« 第338話:『K-1GP 2005 決勝』  | トップページ | 第340話:実はチョコ好き »

2005/11/21

第339話:♪房は紫 この十手~

いやぁ、毎日寒いですねぇ。
こんばんは、れんです。




今日も電車降りてから車を出すまでしばらくかかりました。
ウィンドウの氷をガリガリこすっても
空気中の水分ですぐ凍るんだもの…_| ̄|○
今年の冬は寒い予感ですね。




先日休みの際、何気なく昼の時代劇を見ると




うわぁ、 『伝七捕物帳』 じゃんか!!




♪あぁか~り瞬くぅ~ 黒門町にぃ~
  「御用御用」のぉ~  声がぁすぅるぅ~




ですよ。
(語尾がうねるのは橋幸夫さんだからです)




以前にもちょっと書いた事ありますが
面白かったんですよねぇ…
話もそうですし、毎回最後のこのイベントが。




大団円で事件解決。
伝七親分の「じゃあ締めようか!」の声。
親分や仲間が輪を作り親指と人差し指を出し




「よぉ~、よよよい よよよい よよよいよい!」




と指を合わせ(この際、拍子木の効果音入る)




伝七親分: 『目出てぇな!』
皆さん: 『へい!』




と応えるという、そりゃあもう粋な…w




えっと、多分拍子木の効果音無かったら寒いです




だって指をちょこちょこ合わせてるだけですから
実際には音なんかしませんのでw
江戸の片隅で何やってんだか…となるのはご愛嬌ですよ。




主題歌を今でも覚えていて、
TVを見ながら「おぉ、記憶に寸分の狂いなし」と自分に驚嘆。
しかし、長年の疑問があったのです。




記憶の中で主題歌に「じゃきっ」というか「じゃらっ」という




効果音




が入っていた記憶があったのですが
いったい何の音だったか分からなかったのですよ。
が、TVを見て納得。長年の疑問氷解♪
伝七親分が首元から『万力鎖』を取り出して構える音だったのか!




★れんの古武具豆知識★


万力鎖
「まんりきさ」「まんりきぐさり」とも。
長さ30センチ~60センチ(流派により差あり)の鎖の両端に
分銅(重り)を取り付けたもの。
場所をとらずコンパクトに携帯でき
また鉄製であるため刀とも渡り合えるので
隠し武器や携帯武器として古来より重宝された。
「打つ」「絡める」「締める」「受ける」など
柔軟な動きが可能であるが、反面扱いには熟練を要す。
(民明書b…ウソ)




そうかぁ、あの音は万力鎖の音だったのかぁ…
我ながら、そんな効果音まで良く覚えてたなw




ところで、この「万力鎖」、自作してみた事が…(ヲイ
適当な長さの鎖の両端に
釣り用の重りを繋げてみたのですが…




結果:自分の頭や背中を痛打




振り回した後の回収が非常に難しい。
なまじ短いだけにスピードが速く、
扱いはえらく難しいのです。
なるほど、流派がちゃんと存在するには理由があるのだなぁと…
この手のしなやかな武器(中国武術では『軟兵』と言われるタイプ)は
扱い難しいですねぇ…
(ヌンチャク他で痛い目見た人)




余談:過去の罪状

<棒手裏剣・投げナイフ>
段ボールや壁を穴だらけにしてましたねぇ…
結論としては「出刃包丁そのまま投げるか、
鉄筋ぶった切って尖らせるのが一番」
(重さがないと刺さらないと分かったので)




<ブーメラン>
「俺たちは天使だ!」に触発。
ベニヤ板を加工して自作。飛距離も回収もなかなか。
ただし、長辺が40センチ厚さ5ミリのベニヤ製ブーメラン。
自分に向かって帰ってくるとかなり恐怖。
(ええ、逃げましたとも)




<ヨーヨー>
「コン・バトラーV」…ではなく「スケバン刑事」に触発(ヲイっ!)
試行錯誤するも、どうしてもできず。
紐を長くすると回収時に紐が溝に収まらず、オマツリになる。
回転力も落ちているので巻き取らず、
逆に巻き取るような速度では回収できない。
麻宮サキのような数メーターの長さの紐は無理っ!
あるいは、警視庁謹製特殊合金製ヨーヨーに、
極細チェーンの組み合わせなら可能なのか…?


総評




こいつはバカである

|

« 第338話:『K-1GP 2005 決勝』  | トップページ | 第340話:実はチョコ好き »

コメント

たれぞ~さん

>そういや、最近とんとお見かけしませんね、梅さん。元気なのかしら?

そうなんですよねぇ~
お元気なんでしょうか?
この方の『金さん』も面白かったんですが。

>杉良太郎さまにクラクラしていた

いやいや、あの時代の杉さまの色気たるや…w
当時の「杉さまの流し目」といやぁ、
バン○ランの眼力並の破壊力が…

投稿: れん | 2005/11/22 01:32

「伝七」と言えば、中村梅之介さんですね(笑)

見てましたよ~小学生の頃は何故か時代劇ファンだったのです。中村梅之介さんといえば金さんもやってましたね。私はその頃、杉良太郎さまにクラクラしていたマセガキだったんですが、梅ちゃん版のは金さんも見てました。

そういや、最近とんとお見かけしませんね、梅さん。元気なのかしら?(←こう書くと「ど根性ガエル」の梅さんのようだわ・爆)

投稿: たれぞ~ | 2005/11/21 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/7241584

この記事へのトラックバック一覧です: 第339話:♪房は紫 この十手~:

« 第338話:『K-1GP 2005 決勝』  | トップページ | 第340話:実はチョコ好き »