« 第406話:実はペンギン大好き | トップページ | 第408話:『こころ○は重すぎる』 »

2006/03/26

第407話:道場日記~旅立ちの詩~

昨日は今回就職して地元を離れる門下生二人の送別会。
男女一人ずつですな。





女の子Mはハタチ。東京へ。
三人娘の一人が転出ですよ・゚・(つД`)・゚・
師匠、掛ける言葉が「都会の色に染まるなよ」とは
どんな木綿のハンカチーフですか?www





入門2年くらいかな?
おとなしめの娘で決して器用な方でもないですが
コツコツやるタイプ。
最近は性格も明るくなり、これからが楽しみでもありました。
技術的にも上向き推移だったので
『ああぁ、こんな事やあんな事も教えたかったよぅ』
とゆーのはありますが、まずは素直に門出を祝いましょう。
こんな時代に就職一発で決まったのはたいしたもの。









も一人Tは…まぁ子供の頃から見とるわけで。
なんだかんだで15年以上の付き合いですかな。
自分の腰くらいの背丈の奴に、
いつしか背丈を抜かれてますなぁ…
こやつは網走に。





なぜか知りませんが、れんの「一番弟子」を自認しとりますね。
槍のように伸びる蹴りと突き。
動作の一つ一つが伸びやかで大きく、
ダイナミックな魅力を持った正統派。
タイプ的には『剛拳』ですね。





…って、オイ。
考えてみたら俺はどっちかっつーと正統派じゃなく
トリックファイターなんだが…
なぜ俺を目指してそうなった?www





まぁ実際、
『…コイツとマジでやると怪我しそう』
と思わせるまでに成長しました。
正直コレが抜けるのは道場にとっては痛いのですが、
まずは自分の人生を作らなければな。









道場で教えることは殴る蹴るばかりではありません。
そんなこたぁどーでも良い事。
折につけ
『社会に出てやっていくのに必要な事』
を教えてきたつもりです。
ですので、この二人については心配しとりません。
行った先で頑張ってくれると思います。





もちろん、最初は苦労するでしょう。
社会人は大変です。
何が大変って、
『嫌な事や嫌な人とも向き合わなければならない』
ここが学生さんと少々異なる事。
精神的にものすごーく磨り減ります。
殴る蹴るの方がずっと楽よん♪





でも、だからこそ
痛い思いに耐え、歯を食いしばった経験が生きます。
「自分はあんな事やこんな事を超えてきたじゃないか」
という思いは必ずどこかで役に立ちます。





ま、それでも凹む時はあるでしょう。
凹んだ時は、愚痴を言いに電話してくれば良いのです。
我々は『仲間』なんですから。
年齢も、性別も、立場も、生きてきた過程も越えて
共に汗を流した仲間です。
遠慮なぞするなよ?そんな水臭いのはナシだw





二人にはこのブログのアドレスを教えましたので、
いずれここを見る事を前提にwww





『おい、M、Y。





 お前たちはどんどん変わってゆけ。
 新しいものを見て、新しい経験をしろ。
 若いうちから保守的になるな。
 先輩の言う事を聞いてどんどん吸収しろ。
 最初の一年間の給料なんざ無いと思え。
 会社はお前たちに投資をしている。
 勉強させた上に給料払ってるんだ、
 使いモンになってもらわんと肩を落とすぞw
 もらった給料で本を読め、パソコン買え。
 自分に投資しろ。
 でも、おかしいと思った事には
 噛み付け、怒れ、声を上げろ。
 それが許されるうちにやっておけ。





 
 俺と師匠で道場は守るからさ。
 変わらない場所は用意しておく。
 ここは変えない、変わらない。
 いつか帰ってきた時も俺たちは同じ事を言い、
 同じ事を教えているだろう。
 『変わる事』『変わらない事』
 両方無いと人間は落ち着かない。
 凹んだ時はここに来い。
 往復の航空券くらい出してやらぁ。
 防具用意して待ってるぞw
 何もかも忘れて殴り合おうぜぇ♪




 
 今度会う時は「学生と社会人」ではなく
 会社の愚痴を言いあえるようになっている事を期待している。
 ま、お前たちなら大丈夫。
 何と言っても、自慢の弟子だからな♪」



…つーわけだ。
元気で頑張れ。
以上、道場長れんからの送辞であるよ( ̄ーÅ)


 

 

|

« 第406話:実はペンギン大好き | トップページ | 第408話:『こころ○は重すぎる』 »

コメント

>M

……見つけたか(ニヤ
まぁ照れくさいんだがな。
見よ、右に並んだマンガの放列を!
…こんな先生ですいません_| ̄|○


流派名は管理者権限で伏字にさせてもらったぞぉw
なんせホラ、他流派はさておき

『自流派批判』

もするからさ。
ナイショの方が何かと都合が良いwww


まぁ実際不安だと思う。
俺だって基本的に北海道から出てないしな。
えらそーに言えた義理ではないのだが…(ヲイ
でもまぁお前なら大丈夫だよ。
悪ィが、Mはあまり器用な方じゃないからさ。
その分淡々と、コツコツと、焦らずやってゆけ。
変に「小器用」になるなよ?
でないと俺みたいに「器用貧乏」になるぜ?www


近くに道場あるのかぁ。
なら顔出してみると良い。
いつか全国大会で会おう!

弟は俺が仕込んでおく。
きっちり一人前に…するの大変だぁ_| ̄|○
 

投稿: れん | 2006/03/27 01:20

こんにちは。上京するMです!
先生には本当にお世話になりました(o^v^o)ペコっ
就職する為に東京に行く事は、不安が多くありましたが、
皆からの励ましで、とても気が楽になりました!

そして。送別会など開いていただいてとても嬉しかったです
北海道が名残惜しいですが、
東京で自分を採用して下さった会社の為にも一生懸命
勉強して、会社から頼られる人に成りたいです(o`Λ´o)φ

あと‥すぐには無理だと思いますが
落ち着いたらまた。○○○○を続けたいです!
寮の近くに道場があったので!
弟には負けずに頑張ります

有難うございましたm(_ _)m

投稿: M | 2006/03/27 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/9259427

この記事へのトラックバック一覧です: 第407話:道場日記~旅立ちの詩~:

« 第406話:実はペンギン大好き | トップページ | 第408話:『こころ○は重すぎる』 »