« 第384話:辞めてから4年は経つが…?w | トップページ | 第386話:サボってた訳では…w »

2006/02/06

第385話:道場日記

最近ウチの道場では「簿記」…じゃねぇや
「武器術」がちょっとしたブームw
(コネタはよせ)





流派としてはもちろん無手が本筋ですが、
(それでも2種類の武具に関しては正式に用法がある)
そこはホレ、スキモノの集団ですから…





武道や格闘技がどんな局面で必要とされるかというと
大まかに分けると2種類かと。
一つは「戦場」、もう一つは「保安」。
刀や槍が主武器の時代に発達したものと思います。
鉄砲で戦争するようになると重要性が薄れた訳ですから
誕生して発達したのはあくまで「前近代」。
つー事はあくまで主役は「武器術」です。
刀や槍で戦り合ってる最中に
『素手での打撃』の出番はありません。
(そんな奴が居たら自殺志願者ですw)





とは言え、戦場で武器が破損したりするのはザラですから
無手の技術が不要な訳は無く、
また平時の保安では大掛かりな武器は持てませんから
(一応罪人の「捕縛」が目的なんですから)
相手を制圧する技術として必要です。





となりますと、素手の武術と武器術は本来バラバラではなく
『両輪』として考案されたものと考える方が自然でしょう。





実際、木刀振ってみたり、棒を振り回してみると
素手とは違う重さや遠心力が掛かりますから
素手なら適当に済ませられた身体の軸のブレや
いい加減さがまともに反映します。
下手に扱うと武器に振り回される羽目に……w
現代は素手が主体になっていますが、
たまに武器の方も扱ってみると発見多いんですよね。





で、今回はコイツを持ち込みましたwww

sai_004a

琉球古武術の武器で「サイ」といいます。
髪に差す「かんざし」が元とされますが…
…こんなかんざしあるかよw
仏法具から来たともいわれますが詳細不明。


sai_005a

れんは琉球古武術とは縁も所縁もございま せんがw
使ってみたかったので。てへ。
当然我流で覚えました。てへ。
(ちなみにこの本、3,000円します…_| ̄|○)



ご覧の通り、先端はやや尖らせてありますが刃は付いてません。
柄と先端を上手に入れ替えながら
防御、絡め取り、攻撃を行います。
柄頭の方も結構重要な攻撃部位です。



sai_001a





sai_002a






入れ替えはこのように親指で角の部分を挟みながら
くるくると回転させます。


sai_003a





縦回転で振り出して横回転で回収…って事をするのですが
動画じゃないと説明困難w
指と手首の力は要りますね。
重いですよ。全部鉄製ですから。





まぁ足に落とすとタダでは済みませんし
操作する手は内出血したりしますが
思い通りに操作できると楽しいですよ。
(とは言え、下手くそなんですがね)
両手それぞれに持ちますから
左手のトレーニングにもなりますし。





なお、実際に棒で打ち込んでもらい
受けから反撃をしてみましたが
久しぶりだったので受け損ない
角が眉の上に当たってコブをこさえたのは内緒ですw
(…もうちょっとで血ィ出るトコだった)

 

 

|

« 第384話:辞めてから4年は経つが…?w | トップページ | 第386話:サボってた訳では…w »

コメント

そうそう、ウチのケイコは体力要るんですよ…
って、どうにもエロくなるからやめれw

投稿: れん | 2006/02/11 03:20

これが、うわさのケイコさんですかー・笑
ケイコさんずいぶん激しいのねッw

投稿: Rin | 2006/02/11 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/8526847

この記事へのトラックバック一覧です: 第385話:道場日記:

« 第384話:辞めてから4年は経つが…?w | トップページ | 第386話:サボってた訳では…w »