ、事ほど左様に、当てにはならん数字という事ですが、
それでもよくまぁこんな数字が…と感嘆。




今後も飄々とやってまいりますので、
よろしくお願いいたします。
尚、特別の企画は考えておりません。
リクエストがあれば脱ぎますが考えますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/15

第308話:ドリームバトン

昨日は沈没してしまいました…(6 ̄  ̄)ポリポリ
体調はそれほど悪くは無いのでご安心を。
こんばんは、れんです。



体調はまぁ大丈夫でしょう。
とは言え、やはり季節の変わり目で
周囲でも風邪を引いてらっしゃる方が多いので
皆様お気をつけ下さい。




おふくろも無事戻ってまいりました。


れ:「で、痛い?」
母:「ま、こんなもんじゃな~い?」

呑気やな…w
両足太腿の付け根を切開している訳ですが、
最近の病院はすぐ「動け動け」ですよね。
寝せておきませんもの。
ま、その方が回復早いと思いますが、
退院初日から「運動どんどんしてください」だそうでw


れ:「で、抜糸はいつだ?」
母:「???そういえば言われてない」


…縫ってないのか?謎だ…




さて、『御宿すずめ亭』たれぞ~さんから
「ドリームバトン」が回ってまいりました。
……何とも難しいテーマだね、こりゃ(滝汗)
放置プレイもなんですから
(「プレイ」を付ける必要がどこにある)
早速行ってみましょうか。




1、小さい時になりたかったものは?


そうですね、基本的には『刑事』(爆)。
実際、警察官になろうと思っていたんですが
オヤジの「頼むからそれだけはやめてくれぇぇぇ!」という
あまりに必死な懇願と、諸般の事情により
同じ鉄砲商売(オイ)の自衛官に方向転換。
今でもあの時のオヤジの焦りっぷりは謎です。
間違いなく、奴ぁ叩けばほこりの出る身ですよ!



しかし、過去初対面の方に
「元警察関係の方ですか?」
と訊かれる事数度。
…そんなに目つきが尋常じゃないんでしょうか?




2、その夢は叶いましたか?


上記のとおり方向転換。
ただ、長く居た会社が微妙に「ハードボイルド」風味だったので
結果としてはそこそこお付き合いもありましたし、まぁ満足(?)。




3、現在の夢は?



うへ、こりゃ難しいご質問で…
今は「白紙」ってトコですかね。
現状「ドリーム・ブレイカー」とも言えますなw
プロフにもあるとおり、今は「形勢を立て直して」いますので。
大きな人生の転機を昨年越えましたので、
「さて、どうしたものか…」と暗中模索状態かな?



ただまぁ、道場は続けたいですねぇ。
細々とは言え、この街で長く続いているものを
自分の代で消したくは無いですね。
自分に才能があるとは思いませんが
「才能が無くても何とかなる」見本として…w
若い世代がれんを見て
「こんなのでも生きてていいんだ!」という実例って事で。



悪くなっていく世の中や時代を
ただ座して見ていてもどうにもならない。
幸い、れんは歴代の師匠や先輩から
「少しでも食い止める術」を受け継いだとは思っていますので
(れんのものではありませんよ。預かっただけです)
それを次に伝えるのもまた役目かな?…と。



ただ、これを追求すると仕事や家庭との両立がねぇ…_| ̄|○
(家庭はさて置き…)




4、最近見た怖い夢は??


昔から何故か
「腕を吹き飛ばされたり」
「目を潰されたり」
する夢を良く見るので、
この手のスプラッタ系は免疫ありますね(オイ)。



若い頃から見てまして、今でも時々飛び起きるのが
正体不明の相手と一対一で闘う夢。



自分より少し大きいくらいの相手。
動きも鈍く、相手の攻撃は余裕でかわせる。
「よっし!もらった!」とカウンターの右ストレート直撃!
…痛っ、手が痺れるくらいのジャストミート。
どうでぇ?
え?……効いて…ない?



「ならっ!」
首にハイキックをめり込ませ…てるのにこれもダメ?!
金的蹴っても効果なしかよっ!



延々、ありとあらゆる手を尽くしても全く効果が無い…
のそのそと動く相手を止められない…



こ の 時 の 恐 怖 た る や


起きた時はマジで汗びっしょりです。
ちなみに、ウチの師匠も同じ夢を見て飛び起きた事があるそうでw
バカとしか言いようが無いですよね。

ちなみに、先日会社を休んだ時は
怖い夢のオンパレードだったんですが
内容を良く覚えていないんですよねぇ…
物凄く怖かったんですが…



5、次ドリームバトンを渡す人は・・・


さて、困った…
う~ん、決まったら発表しますね。
さ~て、誰にしようかなぁ…
顔見知りの諸氏は心して待つようにw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第307話:『一日江戸人』

4101149178









今年7月、惜しまれつつご逝去された杉浦日向子さんの本です。
文庫サイズでお値段手ごろ。
挿絵も多く、ひっじょ~に読みやすいです。
え?このカバー絵も挿絵もご本人が書いてるの?

時代劇好きなれんではありますが、
さりとて、現在の暮らしを和風に染め上げるのはこれまたなかなか難しい。
こういう本で浪漫を感じるのが適当なとこでしょうなw




近年、江戸時代の研究が進むにつれ
「圧制に虐げられた平民と、堅苦しく非情な武家」
という紋切り型の時代観はなくなりつつあるようですが、
この本見てるとまさにそのとおり。
この時代の庶民のスタンスは




『その日暮らし♪』




子供のいる所帯でも、ダンナが半月働けば十分賄え、
しかも仕事もほぼアルバイト。
適当に街を流せば仕事の口があるという
ある意味うらやましい暮らしですね。
男女問わず、基本的に「モテ」を追求するその姿勢も楽しい。
日本人が堅苦しくなったのは明治以降ですねぇ。




最近お堅い評論家の方々が
「日本人の享楽体質化、ラテン化」を危惧してらっしゃるようですが
「あ~、そりゃウツクシイ日本の伝統だろう」と言いたくなるくらい楽天的。
基本が「フリーター」ですからな。




ま、今はこんな生活は出来ないでしょうが、
それでも何となくわくわくさせてくれる本です。
値段の割りに満足度高しですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/13

第306話:「どこが悪いですか?」
       「頭です」

「あと顔と性格と○○○と…etc」

健康診断終了~
こんばんは、れんです。




お休み初日はまず寝る主義ですが、
「8時くらいまでに軽く食事を」
と案内にあるので、やむなく起床。
まぁ、おふくろも手術に出かけますんで病院まで送ろうかなと。
(結局弟が行きましたが。弟の車の方が広いので)
「じゃアンタは洗濯物干しといて~」
と言い残し、元気に病院へw




まぁご飯が食べられないのは別に良いのですが、
タバコと飲み物が制限されるのはちとキツイですね。
とは言え、実は気が付くと咥えてたりしてましたが(´~`ヾ) ポリポリ・・




今回の検診は当然無料な訳ですが、
電車に乗るため駅に行って愕然。
「あ、定期忘れた……_| ̄|○ 」
スーツじゃなかったんだっけ…
け、結構イタイ。




検診会場に行くと既にリーダーが検診衣に着替えて座っておりました。
「…うわぁ、『健康センター』風だぁ」という感じw
後ほどKさんも到着。
同期メンバーで年齢層の高いメンバーが集合w
(Yさんはタイミング合わずでしたが)




さて、せっかく絶食したのに胃カメラ飲む訳でもないので
ある意味無駄な絶食w
後は血ィ抜いてしっこ採って心電図測って…ですね。
…検診衣に着替える必要あるのかな…(-。-;)
(胃カメラの時は要るとは思うが)




検診終わってまずは「ニコチン補給」○Oo。―y(´▽`*) ハフゥー
れんは「カフェイン、ニコチン、アルコール」の
「三大依存物質」をエネルギーとしておりますので…
とは言え、「この中で優先順位を付けるなら?」
と問われればまずは「カフェイン」なのですが。
アルコールは無くてもまぁ別に…
しかし、コーヒーが無いと切なくなります。




この後三人でメシ食って(なぜか丸井の10階でw)
二人は運試しに旅立ちました。勝ったかな?
れんはパチンコしないので…
とゆーか、した事ないので…(;´Д`A ```
(小心者め)




結果は後に郵送ですが、まぁ見てビックリってこたぁ無いでしょう。




入れ替わりに同期最年少のなっちも来ましたが
若いのでメニューが違う。
心電図採ったりはしないハズ。
ま、その必要も無いでしょう。




しかし、彼女の場合には
『脳波』を測るか、ロールシャッハテスト
あるいは
『部屋の中にバナナを吊るしておいて
踏み台と棒を用意しておく』

検査をしたほうが良いかもしれませんな。




あ、『御宿すずめ亭』たれぞ~さんから『ドリームバトン』なるものが…
…またよりにもよって、友達の少ない奴のトコに来ましたなぁw
ふむふむ、こーゆー内容であるか。
どれ、少し思い出してから弄る事にしましょう♪

ドリーム、ねぇ…「(´へ`;ウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

第305話:いや、だから見てないってば

はい、とりあえず勤務終了~
一日休んじゃったから短いですねぇ。
こんばんは、
「あ た ま が く り や ー」
になっても所詮凡庸な処理能力のれんです。




明日は休みなのですが、健康診断なので会社近くまで出張り。
朝ご飯を食べたら昼過ぎまで絶食。
どうせ異をカラにするのなら、
ついでに胃カメラでも撮ってくれればありがたいのですが…
(慣れっこなのでなんとも思わない)
しかし、胃レントゲンって撮った事無いなぁ?
バリウムって味するんですか?




れんは健康診断ですが、
同日、おふくろはちょいと一泊手術に。
まぁ大した手術じゃありません。
日帰りでもOKらしいですが、それじゃなんだからとお医者さんから
「泊まって行けば?」とお誘いがかかる程度のものです。




内容を聞くと「…日帰りでそんな真似できんのか?」
とゆー手術なんですが、
(大腿部の「太いけど役に立たない静脈」を縛ってしまうらしい)
内視鏡って凄いですねぇ。
ちなみに、お腹とか頭とか命に関わる場所ではありませんのでご安心を。
去年のれんの関節内視鏡の方が大げさでしたな。
(全身麻酔は面倒…_| ̄|○)




相変わらず面白Flashを見るのが好きですが、
最近、『Nightmare City』 の完結編
『Nightmare City -Catastrophe-』を見つけてご満悦。
いやぁ、主題歌(?)の『Northern Lights』が頭の中でヘヴィローテーション。
この手の禿げしく激しくて哀愁のある曲調には弱いよな…




「電車男」は概略しか知らんのですが、
最近『ヤンマーニ男』なるものも存在すると知りまして
「…何じゃこりゃw」と思って見てみましたが
あららららら……世の中出会いは異なものよな(〃∇〃)




電車といえば、今日の帰りの電車内で隣に座った女性が
それはそれは見事なミニ&脚線美。
まぁ、れんは雑誌読んでましたんで注視はしませんでしたが。
(…してねぇってば)
まぁ、どっちかっつーと
「みずみずしい」雰囲気をかもし出してはおりましたなw
顔見てないけど。
顔見て「…しまった!」って時あるじゃないですか~?
(無礼にも程がある発言だな、オイ)




正直
「…寒くねぇのかな?」
と考えてしまうあたりに自分の年齢を感じます。
女の子は下半身冷やしちゃイカンよw

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/10/11

第304話:お茶濁し

あ た ま が く り や -
こんばんは、しばらくぶりに頭痛から介抱解放されたれんです。




順調に回復に向かっておるようです。
厳密には「測れば」熱はありますが、
自覚症状の無い熱など怖くはない!
もはや勝ったも同然。




やはり病院の薬は
(どう見ても適当に処方されたとしか思えないが)
効くようです。
まーもっとも、異常に胃と腸に負担が来るんですが…
全く、日曜大工のような身体やな。
(意:どこかを直すとどこかで寸足らず)




さて、今度のお休みまでは少々忙しいので、
それまでは短め更新で。
今度の休みはれんは健康診断、
おふくろは手術(!)という健康デーですが…
(手術といってもほぼ日帰り。念のため一晩のお泊り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

第303話:不覚…

達: 『昨日未明、レン機擱坐ス。
    出撃不能ニツキ、会社業務ヲ欠勤ス。無念ナリ』




こんばんは、昨日は会社お休みしてしまったれんです_| ̄|○

昨日の朝方4時くらいですかね?
急激に体温が上がった(様な気がして)目が醒め、
それ以降ろくに眠る事も出来ず、結局一日ダウン。
おっ?熱が上がったのか?!(半ば喜んでいる)
と思って体温計咥えましたら
……平熱を大幅に割り込んでいる?
オイ、下がりすぎだ!(35℃台ってあーた)
何じゃこりゃ?身体熱くて汗かいてたのに…




どうも体のバランスが一時的に滅茶苦茶になったようで。
考えてみれば昨日は寝付いた時から見る夢見る夢
ひでェものばかりで
寝たんだか寝てないんだか…とゆー感じでしたね。




ただ症状は一気にピークを超えたようで、
今日の後半から調子が昇り加減。
やっとか?やっと回復か?
よーしよし。




そんな訳で、昨日は一日寝込んでました。
今日は無事出社も出来ましたので、大丈夫でしょう。
この調子で治したいと思いますので
本日はこれにて失礼をば。
もう体調不良ネタは書きたくないですからね~ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/08

第302話:「バファ○ンの半分は や○しさで出来ています」

…伏字にしてどうする_| ̄|○
あ~、頭痛が痛い(重言)。
こんばんは、れんです。




熱は37度台を割り込む事も多くなってきましたが、
相変わらずアタマイタイですねぇ。
眉間からこめかみにかけてのラインですから、
孫悟空の輪っか(『緊箍児』というそうな)をはめられ
おししょーさま(玄奘三蔵)に緊箍経を読み上げられている気分です。
……で、俺のおししょーさまって誰?w
もしくは、れんに「呪い」をかけている人がいましたら
速やかに名乗り出てください。



五体投地をして許しを請いますので、
何卒呪いの解除をお願いいたします
(T_T)




日中はまだ調子が良いのですが
日没と同時に悪化していくので、呪いの線は否定できんなw
れんには『霊感』というものは全く無いのですが、
かつては周囲に比較的多かったのです。
その中の一人に言われた言葉。
「れんさんはね~、『無敵の鈍感さ』がある」
…それって褒めてる?w




日中調子が良いので、ついつい病院にも行く気になれず。
だって、行って体温測って平熱だったら
「うわ、コイツ自分で病気作ってねぇ?」
とか思われそうじゃないですかー?




幸いにも今度会社で健康診断があるので、
しっかり見てもらうことにしましょう。
しかも「成人検診」だしねっ♪えへ。
メニュー充実してるし。
ま、1年前の手術前にイヤと言うほどチェックはしているので
重大なものは出ないでしょうが。
(心電図の波形でツッコミは入ったが…)




さて、明日から仕事だ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

第301話:おかげさまで<(_ _)>

くっそ~、昼間は調子良かったんだけどなぁ…
夕方からまた微熱が…あ~しつこい!
こんばんは、お休みのれんです。




今日、秋を感じた事

「車のドアで静電気感電した事」



にも拘らず、やはり家の中は暖かいのだなぁと思った事

「特大サイズのワラジムシがずりずりしていた事」
(そのまま見逃してやりました)




寒くなりましたねぇ。
布団をもう一段階暖かいものにせねば。
♪よ~く考えよ~、布団は大事だよ~
(……他にねェのかよ_| ̄|○)




さて、今日の朝刊を見て
「…ええええっ!」
と思ったのがコレ
そうかぁ、富士重の筆頭株主がトヨタかぁ…




えっと、企業風土は大丈夫なんでしょうか?




こう言っちゃーなんですが、
徹底的な無駄の削減と水も漏らさぬマーケティングリサーチで
全方向磐石なトヨタと
良く言えば職人気質、悪く言うと不器用な富士重(スバル)って、
車作りの方向が違うような…
「水平対向が良いんだよ!コレを熟成させるんだよ!」
というこだわりが受け継がれると良いのですが…




同じようにフォード傘下になったマツダでは
MS-8でロータリーエンジンは復活しましたし
ルノー傘下の日産ではゴーン社長お墨付きで
「フェアレディZ」が復活しましたから
よもや水平対向エンジンが無くなるとは思いませんが…




トヨタさん…あんまりスバルをいじめないでねw
れんは三菱・スバル・マツダ党なので…
トヨタさんのは営業車で乗れるんだから良いじゃん(オイ)
ね?ね?




さて、先にUPした「道場日記」をもちまして
記事300本を達成。
まんせ~
ま、「番号なし」なんかもありますから単純な更新数では
既に300を超えてるんですがw
正式ナンバーで300本…って事で。




最近ネタの枯渇に悩みがちですが
まぁゆるゆると参ります。
このペースで行けば近々カウンターも千の桁を超えそうなので、
何かイベントでも…

…ウソですよ。そんな大それた真似しませんがなw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第300話:道場日記

あ~、久しぶりの「道場日記」ですねぇ~

今日はれんがフルタイム指導日でしたので、
まぁ勝手自由に普段やりたいと思っている指導を…




年少部、大人の部ともまずは説法からw
いやいや、笑うところなのは間違いないと思いますが、
これも指導者の務めなのですよ。




武道などと言いましても、つまるところは『対人戦闘技術』。
『人間をいかに効率良く一時的機能不全にするか』
でしかないのです。
痛みで制圧するか、脳を揺らして神経伝達を絶つか、
はたまた関節を破壊して物理的に動けなくするか…
方法論は多々あれど所詮は「人体破壊の技術」です。




その『技術』に『意味』を持たせるには、
やはり"別途"指導・教育は不可欠だと思うので。
武道を学べば、それに伴って自然に
『人格が形成される』
なんて事無いと思うんですよ。
どう考えても「技術論」と「精神論」は分けて考えるべきだと。
車の運転でもそうだと思いますが
ドラテクあっても、安全運転する気がない人はやはり事故るのでは?




憚りながら、「人間凶器」を大量生産した挙句
世に放つ気はないので…w
そこら辺は気をつけてますよ、ハイ。
社会のお役に立つ人間を育てているつもりですのでね。




実際問題、喧嘩が強くても世の中で得する事ほとんど無いですし、
ぶっちゃけ大して役にも立たないんですから(オイ)
それより大事な事を教えておかないといけませんよね。



それは礼儀だったり、
人に物事を教えてもらう時の姿勢だったり
対戦相手への敬意だったり、
練習する仲間への思いやりだったり、
上達するために馴れ合いや甘えを排除する厳しさだったり
気安く技を使わない自制心だったり、
それでも使わなければならない時が来たら
立ち向って行く勇気だったり…



たくさんあると思うんですよ。
それは繰り返し説いていかないと
やはり浸透はしないと思うので。




願わくば、ウチの子供たちには
真っ当な人生歩いて欲しいですしね。
まぁ、こんな事言ってる本人が
「真っ当か?」
と訊かれると
「…えっと、まぁ多分」とかゆー感じなのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

第299話:乗り切りました

…へっへっへ、乗り切ったぜぃ。
こんばんは、やっとお休みのれんです。




思えば、先週の休み前から微熱とだるさに悩まされておる訳ですが



1ターン終了しても変化なしかよ_| ̄|○




ここ数日、メンバーには
「れんさん!明らかに顔が赤いっす!病院行きましたか?!」
と訊かれますが、どうも微熱では行きにくくてねぇ…
顔が赤いのは熱が高いからではなく、
単にほてっているような気もしますが、
本来あまり血色の良い方ではないですので
(これも良いんだか何なんだか)
変に赤いのも珍しいなぁ。




明日は休みですので、行く事にしましょうかね。




で、道場もあるんですが…w
師匠がいないので完全担当日。
この話を会社ですると
「その体調で行くんですか!」
と驚かれる事もありますが、仕事に比べりゃよっぽど楽。
仕事は手ェ抜けませんし、
お客様の都合や会社の枠の中で動かざるを得ませんが




道場はこっちの都合でどうとでも(爆)




腕でも組んで「おい、このメニューをこなせよ」「なっちょらん!」
とか言ってればいいのですから楽ちん楽ちん♪
(ひでェ先生だなオイ)
まぁ毎回コレじゃ門下生にフクロにされかねませんが
たまに手を抜くのは許してもらいましょうかね。




昨日はさすがに更新サボりましたが
ネタとしては「なんじゃこりゃ?」なネタが。
「検索ワード」で来ていただいた方のトップが
「三倉佳奈」で、その数23件!
…どうした!三倉佳奈ちゃんに何があったんだ!!
ついでに言えば、ここに来ても何もないぞ!w
しかも!



茉奈ちゃんはどうした!



さて


ここしばらく、日本中で「発砲事件」が相次いでおりますな。
ま、実銃ではなく改造銃かサバゲー用のガスガンのようですが。




れんも決して銃は嫌いではありません。
つか、むしろ好き。
まれにゲーセン行くと射撃系のゲームばっかりやって
指と腕がつってるくらいですし(アホ)、
今も部屋にはCz75(チェコの拳銃)のエアガンくらいはあります。
まぁ、自○隊当時も射撃の腕は比較的良かった方ですし、
高校3年間は弓道部でしたから
「的を狙う」のは慣れてますが(関係あるか?)。




が、しかし。
発砲事件があったからといって
あちこちで「わっ」と発砲事件が起きるこの風潮、何とかならんかね。
少し前は「線路に置石」でしたが、犯罪ですら流れに任せ、
「他人がやってるから自分もやる」
というバカさ加減は頭が痛くなります。
「個性」を声高に主張する時代の割には
オリジナリティの欠片もねェな、オイ。




「でかい事やれ」とも言いませんが
やる事がみみっちく、考え無しなので何の感銘も受けませんね。
単に情けないだけ。




まぁ、異論はあるでしょうが
いっそここまで来ると
「…思い切り間違ってるがまぁ天晴れか…な?」
と言いたくはなりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

第298話:ついついしかめっ面w

あ~、 眉間が痛ェ…
こんばんは、依然苦戦中のれんです。




熱はどーやら下がりつつありますが、
夕方からは眉間からこめかみまでのエリアが痛くて痛くて…
なんなんですかねぇ?
珍しく肩もこってるし。
肩がバキバキなのですよ。
どうも症状が肩から上だけ限定ですね。




てな訳で、本日は寝ますぅ。。。。。
いい加減に治さんと、じわじわ体力を失うので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

第297話:ゆるゆると治癒中

今日から遅番。
さて10月ですな。…今年もあと3ヶ月かぁ。
少々嘆息気味のれんです。




体調はまぁ…う~む……
トイレ行くたびに
「う~ん、まだ微熱あるなぁ」と分かりますので。
え?どこで体温を計測しているのか?
れんの場合
○○がぬくくなっていると
熱があると分かります。
微熱の場合はこれが一番正確ですなぁ。




どうも薬も合っていない様なので切り替えてみますか。
ただ少し改善の兆しは出てきていますから、
明日目覚めてみてどうか、ですね。
明後日はKさん昇進おめでとう会、
木曜日は師匠がおらずれんが道場指導日ですんで
寝込んでいる暇は無いのでござるよ。




帯広で行われていた「ラリー・ジャパン」はグロンホルムが優勝で、
2位に入ったローブが年間総合優勝決定ですか。
シトロエンにプジョーか…
あちゃー、スバルのソルベルグはリタイヤかぁ…
母国開催ですからスバルや三菱に優勝して欲しかったんですがね。




ま、三菱は今年は仕方ないでしょうなぁ。
ランサーWRCマシンは発展途上ですし
母体があんなんですからねぇ。
三菱車を3台乗ってきたれんとしては
復活を期待したいトコではありますが。




自動車雑誌で次期ランサーのショーモデルを見かけましたが
『か、カッコいいじゃないか』と。
昔から「シャークノーズ(逆スラント)」のラインが好きでして。
(歴代の「ギャラン」なんかはそうですね)
一時期のブーレイ顔よりはずっといいなぁ。
まぁ5ドアはどう頑張っても日本では売れないでしょうがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

第296話:高値安定

……吉とも凶とも出なかったのは予想外(笑)。
こんばんは、戦線が膠着状態のれんです。





昨日銭湯行った事により、多少は動きがあるかと思いましたが
全く変化無し
さーて、コイツは予想外だったなぁ…_| ̄|○
上手く行けば一気回復、
悪くても悪化してくれる事を期待していたのだが(変な日本語だ)。




結局寝ていても起きていても変化無し。
仕方ないのでいつもどおりクリーニングなど用事を済まし
あろう事か道場にも参加。
師匠が「ちょっと遅れるかも」との事でしたので
これは行かねばならん。
「ま、子供の部終わったら帰ろう」
と考えていましたが、
はっと気が付くとフルコースをこなしておりました。





『寝ていても変化が無い事を知ってしまえば、
           道場に行くしかないじゃないか!』 

(CV:飛田展男さんでぜひ)






それでも行く前と体温が変わらん!
何なんでしょうねぇ、これは…?




ちなみにこの3日間、体温が37度台中盤で安定しきっております。
昨今のガソリン価格や日経平均のようですなぁ。

ま、愚痴っていても仕方ないので
普通に過ごす事といたしましょう。
どなたか、この火照ったカラダを鎮めてくださいな♪
(…おい、こいつを埋めるスコップを持って来い)




さて


知り合いにハンターが居ると
時折珍しいものをいただける訳です。
夕方、台所をひょいと覗いてみますと、どう見ても
今解体したばかりの何かの生き物のお肉が…
「?はて、鹿じゃないなぁ?何だろ?」
と思いつつ、道場に出かけたんですが
帰ってきて正体判明。
『鴨』だそうで。




なにやら車庫でオヤジが捌いている気配はしてたんですが。
鴨鍋にしていただきましたが、
時折「骨」がガリッとね…w
聞けば、弾が当たった時に骨が欠けて
肉に食い込んでしまうそうで。
なるほど、それで本来ありえない所に骨があるのね。
…歯がビックリするわい!




お味はなかなか。
お肉よりもダシの方が美味いですな。




市内、しかも近所では熊の目撃情報もあったとか。
(れんの家から数キロしか離れてない)
そうですか、鴨に熊ですか…


秋ですねぇ♪


(季節を感じる基準が微妙に間違えてる気がする)




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/01

第295話:寝たきり○○

良い子にして寝てたんですがねぇ…?
こんばんは、未だ復調しないれんです。




タバコに火をつけて体温計を咥えて、
「あ、体温計咥えてる間はタバコ吸えねェや」
と気が付いた大馬鹿者です。




昼近くに起床、食事を取って薬を飲んで、
また夕方までしっかり睡眠。
いかに普段の休日も寝ているれんとしても、
ほぼ一日寝たきりとは、やはり風邪なんでしょうなぁ…




とは言え、体感以上に熱が上がらないのは良くない傾向。
体質的に、一気に上がってしまえば回復も早いんですが
身体の中に熱がこもってしまって微熱が続くと
一週間とか二週間、良くもならず悪くもならずの
低空飛行が続いてしまうのです。




「…一日寝てて変化無しか。止むを得ん、やるか」




さっき銭湯行ってきました(笑)




『コレで良くなるのならば一気、
 悪くなって熱が上がっても、それはそれで回復に持っていける』
との判断。
さぁ、吉と出るか凶と出るか…
まぁ、この程度なら出歩けますし、仕事も出来るんですが、
しんどいと言えばしんどいので。
明日は道場行って稽古もしたいですしね。




さぁ、熱よ上がれ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »