« 第306話:「どこが悪いですか?」
       「頭です」
| トップページ | 第308話:ドリームバトン »

2005/10/15

第307話:『一日江戸人』

4101149178









今年7月、惜しまれつつご逝去された杉浦日向子さんの本です。
文庫サイズでお値段手ごろ。
挿絵も多く、ひっじょ~に読みやすいです。
え?このカバー絵も挿絵もご本人が書いてるの?

時代劇好きなれんではありますが、
さりとて、現在の暮らしを和風に染め上げるのはこれまたなかなか難しい。
こういう本で浪漫を感じるのが適当なとこでしょうなw




近年、江戸時代の研究が進むにつれ
「圧制に虐げられた平民と、堅苦しく非情な武家」
という紋切り型の時代観はなくなりつつあるようですが、
この本見てるとまさにそのとおり。
この時代の庶民のスタンスは




『その日暮らし♪』




子供のいる所帯でも、ダンナが半月働けば十分賄え、
しかも仕事もほぼアルバイト。
適当に街を流せば仕事の口があるという
ある意味うらやましい暮らしですね。
男女問わず、基本的に「モテ」を追求するその姿勢も楽しい。
日本人が堅苦しくなったのは明治以降ですねぇ。




最近お堅い評論家の方々が
「日本人の享楽体質化、ラテン化」を危惧してらっしゃるようですが
「あ~、そりゃウツクシイ日本の伝統だろう」と言いたくなるくらい楽天的。
基本が「フリーター」ですからな。




ま、今はこんな生活は出来ないでしょうが、
それでも何となくわくわくさせてくれる本です。
値段の割りに満足度高しですよ。

|

« 第306話:「どこが悪いですか?」
       「頭です」
| トップページ | 第308話:ドリームバトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/6403002

この記事へのトラックバック一覧です: 第307話:『一日江戸人』:

» 唐突ですが質問です [オリバコヤ]
あなたにとって " 和風 " なものって何ですか? 教えてください m(. _ .)m ドウゾヨロシク EOF [続きを読む]

受信: 2005/10/15 03:53

« 第306話:「どこが悪いですか?」
       「頭です」
| トップページ | 第308話:ドリームバトン »