« 第374話:ちかれたびー | トップページ | 第376話:コミック一気に… »

2006/01/18

第375話:俺たちは、守れなかった

お寒ぅございますな。
こんばんは、れんです。





昔からちと『熱しやすく冷めやすい』傾向があるれんですが、
この休みはまたその症状が出てまして……
えっと、『怪談・都市伝説系』サイト巡りに没頭してました。
わはははは…(´ д`)‥(´д`)‥(´д `)‥



れんは怪談・不思議系現象には遭遇しない人なのですが、
この手の話は素直に信じる人でして。
(世の中、目に見えるものだけで出来てる訳じゃなかろうと)
何でもかんでもそっち系に結び付ける程アフォでもありませんが、
科学と統計と常識の目を通して吟味して、
それでも残るものは「まぁそんな事もあるんだろう」と。
大丈夫!基本的スタンスは「科学の子」ですんでw



とりあえず、お腹いっぱいになりましたので満足満足。
(どれだけ見たんだYO!)
この手を夜中一人で見てると「ざわざわ」しますがねヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
……実体の無いものは殴れんしなー




その昔霊感の強い人に



「武道式の『丹田に意識を集中する』という方法は
 そのまま『魔よけ』の効果があるし、
 慣れてる分、攻撃部位に力が集まりやすいから
 その気になれば『殴れる』よー♪」



と言われた事はありますが…
言われてみれば、我々武道や格闘技やってる人間は
自分の身体の当てる部分(拳や蹴り足ですね)に
「これで効かせる!」「コイツでふっ飛ばしてやる!」
とゆー明確な「意思」を込めますので
この話は納得できるんですが…
つーても、見えないし感じられないんですがねぇ?www
どこ狙って殴ればいいの?!







さて、今日は



・阪神大震災11年目
・宮崎勤被告最高裁判決



という既定のスケジュールに加え、



・ライブドア強制捜査
・ヒューザー社長証人喚問




と、イベント盛りだくさんな日で…
上の二つは決まってた事ですが、
ヒューザー証人喚問をわざわざこの日に持ってくるのは




どうも恣意的なスケジュールを感じるのは俺だけか?




イベントが多い日に持って来て国民の目を逸らそうという
『小細工』ではないかと穿った見方をしてしまいますねェ…
まぁ、今に至るまで




証拠隠滅と口裏あわせ




のためには十分な時間を与えてしまいましたから
今さら多少のズレは「想定内」なのかね?




しかし、よりにもよって
耐震基準の見直しが迫られたきっかけになった
阪神大震災の日にとはな。
震災の犠牲者の方にどう顔向けをするつもりだ貴様。
…見る限り向ける気も無かったようだが







宮崎被告は順当に死刑ってことで。
うむうむ。裁判官全員一致ね。
(ちなみにれんは「死刑存続論者」ですので)
時間かかり過ぎだけどなー……_| ̄|○




つか、明らかに詐病だろうし。
(奴は絶対反省してないぞ
「終身刑」が無い日本では被害者感情を考慮すると死刑でしょう。
まー、れん的には終身刑があっても死刑だが。




以前にも書きましたが、
幼児性愛者の中には「回復不能」なのが居るだろうと。

我々が「美味しいもの食べたい」「好きな人と一緒にいたい」
という欲求と持っているのと同じく
彼らの中には「幼児を対象にしたい」「猟奇的行為をしたい」
という欲求があるとしたら、
それは刑務所の中で更正する性質のものではない。

それは「精神医療」の次元の話であり
ある意味「改悛の情」などというあやふやなものではなく、
よりドラスティックな「完治したか、しないか」の判断が必要では?




この手の犯罪は残念ながら無くならないと思います。
犯罪の原因を社会的・家庭的環境のみに求めるのは難しい。

もちろん、
「そうならない社会」「そうさせない社会」
を作る事は不可能ではありませんが、
「発生そのもの」を封じ込めるのは不可能だと思います。
貧困や社会不安によるものではないですからね。
「個人の性癖・趣向・本能」が原因となった時、
それを封じ込める術はそうはないでしょう。




医療や地域、社会やマスメディアの在り方など、
この事件はいろいろな問題を突きつけたと思います。
そしてそれは、17年を過ぎた今でも解決されていない…

しかし、少なくとも我々は彼の
「コピーキャット」
を許す訳には行かないのですから、
対策は考え続けなければならないでしょう。
コピーキャットを出す事はイコール、
あまりにも悲しい犠牲者を出すという事なのですから…




判決が出たこの日に、
改めて、被害に遭われた4人の子供達の冥福をお祈りいたします。
……生きていればそれぞれ今頃、
恋もして、結婚もして、子供だって居たかもしれないのにな……

 

 

|

« 第374話:ちかれたびー | トップページ | 第376話:コミック一気に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/8213659

この記事へのトラックバック一覧です: 第375話:俺たちは、守れなかった:

« 第374話:ちかれたびー | トップページ | 第376話:コミック一気に… »