« 第401話:受験の諸君、ご苦労様 | トップページ | 第403話:え~、元気ですよw »

2006/03/13

第402話:久しぶりのうpですね

…ココログも落ち着いたようですな。
お久しゅうございます、れんです。





まぁ、メンテをすると止まるとゆーのは
システム上ありえる事なので仕方ないとは思いますが、
少々多い気がしますな、にふてぃさんは。





とは言え書けなかった間
イロイロと面白い事があったかといえば
大してありもしないのですがねwww
せいぜい、ウチにも『ポーション』が上陸したくらいですか?
…飲んだらHPが下がりそうな味でしたが。
妹がビン欲しさに買って中身は置いて行ったらしいですが
別に「雪肌精」とかのビンでも良いんじゃねぇの?









さて、昨日今日と休みだったのですが
昨日は『審判講習会』へ参加してました。
朝9時から夕方4時までみっちりと。
昇級・昇段審査の試験官としての教育や
大会の審判員としての教育などを……





当団体の大会は試合が無く、
二人(三人ってのもアリ)での演武が中心となります。
では評価をどうするかというと、
フィギュアスケート競技の採点を連想してもらえればOK。
まさにあんな感じです。
項目に沿って評価し、減点法で採点するわけです。




まー、ぶっちゃけ
『武道に採点もへったくれも無い』
とゆー向きもありましょうが、
ウチは別に「最強」を目指してる訳じゃないしな~
それに『大会の種目』ではないだけで、
乱捕りは普通に道場でやってるし。



講習の途中、大会の公開種目(正式種目ではない)である
「乱捕り」の主審の実技をやらされまして。

『構えて!』
『技あり!』
『待てっ!』

などやらされました。
普段道場でも似たような事はやってますが
正式にとなりますと少々戸惑いますねぇ。
実際問題、もつれてポカポカやってる選手間に割って入るのは
そこそこ怖いですよ~、自分が殴られそうですもん。
言って聞こえるくらいなら主審なぞ要らん訳で
身体ごと割って入って、必要なら選手を突き飛ばすくらいで無いと
選手の安全は図れませんな。
KOされる前に止めなくちゃなりませんからね。
ですかられんは手で入りつつ、
『ヒザ蹴り』の要領で割り込みますがwww




さて、この演武方式には長所(?)がありまして、
希望者全員、理論上道場の全員が出場できるのです。
一部のエースが道場の看板背負って…ってのも燃えますが
普通の子以下wの子でもとりあえず出れます。
(上に進めるかは分からんが)
コレはコレで良かろうと。



れんも大会には数知れず出ておりますし
他の方のも見ておりますが、
やはり本当に演武が上手い人は実際にも強いですよ。
大会入賞クラスはやはり違う。
もちろんイコールにはなりませんが、
修行のいち方法としては決して無駄じゃないですね。
演武と乱捕りと基本はバランス良くすべきなのです。





個人的には武道は



美しくなければならない





と思ってるんですよ。





もちろん最初から美しさなぞ追求する必要はありません。
あくまで実用と実戦を追求した結果として表現されるもの。
強い人が美しいのは多いですが、
美しい人が強いとは限らんしwww
武道やってて「強さ」を追求するのはもちろんの事で、
美しさはその副産物ですが。





どんなスポーツであれ一流アスリートは例外なく美しいですよね。
無駄の無い動き、躍動する筋肉、爆発的な迫力。
人間はそういうものを見ると
「美しい」と感じるようにできてるんでしょうな。
もちろん動いているばかりではなく
止まっている姿勢にも美しさはでますしね。
剣道や居合道で、姿勢を決めた姿などゾクゾクしますな。
「姿」に「勢い」がこもっているから「姿勢」なのですよ。
構え見れば「む、この人デキるな」ってのは分かりますよ。





さて、ウチのメンバーは昨年に引き続き
「……可愛いね」とゆーメンバーなので
入賞狙いというよりは予選突破を目指しましょうかね。
子供の部でも大会は意外にハード。
予選⇒準決勝⇒決勝と最低3回は演武しなくちゃならない。
子供の体力ですと結構きついです。
受身とかで身体は痛みますし、蹴り足とか痛めるので
3回目にはかなり精神力で押さえ込む必要があります。
そこが『修行』な訳ですが。
自分の身体ですからね。
自分で奮い立たせないと後悔するのも自分ですから。





れんも出ますが…
れんの出場種目は全国大会種目じゃないんだよなぁ…
(仮に北海道大会で優勝しても全国大会には出られない)
とは言え、見回してみても周囲に組める人間いないしな。
ま、とりあえず昨年のリベンジを念頭に置いてますがね(ニヤ
本部の内弟子出身の方は確かに上手い。
が、町道場出身のれんにも意地がありますのでね。

 

 

|

« 第401話:受験の諸君、ご苦労様 | トップページ | 第403話:え~、元気ですよw »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/9065350

この記事へのトラックバック一覧です: 第402話:久しぶりのうpですね:

« 第401話:受験の諸君、ご苦労様 | トップページ | 第403話:え~、元気ですよw »