« 第399話:『残念!』 | トップページ | 第401話:受験の諸君、ご苦労様 »

2006/03/06

第400話:『K-1 WORLD GP 2006 in AUCKLAND』

久々に腰を据えて見られたので感想など。





トーナメントでは大勝負でKOが出たのでまず満足。
バダ・ハリVSピーター・グラハム戦の胴回し蹴り。
(とは言え、あれは変形の後回し蹴りではないのか?)
右フックをフェイクに使用し、打ち終わりの状態で固定。
相手の意識を右フックに置くと共に
腕によって視界を遮りつつ、
さらにその右腕の質量を使って身体を回転…と
実に理にかなった攻撃でしたな。
あれの直撃受けたらそりゃー失神しますがな。





決勝のジェイソン・サティーとポール・スワロンスキー戦も
ハイキックで決着。
あれですね、スワロンスキーのハイキックは
ちょっとミルコの蹴りに似てますね。
軸足の膝を伸ばさず、身体をそれほど回転させず
股関節の回転を上手に使う蹴り方。
ロシアや旧東欧諸国の選手はこの蹴り方得意なのかな?
(スワロンスキーはポーランドの選手)
序盤に嫌というほどローを効かせてありましたから
まぁ定石どおりのコンビネーションでしたが
それにしても実にスムーズに蹴り抜きましたね。お見事。





さてスーパーファイトの方では
ピーター・アーツとセーム・シュルト戦。
ホースト、ボンヤスキーとK-1王者を粉砕したシュルトでしたが
今回はホールドが多すぎましたね。
別に無理やり抱え込まなくとも
彼ならいくらでも手はありそうなものですが…?
アーツとすら身長差10センチあるんですから、
んな無理にヒザを狙わんでも…





結局判定に響いてしまいましたが、
判定にまで持ち込んだアーツの頭脳勝ち。
右ストレートも効果的でしたしね。
ベテランの老獪さを見た試合でした。
これはこれでアリだと思うんですよね。





で、今回一番面白かった(?)のは
レイ・セフォーVSフランソワ・ボタ戦。
いやもう、「どうしてセフォーと試合すると皆楽しそうかな?」と。
セフォーはもちろんボタもニコニコ。
…おまいら、殴り合いしてんだろ?www





これはセフォーの人柄なんでしょうなぁ。
激しいけど明るいファイト。
KO負け寸前でも苦痛を表に出さず
「フフン、まだまだだぜ?」と言わんばかりの表情。
もちろん結果も出してますが、
お客さんの印象に残るファイトをして
「また見たい」と思わせるんですからプロですよねぇ。
プロにとっては戦績はもちろん重要ですが
「ヤツのファイトをまた見たい!」
と思わせるファイターでないとね。





昨年は
「…腰周りが太平洋諸島群の人になってきとるぞ?ヾ(・ω・o) ォィォィ」
(そっちの方の方って腰から太くなりますよね…)
と心配しましたが、きっちり絞ってきましたね。
これならまだまだ行けるんじゃないかな?
技も切れてましたし。
まだまだ頑張って欲しいですよ。

 

 

|

« 第399話:『残念!』 | トップページ | 第401話:受験の諸君、ご苦労様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/8977856

この記事へのトラックバック一覧です: 第400話:『K-1 WORLD GP 2006 in AUCKLAND』:

« 第399話:『残念!』 | トップページ | 第401話:受験の諸君、ご苦労様 »