« 第311話:時代の趨勢ではありましょうが… | トップページ | 第313話:道場日記 »

2005/10/19

第312話:買える買えないは別の話w

今日は早め更新。
こんばんは、何事も無い休みを終えたれんです。




『東京モーターショー2005』直前と言う事で、
結構ニュースなどでも取り上げられてますね。
「下手の車好き」であるれんも、一応は注目。
まぁ、自動車雑誌や関連サイトなんかで見るだけなんですけどね。




個人的に注目しているのは三菱の新型軽自動車「 i 」 (アイ)。
リアにエンジンを置いて後輪駆動…?
一瞬「RRか?」と思いましたが、
車軸の内側にエンジンあるのでリアミッドシップですね。
「ホンダ・ビート」や「ホンダ・Z」以来ですか?
後席下部への搭載ですから、「Z」に近いのか。




三菱らしからぬ「まるっこい」デザインと、その斬新な発想。
実車見てみたいですね。
ホイールベースが同じ三菱の「コルト」より長いってんですから
面白い車ですなぁ。
1月発売予定だそうです。




ごく普通の軽自動車であり、
スポーツカーではないので量販が見込まれます。
結構台数行くんじゃないでしょうかね?




さて、ミッドシップ車は当然のことながら
ボンネット開けてもエンジンは入っていない訳ですよ。
となりますと、ガソリンスタンドで店員さんが
「エンジンオイル見ましょうかぁ!」
とか言ってボンネット開けてしばし硬直。




「お客さん、この車エンジンがありません!」




とかのたまう、ミッドシップ車特有の現象が楽しみです。






先日『仮面ライダー THE FIRST』
なる映画が公開間近なのを発見。




「え?ファースト?」
調べましたら、
本郷猛の1号ライダー、一文字隼人の2号ライダーが登場の
原作とTV版の折衷みたいな企画のようで…
うぉぉぉ、「サイクロン」がカッコいい!
「ホンダCBR1000RR」を微妙にカラーリング変更しただけ…
という気がしないでもないですがw
ま、それだけ元の形がカッコいいんでしょうな。
どちらかと言うと、2号の乗る「サイクロンⅡ」が
昔の「サイクロン号」のイメージですね。




公式サイト行って予告編見てみましたが
ちょっと面白そう…かな?w
1号、2号のデザインは当時のものを現代風にリファイン。
まぁ納得できるスタイルに仕上がってますねぇ。
1号が「旧1号」なのは、こだわっとるな…




俳優は言うまでも無くイケメンですw
出演の中に「DA PUMP」のISSA君が居たり
(ライダーマニアだもんね。東映さんも彼主演で一本作ってあげたら?)
天国から死神博士(故・天本英世氏)がご出演とか、
配役も面白いといえば面白いのですが、
何よりれんを驚かせたのは
「おやっさん」立花藤兵衛(故・小林昭二氏)が
かの「アオレンジャー」「仮面ライダーV3」「怪傑ズバット」、

『ミスター特撮』宮内洋氏!!




ええええええええっ!?∑( ̄Д ̄;)!!




れんはこの世代ではなく、
後の「Xライダー」とか「アマゾン」の世代なんですが、
それでも「1号・2号」は伝説ですからね。




最近のライダー達は「ライダーである事を辞められる」ので
(強化スーツ着用だけとか)
どうもイマイチ感情移入しにくいんですな。
ひとたび「改造人間」にされてしまったら




「もう二度と人間には戻れない」




という重さが無いんですよねぇ…




石ノ森章太郎氏がモットーとした
『人に似て人ならざるものを描く事によって
 反面的に人とは何かを映し出す』という事から言えば
人間のままのライダーではチト薄い。
「人造人間キカイダー」も「サイボーグ009」も
「ロボット刑事K」も皆「人間」ではないので。



さて、上映館は…職場の目と鼻の先だなぁ…
どうしようか…




さ、北海道民の皆さん…
今日は『水曜どうでしょう』復活ですよ!




|

« 第311話:時代の趨勢ではありましょうが… | トップページ | 第313話:道場日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/6476388

この記事へのトラックバック一覧です: 第312話:買える買えないは別の話w:

« 第311話:時代の趨勢ではありましょうが… | トップページ | 第313話:道場日記 »