« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

第345話:ちなみにれんは猫年生まれ

昨日は凄い雷でしたねぇ…
こんばんは、れんです。




れんは『雷好き』ではありますが、
「ズズン!」という音の後
窓ガラスが「ビリビリビリ…」
と振動するような雷になりますとさすがにねェ…w




かような天気ではありましたが、
所用がありまして苫小牧まで車でお出かけ。
…ああっ!真っ直ぐ走らない!!
強風で車体があおられて、ステアリング押さえてないと厳しい。
いやぁ、腕が疲れましたわ。




用事を済ませた後、以前勤めていた会社に顔を出しまして、
差し入れの「アスパラドリンク」20本を置いてきましたw
(ハードな会社ですので…)
聞けば、ベテラン社員のFさんにお孫さんが生まれたとの事。
良かった良かった♪
差し入れだけ置いてさっさと帰るつもりでしたが
ここのおばちゃん(女性事務員Aさん)に「まぁ座れ」と座らされ
さんざんいじられてきました…_| ̄|○




この方、退職後も『元気でやってんのか~い』とか
たまにメールをくれ、何かと気を留めてくれるのですが
歯に絹着せぬ物言いですので、何と申しましょうか…




洗濯機に放り込まれているような気分になります




A:「札幌支店には女の子いっぱい居るよ?
   ○さんも×ついたし、×同士上手くいくんじゃないの?」
れ:「…なぜ今さら退職した会社の中から選ばなくちゃならんのだ?」
A:「じゃー自分で見つけられんのかい?」
れ:「い、いや。見つけるとかじゃなしにだな…
    それに女性がたくさん居るという点なら
     今の会社は桁違いに居るぞ」
A:「ふ~ん、良いのいないのかい?」
れ:「美人は多いが……いや、そうじゃなく!
    女の子見付けにいってる訳じゃないし
     大体、俺は今自分の事で精一杯なんだよっ」
A:「じゃあもう一生結婚しないとかじゃないんだ?」
れ:「……さすがにそこまでは言わんが」
A:「じゃあいいじゃん」
れ:「…何がいいのだ?」




いやぁ、おばちゃんパワー炸裂ですよ(;´Д`A ```
何が何だか分からないうちに丸め込まれそうです。
れんも口は達者な方なんですが、とてもかないませんわ…







話変わって




先日の飲み会での一幕。
同期のKさんは入社以来、年齢不詳で通しております。
「26歳」というのが「公式発表」です(マテ




さて、どーゆー流れか、
Kさんの実年齢を当てる流れになりましてw
(れんは知っておりますが…26歳ですよ、ええ)




様々な攻撃を加えられるKさん。
「『ピンク・レディー』の引退の時覚えてる?」
「あのドラマやってた時何歳ぐらい?」
など、周囲も巻き込み大盛り上がり。




そうこうしているうちにKさんの口から漏れた一言が…




後楽園球場




いやいやいや、それはNGワードでしょうw
その名前出しちゃダメでしょー!w
最近の人はそれ知らないよ。
(ちなみに、後楽園球場は1987年まで。以降は東京ドーム)




他にも
「干支はなに?」
「え?干支?干支かい?!(指折り数えてる」それもNG。
挙句出てきた珍回答




「ねずみ座」




干支じゃねェしw




ちなみにれんは「山口百恵引退コンサート」の記憶がありますが何か?




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/29

第344話:おめでたう~♪

いやぁ、まったり飲んだなぁ…
こんばんは、飲み会帰りのれんです。




8時スタートでだらだらゆっくり飲んできました。
・中ジョッキ×1
・卵カクテル×4
・日本酒×2合(ん?4合くらいは行ったか?)
をのんびりまったり。
コレぐらいのペースですと酔いもせず、
良い気分でやってられますなぁ。




今日は同期入社で最近相次いで上級職に就いた3人と
遅ればせながら我がリーダーの「おめでと~」会。




Yさん、Kさん、Iくんおめでと~!

リーダー、しばらく出張ですが頑張って♪







さて、最近『個人情報保護』なんてーのが喧しい訳ですが、
実はれんは非常に懐疑的なのでありまして。




どうなんでしょうねぇ。
二言目には「個人情報」等とのたまう最近の風潮。




はっきり言ってうざいです。




いや、不必要な情報を公開せよと言っている訳じゃありませんよ。
ただ『天秤にかけるもの』は何かと…




なるほど、
情報を秘匿すれば余計なものから逃れられるかもしれません。
不要なDMも来ませんし、しつこい営業も来ない。
誕生日を隠せばクレジットカードの暗証番号を推測しづらくなり、
住所や電話番号を電話帳から外せば営業電話も来ませんやな。
学校の住所録への掲載を拒否すれば名簿が流出する事もないし
町内会の名簿も無くて良い…って、




で、隣に誰が住んでるの?
何か起きた時助けなくていいの?
このアパートには独居老人は居ないの?
足の不自由な人は居ないの?
地震や火事の時逃げられる人ばかりなの?




以前、ウチのおふくろが
町内の福祉関係に首突っ込んでる話はしましたが、
最近は名簿の作成にも苦労してましてね。
すっかり腐り気味です。
そりゃあそうですわな。




家族構成も分からない家庭、
連絡先が分からない家庭、
名前も言いたがらない家庭(お前は誰だよ?)…




そりゃあ表札に家族構成まで書く必要はありませんが、
自分の所属するコミュニティにまで隠すのも
あまりに神経質すぎゃしませんかね?




『自分の存在を隠す』ということは
確かにリスク回避の一種ではありますが
引き換えに『助けてもらうチャンスを逸する』という事でもあります。
だって、誰も知らないんじゃ助けようが無いわなw




最近、『自己責任論』が蔓延する一方
おかしな『他者責任論』がまかり通っている気がします。




自分で何から何まで出来るわきゃー無い。
災害時に家族構成知らなかったら、
近所であっても助けに行けませんよね?
それも『自己責任』ですか?
逃げられない人は死ねとでも?
知らない子は放っときですか?




他方、
「自分にとって」「不愉快な事を」「他者は」「しないのが当然」
という 『他者責任論』も横行してる気がしますな。




……無ェよ、それがない世の中なんざ。




自分にとって不愉快でも嫌でも、
事態は向こうから勝手にやってくる。
それから逃げては生きていけない。
そいつを捌かなくちゃやってられない。
「自分にとって不愉快な事をされること自体がたまらなく嫌」
って発想になると、息苦しくは無いですかね?




だって自分もどこかで絶対迷惑掛けてますもんw
ええ、れんは生きてるだけで
周囲に迷惑と不快感を撒き散らしているのかもしれませんわなwww
で、この場合れんはどうすれば良いですか?




語弊を招きかねないので一応言いますが
個人情報を扱う会社や機関の情報管理は徹底されるべきです。
そんな事は当たり前過ぎて、口に出すのも恥ずかしい( ´⊿`)y-~~
その当たり前の事が守られていないから
こんなつまらない話になるのです。
名簿売って数十万?で、後で捕まってんの?
その安さは何だ?けっ、笑わせんなよな…
(れんも一応は元「情報のプロ」です)




が、しかし。
もうそろそろ、優先されるべきは
「個人の自由か?」「公共の安全と福祉か?」
を論ずるべきじゃないですかね?
「私権の制限」と聞くともの凄いアレルギーがありますが
「では私権は無制限か?」と訊くと「……」。
オイオイ、頼りねェなぁw




いい加減「なぁなぁ」「無制限な個人欲求の発露」は無理があるんでないかい?




……う~ん、この手のテーマを文章化するのは難しいですね。
(アルコール混入ののーみそ…しかもBGMが『巫女みこナース』では…)




このテーマ、また書くかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/26

第343話:愛があれば○○なんて…

週末金曜日。しかも給料日の方多し…
そこのアナタ!こんなブログを見ている場合ぢゃーないですよ!
……こんばんは、こんなブログ製作者のれんです。




ええ、自爆ですが何か?




今日から早番週。眠い眠いw
切り替えは相変わらず下手ですねぇ。





シフト制勤務のれんは曜日感覚が希薄ですし、
見る番組も固定できないので
(せいぜいが「どうでしょう」くらいかな?)




ですが、不思議と縁のある番組というのはあるもので
『慶次郎縁側日記2』(NHK金曜時代劇)は
なぜか良く見る事ができます。
無論、良く話は抜けますが筋が分かる程度には見れてます。




主役の高橋英樹はちょっと格好良過ぎてアレですが
脇を固める配役が渋い渋い…
特に石橋蓮司さんの渋さはたまらねェ。
奥田瑛二さんも遠藤憲一さんも、
ある意味主役以外は皆渋いという凄まじさw




女性陣も
「美女なんだかそうじゃないんだか微妙」
なところを持ってくるあたりにリアリティが…(失礼)




さて、今日の話で登場人物同士の恋話が。
そこでれんに疑問がむくむくと…
遠藤憲一さん演じる「辰吉」と
邑野みあさん演じる「おぶん」の話なんですが
この辰吉、「20年前」に女房を殺されている。
かたや、おぶんは今現在19歳…




「?女房がいたって事は当時23~24歳くらいか?
  ……で、それが20年前だろ……?」




………年齢差はー?!Σ( ̄ロ ̄lll) 




ん、まぁ本人たちが良ければ何でもいいですやね。
ゲフンゲフン。


まぁ、実はごく近しい身内には




年齢差25歳




ってのがいましたからねェ…
過去形なのは既に両名ともこの世にはおらぬからです。
先に逝った方は、さぞかし長い事待っていたでしょうなw
…そんな年齢差のある嫁さん貰ったあなたが悪いのですよ(ニヤ




あの血が俺の中にも流れているのか…
喜ばしいようなそうでないような。




さて


れんはタイトルは全部書き終わってから付けているのですが
このタイトル付けた後

「……○○の中は『性別』でもOKだよな」

と、このニュースを見て思いました。

(れんは別に同性愛者に対して偏見は無いので悪しからず)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第342話:『ゼブラーマン』 全5巻

4091872751
『君の人生はそれでいいのかい?』










や、やっと読み終えた……_| ̄|○
とてつもなく「今さら感」漂う訳だが…




いやぁ、きつかったっすね。
内容?




面白いですよ、当然。




にも関わらず、
「気に入ったら一気!」のれんが
なかなか巻を進められなかったのは、
一巻読む毎に、何というか
『塊を飲み込むような』
胃もたれするような読後感があるからです。




主人公市川程ではありませんが、
まぁれんも「ヒーロー大好き」w
ただまー、そのまま大人になれるはずも無く
それなりに処世術も上手くなるわけですわな。
(それでも多分下手も下手。大下手です)




「白黒付けたぜ!」と言い切ってみたいのは
世の中誰しもそうでしょうが、
そうは行かないのが浮世の切なさ。




『智に働けば角が立つ。

 情に棹させば流される。

 意地を通せば窮屈だ。

 兎角に人の世は住みにくい。』




とぼやいたのは漱石ですが、
(たぶん本人の述懐だろう)
まぁ古今東西人の世はあまり変わらないんでしょうな。




それでもゼブラーマンは『ヒーロー』である事を貫きました。
決してカッコ良くは無かったですがねw
卑屈で、見て見ぬフリをしたくて、
都合の良い所だけ取り出して自分をごまかしてきた男が
「私は…ゼブラーマンだ!」
という自分の中の「ヒーロー像」だけを支えに筋を通しました。




「みっともないカッコ良さ」
が沁みるのは、自分が大人になったせいなんでしょうねぇ…
(…なったんだろうか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/24

第341話:お休み中

今日は少し暖かいですな。
こんばんは、公約どおり休んだれんです。




えっと、たっぷり過ぎたかも…_| ̄|○




なまじ休みが祝日や土日に当たると用が足せなくてイマイチ。
明日はいろいろ動く事でしょう。




最近道場の道具類(キックミットなど)や
自分用の道具(レガースとか)がくたびれ加減なので
『良いのあるかなぁ~』とネット巡り。
れんが情報収集して師匠に
『こんなんありますよ?安くないです?』
と意見具申するのが通例。
ええ、業者との癒着はありえませんねw
まぁ自費で買って置いてあるのも多いのだが…




それにしても安くなったものだなぁ…としみじみ。
昔はメーカーも少なく、色気の無い商品、
しかも高いものばかりだったのですが
今はカラフルで性能が良い(軽い、丈夫、当りがソフトなど)。
隔世の感があります。




う~ん、レガース新調しようかなぁ…
オープンフィンガーグローブも安くなってきてるなぁ…
そういえば、俺の帯もボロくなってきてたなぁ…
あ、このヘッドガード軽くて見やすそう…




物欲の方向性がちょっとアレですよねw




ちなみにこんなものも発見。
ネーミングが燃えます(インスパイアってゆーな)。
手に持つより、絶対飛ばしたくなるって、コレは!
(でも素で安いな…買おうかなぁw)




ぜんぜん関係ありませんが、こんなところにも迷い込んでました。
自分が北海道民であることを嫌というほど思い知らされましたねw







追記




広島市の小学生殺害事件に哀悼の意を表します。
一日も早い犯人逮捕を願って止みません。




   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/23

第340話:実はチョコ好き

今回のターンは長く感じたのぅ…
こんばんは、明日はお休みのれんです。




…え?世間様もお休み?祝日?
…カレンダーとは縁の無い生活をしているものですから…




カレンダーと言えば、もう販売してますよね。
早いものだなぁ…
毎年、年を越して安くなってから購入する貧乏根性ですがw
ひとつだけ早めに購入するのがコレ




今もデスクの隣にぶら下がっております。
ちなみに「三日坊主めくり」の名のとおり
3日分が一枚です。




昨日から明日にかけてのご教訓




『ちぎってはな毛、 ちぎってはな毛、』




ええ、こーゆー世界大好きです。
『課長、また今晩もサービス残尿ですか?』とか。




それにしても今週は忙しかったなぁ…
今日も帰りが遅くなり晩飯はコンビニご飯と相成りました。
おおっ!くじ運のないれんがセブンイレブンのクジに当たるとは!
チョコが当たりましたよ♪甘いもの欲しかったのでこりはうれしい。




…小さな幸せだなぁw




ついでに『鋼の錬金術師 12巻』も発見!
うひゃひゃひゃ♪
レビューはもう少し後で…
(ネタバレは最小限に)




さて、明日は少し休もう…

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

第339話:♪房は紫 この十手~

いやぁ、毎日寒いですねぇ。
こんばんは、れんです。




今日も電車降りてから車を出すまでしばらくかかりました。
ウィンドウの氷をガリガリこすっても
空気中の水分ですぐ凍るんだもの…_| ̄|○
今年の冬は寒い予感ですね。




先日休みの際、何気なく昼の時代劇を見ると




うわぁ、 『伝七捕物帳』 じゃんか!!




♪あぁか~り瞬くぅ~ 黒門町にぃ~
  「御用御用」のぉ~  声がぁすぅるぅ~




ですよ。
(語尾がうねるのは橋幸夫さんだからです)




以前にもちょっと書いた事ありますが
面白かったんですよねぇ…
話もそうですし、毎回最後のこのイベントが。




大団円で事件解決。
伝七親分の「じゃあ締めようか!」の声。
親分や仲間が輪を作り親指と人差し指を出し




「よぉ~、よよよい よよよい よよよいよい!」




と指を合わせ(この際、拍子木の効果音入る)




伝七親分: 『目出てぇな!』
皆さん: 『へい!』




と応えるという、そりゃあもう粋な…w




えっと、多分拍子木の効果音無かったら寒いです




だって指をちょこちょこ合わせてるだけですから
実際には音なんかしませんのでw
江戸の片隅で何やってんだか…となるのはご愛嬌ですよ。




主題歌を今でも覚えていて、
TVを見ながら「おぉ、記憶に寸分の狂いなし」と自分に驚嘆。
しかし、長年の疑問があったのです。




記憶の中で主題歌に「じゃきっ」というか「じゃらっ」という




効果音




が入っていた記憶があったのですが
いったい何の音だったか分からなかったのですよ。
が、TVを見て納得。長年の疑問氷解♪
伝七親分が首元から『万力鎖』を取り出して構える音だったのか!




★れんの古武具豆知識★


万力鎖
「まんりきさ」「まんりきぐさり」とも。
長さ30センチ~60センチ(流派により差あり)の鎖の両端に
分銅(重り)を取り付けたもの。
場所をとらずコンパクトに携帯でき
また鉄製であるため刀とも渡り合えるので
隠し武器や携帯武器として古来より重宝された。
「打つ」「絡める」「締める」「受ける」など
柔軟な動きが可能であるが、反面扱いには熟練を要す。
(民明書b…ウソ)




そうかぁ、あの音は万力鎖の音だったのかぁ…
我ながら、そんな効果音まで良く覚えてたなw




ところで、この「万力鎖」、自作してみた事が…(ヲイ
適当な長さの鎖の両端に
釣り用の重りを繋げてみたのですが…




結果:自分の頭や背中を痛打




振り回した後の回収が非常に難しい。
なまじ短いだけにスピードが速く、
扱いはえらく難しいのです。
なるほど、流派がちゃんと存在するには理由があるのだなぁと…
この手のしなやかな武器(中国武術では『軟兵』と言われるタイプ)は
扱い難しいですねぇ…
(ヌンチャク他で痛い目見た人)




余談:過去の罪状

<棒手裏剣・投げナイフ>
段ボールや壁を穴だらけにしてましたねぇ…
結論としては「出刃包丁そのまま投げるか、
鉄筋ぶった切って尖らせるのが一番」
(重さがないと刺さらないと分かったので)




<ブーメラン>
「俺たちは天使だ!」に触発。
ベニヤ板を加工して自作。飛距離も回収もなかなか。
ただし、長辺が40センチ厚さ5ミリのベニヤ製ブーメラン。
自分に向かって帰ってくるとかなり恐怖。
(ええ、逃げましたとも)




<ヨーヨー>
「コン・バトラーV」…ではなく「スケバン刑事」に触発(ヲイっ!)
試行錯誤するも、どうしてもできず。
紐を長くすると回収時に紐が溝に収まらず、オマツリになる。
回転力も落ちているので巻き取らず、
逆に巻き取るような速度では回収できない。
麻宮サキのような数メーターの長さの紐は無理っ!
あるいは、警視庁謹製特殊合金製ヨーヨーに、
極細チェーンの組み合わせなら可能なのか…?


総評




こいつはバカである

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/20

第338話:『K-1GP 2005 決勝』 

今K-1の視聴を終えました。
こんばんは、れんです。



でわまー、極個人的レビューなぞを。
(敬称略)


第一試合
『チェ・ホンマン VS レミー・ボンヤスキー』


"巨人を屠るには末端から攻めるべし"


チェもあのクラスの選手としてはバランスは良い方と思います。
が、今の段階では打撃の選手としては未熟と言えるでしょう。
パンチが重いのは認めますが、「インパクト」ではなく
まだ「プッシュ」のレベル。
重いものがゆっくり飛んできてもKOにはなりませんね。
(連続で叩かれてると頭がぼ~っとはしてきますが)
今後「打ち抜く」打ち方を覚えると怖いのでしょうが…

「さてさて、ローキック対策はしてきたかいな~?」
と思いましたが…オイ無策かよw
ま、ここは素直にレミーのローを褒めましょう。




第二試合
『レイ・セフォー VS セーム・シュルト』


"黒豹に巻きつく大蛇"


…わ~ん、シュルトは怖いよ~・゚・(ノД`;)・゚・
セフォーの体調は万全ではなかったようですが
(かなりオーバーウェイトとみた)
それにしてもシュルトの強さは……
ま、シュルトも最後は最悪の事態を懸念したのか
攻めを抑えましたね。
(あのまま頭でも蹴り抜こうものなら死にかねん)
たとえそうであっても、セフォーが倒れなかったのは凄い…
今後も是非K-1戦線に残ってほしいものです。




第三試合
『ピーター・アーツ VS ジュロム・レ・バンナ』


"切ない、切ないなぁ…"



アーツの仕上がりは非常に良かったと思いますね。
往年の…とまではいきませんが蹴りの切れもあり
怪我のせいかローがほとんど蹴れないなかでも
効果的にミドルでバンナの腕を殺してましたね。
ま、アーツは若い頃から老獪でしたしねw
バンナは…K-1とは縁がないのかなぁ…




第四試合
『武蔵 VS ルスラン・カラエフ』


"舐めんなよ!"


予想された序盤のカラエフのラッシュを武蔵がしのぎましたね。
この段階で「…勝ったな」と。
2ラウンド後半からは比較的安心して見てました。
カラエフの打撃は確かに怖いのですが、
ホーストの「相手を蝕んでいくような怖さ」はまだありません。
ラッシュの中に数発「無駄な打撃」が混ざっている。
「武蔵なら見切れるのでは?」と思っていましたが
しのいでくれましたね。
ただ、さすがに精神力と体力を使ったので次では…




第五試合
『セーム・シュルト VS レミー・ボンヤスキー』


"相性とはこういうものか…"


なんか、レミーが何もせずに沈んでいきましたね…
前回も負けている相手とは言え、
ほとんど萎縮したようにすら見える。
実力的にそれほど差があるとは思えないのですが…
それにしても、シュルト強し。




第六試合
『武蔵 VS グラウベ・フェイトーザ』


"空手対決その1"


アーツ負傷(肋骨3本とは豪快な…)によりグラウベ進出。
予選で見てて「今年は強いな」と思っていましたが。
ただ、武蔵が万全であれば拮抗した勝負でしょう。
どうもカラエフ戦で緊張切れたのか、
あるいは戦前からオーバーワークだったのか、
全く精彩がありませんでしたねぇ?
顔色も良くなかった気もしますが…
最後の飛びヒザは「…アゴ逝ったか?!」と思いましたが
無事だったようですね。



決勝戦
『セーム・シュルト VS グラウベ・フェイトーザ』


"空手対決その2"



「さ、決勝だ!気合入れて見よ…ぅ?????」



弟よ、ビデオが終わっておるではないか…_| ̄|○




仕方ないのでオフィシャルサイトで確認…って
なんじゃそりゃー!!




1ラウンド、ヒザで決着ですか…
(結果だけ知ってもつまらん。ふーんだ)




さて、総評。
準決勝に残った4人中、空手出身が3人。


極真会館・グラウベ
大道塾・シュルト
正道会館・武蔵


アンディ以来の空手出身者のGP制覇ですね。
まずは「うむ!よしっ!」って感じ。




今回はこれに加えて大型選手が多いせいか
決まり手が「ヒザ」の大会だったような。
大型選手の場合、どうしても間合いが同じにはならないので
ヒザが蹴りの主力となります。
同じ程度の身長であればボディ中心になりますから
KO率も低いんでしょうが
2メートル級のシュルトがひょいとヒザを上げれば
そこはもう顔面ですからね。




優勝のシュルトは何というんでしょう…
あれだけのボディを持て余すことなく上手に使ってますね。
技は格好良くは無く大味に見えますが
対戦相手がほぼ全員、彼からすれば小さいので
身体全体を使用してダイナミックに…てな訳には行きません。
(間合いが全然合わなくなる)
あれはあれで練られたスタイルなのでしょう。
加えて命中率が高いですね。
怖い選手ですよ。




武蔵については巷間いろいろ言われますが、
日本で彼以上の選手はいまだ出てこず、
また、世界のバケモノみたいな連中のなか
本戦で勝っている事は評価するべきでしょう。
日本人があの中で勝つには今の彼のスタイルというのも
ひとつの選択ではあると思いますので…

それにしてもT沢くん、君の予想は大当たりだったねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

第337話:あたたかい?

ほ~ぼ回復。
こんばんは、タフなんだかそうじゃないんだか、
本人も微妙なれんです。




常々思うのですが、「体力がある」といった場合
二つの意味がありますよねぇ。
「健康体である」という事と「運動能力がある」というのと。
健康な人、めったに病気しない人が必ずしも運動できませんし、
運動できる人が必ずしも健康とは言いがたい。
(ホラ、心臓に爆弾抱えた○杉くんとゆー例もあるじゃないですか?)
最近、妙に体調を崩す回数が増えているので
ちょっと凹み加減ですな




今日は公約(?)どおり、窓ガラスに「ぷちぷち」を。
もっとも、「ぷちぷち」の形はしておりませんで
「ビニールでできた段ボール」みたいな形状してます。
霧吹きで水かけて張るだけなので楽ちん楽ちん♪
で、効果ですが、やはりそこそこはあるようです。
今はヒーター消してますからね。
これでこの冬少しでも暖房費が削減されると良いのですが。




他にも夏物のスーツをしまったり、冬物衣料を出してきたりと
基本的に自室と物置間でうろうろ。
う~む、、、本棚の増設は必須か?
あまり荷物増やしたくないんだが…







明日は『K-1GP in Tokyo 決勝戦』
あ~、今年もこの季節になったか…
……早すぎる_| ̄|○




ま、まぁそれはさておき、今回はなかなか面白い組み合わせですね。
技術レベルは言うまでもなく高いのですが、
チェ・ホンマンがナチュラルパワーでレミーを粉砕するか
それとも逆にレミーが勝って3連覇するか。
はたまたバンナが悲願の優勝をもぎ取るか。
あるいは番狂わせが起きるのか?
我が日本の武蔵はどこまで行くのか?
(個人的にはワンマッチなら武蔵は強いと思うのですが
 KO率が低く判定が多いので、自然ラウンドが長くなり、
 ワンナイト・トーナメントでは辛いと思う…)
明日は遅番ですので、途中からの視聴となりそうですが
楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

第336話:マーカライト・ファープ似

……寝だ。
こんばんは、久々二桁睡眠のれんです。




良くはなりましたがまだ苦しいですねぇ。
全国的にもの凄い勢いで風邪が流行っているようですので
皆様もお気をつけください。
それにしても、最近異様に引きやすいので不思議ですわ?
白血球が多いことと何か関連があるのでせうか?




寒さ対策を痛感しましたので
今日は「ホー○ック」でハロゲンヒーターを購入。
というか、最近は「カーボンヒーター」と名称がついてまして。
「炭火に近い遠赤外線が身体全体を…」
って、囲炉裏そばの魚じゃないんだが…
れんの部屋は小さいですし、ほとんど椅子に座ったままですから
高い灯油を使って部屋全体暖めなくても…という発想。
今、背中で点灯しておりますが
パワーを「小」にしてもこれなら十分ですね。
焦げたりしませんし、空気も汚れないので。




明日は窓ガラスに「ぷちぷち」でも貼ろうかと。
以前貼った事がありますが、ずいぶん違うものですよ。
れんが子供の頃は冬が近づくと、近所のそこここで
「窓枠にビニールを貼る」光景が見られましたがw
大きくて厚手のビニールを細い木で窓枠に張っていく訳ですよ。
春になるとはがすんですよ~
(最近の若い人は知らねぇだろうなぁ…)
灯油の高値はしばらく続くでしょうから自己防衛せねばね。




昔はそりゃ豪快な「つらら」もできていましたが
最近は無落雪構造なのでつららもあまり見ませんね。
子供の頃、よく学校帰りにつららを折って
ぽりぽり齧りながら帰ってきた記憶がありますが
よく考えると、屋根には




鳥のふん




とかあったかもしれない訳で、おバカでしたねぇ…




| | コメント (2) | トラックバック (0)

第335話:道場日記

久しぶりの道場な訳ですが、いまだ「ずびずび、けほけほ」な状態。
まー寝てても良くはならんでしょうしね…
道場に入るなり「あ!れんせんせー久しぶり!」
と子供たちから声が掛かりました。うむ、すまぬな。




最近の子供たちはむちゃくちゃ体硬いのですが
最近新入門してきた子供たちも例外に非ず。
ただ、「こいつら偉いなー」と思うのは
きっちり柔らかくなって来ている事です。
きっと家でも柔軟やっているのでしょう。
(道場で週数回ではああはならない)
うむうむ、良いぞ。




「体力が落ちてる」「生気がない」など
最近の子供たちについての否定的な意見を耳にしますが
こーゆーのを目の当たりにしますと
それは子供たちのせいではなく、
『身体を使って遊ぶ環境を無くしてしまった社会のせいだなぁ』
と感じたりするわけです。
公園行ってもボール使っちゃ駄目とか、
まぁイロイロと制約が多い世の中になりましたし
「原っぱ」なんぞ絶滅しましたからねぇ…




子供たちは別に「活力無くなった」なんて事は無いと思いますよ。
練習始まる前は遊びまくってますからねぇ。
ちゃんと学年関係なくやってますわ。
ま、遊ぶようにボール買ってきて置いておく俺もどうかとw




面白いのは女の子。
年長の子からすると、
自分より小さい女の子が可愛くて仕方ないようで
よく面倒みてますよ。
小さい方も心得たもので(?)、ちゃんと甘えてる。
「…よくできているなぁ」と感心しますな。




よく「最近の子は並べない、人の話を聞けない」
などと言いますし、実際入門してきてしばらくはそうなんですが
半年もすれば小学校1、2年生でも黙って立って、
俺のつまらん話聞いてますよ。
5、6年生だと「口の利き方知らんガキ」も入ってきますが
同様に半年程度で「タメ口」は一切無くなりますね。
これは師匠やれんの指導力とかそーゆーのではなく
「それが当たり前の空気」を維持しているからです。




特に厳しい事もしませんし、殴ったりもしません。
現にれんなどは「仲間」と思われてるフシすらありますがw
それでも言う事聞いてくれるのは
「先輩がきちんとしているから」です。
子供たちの中でも古株の子達はきちんとしていて
時々「うるさいぞ!先生の話聞け!」とかやるわけです。
(その場合、怒られた方は先生に怒られるよりマシ、
 怒った方にはこちらから「ありがとう、助かるよ」
 と言っておけば「えへん♪」となる。
 こちらもあえて怒らなくて済むので気分も良いし手も掛からない。
 『三方一両得』が成立するのですな。)




古株ほど師匠やれんの前に来るときちんと礼をするし
言葉遣いもしっかりしている。
そうなると、年少組は
「あ~、こういうものなのか」
と思うのでしょう。
ごく自然に、脈々とこの空気は受け継がれてますよね。




ですので、どこかでこれを崩してしまうともう大変でしょう。
れんの力だけでは戻せないでしょうな。
「タガは絶対に緩ませられない」理由がそこにあります。
逆に言うと「維持できてれば十分」なので
そこだけ気をつければ良いのは楽ちんですね。
「伝統」などという肩肘張ったものではありませんが
お互いにとって適度な緊張感はむしろ居心地良いなぁと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

第334話:へーちょ

ずびびびっ
こんばんは、風邪をひいたれんです。




どうも「冷え」が身体に入ったようで、
寒気と朦朧感にさいなまれております。
どうも最近妙に風邪ひきやすいな…歳ですかねぇ?





「じゃあさっさと寝ろよ!」と言う声もありますが
実はさっきまで落ちてまして…
「ふぅ…」と椅子に座ったとたん意識が暗闇に…w
会社でも業務終了直後、一時的に落ちてましたねぇ。




今日は暖かくして寝ます。
湯たんぽも用意しましたっ!
さっさと治します。
では皆さんおやすみなさ~い

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/15

第332話:そんな大人、修正しt(以下略

……寒いと眠くなりますよね?
こんばんは、最近この時間ひじょ~に眠いれんです。




きっと気温が下がると代謝が下がるんですよ。
冬山行ったら真っ先に死にますね。
まだ自室にはストーブ出さずに頑張っております。
ええ、「ホルスタイン柄どてら」が活躍しておりますとも。
ちなみに弟は「豹柄どてら」。
……喰われそうです。




この季節って暖房や服装悩みますよねぇ。
今日はこの冬初めてコート着用で出社しましたが、
(例の「コロンボコート」です)
着ていって正解でしたね。




先日「前日投票」なるものをした訳ですが
今日の新聞の開票見てビックリ。
「現職有利」の下馬評を覆して新人が当選。
……絶対現職だと思っていたのだがな。
自○党のお偉いさんとか応援来てましたからねぇ。
へぇぇぇ…







仕事帰りに電車の中で読む本を物色…してたら
何本も電車を逃した訳ですがw
本屋の中で『どうにも見苦しい』光景発見。




さて、ご存知のとおり最近の本屋は
コミックにビニールかけてありますが
その書店は袋に入れるタイプではなく
くるりと巻くタイプのビニール。
まぁ、すぽんと抜けると言えば抜ける。
が、しかし




オッサン、外して堂々と立ち読みすんな




あのよ、ガキじゃねぇんだから…
(ガキなら良いというわけではないが)




外見50代くらいですかねぇ?
会社では「最近の若い奴らは…」とか
家庭では「行儀良くしろ!」とか言ってそうな感じ。
ビニールから抜いてさっと立ち読みして、
また次のを読むって感じ。
一応ビニールは元に戻してましたが
その『戻す姿』がまたイタいからやめろよな…




れんはその場を離れ、別のコーナーで物色。
隣でまた抜いてる阿呆がいる。
『このオッサン、まだやっとんのか?』
と思って見ると、




同年代の別人でした…_| ̄|○




アレか?最近はそういうのが流行ってんのか?
「週刊ポスト」とか「週刊現代」とか
「週刊新潮」とか「プレジデント」とかでは
『これが新しい潮流』とか言って特集が組まれてるのか?!




「じ~っ」とオッサンの顔としぐさを見ててやりましたが
さすが年の功、動じませんな。
『亀の甲より年の功』たぁよく言ったもんだw
で、無駄に長年地球資源を浪費してきたな、貴様。




若くて金のない世代や、
まだ未熟で世の中が分かってない世代がやるってんなら
多少は同情の余地もありますが
いい年こいたオッサンがやるのは




『醜悪』




なんだよな。




それは『商品』。
新品として売るのであるから値段が正札。
仕事して経済活動の中心にいる人間が、
経済の基本を崩すような真似するんじゃねェ。
アンタらの会社が何売ってるか知らねェが、
よそ様の商品価値を下げるような真似するんなら
アンタらのとこのモノもサービスも大した事はないだろうぜ。
『価値が分かってない』ってこったからな。




大体、大人がみっともない真似するなよ。
見栄を張れ。カッコ付けろ。筋を通せ。
中身読みたいならレジに持っていって
「確認したいんですが」と言うのが大人だろうさ。
そっちの方がカッコ良いと思うがね。
コミック持ってレジ行って確認する大人…
そっちの方が傍から見ててしびれるぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

第331話:…さて、パーツ屋回るか

寒さもひと段落…ですかね?
ま、週間予報では「雪だるま」マーク出てますが。
こんばんは、れんです。




予定通りタイヤ交換と投票を済ませてきましたよ。
れんは最大限『棄権』しない人なので。
(投票しとかねぇと後で政治に対して文句が言えん)
前日投票ってのは初めてでしたが、結構人来るんですねぇ。
しかし、この投票ネタはれんの生息地がバレバレのような…w




タイヤ交換も無事に…って、
交換後左フロントから異音がするのはなぜだ?!
車止めて締めなおしたり干渉が無いかどうかチェックしましたが
どこからも音の出る要素は無いんですがねぇ?
まぁアタリ付くまでなのかなぁ?







ついでに、先日弟に「応急タイヤの注意事項」を講釈たれた都合上
一応下ろしてチェックしてみましたが…




空気圧0.5気圧ってなんだー!!Σ( ̄ロ ̄lll)




いやぁ、減るもんですねぇ。
やっぱたまに見とかんとアカンな( ̄ー ̄;
仕方ないので、空気入れでしゅこしゅこと……
(この空気入れは自転車にも使える「タンク付きポンプ」
 って奴ですよ。きっと皆さんトコにもある筈)

で、規定圧何気圧だっけ?




……4.2気圧ですか_| ̄|○




普通のタイヤが概ね2気圧ですからそれの倍。
まぁ、タイヤ自体も細いので入れる空気は同じくらいでしょうが
ほぼ丸々一本分を手作業で入れるのはしんどいなw
(既にこの段階で今装着したスタッドレス4本の
  チェックと空気調整済み)




しゅこしゅこしゅこしゅこ(ぜーはー)
しゅこしゅこしゅこしゅこ(ぜーはーぜーはー)
しゅこしゅこしゅこしゅこ(ぜーはーぜーはーぜーはー)
…………………………




「よ、よし……今何気圧まで入った?」と計測。
エアゲージを取り出しふと見ると




目盛りが3.5気圧までしかねーじゃねーか( ̄Д ̄;)




とりあえず一度測るとほぼ半分。
「え~と、今○回くらい押したから、後同じ分押せば計算上は…」




しゅこしゅこ……(以下略)




「さ、さぁどうだ?!」バルブに当てていざ計測。




針が一回転しました




「あわわわわ、回った回ったーッ!!」
だから、3.5までしか測れないって…(爆)




「ま、まぁ突き抜けるくらい回るんだから入っているに違いない」




作業終了




いや、ほら。
応急用ですからねぇ。
そうめったに使う機会は…
(つい先日貴様の弟が使っただろ)




それ以前に問題なのはどうやらこの車には




ジャッキが積まれていなかった




事じゃないかな?




考えてみたら前回もその前も自宅置きのもの使ってた…
どこで落とした?(オイ)




つか、ジャッキ無いのに応急タイヤに空気入れても



活躍の機会はないでしょうなぁ…

ちーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

第330話:『手紙が届いたら 封は切らずに…』

ぷるぷるぷる…寒いですねぇ。
仕方がないので窓とカーテンをきちんと閉めましたよ
こんばんは、根本的なところが間違っている気がするれんです。




いやいや、カーテン閉めないのには理由がありましてね。
れんの部屋は遮光カーテンなのですよ。
そーゆー代物を閉めてしまうとどうなるか?




朝目覚めません




ま、明日も休みですから良いんですが。
平日は厳しいですねぇ。




今日は書類を提出しに会社へ。
しかし、何ともちぐはぐな行動ばかり取ってまして…
支度して出発 
⇒ 定期を忘れて慌てて家に戻る
⇒ タッチの差で電車を逃す
⇒ 会社に到着、書類を出すフロアを間違えウロウロ




他にも出したつもりのメールが送信されて無いとか。
(○○ちゃん、すまぬ!)
なんだかもーネジがどこかで緩んでいるようで…
仕事日じゃなくて良かったかも。




今日は雨気味でタイヤ交換できなかったので
明日交換&投票予定でっす。







先日本田美奈子さんが逝去されて
「え~?あまりに早いよなぁ…」
と思っていたのですが(世代的にはまぁ同じ)
今日の新聞を読んでて
「高橋ひろ氏死去」の報が…

……………_| ̄|○

好きな声とメロディーだったのになぁ…
アニメ版『幽々白書』を見てた人はご存知のはず。
れんもエンディングで流れてた2曲
「アンバランスなKissをして」と「太陽がまた輝くとき」
しか知りませんが今でも両方フルコーラスで歌えますよ。




皆さん早すぎですよ…
謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/11

第329話:行かねばならぬ

はい、明日休みなのに会社行き決定~
こんばんは、相変わらずお間抜けなれんです。




皆様のところもそうでしょうが、当社も年末調整の時期。
提出期限は明日までなのですが、シフトの関係上れんは今日が最終日。
前日から書類と保険の証明書をバッグに放り込み




「さて」




と意気込んだまではいいのですが




この証明書違った…_| ̄|○




何を勘違いしたものか、関係の無い通知を持ってきてしまいまして…
うへぇ、明日会社行かなくちゃ…
休み初日は寝たいのよぉ~




まぁ、どのみち前日投票に行かなきゃならないわ、
(我が街は市長選まっ最中。日曜は勤務なので投票行けない)
タイヤやワイパーは交換しなくちゃならないわと
そこそこ忙しいと思うので、寝てもいられないでしょうが。
ん?天気はどうなんだ?







ここのところココログにログインできず、
書く気も萎えかねない訳です。



余談ですが、この「萎え」って漢字を
なるべく見たくないと思うのは微妙な男心でしょうか。
考えすぎですかそうですか。




今日の昼間は「アクセス解析機能」がきれいにオチて
なんと管理メニューからその項目が「無くなる」という
不可思議な現象が発生w
「…なんかいつもと画面が違くね?」
と、しばらく何が足りないのか分かりませんでしたよw




以前はトラックバックスパムによるものと発表がありましたが
今回もそうなんですかね?
しかし、ログインできないとホント困りますよねェ…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

第328話:本日のキーワードは「白」

あんなに降るとは思いませんでしたねぇ…
こんばんは、れんです。




ビルの中から外を眺めると「うわぁ、真冬の光景だぁ」という感じ。
ま、さすがにこの季節では地温も高いので積もりはしませんが。
大抵北海道の雪はこの季節に一度降って驚かせ、
その後放置プレイ…ってのが常ですから慌てなくても♪
(とか何とか言ってるうちに朝積もってて大慌て…って事も)




雪の影響は受けませんでしたが、
むしろ問題だったのは電車で帰ってきてから。
駐車場に止めてある自分の車が




冷凍マグロ




状態。




…しまった。
スノーブラシはまだ積んでねェ…_| ̄|○
仕方がないのでエンジンをかけ、
アクセルを気持ち踏んでデフォッガかけて
ウィンドウにびっしり付いた霜が解けるまで待ちですよ。
前が見えなきゃ運転は無理無理。
10分以上車内でぼ~っとタバコ吹かしてましたわ。








第306話(10月13日)にて受けた健康診断の結果が来ました。
なんせ、去年の手術前には「全身麻酔」という事もあって
それはみっちり検査をされましたので
『ま、驚くようなものはあるまい』
と悠然としたもの。
実際、ほとんどが「A」判定だったのですが
一箇所、勝手に病名付けられてました。




『白血球増加症』




…なんですかそれわ?




「日常生活に注意を要し経過の観察を要します(C判定)」




…つか、C判定で病名断言しないで欲しいんですがw
判定コードは「H」まであるのに!




しかしまぁ、確かにここ数年、
れんは血ィ調べると必ず「白血球」で引っかかりますな。
去年も手術前に




「…風邪ひいてますか?」
「???いいえ?」




とゆーやりとりがありましたから、普段から人様より多いのでしょう。
うむ、これはれんの「清廉潔白」な人柄のなせる業では…?
(すいませんごめんなさいもういいません)
一緒に載ってる基準値から計算すると
今回は基準値の1.4倍…くらい?
ま、今回はばっちりその前後に風邪ひいてましたし…ねw




帰ってきておふくろに見せると
「…今のうちに保険に入っておいた方が良いんじゃない?」




その発言の真意を問いたいぞ、俺は




 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/08

第327話:「CUE人」…ねw

朝は足を引きずっておりましたが
夕方から普通に歩けました♪
もっとも、しゃがめませんがね…w
こんばんは、れんです。




トイレが和式じゃなくて良かったッ!!




予想より早く動くようになって良かったですわ。
それでも関節周りに大量の血がある訳ですから
一度姿勢をとってから違う姿勢に変換する時には
血の部分は急には動かず「あ痛ててて」となりますがね。




これから黄色といった、
人体にあるまじき極彩色に変化するでしょう。
サイケサイケ♪




昨日患部を眺めてて本人も驚いたのは「毛」が消失した事。
直径3センチくらいの範囲で根こそぎ無くなっているのです。
「毛根がある…という事は生えてはいたんだよな?」
どうやら激突の衝撃ですべて持っていかれたようで。
おぉ、「ツングースカ隕石跡」みたいだ…







さて、何気に今週号の『CLUE』を眺めていると
(…何気に眺めんなよ)
「ミスター」鈴井貴之氏のコメントが。
「あ~、彼も代表取締役社長だもんねぇ。
 会社勤めの心構えなんぞを若い人に伝えてるのね…」
とインタビュー記事そのものはスルー。




しかし、求人欄を見てビックリ。
えぇ?!ホントに「株式会社クリエイティブオフィスキュー」

求人出てるよ!!

『CUE人、募集!!』って!!




もちろんタレントさんの募集じゃないですよw
営業とかマネージメントとか、そっち方面。
それだけに…
うわぁ…いったいどれぐらいの人が応募するんだろう…
想像するだに恐ろしい数になりそうだ…




だって、求人条件が




『募集2:
 30~40才位迄、要普免、短大・専門卒以上
 営業経験ある方』




…って、緩っ!∑( ̄Д ̄;)




ちなみにこの条件なられんも該当しますが…
(応募はしませんよっ!いや待て…しかし…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

第326話:やれやれ…

お休み初日…にしてはあんまり寝てないな?
こんばんは、れんです。




ま、今日は午後から打ち合わせで札幌行く予定だったので
午後まで寝る気もありませんでしたが。




さて、起きてみるとおふくろもパタパタしとる。
「なした?」「それがねぇ…」




おふくろは今ちょっと町内の福祉方面に首突っんでるんですが
どうも厄介事らしく…
力仕事が要りそうなので急遽手伝う事に。
ま、本人も家族の労働力を安易に当てにはしてませんし
今回は特におふくろの領域じゃない仕事なんで
頼みにくかったようですが。




「福祉」の現場は奇麗事じゃないですからねぇ。
「年取って人間ができる」なんて事もありますが
むしろタガが緩くなる訳ですから
「エゴが丸出しになる」ケースも少なくは…
ですから
「丸くなったおじいちゃん・おばあちゃん」
は大事にしよう!貴重なんですから。




以前知り合った医療関係の社長さん曰く



「介護施設は入所者のセクハラがすごいんだよ」




人間理性が衰えても本能は残りますからねぇ…(-_-)ウーム




これに家族の問題が絡むと
他人がおいそれと手ェ出せないモノですが
まぁ今回はおふくろ貧乏クジ引きましたな。
前任者が安易に約束したのと
「脳内で都合の良い事しか変換されない」相手とのコンボだったし。




さて、俺の姿を見た相手が
「どなたですか?」

「息子です」
「あぁ、市役所の人かと…」




…市役所なら来てくれて当然だと思とんのかー!
市役所はいちいちこんな事やってやらんし
そもそも今回は家族で決着つけるべき事だ、ゴルァ!!
大体において、俺の税金をこんな事に使わせねぇ!!




ハイ。ご推察のとおりです。
今回れんはおふくろ相手には「力仕事要るだろ?」と
「労働力として」参加を表明しましたが、
実は「アンタの我侭でこのとおりウチも迷惑」
というプレッシャーをかけに行ったのでした♪
おふくろだけでは「仕事」と思われるので
あえて「仕事じゃないよ」という点を強調するため
ボケボケくっついていった訳です。
ですのでおふくろ見てないとこでは実に冷淡な視線を相手にビーム♪




どうも市役所だの福祉だのは
タダで何でもしてくれて当然と思っているのかも知れませんが
収入(我等の税金)は決まってるんですから
ルールは守りましょうよと。
分配や手続きなんかに問題がないとは言いませんが
問題があるのは役所の人たちだけじゃないですよ?
市民側の意識も清廉潔白じゃあるまい?
ともすれば「うまくやってやろう」って思ってるでしょ?




れんは「公務員」ってだけで
白眼視する風潮もどうかと思っているので。
そりゃまぁ無駄も多いとは思いますが、
働く人はそれこそ過労死寸前まで働いてますからねぇ。
「公務員削減」と言えば人気取れるのかも知れませんが
その後どうすんのその人たち?
家族いるよ?
失業率上がるよ?
それで皆幸せになるの?
「自分がいるところに相手を引っ張り下ろそう」
というのは不健康な発想だと思うんだけどね。




おふくろもちょっと気落ちしてすまなそうでしたが
まぁ気にすんなよ。
こんな事もあらぁな。







今日は妹が昼間から来てたので「なんだろ?」
と思っていたら、タイヤ交換に来てましたw
ウチは妹含め、全員スタンドには行かず手交換ですので。
近所でも風物詩らしいですなw
そんなに変だとは思わんのだが?




妹がちまちま交換している間
それを見ながられんと弟が後ろで雑談。
近所の人も通っていきましたが、妹一言。




『アンタら、絵的にそれはどうよ(#`皿´) ムキーーーー!




……あぁ、なるほどね。
女性がタイヤ交換してるのをぼーっと眺めてるオトコ二人。
絵的にゃ確かにアレかもなw
いや、別にやらせてる訳じゃないし、それお前の車だし…
それにお前自分でペイントくらいまでならするじゃん?
いまさら…ねぇ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第325話:道場日記

いやぁ、ひさしぶりの道場ですよ。
しかも休みなので初っ端からフル参戦ですよ。
うっしゃっしゃっしゃ♪




『あらあら、カラダの一部がこんなに腫れて♪
     熱も持ってるじゃない。うふふ…』




えっと、打ち身です。
エロ話じゃないですよ?何考えてるんですか?




久々に兄弟道場のKとK(ありゃ?イニシャル同じか?)が来まして。
二人揃って「稽古付けてください♪」
19歳と25歳か……
…イキが良すぎる気もするんだがな(; ̄ー ̄A
お前ら、俺の歳考えてくれないだろ?
まぁ、そう言うんなら仕方ない。
俺も欲求不満だったしなァ(ニヤ




★K19戦★

おぉぉぉ?!上手くなったじゃねぇか!!
考えた稽古してるな?
どのように上手くなったかというと、
『攻撃しながら防御ができる
 防御しながら反撃ができる』
という事です。
こっちも久々で目が慣れてないとはいえ
本気なら数発直撃もらいましたね…
よーしよし♪
最終的には体勢がもつれてコケたので
フロントネックロック入れておしまい(え?打撃してたんじゃ…?)




★K25戦★

こやつは同段位で幹部、しかも身体も俺よりでかいので
ちぃと厳しく行こうかね。
普段れんはあえて本人には厳しい事言ってますが、
客観的に見れば、実はレベルはかなり高い。
本人曰く「喧嘩では今のところ負けてません」というのは
あながち嘘でもないでしょうな。
あれだけ柔軟に重い蹴りを操れれば頷けます。
それだけの素質がありますから逆に小さな道場内では相手もいなくなり
そこで成長が止まりかねない。
時々「まだまだだよん」とやってやらないと
興味も失っちゃいますよ。




さぁて、オープニングは…やっぱりローから入るんかい!w
こいつ相手なられんも安心できるので
自分の道場内ではほとんど使わないローのお返し♪
しつこく数年間いろいろと言っていますから
さすがに最近は徐々に「迅く」なってきてますね。
むやみに上段の蹴りに頼る癖も修正されつつあるな。
うむうむ♪




しかし、無理してでも首相撲からヒザに持ち込もうとするのは
相変わらずいただけねェけどなw
後で「なんで俺より小さいれんさんを引き込めないんでしょう?」
と悩んでいましたが、防御にもコツがあるんだよ。
あれだけ空間空いてりゃどうにでもなるわい。
リストとヒジのロックも甘いしな。
こっちの体勢自由なのに無理してヒザ上げるから、そうやって




俺に金○をわし掴みされるのさ♪




(あ、手洗うの忘れた)




さて、楽しく戦っていたのですが
途中でお互い同じタイミングで放ったローが
ヒザ同士で激突するアクシデント。
まぁよくある事ではあるんですが。
その場では「まぁ大丈夫」とやせ我慢しましたがw
無論続行。最終的には無理に組んできたので
サイドからバックに回って胴締めのスリーパーでおしまい(ええ?!)




さて、強打したヒザですが
さすがに練習終わる頃にはパンパンに。
ヒザ曲がりませんな
ま、打撃系では良くある事です。
こんなのは我慢我慢♪
階段下りるのがしんどいですけどね。
どうか明後日には曲がりますように…
駅のホームから降りる階段が怖いので。
今は「MY杖」ついて歩いてます。
え?何でそんなモン持ってるのかって?
そりゃあ初めてじゃないですからねぇw
会社に杖ついて行った事もありますよ。




その姿、あたかも




『MAC隊長時代のモロボシ・ダン』




この例えは分かりにくいな…_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

第324話:あれ?こんなに長くなった?w

…あぶねぇ、また落ちてた…
こんばんは、椅子に座ってうつむいたまま
気がつけば3時間近く経っていたれんです。




燃えたよ…燃え尽きた…真っ白にな…




…ええ、単に疲れていただけです。
今日は仕事の調子が最悪だったもので…_| ̄|○
あまりの不調に居残りをする気力もなく早々に退散。




挙句、「一週間ぶりの道場♪」と思っていそいそと行ってみたら




今日祝日だったー!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)




指導者がスケジュール把握しなくてどうするって気もしますが
この仕事してると曜日感覚ないもので。




う~ん、一週間か…溜まってるなぁ…
ぼちぼち




なんか殴りたくて仕方ないんですが




いや、別に人間でなくてもいいんですけどね。
(…「なくてもいい」?)
別に門下生捕まえて人間サンドバッグに…
……なんて事をする訳ないじゃないですかw
練習開始前にミット打ちに付き合ってもらう程度ですよー
…なぜか大抵嫌がられますが。
そんなに俺パワーないよ?







カラダを動かせなかったのでせめて脳内だけでもw




こんなことを長年やってますと、
どうしても訊かれるのが『護身術』
ま、ウチの流派自体が護身術寄りの武道なので(?)
いくらでもネタはあると言えばあるのですが
本当に大切なのは技術ではなく、
実は「マインド・セット」なのではないかと。




「日常に危機がある」
「なんとしても切り抜ける・生還する」




という意識を持てるかどうかのほうが
小手先の技術を持つより重要じゃないかなと思うのですよ。




前者は、まぁこんなご時世ですから
皆さん「何となく」は持っていると思うのですが
具体的にどういう思考回路で考えればいいのか…という事になると
これはこれで難しいと思います。




防犯ベルや催涙スプレーを持っていたとしましょう。
それが「バッグの奥にしまってある」のではどうかと。
夜道を歩く時は「ポケットに入れておく」か
「手に持ってる」くらいでないと、その場になった時難しいでしょう。




実際、コートなどから「べろんちょ」と
フルオープンアタック
するタイプの変態さんに遭遇した女性の方に話を聞くと、大抵
「声が出ない!叫び声なんか出せない!」
とおっしゃる。
そりゃあ当然ですよね。
そんな非日常を目の前にいきなり突きつけられたらそうなります。




じゃあ、対応策として何かあるのかと訊かれますと
それこそこれは「護身術」という「技法」では対処できない。
むしろ精神的な「シミュレーション」の方が必要になってくると思うのです。




後者の方はちょっと分かりにくいと思うのですが
要するに「自分が加害者になっても」と言うことです。
危機を切り抜けるために、
「攻撃者に苛烈な反撃を加えられるか?」
という抵抗感の克服とも言えるでしょう。




「自分の反撃の結果、相手が大怪我ないし死亡してもやるか?」




語弊を恐れず言えば、れん的には
「構いません。やってください」
という事になるのですが…w




アメリカの護身術講座などでは
実際にレイプ殺人に遭って、不幸にして被害者になった方の
『遺体の写真』を講座の参加者に見せ
(正視にはなかなかキビシイ写真ばかりです…)
「こうならないために躊躇しないでください」
「あなたのこんな姿を見せられる家族や大切な人のためにも」
と教えていると聞きます。




方法論はさておき、この考え方は正しいと思います。
常習の犯罪者を相手にして
普通に暮らしている我々が身を護る時に
躊躇をしてはノーチャンスです。




以前にも書いていますが、もとより
『現在進行形の犯罪者の人権は
 犯罪行為を停止するまで停止されるべき』

という論者のれんからすると
躊躇する必要は何らないと思いますよ。




「いってきます」と出て行ったあなたが
笑顔で「ただいま」と帰ってこない時、
必ず誰かが泣くでしょう。
そうならないために、躊躇はしないで欲しいですね。




道場に女の子は何人かいますが




「やれ。遠慮するな。
 万が一相手が死んでお前らが罪に問われたとしても
 減刑の嘆願書を街頭で集めてやる。
 マスコミ集めて大騒ぎしてやる。
 お前らが無事に還ってこられたのなら安いものだ」




とは言ってあります。
「お前、そんな事言って実際にそうなった時ホントにやれんのか?」
と言う声もありましょうが、
それを証明する機会は一生来なくていいですなw




でもそうなった時は多くの人の賛同を得られると信じていますよ。
決して世の中は狂ってはいないし、それこそが普通に、
真っ当に生きている人間こそが持てる
最大の力だと思っていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

第323話:『♪振り~向くな 涙を見せるな~』

いやいや、久々に間が空いてしまいましたね。
こんばんは、今目が覚めたれんです。




さすがに得意の床寝をすると目が覚める季節になりましたね。
(普通の人は朝まで寝ねェよ)
周囲で風邪が流行っていますが、皆様もお気をつけください。




ここ数日ちょっとバタバタしていたりネタがなかっtしていたもので
空いてしまいましたね。
(最近読んだ新書はイマイチだったし…_| ̄|○)
本来れんはすこぶるぐーたらなので、
間を空けると一気に放置プレイとなりかねません。
気をつけませんとねw




珍しくCDを馴染みのCD屋に行って発注。
Amazon貼っといて注文出すのも何ですが、
そこはホレ、付き合いというものもありますので。
ま、れんがわざわざ買うCDですから
(メジャーなものは基本的にレンタル)




それはどうだ




というものな訳ですが。




ファンに失礼とも言えますが、
なんだかんだ言って買っている訳ですからご容赦をw




ドラマのサントラの中の「一曲だけ」聞きたくてサントラ買ったり
(しかもインスト)
一度も見たことない番組の主題歌を買ったりするので意味不明です。
今回もそのパターンでしたなw
うっかり予告編とかプロモーション映像とか見ると駄目なんですよね。
最近はFlashもヤバイ。
その曲のサビが頭の中でヘヴィローテーションするとねぇ…




それにしても『JAM-Project』に行ったか…_| ̄|○




お前、ゲームやってないだろう。
他にもとうとう「ヤンマーニ」買うてしまいましたが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »