« 第368話:正月終了 | トップページ | 第370話:無事で何より »

2006/01/08

第369話:易しい○○講座

昨日は寒い、今日は雪……
こんばんは、れんです。




今は遅番中ですので、出勤は昼近いのですが
出勤電車の中では「う~ん、日差しが暑いよぉ」
と思いつつ寝てました。
さて、電車を降り会社のあるビルに登る。
この間約3分
会社のフロアに着いてみれば




……外が見えないほどの猛吹雪




なーんじゃこれ?




てな訳で、札幌も降っております。
まぁ、東北・北陸ほどではありませんが…
現地の皆様におかれましては、
豪雪被害お見舞い申し上げます。
東北2県のハーフであるれんにとっても他人事ではないのれす。




ようやく自衛隊が災害出動で出張ったようですが、
もう少し早く出しても良かったのでは?
死者60人以上、負傷数百人って立派な大災害ですが…
…またどこぞの『○○団体』と称する連中が
出動に関してゴネたんではあるまいな?




第12旅団第2普通科連隊と第13普通科連隊が出動ですか。
…れんの頃って「旅団」って単位はほぼ無かったんですがwww
れんの居た大隊も、組織改編で消滅したと風の噂に聞きました…
災害派遣の隊員の皆様、任務ご苦労さまです( ̄^ ̄ゞ




ところで、この「普通科」という用語、変だと思いません?
「普通科」と言えば大抵「…高校?」って話になるんですがw
旧日本軍のマイナスイメージを払拭するため
自衛隊用語は「軍隊スメル」を可能な限り排除してるんですね。
結果として「意味が通じん!」と言う事も起きますが…




「普通科」とはグローバルスタンダード(笑)では「歩兵部隊」です。
どこの国でも軍隊の主力集団で、人数も一番多い。
主力装備は派手ではなく、自動小銃や機関銃、
(この辺の区別を説明しだすときりが無いので割愛…)
装甲車や迫撃砲っつーとこですかね。




誤解があると思うのですが、
(つか軍事常識そのものが日本にゃ無いわな…_| ̄|○)
いかにミサイルが発展しようが、戦闘機が飛ぼうが
最終的にその地域の制圧・安定は地上部隊のお仕事。
最近のイラクを見ていると分かると思うのですが、
制空権を確保しても治安の安定はどうしようもない。
制圧の最終段階は「歩兵が鎮圧する事」です。
今後もこの現実は変わらないでしょう。




同様に自衛隊で「特科」というのは「砲兵部隊」、
「機甲科」というのは「戦車部隊」です。
(砲兵と戦車の違いを説明するのもまた…_| ̄|○
 自走砲と戦車はきっと見た目同じに見えるでしょうし…)




ついでに言えば「施設科」は「工兵部隊」です。
通常「普通科」「特科」「機甲科」の三科の事を
「戦闘職種」と言いますが、
れん的にはこれに「施設科」は入ると思うんだが…
海外派遣でしょっちゅう出番があるのを見て分かるとおり
施設科の重要度って高いですよ。
(米軍では工兵はエリートだそうな)




なお、れんは「特科」出身です(´~`ヾ)




ま、どの兵科が欠けても成り立たないんですけどね。
そりゃぁ会社と同じですよ。
「イケイケどんどん」の営業ばかりじゃ話にならない。
バックアップの事務の方がいないと営業はお仕事にならない。
どれだけ稼いで、どれだけ回収すれば良いのか管理して
本丸を維持してくれないとね。
反面、直接収益を得る術の無い事務の方の生活を維持するのは
前線部隊の営業のお仕事。
営業は自分の給料分+事務の方のお給料も稼ぎ出さないとね。
どちらが上でも下でもないと思いますよ。
上手く噛み合わないとね♪

 

 

|

« 第368話:正月終了 | トップページ | 第370話:無事で何より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/8054388

この記事へのトラックバック一覧です: 第369話:易しい○○講座:

« 第368話:正月終了 | トップページ | 第370話:無事で何より »