« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/29

第363話:♪どぉしたんだ、ヘヘィべいべ

セルが…回らん?
おいおい、エンジンかからんじゃないか。
こんばんは、れんです。




今日も札幌はよう降りましたな。
「雪遅いなぁ」という年ほどこんなもんです。


さて、先日の雪の日以来、れんの車がイマイチ不調。
エンジンかけようとキーを捻っても
「ヴィーッ!」という音ばかりでセルモーターが回らない。
「…バッテリーは大丈夫なはずだが?」
とは思いましたが、
念のためライト、空調やオーディオなど
全ての電装系をカットしリトライ。
「ヴィーッ!」
……おいおい( ̄Д ̄;;




スロットルべダルをパタパタして三度目の正直。
南無三っ!




「キシュシュ…ヴォンッ!」




何事もなかったかのように元気にセル回転。
エンジン始動。


あり~???


これが昨日の夜で、今朝も同じ症状。
ところが、今日の夜は一発始動。
訳が分かりませんw



う~ん、セルモーター本体がヤバイかもなぁ…
しかし、よりによって



軒並み休みに入るこの時期に_| ̄|○




どこにも持ち込めんぞ…







さて、ここのところ
サイドバーにバナーをつける実験をしていましたが
ようやく昨日成功。
つーても、思い通りの出来じゃないんですが…(-_-)ウーム




それでもせっかく張るからには…と思い、
「ブルーリボン運動」参加いたします。
記憶も関心も薄くなってきているかもしれませんので
風化しないようにという事ですね。




断固救出だ、(#゚Д゚) ゴルァ!!




どちらかと言うと
「政治的香り」のするものは避けてきましたが、
責任感あるオトナとしては
(↑はい、ここ笑うトコですよ)
主張すべきところはしておこうかとね。
今後も少しずつ、ウザくない程度に取り入れていく所存。




れんには子供は居ませんが、
道場のガキ共が大人になった時に
「先生、ロクな世の中じゃないじゃん…何してたの?」
とツっ込まれるのはご勘弁なのでw
「せ、先生だって頑張ったんだ…よ?・゚・(つД`)・゚・ 」
という言い訳は用意しとかな。




ま、その方向が合っていたか間違っていたかの判断も
後のガキ共に委ねますがねw
そこまで責任は持たんよ( ´⊿`)y-~~
前の世代が間違ってたと思ったら、ぶっ壊して直せよ?




我が師曰く
『怒りという事の大切さ、君たちは忘れていないか?』
「恨んでも」時代は変わりませんが、
社会の不正や不条理に対する「正しい怒り」は
社会や時代を変えるエネルギーとなると思うんですよ。
小さな事でカリカリ怒らず、大きな事で怒りましょうw

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/12/27

第362話:亜細亜の曙

いやぁ、凄い風でしたねぇ…
こんばんは、れんです。




「い、息が出来ん!」という瞬間もありましたね。
姉○建築士が外出しようものなら
間違いなく頭部偽装発覚したと思われ。




昨日電車を降りますと、見慣れぬ携帯番号から着信アリ。
「?留守電入ってら」
…あ~、おふくろ携帯入手したんだっけw
電話してみますと
「隣の市に居るので迎えに来て」との事。
……今は吹雪は止んではいるがなぁ。
仕方ねぇ、行くかぁ…と、
積もったばかりの荒雪の中猛然とスタート。
吼える4A30型20バルブターボエンジン。
しかしっ!
…車が軽いので、雪の抵抗に負けタコ踊り気味w
ちょ、直進しねぇ!四駆なのに。
北海道の雪にしては昨日の雪はべたべたで重かったんですよね~




ま、それでも10キロ前後を15分切るタイムで到着しましたが。




今日は今日で、昨日の雪が吹き飛ばされ吹き溜まりに…
電車降りたら運転席側に50センチも溜まっており、
挙句ドア凍ってるしな~
助手席側から乗り込みましたとも、ええ。






さて、先日弟の友人が台湾に行ったとかで
お土産に「カステラ」を。
(なぜカステラなのかは謎。名産品なのか?)




せっかくだから食べるかぁ、と箱を開けたところ
カステラを包んだビニールには賞味期限が印字。




「94.12.14」




…………………は?
今2005年っすよねぇ?
先週貰ったばっかだし…




10年物のカステラなのか?




結局「んなわけない…よな」と思いつつ食べましたが。
もちろん痛んでもいませんよ。
いやぁ、「かもされてたら」 どうしようかとw
(「かもす」については『もやしもん』を是非)




さて、「食後」に調べましたところ(食ってからかよ
台湾の暦は「民国」という年号らしく、
西暦2005年は「民国94年」って事。
いやぁ末尾11年の誤差って微妙ですよねぇ…




で、民国94年?
この暦って制定されたのはいつやねん?
と思いましたら、辛亥革命の翌年(1912年)が
民国元年だそうですよ。
うわぁ、こんなところでアジア近代史だわぁ…






日清戦争で日本の相手だった清王朝を倒し
中国初の共和国として成立したのが「中華民国」ですが、
中華民国の中心であった国民党政府は
その後国内で中国共産党との争いに破れ台湾に遷移。
代わって中国共産党が樹立した政府が
今中国にある「中華人民共和国」って訳ですね。
よく「日本と中国は戦争してない」って話を聞きますが
そりゃーそうだ。
戦争してたのは「中華民国」とであって
「中華人民共和国」とじゃないもんね~
(中華人民共和国成立は1949年で戦後でっす)




中国4000年なんて言いますが、
王朝はしょっちゅう変わってるので、
(王家の民族も領土もころころ変わる。
 鎌倉時代はあそこは「元」でモンゴル帝国だろ?)
実際のところ日本の天皇の方が断然歴史が長い。
日本の天皇家は「現存する世界最古の王家」ですからね。




『○○○○○○○○は伊達じゃないっ!』




○内に「ニューガンダム」と入れた人!
…気持ちは良く分かるw
しかしここは
「ばんせいいっけい【万世一系】」
って事でw



なお、れんは『女系天皇制』には断固反対します。
女性天皇とは意味が違うんだよぉ…
男女差別とも関係ない話なんだよぉ。。。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/26

第361話:『パンプキン・シザーズ』 既刊4巻

4063720578
岩永亮太郎
講談社コミックス 既刊4巻






奴らは 蒼い鬼火と共にやって来る

たとえその瞳を灼かれても
たとえその腕をもがれても

奴らは 決して歩みを止めない

"死沼に誘う鬼火(ウィル・オー・ウィスプ)"に導かれるまま
"保身なき零距離射撃"を敢行する

生を棄てた足音
死を産み散らす銃爪

"901" 対戦車猟兵部隊
『命を無視された兵隊(ゲシュペンスト・イエーガー)』



昨日:本屋で何の予備知識もなく1巻を表紙買いする
今日:既刊4巻全て手元にある




…ハマったッッッ!




え~と、面白いです。




Amazonから抜粋

出版社/著者からの内容紹介

社会を覆う欺瞞のブ厚い皮を斬り裂き、
腐敗したその実を暴き出す!!
帝国陸軍情報部第3課
通称――Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)!!!

それは、“戦災”という名のもう1つの戦争だった…

永きにわたるフロスト共和国との戦乱は、
帝国内各地に深い傷跡を残した。
飢餓、疫病、兵隊の野盗化…。
国土と人心の荒廃によって生まれ落ちた
それら“戦災”を憂慮した帝国軍は、
陸軍情報部内に第3課を設立し、
戦災復興任務に当たらせることとした。
『薄氷の条約』と呼ばれた停戦から3年――。
有形無形の様々な障害を前にして、
陸情3課は未だ戦災復興を成し得ていなかったばかりか、
無意味な書類の山に埋没し、臣民の不満を抑制する
"言い訳(プロパガンダ)"部隊だと嘲弄される日々…。

だが、それでも任務を果たそうと邁進する彼らに対し、
ある日、ひとりの男が助力を申し出る。
それは、焼硬鋼(ブルースチール)のランタンを腰に提げ、
大重量の単発拳銃を片手で操る、巨漢の復員兵だった…!




絵はまだ荒削りですし、
時々パースが狂ったりするのはご愛嬌ですが、
重厚さと軽妙さが入り混じって「いい味」になってます。




時代で行くと第二次大戦直前って感じの世界観ですね。
「戦車に対して拳銃で零距離射撃」って…無茶にも程があるw
口径13ミリって…50口径(12.7ミリ)より上なんですが…
「だが、それが良い。」
漫画には多少の外連味や荒唐無稽さが無いと窮屈よん。




主人公オーランドの「気弱でぼーっとした」描写と、
(「焼硬鋼のランタンを灯すまで」の彼ですがね。灯したが最後…)
貴族のお嬢様、特情3課隊長マリア少尉の対比が実に良い。
目的を見失った「存在しない部隊」の生き残りと
清廉潔白で気丈な貴族のお嬢さん。
マリア少尉の真っ直ぐさは見ていて実にスカッとします。
そりゃーオーランドでなくても「何か」を見つけ出せそうです。




「特殊部隊の生き残り」「実験部隊」というと
れんの世代では『装甲騎兵ボトムズ』を連想したりしますな。
特にサイドストーリーとしてあった『機甲猟兵メロウリンク』
を思い出すのですが…w
対A・Tライフル一丁で…ってあたりも。




ところで、




この『装甲騎兵ボトムズ』の主題歌は『炎のさだめ』とゆー曲。
これがもう渋いのなんの…
戦争が終わって引き上げてきた兵士の、
「明日を見失った気分」を見事に歌っている名曲なのですが
これを歌っていた「TETSU」さんは
かの織田哲郎さんというのは有名ですよね~
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

第360話:「教官っ!」といえば堀ちえm…

更新が空いてしまいしたね~
書いてはいたんですが…
こんばんは、れんです。




書いてもフリーズしてしまっては
書き直す気力も萎えようというものです。
ま、自爆なんですがね…_| ̄|○





さて、昨日は当道場の納め会。
コレをもちまして、本年度のスケジュールは終了なのです。
今年も怪我無く無事一年終わりました。
はァ、やれやれ。
多数の子供たちが来ますから、
なんだかんだ言っても怪我や事故が怖い。
道場内のみならず、交通事故や、最近は犯罪も…
誰一人欠ける事無く年の瀬を迎える事が出来たのは重畳重畳。
また来年会おうな~




子供の部が終わった後は大人だけで宴会。
高校卒業後、自衛隊に行った若手I君も顔を出しまして
なかなか盛り上がりましたわ。




しっかし、陸自の初期教育は変わらんな…w
普通の方が聞いたら




「理不尽」




という一言しか浮かびませんよw
「鬼教官」は実在しますので。




『話しかけられたとき以外は口を開くな
 口でクソたれる前と後に“サー”と言え
 分かったか、ウジ虫ども!
 (Sir,Yes Sir!) 』




とまでは行きませんが、似たようなもんです。




Iくん:「初期教育では『ハイ!』としか答えはナシでした。
    後期教育ではもう一つ言える言葉が増えました。
    『ハイ!』『頑張ります!』です」
一同:「それって増えてねぇ~!!」




自衛隊の罰といえば伝統的に腕立て伏せなんですが
まぁやらせ方が半端ではなく、
砂利の上とか、炎天下のコンクリの上とか…
抜き打ちで叩き起こされてやらされたりとか…




れんも経験ありますが
「今日は『50』しかやらないぞ!」
と教官に言われ
「50ならまぁ…」とか思っていると
「47、48、49、48、47…




なぜ戻る~!




ま、結局トータルで200回くらいやらされる訳ですわな。




まぁ、こういう訓練も必要ではあるんですけどね。
合理的な訓練ばかりしてても仕方ないですし、
もとより戦場は理不尽そのものなのですから。
「そんな無茶な!」と思っても、仕方ない時ゃ仕方ないので。
「突っ込め」と言われたら突っ込むのが兵隊さんのお仕事。
一々モノ考えてたら兵隊さんはやってられませんがな。




鬼教官がいるのも一理ありまして、
中途半端なスキルじゃ駄目なんですよ。
徹底的に仕込まないと。
だって出来ないと死んじゃいますから。
ちゃんと一人前にしないと教え子が死ぬって事。
「こいつらを死なせたくない」
って思いなんです。
教官の方が必死ですよ。




戦時のみならず、訓練も危険が伴います。
爆発物や銃の扱いを中途半端にしたら、
周囲の人間も危険にさらします。
鬼になるには理由があるのです。




訓練期間が終わって
「教官」と「教え子」の関係を解かれる日が来ると
(教官さんは各部隊から選抜されて教官の任についてます。
 教育期間が終わったら、教官は自分の部隊に戻るのです)
もーそこら中で涙の別れが…
「お、お前らの事は忘れんぞ…」
「きょ、教官ー!(涙)」
という光景がマジで見られます。
I君トコの教官も、
普段は浅くかぶっている帽子を目深にかぶり表情を隠し、
肩を震わせ嗚咽をこらえながら
「…これをもって教育小隊を解散するっっ!」
とやっていたそうです。
男の世界ですねぇ……





とまぁ、こーゆー話で盛り上がっていると、
師匠が「相変わらず陸は馬鹿やってるなぁ」とw
師匠は海自出身なのです。
……誰だ、師匠の酒をやたら濃く作ったのは!
(兄弟子でした。れんもやたら濃いウィスキーのコーラ割りを…うぷ)




帝国陸海軍以来の伝統でしょうが
「海軍はインテリ、陸軍は脳みそ筋肉」
という発想がありまして。
(別に日本に限った事でもないと思うが)
れんと師匠で陸VS海の代理戦争を繰り広げましたとも、ええ。




さて、来年までは道場ナシです。
年末気分で…って、




れんは大晦日も元旦もお仕事でぇ~っす♪

  

……泣いてませんよ? 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/22

第359話:人間中身です…よw

むぅ…少し風邪っぽいか?
こんばんは、れんです。




先日家族が法事に行っていた訳ですが、
色々と面白い食材を持ち帰ってきました。




昨日の夕食は
『シラウオのちり鍋』
鍋の中に網杓子を入れましてね、
その中でシラウオをしゃぶしゃぶし
味ぽんやゆずぽんでいただく…と。
これが正式な食べ方かは分かりませんがw
ま、シラウオはてんぷらの方が美味しいような気がしますが。




シラウオと言えば、中学時代の修学旅行を思い出しますな。
れんは青森浅虫温泉や中尊寺見学だったのです。




夕食、大座敷で一列に並んで座り配膳を待っておると
列の彼方から女子の「キャー!」という声が…
それが徐々に近づいてくる。
「…な、何が起きているんだ?」と思っていたら、
配膳の仲居さんが抱えた大鍋から
お玉で目の前のお椀(三杯酢入り)に注がれたのは




「イキの良いシラウオ」




修学旅行で『踊り食い』たぁ、
今考えると豪勢な経験でしたなw
え?味ですか?
しませんよwww
さすがに口中では噛みませんし。
あれは「のどごし」を楽しむものだそうです。
(ま、喉と胃で踊っているようで微妙な感覚でしたが)




ほかにはれんの好物『豆しとぎ』も♪




こんなのです

s08_02

しみず食品株式会社

なぜかウチではれんだけが喜んで食べるので
買ってきてもらいました。




青大豆とうるち米の粉を練った餅(?)状のもので
食べると大豆の香りとほのかな甘みがたまりません。
材料見てお分かりの通り
ひっじょ~に痛みやすい食べ物なので基本は冷凍でっす。
(つか、見た目が既に青○ビ色してますがね…)
今も冷凍庫で出番待ってます。
さて、いつ食べようかな~(じゅる)




八戸の「八食センター」かぁ…
あそこは旨いものたくさんあるよな…







今日のYahooニュースより




内田有紀、吉岡秀隆と電撃離婚




!!!Σ( ̄ロ ̄lll)



…これで俺にもチャンスがっ!!(ねーよ)



いえ、内田有紀さんは顔的には好みなのでつい…




そう言えば、先日妙な夢を。
なぜかまた結婚した夢を見まして。
ごく普通の日常風景でしたが
「ん?…そういやこれ誰だ?」と思い、
自分の奥さんの顔を改めて見ると




井上和香



……なぜアナタ???
特に顔は好みとゆーわけじゃないんですがねぇ?



………………………『顔』は?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/20

第358話:ね、眠い…

今日から早番ですよ。
こんばんは、れんです。




今朝3時頃、家族一同無事戻ってきました。
ちょっとフェリーは揺れたようですが。
れんは帰ってくる時間をすっかり失念しており
下でゴソゴソする音に
「むむっ!侵入者か?え~と、得物はないか…?
と周りを見回したのはナイショです。
…そういや自室には双節棍くらいしか置いてねェな( ̄-  ̄ ) ンー


コレ



sousetu_002










※双節棍~出自は知りませんが、昔の師匠に仕込まれました。
ヌンチャクより棒が長く(45センチくらい)、
紐が極端に短いのが特徴。
物に当てた時に棍が踊らず、回収が楽♪
上の写真はれんが市販の「ヌンチャク」を紐を短くして、
双節棍仕様にしたものです。
かなり小さめです(よって大小二つある事になる)。




双節棍は屋内戦にゃ向いてないからなぁ…
部屋置きするんならトンファか如意ってトコだなぁ…
(で、家族を武装して出迎える気かよw)





さて、仕事が終わり帰ろうとすると電車の電光表示が妙。
「おんやぁ~?」と思ったら車両故障とかで大幅に遅れてました。
幸い、れんの乗る電車は8分くらいの遅れで来てくれましたので
大勢に影響ありませんでしたが。




で、どこぞから出張帰りと思われるリーマン集団が
ビールとつまみ片手にわいわいと。




うざいぞお前ら(-_-メ)




この時間の快速は帰宅電車だ。
行楽列車ぢゃねぇ。
遠足中のガキじゃあるまいし、
キャアキャアわいわい五月蝿いよ。
車内であちこち動くわ携帯かけまくりで
飛行機の時刻変更するわ
(時間はたっぷりあったはずなのに、意思決定が遅い)
なんとも見苦しい。



れんがオヤジ共を見る目は厳しいぞ。




さて、地元駅について改札を抜けると、
何やら前方にピンクの物体が。
どなたか迎えに来たものか、女性が立っておりました。
……えっと、お若くはなかったです、ハイ( ̄ω ̄;)
ピンクのコートに全体的にピンク基調のメーク。
全身これピンク系。



その女性の脇を通り過ぎたあと、れんの脳裏には



4032021309




が鮮やかにイメージされました。





本日のYahoo!ニュースより



カズ「1回でいいから呼んで」



・゚・(ノД`;)・゚・



サッカーには詳しくないれんですが…



頼むジーコ!呼んでやってくれぇぇぇ!



いや、温情で言ってるんじゃないんだ!
カズは絶対に日本代表の力になる。
チームが精神的に追い詰められた時、
10分でも5分でもいいから投入してくれ。
絶対に流れを変えてくれる。
彼が出られないのは間違っているぅぅぅ!



日本が実力でW杯出られるようになったのは
彼が居たからじゃないか~

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/19

第357話:それでも今年は少ない方だ

今日は雪かきに精力を吸われました!乙!
こんばんは、れんです。




ホントねー
一人で留守番の時に限って降ってくれるよねー(怒)。
手に豆ができてますがな。
自宅のポジションが角地なもので
無駄に除雪面積が広いのです。
挙句、庭も除雪する方針なものですから…



(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵



実は昨日も書いて、Upはしたんですよ。
が、しかし。
土壇場、最後の最後で「Ctrl+スペース」を押すべきところ
隣の「無変換」キーに指が触れてしまい、
はいPCフリーズ!
会社でも良くやらかすのですが、
ほぼ100%凍結しますね。
「オーロラエクスキューション」か
「絶対零凍破(テスタメント)」くらい凍ります。



以前にも文章丸ごと消した事があるので
普段はメモ帳に書き、丸ごとコピって張ってますが
フリーズしちゃどうしようもない…
「テンプレートボックスに残ってるかな?」
と思いましたが、再起動後痕跡は何もありませんでした。



まぁネタ的には保存が利くネタですので
いずれ再登場もあるでしょう。
…本人が忘れなければ、ですが。
晩飯ネタで写真も撮ったんですがねw
……保存利かねーじゃん!




何気にTVを見ていると、フィギュアの世界選手権が。
しかもエキシビジョンじゃないですか。
エキシビジョンの方が好きなんですよね~



日本女子は人材豊富で楽しみですが、
実は男子やペア、アイスダンスなんかが好きでして。
見てて「うわぁ…この人上手い…」と思ったのが
ジェフリー・バトル選手。
技術レベルはもちろんとんでもなく高いんでしょうが
何と申しますか、「生ける芸術点」?
なんかもー、ただ滑ってるだけで絵になる…
美しい…
TVの前でため息ついてましたわ。
(…れんにそのケはないぞ)



ステファン・ランビール君はまぁ回る回る回る回る回る…
何じゃ?あの高速回転は?
れんはフィギュアスケートには縁遠い人間なんですが、
(スピードスケートオンリーです。つか高校までスキー歴無しw)
何であんなに回れるんですか?
回転エネルギーってどこから得ているんですか?
不思議だ…



あそこまで回れると
ぜひTVで流す際に三ツ矢雄二氏を呼んできて
『超電磁ス○~ン!』とアテレコして欲しいです。
(年齢と趣向がバレバレな妄想を…_| ̄|○)



アイスダンスとペアはどちらも
「タチアナ」さんという女性がいるんですが
この名前を聞くと『立穴さん』と聞こえるのは
これのせいでしょうなぁ…
(読み返して何度涙した事か…( ´Д⊂、)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

第356話:気付けよ自分

ふ…ふふふ…ふはははははははは!
やった、隠し切ったぞ!
こんばんは、今日はスーツの上下がバラバラだったれんです。




会社の諸君、気がついただろうか?
本日れんは仕事中上着を着ていなかった事を。



出退勤時、いつもコートの前を開けて着ているれんが
(……微妙に誤解を招きそうな表現だな)
今日に限ってきっちり前を閉じていたのは何故か!



スーツ下:濃紺
スーツ上:濃茶



ああ、そうさ!開けられる訳が無かろう!
あーっはっはっは!!(泣)




そうなんですよね。
電車に乗るときに気が付きましたよ。
内ポケットに定期券が無いのです。
「ん?あれ?なんで?」
そりゃ昨日着てたのとは違うんですから
入ってる訳ないですよね。
この時点で「…うわぉ!」となりましたが既に電車の時刻。
急いで切符を買い、コートの前を閉め出勤と…
ふ、ロングコートは便利だぜ…w

今日はこの他にも
・携帯忘れる
(電話もメールも一本も着てないから結果OK)



  _| ̄|○



・仕事はボロボロ



と、ちぐはぐな一日でしたね。
ま、明日明後日と休みですから気を取り直していきましょう。




さて、今晩から月曜朝までこの家にはれん一人。
両親&弟は、ばあちゃんの三回忌で八戸へ。
れんは留守番ですよ。
まぁあれだ、まだ色々と顔は出しにくいしな(;´Д`A ```
弟は逆にしばらく行ってなかったから良い機会でしょう。
家に帰ると「亀とコッピーの面倒を見るように」と書き置きが。
ええ、まぁ見ますけどね。




さぁ、一人だ!
のびのびと…って、普段から独自サイクルで動いてますので
何ら変わらないんですがねw






先日Yahoo!を見ていると気になる見出しを発見



ホロコーストは神話=イラン大統領(ロイター)



あららららら…言っちゃったよ( ̄Д ̄;;
そこはアンタッチャブルだと思うが…
さすがイラン大統領、怖いもの知らずだ。


ただ、彼らアラブの民からすると
イスラエルは我慢がならん部分もあるのでしょうから
脊髄反射的に批判するのもアレでしょう。
(別にれんは発言を全肯定する気も無いですが)

それに、「ユダヤ憎し!」で
根拠無く言ってる訳でもないでしょうしね。
(そういう学説あるのは事実。
 論拠もそれなりとれんは思う
 頭越しに「妄言!」と片付けられるものでもない)




ドイツを筆頭に旧ナチ支配圏では
ホロコーストを矮小化する発言は即
「タイーホ」な訳ですが、それもどうかねぇ?
人類の悲惨な歴史だっつーんなら微に入り細に渡って研究し
詳細な記録を残すべきでは?
少なくても「発言=タイーホ」は思想統制ではないかと。

ヨーロッパの合理主義と思索の深さは尊敬してますので
日本の隣の某国のように
『○日』と言っただけで社会的に抹殺とゆーアホな事と
同列な事はして欲しくないなぁと……

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/15

第355話:汎用人型○○○○

「寒い…ここにあと何年…」
…いや、北海道を離れる気は無いんですがねw
こんばんは、北国LOVEなれんです。




今週は寒いですねぇ。
先日の休みにホ○マックで安っすいフリースひざ掛けを2枚買い、
身体に巻きつけ洗濯バサミで止めて抵抗しております。
どこまで石油ストーブに点火せずに我慢できるか…
(まだハロゲンヒーター280Wで頑張ってますお)




石油ストーブと言えば、
弟が家電量販店の札幌店に勤務していたときの事。
関西からこっちに来た若い男性が
石油ストーブを買って行ったそうな。



その後すぐ、そのお客さんから電話があったそうで。



客:「あのぅ、返品できますか?」
弟:「え?何かありましたか?」
客:「僕どうやら間違ったみたいで…
   こっちで売ってるのって『 灯油 』なんですねぇ」
弟:「…え~と…?」



(実話です)



まぁ確かにどこが違うと言われれば…




これだけ寒いとやはり気になるのは
NHK天気予報の『冬将軍』さま。
NHKの天気予報といえば、
降る雪に合わせて首を上から下に振る
「ぷりてぃ雪だるま」もたまりませんが、
最近は『冬将軍』の露出が目立っております。



こちらのブログ



に実に詳細なチェックが…w
そうですか、兄弟が居られたのですか…




今日はも一つこちらも必見。
ホンダの『ASIMO』のページ。
特に歩行・走行の動画をご覧頂きたい。
すげぇぇぇぇぇぇぇ!!∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!




『鉄腕アトム』の誕生日は既に過ぎてしまいましたが
(2003年4月7日である)
頑張れ、もう一息だ!
作る事に意味があるのか?と訝る向きもありましょうが
この手の「自律型直立歩行ロボット」の研究の過程で
逆に「本家」である人体の構造が研究され
より深く脚光を浴びていますし、
統合インターフェースの研究は様々な分野に応用が利くでしょう。
サイバネティックスの分野にも貢献。
手や足を無くした方の機械鎧…もとい
義肢・義足として活躍する日も来るでしょう。




しかーし!
何よりロマンがあるではありませんか♪
「ロボットの友達」がなぜか日本人は大好きなのですよ。
「ロボットの恋人」はマズかろうがなw
(「HMX-12型」にはまだ遠いと思うぞ)

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/13

第354話:好き嫌い

PCの前には座りっぱなしだったのですが…
こんばんは、更新を忘れていたれんです。




いやまー、正確には、更新の事は頭にあったのですが
面白いサイトを見つけてのめりこんでました。
えっと、ほぼ丸一日(朝まで)読みふけってました(オイ
歴史系サイトなんですがね、その面白さと知識の豊富さに唖然呆然。
内容も膨大なので、読んでも読んでも終わらない……

ち、知的欲求が満たされるゥゥゥゥゥーーーーッッッ!!

れんの脳内でエンドルフィンが出てたと思いますよ、ええ。
長年しっくり来なかった事が氷解してもうスッキリ。
「にゃるほど!腑に落ちたっ」って感じです!




しっかし、世の中はすげェ方がたくさんいるなぁ…
ただまー、頭の固い方だと血圧が上がりそうなサイトなのでw
ここでは内緒って事で。
近代史ネタは危険なのでね…
(これだけでもどっち方面かバレそうな気がするが)




れんは別に政治活動に興味も無ければ、
どこぞの団体に加入して市民運動するタイプでもないですが、
それでもそれなりに好き嫌いはありますよ。
まぁ普通程度には。




基本スタンスは


・民主主義は現状ではベターな制度
(ベストとは口が裂けても言えんが、他よりは数万倍マシ)


・ただし、それとて油断すると失う性質のものとの自覚はある
(ゆえに選挙権は最大限行使する)


・共産主義は大嫌い。
(私的には「赤」は好きな色ですが、「アカ」はアウト!)


・天皇制は維持を希望、女系天皇制は反対
(「女性天皇」とは意味が違いますからね)


・憲法9条は『不破の聖典』…な訳ねーじゃんw
(民主主義国家で「改正した途端戦争」なんてのは
 自国民が信用できないって事?
 憲法に「他国への侵略OK!」なんて書いてある国は
 一つもないけど…w
 みんな「祖国防衛!」と書いてあるけどやるでしょ?
 精神論を紙に書いて金科玉条にして崇拝して、
 それで満足・安心して思考停止する方が危険)




外交関係では


・「やれ悲し 日本の周囲は ○○国家」
(日本は好意的国家に囲まれちゃーいねーと思ってます)


・台湾は独立国家と判断、大事にしよう!
(つか、絶対に見殺しにしてはならん)


・アメリカ万歳でもないが、パートナーとしてはベター
まだしもまともである。ヨーロッパでも良いが色々難しいと思われ)


・アジアは仲良く…陸側よりは海方向でw
(…喧嘩売ってるなぁ)




軍事関係では


・軍隊は政治の道具である
(これを言うと変な顔されますが、それが
 「シビリアンコントロール」(習いましたよね?)。
 軍隊は民意で選ばれた政権に従属するもの。
 それ以上になってはならないし、
 独立して動き出し政治をするようになったらそれは
 「軍事政権」
  ですよ。
 軍隊を使うか使わないかは「自分たちで決めるもの」。
 「悪い軍隊」よりも、往々にして「悪い政治」が多いのです)


・自衛隊は「軍隊の変名」。ただし軍隊あって何が悪い?
(いや、どこでも持ってますから普通w
 「日本軍」じゃアレですから「日本防衛隊」ならOK?
 ……怪獣相手に負けそうな気がする_| ̄|○)


・防衛予算ちょっと少なすぎw
(だって日本の防衛予算の70%は人件費ですから…)


・「軍靴の響き」は聞こえません
(○○新聞は大嫌いですな)


・戦争反対なのは言うまでも無い
(さりとて「無防備なら平和になる」とはこれっぽっちも思わん!)


『次はイタリア抜きで』
 (オイ!〔ジョークです…よ?〕
  意味が分からん向きも多いでしょうがw)




あ、あれ? 
…なんか気がついたら凄ぇ事書いてるな。
何と申しますか…



刺されそうだ((;゚Д゚)ガクガクブルブル



ま、面白いのでこのままにしておきましょう(オイ
主義主張を声高に言う気も無いけれど、
好き嫌いはありますよ。
そのうち上のなかから切り取ってネタにしますかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/10

第353話:床寝王誕生!

「ガガガ、ガガガ…」(マテ)
…おっとっと、危ねぇ危ねぇ。
こんばんは、2時間ほど床寝してたれんです。




『マージー寝!マージー寝!』




…分かる人だけって事でw


この季節の床寝は危険なので、
良い子は一人でしてはいけません。




れんの街は今年初の本格的雪。
朝起きると外は真っ白…
う~む、来たか…
ま、帰りには道路は解けてましたが
代わりにつるつる路面。欝な季節が来ましたよ。
マニュアルABSシステム全開です。
(人、それを「ポンピングブレーキ」と云う」





昨日は道場。
誕生日を祝ってくれた門下生とも顔を合わせましたので
直接礼を言っておきました。
そう家は遠くはありませんが、
この寒い中歩いて来たかと思うと泣けるですよ。


とは言え、稽古帰りに車で家まで送ったら
また人生相談に捕まった…_| ̄|○
うん、先生はお腹減ってるんだがな(;´Д`A ```

通常師匠が居る場合、子供の部は柔軟や基本は師匠、
大人の部はれんが柔軟や基本を担当します。
別に決めた訳じゃないんですが、
いつの間にかそうなってましたね。
で、それが終了してからクラス毎に担当。
(色帯はれん、黒帯は師匠とかいう感じで分けます)




さて、○○才になって初の道場w、
って、基本稽古で息上がるなよ、自分!
う~む、最近タバコの量がな…
来年は北海道で全国大会開催なので
密かに狙ってたりしますw
が、こんな体たらくではいかんな。




蹴りもひどくなまってるしぃ…
(最近でこそ手技の比重が増えましたが、
 若い頃は蹴りばかり。結構自信あったんですが…)
早めに準備に入るかぁ…





さて、一時期のFlash熱も一段落。
最近は2ちゃん系ブログ巡回を楽しんでおります。
れんはあまり2ちゃんには行かない人で、理由は簡単。
「見づらい」という事でしてw
見やすくまとめたこの手のサイトは臨場感には欠けますが
お手軽で良いですね。




今日もここでなかなか良いスレ発見。
なんか、妙に感動。
大所高所からではなく、下から見上げるでなく、
同じ高さでこういう会話を聞くと不思議と微笑んでしまいます。
こういうの読むとたまらんですね。
ま、こういう良スレは希少な方で、
大半はアレではあるんですがw

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第352話:…て、手抜きじゃないよw

書評をまとめてGO!





『RED』 19巻(完結)

村枝 賢一 (著)

4063613941 村枝先生、お疲れ様でした。
この物語を描き切るのは精神力要っただろうなぁ…
(「仮面ライダーSpirits」と2本立てだったし)

内容は…ネタばれするので割愛!

でね…巻末にちょこっとあった後日談、
もう少しだけ読みたいぞ!村枝先生、是非!
救われる気がするんですよ……(。´Д⊂)


しかし、微妙に
『修羅の刻』『修羅の門』
を連想したのはれんだけではないはずだw







『反社会学の不埒な研究報告』
パオロ・マッツァリーノ (著)

4576051717

以前に書評で書いた事のある『反社会学講座』第2弾。
むふ、目の付け所がいやらしくて大好きw
つかね、正しい学者の発想だと思うんですよ。
ある現象に対して最初から結論ありきで見るのではなく、
数値データに対してはそのデータがデータとして有効か検証し、
「数字に裏付けられた現象」という見方を鮮やかに暴く。
統計学としても社会学としても
「至極真っ当な手法」だと思うんですが。

前作「反社会学講座」より会話構成が増えた分
やや読みにくい感じもしましたが、
まぁこっちの方が読みやすい方もいるでしょうから
これはこれでお好みでってとこですね。

人間の歴史は「適当」に流れているというのが分かりますよw







『トニー流 幸せを栽培する方法』
トニー・ラズロ (著)

4797327634 ……トニーって誰やねん!ってツッコミが来そうですが。
『ダーリンは外国人』で人気の小栗 左多里さんのダンナさんですね。
単品売り開始w

『ダーリンは外国人』を読んでて、
「このダンナさんの発想、なかなか良いなぁ」
と思っていたらやはり出たな…という感じです。
いわゆる「良かった探し」の自己啓発書ではないですよ。
逆に日本人よりシビアなトコもありますし。
ただ何というか、「軸」がしっかりしているという印象を受けますね。
そのくせお茶目なのがまた良いw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

第351話:おちゅーしゃしましょ♪

…これでまたしばらく『どうでしょう』はお預けなのであるな。
こんばんは、視聴完了のれんです。




今日から早番。
最近妙に電車込んでるのは
皆さん「着膨れ」しているせいですかね?




さて、昨日は休みだったので、かねてから会社指令の
「インフルエンザ予防接種」をば。
「貴様ら全員注射だ!注射を打つのだ!!」
との指令ですから仕方ないですねぇ。
(半端ねー数なんだが)




いかに指令とは言え、
まずは注射してくれるところを探さねばなりません。
WEBで調べ、市内の病院に電話を掛けてみましたが




「今年分の在庫はもう無いんですよ」
「さっき無くなりまして…」




おいおい、マジかよ( ̄Д ̄;;




まぁ大流行が警戒されてる昨今ですからねぇ…




4軒目でようやく発見。
無くならないうちに射ってもらうべく病院へダッシュ。




泌尿器科ですが何か?




そこそこ可愛いくせに愛想のない受付に
「予防接種受けに来ました~」と告げ、
問診票を書き体温を計測。
つかな、問診票と一緒にただポンと体温計を置かれてもな…
「…測って良いんですよね?」と訊いてしまいましたがなw
○○○薬局の娘さんたちを少しは見習え。




(そこそこ可愛く、かつタイプの違う娘さんたちが多数。
 「品揃えが充実の薬局」www
 愛想も良く、充分目の保養になる。
 もっとも、れんがそこ行く時は大抵息も絶え絶えですから
 鑑賞する余裕なぞありませんが…_| ̄|○ )


おっと話題がそれた。

さて、医師の問診もあり。




「今年初めての接種ですか?」
「そです」
「去年は?」
「受けてません」
「一昨年は?」
「受けてません」
「…(ちょっと怪訝そう)」
「…社命ですので」
「あ、あぁ。そうなんですか」




「ところで、この体温は?風邪ひいてますか?」
「平熱です」
「……これで?」
「へーねつですっ」




36.9℃




いや、せっかくの在庫とチャンスを無駄にしたくなかったのでw
それに自覚も無かったので……
測って「…おろ?」とは思いましたが、
「平熱」と言い張りましたとも。




「ま、まぁそれなら良いでしょう」




さ、注射だ♪




…痛ーい (。´Д⊂) ウワァァァン!!




ちょ、待っ…!なんでそんなトコに刺すの?!
腕の後ろ側、上腕三頭筋の真ん中くらいに…
下手すりゃそこは日焼けもしないトコよ?
(むしろ真ん中より内側と言ってよい)




いやぁ、久々に痛かったです。
実はまだ痛いんですよね~
筋肉痛みたいな痛みが…
「あんまり揉まないでくださいね」とは言われましたが
ここに溜まってるんじゃないだろうな?
インフルエンザの予防接種ってこんなに痛いんですか?




さ、これで無事乗り切れると良いのですがね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

第350話:真実を語る者はいつも孤独w

…まぁ、ちょっと飲んだ…かな?
こんばんは、宴会帰りのれんです。




本日の酒量:熱燗・冷、計7合くらい?




20時スタートだったのですが、
シャワーを浴び身支度して電車に乗って、
会場に着くまでにすっかりカラダが冷えてしまい
最初の「かんぱ~い!」時点でもイマイチ暖かくない…
ええ、のっけから「熱燗のお猪口」ですよ。
(乾杯にゃ向かねぇなぁ…)
周囲からは「れんさん、渋い!」という声が…




皆ありがとう、「オヤジ」って言わないでくれて!。゚(゚*´Д⊂グスン





さて、当チームの根底に流れるのはデフォルトで




『エロ』




な訳ですが(ヲイ)、今回も如何なく発揮されております。




今回もSちゃん(男性、長身痩躯、二枚目の部類、純朴)イジリ。
純朴な彼がウチのチームに配属になったばかりに
だんだんと壊れていく様がいとおかし。
まぁ、下手すりゃ今日びの高校生の方がSちゃんより知識あるからなぁ…




さて、今回のテーマは「ガーターベルト」(ええっ!)




おいおいSちゃん、ガーターベルトは別に「エロツール」じゃねぇぞw
(まぁ正しくはガーターストッキングとベルトって事になるが)
つか、こっちの方が伝統あるんだし。
服飾の歴史から言うと、腰の上まで履く今の形式は新参者だよ。




いわゆる「パンティストッキング」が一般化したのは
かの有名な「ナイロン」を米デュポン社が製品化してから。
それとて、普及している国とそうでない国があるぞよ。
大体、「パンティストッキング」は外国じゃ通じないから要注意な。
関連




夏は涼しくて良いらしいし、バンギャならデフォだろ?
普通普通♪
妙な偏見は持たぬが良いぞよ。
あと、履く時の順番はな…




と、このような話をとうとうと話していましたが
ふと気付くと、Sちゃん含め、Mちゃん(若い女の子)など、
若い衆の「尊敬とも何とも付かない視線」が…




その生暖かい目線はやめれ




リーダーだって同意している大人のたしなみやんか~!
なぜ俺だけそんな目で見られるのだ。




…もちろん嫌いじゃないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

第349話:(゚Д゚)ゴルァ!

明日は(おっと、とっくに今日だぜ)お休みでっす。
しかし、忘年会なので夜はお出かけでっす。
こんばんは、れんでっす(おっと)。


なのでちょいと手抜き。
ネットで拾ったものですが…
(文章書くのが楽しいれんにしては珍しい)


この手は「ネタ」という意見は常に出ますが、
「ネタで書けるならすげェ文才」
「つか、ネタであってくれ……( ´Д⊂ヽ」という気分ですので、
その手の論争は我不知。





------------------------------------------

774 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:04/06/03 22:33 ID:K+cG6zAd

どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして私が悪いのにケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしてお小遣減らしたのに文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して私が倒れると会社休んでまで看病ますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!
おまけにもって半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
長期出張だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で俺の事は忘れていい男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!
正直、あんた以上のお人よしで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
それと私みたいな女嫁にすんのはあんた位ですよ(゚Д゚)ゴルァ!


775 大人の名無しさん sage 04/06/03 22:48 ID:K+cG6zAd

もう一つ言い忘れてましたが私、お腹に赤ちゃん出来たんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたの子供なのに何で生きられないのですか(゚Д゚)ゴルァ!
そんな状態じゃ言い出せ無いじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
それでも言わない訳にはいかないから思い切って言ったら大喜びで私を抱きしめますか(゚Д゚)ゴルァ!
生まれる頃にはあんたはこの世にいないんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な子だといいなぁってあんた自分の事は蔑ろですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
病気で苦しいはずなのに何で姓名判断の本で名前を考えてやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして側に居てあげたいのに一人の身体じゃ無いんだからと家に帰そうとしますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしていつも自分の事は二の次何ですか(゚Д゚)ゴルァ!


776 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:04/06/03 23:06 ID:K+cG6zAd

 
医者からいよいよダメだと言われ泣いてる私に大丈夫だよとバレバレの慰めを言いますか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちはあんたとこれからも生きて行きたいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
それがもうすぐ終わってしまうんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
バカやって泣きそうな私を包んでくれるあんたが居なくなるんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
忘れろと言われても忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!
死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちがお礼を言わないといけないのに何も言えず泣いちまったじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
あんなに苦しそうだったのに最後は私の手を握りしめて逝きやがりましたね(゚Д゚)ゴルァ!
何で死に顔まで微笑みやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!
そんなのは良いから起きて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
生まれてくる子供を抱いて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
子供に微笑みかけて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!


777 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:04/06/03 23:15 ID:K+cG6zAd

ダメ女な私にこの先一人で子供を育てろと言いやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
そんなあんたが死んで5ヶ月...
子供が生まれましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な女の子ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
目元はあんたにそっくりですよ(゚Д゚)ゴルァ!
どこかで見てますか(゚Д゚)ゴルァ!
私はこの子と何とか生きてますよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたも遠くから見守って居てください。



長文スマソです...

------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

第348話:ありがたや

う~さむさむっ!
こんばんは、れんです。




今日は稽古日ですが、勤務ですので行けず。
普通どおり仕事をこなし、11時近くに帰ってきますと
おふくろがメモを片手に寄ってきて




「え~っと…○○さんと△△さんって女の子、
 (当道場の女子大生コンビ)10時くらいに来たよ。

 『先生の誕生日プレゼント届けに来ました!
  渡して下さい!』


 ってさ。 いやぁ、そう言われるまであたしゃ忘れてたよw」




…………おまいら・゚・(ノД`;)・゚・




二人とも手作りのお菓子ってところが泣けます。
(一人はスイートポテト、一人はカップケーキ)
早速食し、二人に「うま~!」とメールしておきました。
いやはや、先生冥利に尽きるというか何と言うか…
正直照れますなw
わざわざ来てくれるとは…




ちなみに、この二人のうち片方とは生年月日も血液型も一緒。
(なお、迫害される「AB型」ですよ)
すなわちこやつも本日誕生日。
二人にお返しはせねばなりますまいが、
こいつには少し色を付けておかねばならんかな…?

う~む、久しぶりにケーキでも焼こうかねぇ…




さて、本日の晩御飯。
のっけに「忘れてた」と本音を漏らしたおふくろですが
「ほら、誕生日だから♪」と




スーパーのパック寿司




…うん、これは狙って買ったものじゃないね♪
『2割引』って貼ってあるよ、ママン。

    
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

第347話:ハッピー…かな?w

日付変わって12月3日。
本日誕生日につきデザイン変更。
いわゆる利尿有る リニューアルってやつですよ!
……不評なら戻します、ハイ(弱腰っ!)
こんばんは、れんです。




思えば去年の今頃は病室で唸ってましたねェw
手術直後で熱出してましたので…
(手術と言っても肘の内視鏡手術。
 詳細は今年2月4日の日記をご参照ください)




あれから1年かぁ…
早いもんですねぇ…




すっかり「十字型」についていた傷も癒え、
ある意味つまらなくなりましたな。




まぁ、この歳になると誕生日も嬉しかぁないですが、
歳をとるのは自然の摂理ですからね。
受け入れましょう受け入れましょう。




道場でもまだ若手とやれるだけの体力もありますし、
技術的には「老獪」の域ですから
(単に「やらしい」とも言う)
衰えを感じることはあんまり無いんですよね。
この方面で衰えたら凹むんでしょうが…
まァ、他にも衰えたら凹む部分は無きにしもあらずですが、
そっちは当面検証の予定は無いので…




凸 ⇒ 凹(意味なし)







さて、先日「早い逮捕を」と書いた広島の女児殺害事件。
早期解決何よりです。
警察関係の方々、お疲れさまでした。
失われた命が戻るわけではありませんが…




が、しかし




「…ふぅ」と安堵のため息をついたかと思ったらまたかよ…




全国のお子さん持つ親御さんは眠れませんねぇ……




残念な事に、この手の性癖を持つ人間は一定数居ます。
どの国でも、どの時代でも居る。
これは現実として受け止めなければならないと思うんですね。
語弊を恐れず言えば、
先天的要因も考慮しなくてはならないでしょう。
差別を助長する気は毛頭ありませんが、
そこから目をそらすのは
「お互いにとって」不幸なのではありますまいか?
「ローンブロゾの生来犯罪者説」は
現代ではほぼ完全否定されていますが、
(理論とすると穴だらけだそうです)

さりとて
「犯罪の原因は貧困や差別などの社会的要因」や
「怨恨などの感情的トラブル」
「金銭目的の欲望起因」だけってのも
素直にゃ納得できない部分です。
仮にそういう「根源的原因」があるとしたなら、
むしろ積極的な治療や保護が必要なのでは?




現代に入ってこの手の犯罪が増えたように感じるのは
「欲求を持つ人間が増えた」というよりも
「妄想を実行に移す事が容易になった」事が大きいでしょう。
「犯罪をしやすくなった」という事です。
(これはどの犯罪にも当てはまりますが)




重罰化という対応策もありでしょうが、
れんは「罰」というのは
『相手から何かを奪うもの』だと考えます。
金銭を奪うのが「罰金刑」
自由を奪うのが「懲役刑」
命を奪うのが「死刑」です。




しかし、元から自らのそれに重みを感じていない、
あるいは後に来るその罰に思いが至らない人間にとって
重罰化は切り札には成り得ない。
悲しいかな、この手の「子供殺し」の人間は
「衝動に突き動かされるように」
罪を犯すケースが多いようですから
重罰化しても効果薄と推測します。




となると、当面は「犯罪をしにくくする」しか
対応策は無いんじゃないかな…という気が。
徹底的に犯罪を犯すチャンスを減らすしかないのかと。
となると、これはもう「送迎バス完備の学校」
「街角監視員」ってな感じしかないのでは…
これから老人増えるんですから、ご協力を頂いてだね。




結局、昔ながらの「あの子は近所のどの子」
「あの男、近所で見ない顔だなぁ…」という
付き合いの中で守っていくしかないんですかね。
れんには子供は居ませんが
ウチの道場の子供らがこんな目に…と思うと
とてもじゃないが他人事ではないですし、
無論協力も惜しまないのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

第346話:「ねえさん、ぢけんです!」

今日から遅番でし。
こんばんは、れんです。




最近『ココログ』が異常に重く、
書く気も萎え萎えだったりするのですが、
やはり公式見解出ましたねぇ。
実際問題コレじゃ困るので……
まぁ、憎むべきは「トラックバックスパム」ではあるのですが。




さて、ウチの弟は今はちょっと暇な時期。
で、おふくろの知り合いの小さなホテル(家族経営)で
「急遽人が足りない!」と言うので暇つぶしにお手伝いに。
本人も周囲も「ま、雑用としてこき使われるのであろう」
と思っていたのです。




が、本人帰ってきてから話を聞いて大爆笑。
なんと、ど素人で初対面、初日の人間を




フロント




に立たせたらしく…
しかも独りで!




なんじゃそりゃー!!Σ( ̄ロ ̄lll)




何でも宴会でてんてこ舞いだったらしく、
おざなりな説明を受けたあと、
ぽつんと独りでフロントに立たされたらしい…w




本人曰く

「なんちゅーの?
 新兵とすら呼べない人間に
 『ハイこれ銃ね!で、これがヘルメット!
   あ、敵は大体あっちの方だから!
    じゃ、あとよろしくね!』
 と最前線に放り出された気分だったわ…
  しかも銃見たら弾入ってない…みたいな?」




れんの弟は如才ないタイプなんで、
大抵の事は物怖じせずこなしますが、
初めて行く場所で、
どこに何があるか分からない状態では
如才もへったくれも無いわけで…




いやぁ、笑った笑った。
つかね、そりゃヤバイだろw
おふくろからここの話は時々聞いてて
「ぬるいねぇ…」とは思ってはいたのですが
ここまでユルいかよ。




しかも、どうも弟を
「できればこのまま居ついちゃったりしてくれないかなっ♪」
みたいな感じで見ていたようですが…




れ:「どうする?『伝説の流れ板』みたいに
   斜陽のホテルを建て直して颯爽と去っていくか?w」
弟:「カッコいいな、それ。……でも嫌だぷー




さすがにおふくろも苦笑しとりましたわ。
(知り合いじゃ無かったら弟も放り出して帰ってますよ)




小さなところは何に付け人材不足ではあるのでしょうが
いくらなんでもそりゃねーだろ、って感じ。
ま、致命的なミス無く終了したそうですが。




その後、そこの経営論に花が咲いたのは言うまでもありません。







さて、12月ですねぇ。
れんは今月誕生日なのですよ。

………(ノ_-。)

去年の今頃は何してたっけなぁ?
……はっ!そーいや入院してた!!( ̄Д ̄;;
手術前日だっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »