« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

第426話:おめでと♪

うむむむむ、やはり押さえきれなかったか…
こんばんは、首痛再発中のれんです。





昨日あたりから「むずむず」と筋肉が引きつれる感触。
「あ~、来そうだなぁ」と思い、
銭湯に行ってほぐしてはみましたが、やはりダメだったようです。
先日ほどひどくはありませんが、お定まりの微熱発生中。
おぉ、37℃楽に突破しとるわ。ったく、このポンコツは…





と、ぼやいても仕方ありませんので様子を見る事にしましょう。
所詮こいつ(Myぼでぃ)とは死ぬまで一緒の道行きですからな。
あと20年くらいまともに動いてくれるとありがたいんだが…

「その気ある?」
と自分の方に向かって問いかけてみましたが、角度的に

自分の股間に話しかけているみたいで

どうにもサマになりません。
げしょげしょ。





本来であれば今日は「道場日記」ってとこなのですが
祝日につき道場が使用できないのです。
嗚呼、大会直前なのに…
れんは明日から仕事ですので
見てやれるチャンスはもうあまりありませんが
何とか頑張りましょう。
れん?ぶっつけ本番ですwww
ま、それでも夜な夜な
「。・゚・(ノД`)・゚・。 うぇぇぇん、痛ぇよぅ…」
とか言いながら蹴りまくっているので
「ごまかし方」は分かってきましたが。





本日、友人が東京で華燭の典との連絡あり。
花嫁…ねぇ(´・ω・`)、いや似合わんとは言わんが…その。
幸せになれよ~
今までお前さんはたくさんの人の幸せを守ってきたんだ。
今度はお前さんが幸せになれ。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ま、しばらくは甘い新婚生活送るんだな♪


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

第425話:←多分合ってる…と思う

せめて3桁くらいは数えられるようにしておきたいな…
こんばんは、れんです。





先日UP後、何気なく過去記事を確認しておりますと
「……あれ?なんかおかしくねーか?」





れんは「話数」を付けておりますが
「423話」も「424話」も2つある…ってオイ!
423話⇒424話⇒423話⇒424話とループ。
戻るなよ、自○隊の腕立て伏せじゃあるまいしw





気になって過去のものも確認しますと
413話から418話にイキナリ5話も逆サバを読んでいる等など
罪状が次々と発覚…
話数式にしたのは208話からですが、
それでも面倒なので捜査は打ち切りました。





見つけたところだけでも直そうかと思いましたが
コメント付けて頂いた方もいらっしゃいますので
下手に修正すると混乱する…





結論:放置。行ったり来たりで概ね数字は合ってる事と見なす。





小学校から算数は苦手でしたが
3桁の数字くらいは数えられるようにしたいものです。







時事ネタから少々。





・チェルノブイリ事故20年





当時10代ではありましたが、なんせ当時のソ連内の事故。
(…平成生まれは「ソビエト社会主義共和国連邦」を知らんのだろうな)
ゴルバチョフ政権だから多少は表に出たものの、
実態不明の部分が多く状況が把握できない。
なんと言っても日本より偏西風の風上で起きた大事故。
戦慄が走ったものですよ。
20年の月日が流れても、被災地は今だ復興せず。
爆発した4号炉を封じ込めた「石棺」を中心にした死の土地。
まさしく『墓標』ですね。
原発が一概に悪いとは言えないのですが
安全管理を強引に捻じ曲げるとこういう事になるいう最悪の教訓。





・JR福知山線脱線事故 1年





で、こっちに話は来るわけだ。
さて、教訓は生かされているのか?
生かされてゆくのか?





・清原「次に当てたらそいつを倒す」





う~ん…
嫌いな選手じゃないんだが…
歴代ダントツの死球数を誇る(?)彼ですが
別に彼だけを投手が「狙っている」訳ではないと思うが。



選手寿命を延ばすのには様々なファクターはありますが
「怪我をしない」というのは重要。
野球だろうがサッカーだろうがスポーツは怪我と裏表一体。
「逃げる技術」も立派なスキルだと思うんですよ。
『死球数が多いのは恐れず踏み込むから』
という声もありますが、なら怪我しても文句は言えん。
清原ほどの打者なら投手も必死。
むざむざ内角攻めの選択肢を放棄する投手はおるまい。



自分の決めたファイトスタイルを通すなら
対価は払わねばなりますまい。
「俺は逃げないけど、ぶつけたら殴るど!」
つーのはどうかと。
「投手を事前に恫喝してどうするんだ?」
という気がするんですがね…
一流の選手の発言だけに逆に気になります。





・耐震強度の偽装問題





…逮捕するまで時間かかりましたな。
ま、あらゆる犯罪の中で特に立件が難しいのは詐欺ではありますが。
これを気に膿みを出し切って欲しいですが
建物のみならず業界全体の「構造問題」ですから
難しいでしょうなぁ…




さて、昔から時事ネタを取り込むのが上手いのは
「えちー業界」と相場は決まっておりますが
今回も見事なものです。





『姉は一級建築士 ~イケない構造設計~ 』
【ジャンル】建築系恋愛ADV
(リンク先18禁。お子さまはダメよ(* ^ー゚)ノ)





…臆面もなくこういうのを張るから
「下ネタの多いブログ」と
弟子に突っ込まれるんですがね_| ̄|○





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

第424話:痛恨の一撃

…寒む寒むっ!
こんばんは、みぞれの中出勤したれんです。





今まで着ていたコートをクリーニングに出し、
一段階薄いのにした途端コレだもんなぁ…
風はすごいし、ホント北海道は油断がなりません。





とは言え『春だなぁ』と感じるのは
家中そこここでワラジムシが闊歩している事と
ウチの山賊両親が山菜取りに出かけ始めた事です。
この季節が来ますと春を実感いたしますな。





日曜日の道場での練習中、
小学3年の女の子が寄って来まして

『せんせ~、ワラジムシ死んでたの。外に捨てていい?』
と手に持った干からびた物体を…

『……あ、ああ。いいよΣ(・ω・;||| 』





30分後





『せんせ~、ワラジムシ歩いてたの。逃がしていい?』
と手に持ったわしゃわしゃ動く物体を…

『お、おう。もちろんいいよΣ(・ω・ノ)ノ 』





これくらいの女の子は物怖じしませんな。
…食うなよ?





ちなみにワラジムシは湿度が高くないと生息できないようで
乾いたじゅうたんの上などのこのこ歩こうものなら
水分が無くなってカラカラに干からびてしまい自滅します。
それでも出てくる彼らに敬意を…表したりはしません。





たれぞ~さんのところでも話題になってますが
ウチも行者ニンニクの収穫がありまして。
ま、近場で済ませたみたいですので細いんですが…
早速しょうゆ漬けにして食しております。
匂いがきついので少量ずつですがね。
食べ過ぎると大変ですぜ?
(弱い人はお腹も壊す)





タラの芽の天ぷらも食べたいなぁ…
こごみとかも美味しいよね…
アズキ菜もクセ無くていいね…
フキもワラビも美味しいぞ…
煮物の国の人だもの。







上京した弟子、M(おにゃのこ)からコメントがありましたが…





「何かこの下ネタの多いブログを見ていると本当に落ち着きます(>▽<)」





って、ちょ、おま…www
そこにツッ込むか?!
コメント見て吹いたじゃねーか!!
…お前文才あるなぁ、この一文は名言だわ(;´Д`)
それにしても、俺が下ネタ好きだと思ってるのか?
道場ではそんな事…ゴメン、言ってるわ(´・ω・`)ショボーン





20歳の弟子に見事に打ちのめされました。
こんな先生のいるウチの道場の明日はどっちだ





当道場は入門者大歓迎でございます。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/24

第423話:一人でできるもん

バタバタした休みだったなぁ…
こんばんは、れんです。





先日の「めっぱ」も大事にならずに終了。
周囲への感染拡大も無かったようですのでまずは一安心。
今はいつもの涼しげな目元に戻っております( ̄▽ ̄) ニヤ
ファンの皆様ご心配をおかけしました。
(死んでしまえ)




さて、10日前から予定の入っていたMRI検査。
土曜日に行ってきました。
ったく、休みだというのに普段より早起きとは
とほほな気分です。





れんが行っている病院は医療機器はレントゲン程度。
あとはドクターがいてリハビリルームが充実…とゆー
至極シンプル(?)なところなのです。
それ以上の検査が必要な場合は専門のセンターに行き
そこで撮影して写真を患者自ら持参する方式。
まぁ合理的っちゃ合理的ですね。
外科は外科でも救急病院ではないので。





れんは朝イチで予定を入れましたので撮影は09:00から。
ゲート型の機械に放り込まれ、身動きできない状態で20分。
事前にしつこく「金属製のものはないですね?」
と聞かれるのも2回目ですので慣れました。
こうまで聞かれると
「一度持ち込んでみようかなぁ?」
とゆー気になりますが、
「即席レールガン」が出来上がりますのでやめましょう。

(電磁誘導で弾丸よろしくぶっ飛んでいくそうな。
 シャレにならない威力らしいのでダメですよ)





さて、写真持って病院へ。
ドクター「う~む…」と写真を判断しておりましたが
れんも写真を見つつ「ほほぅ…」と。





自分の○○や○○○○○の輪切り映像を見たのは初めてだ。





いやほら、ポジション的に必ず写るわけでして…

「(…ふむ、左右で写りが違うのはポジションが違ったのだな)」
「(……結構詳細に写るんだなぁ。なんとなく恥ずいぞ)」





Dr:「で、ですねれんさん」
れん:「…」
Dr:「…?れんさん?」
れん:「は、はい!なんでしょう?!」





見入るなバカ





さて、ドクターの診断。
Dr:「これだったら大丈夫。重度の炎症は起こしてません」
れん:「そうすか♪」
Dr:「ストレッチでいけますよ。方法、分かりますよね
れん:「は?そ、それはまぁある程度は…」
Dr:「今でも自分でされてますでしょ?」
れん:「やっちゃいますが…ずいぶん評価されてますねw」
Dr:「自分でやってみてダメだったらまた判断しましょう」
れん:「はぁ…」


結局、具体的な方法は何一つ触れず終了~
ある種『放置』です。
ずいぶん高評価されたものだな…
れんは体育系や医療系の専門教育を受けた事など無い
ごく普通のサラリーマンなのだが。
そりゃあさ、指導してるんだから知識はあるけどさ…





もっと構ってよ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
(要するに病人扱いされなくてちょっと寂しい)





てな訳で、黙々とストレッチしております。
病院帰りに書店に寄ってそれ関係のものも購入。
(まぁ何冊も持ってはいるんですが)
サイドバーに載せたものですが、値段の割りに内容充実。
なかなか良いのでお勧めです。
モデルが水野裕子ってところも気に入ったwww
(あの気の強そうな目つきは結構好みですね)





ま、大会までに完治するとは到底思えませんが
『やってみるさ!』
って事で。







今日ホー○ックに行くと以前から気になっていたコレが

Stretch2

たまたま在庫処分で安くなっていたので購入。
『ストレッチ・ポール』と言いまして
(「ストレッチローラー」「フォームローラー」など
  呼び方は各社まちまち)
プロ野球選手など
各界のアスリートがコンディショニングに使用しているそうで、
最近アスレチックの世界ではブームになっているらしい。
れんもその手の書籍で読んで
「一度使ってみるかな?」と思っていましたので渡りに船。
早速購入して試してみました。





どう使うかといいますと、要はこの上に寝転がるわけです。
れんの買ったのはまぁ安物っちゃー安物ですので
やや堅めなのは仕方ないですね。
とは言え、単なる発泡スチロールでは体重かけたらつぶれますので
ある程度の堅さは必要かと。





で、寝てみました。
ポールの上に背骨を乗せてリラックス。
1分ほど寝てから外し、床の上で効果確認。
……おぉぉぉ、これはすごい!
明らかに背中から腰にかけて接地する面積が広くなってる。
すげー気持ちいい♪
人間の手も目も前についているので仕事や作業をしていると
胸郭や肩を前に向かって狭めてしまう姿勢を取ってしまいますが、
それを広げてくれます。
こりゃー肩こりにも効きそうだ。
なるほど、ここを広げるにはこの形しかないわな。





念のため余計な事を申し上げますと
正しい姿勢でのストレッチ方法とセットで無いと
効果薄と思われますので、
斜め読みでも良いですから
その手の書籍やビデオに一度目を通した方が良いでしょうね。
これは女性にはお勧めかもな~
(能動的に動くんじゃなくて寝るだけで効果があるので)





れんの今回の股関節痛も広い意味では
骨盤から来ている可能性があるので
上手に使って効果を上げましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/21

第424話:めっぱ?めばちこ?

♪ぷっにぷにのぉ~……まぶたっ!
こんばんは、左目が腫れておりますれんです。





今朝目が覚めると
「…なんか目が痛ひ」





鏡を見てみるとまぶたが「でろん」と腫れておりました。
痛痒く、寝起きもあって目は糸目。
普段意識しない





まぶたの重さ





を実感できました。
結膜炎か『ものもらい』でしょうなぁ。
なおタイトルの「めっぱ」「めばちこ」はものもらいの地域呼称。
全国で呼び名がバラバラです。
北海道では「まっぱ」…じゃねぇや「めっぱ」が一般的?
詳細はこちらのサイトが秀逸www

ものもらいMAP◇ものもらい(麦粒種)の呼び方◇ロート製薬株式会社





病院行ってから出社しようかと思いましたが
忙しい時期ですのでそのまま出社。
自宅で眼帯探しましたが見つからず、
やむなくほぼ片目をつぶった状態で通勤。




左右の視力は似たようなものですが
れんは「利き目」が左ですので少々不便。
右目ならまだ良いんですがね…
右目はなぜか酔っ払うと瞑るクセがあるので
慣れているんですがねぇ…
(変なクセだ)





眼帯は昼休みに薬局で買いましたが
結局仕事はそのまま終えました。
徐々に腫れは引きましたし。





さて、本日は道場。
身体接触があるので感染の危険がありますから
道場に入る直前に眼帯装着。
(少なくとも目をこすった手で触るような事はなくなる)





以下道場構成員の証言





『…試合後のボクサーみたいですね』
(眼帯を外して目の状態を見た高校生O君・談)



『眼帯の上から眼鏡って変っスよ。眼鏡浮いてるしwww』
(同じく高校生K君・談)



『普段の数倍強そうですよ。あとは腰に刀を差せば完璧』
(道場最年長Nさん71歳・談)



『みんな、試合を申し込むなら今だぞ!』
(わが師、当道場師範)





頬擦りでもして感染させるべきでしたねヽ(`Д´)ノ





まぁ実際問題、遠近感が大幅に狂うのでしんどいのは否めず。





ち、お前らのへなちょこパンチが見切れねぇたぁ、
俺も落ちたもんだぜ(;´Д⊂)





「眼鏡が浮いてる」とは、腫れてるまぶたの上にパッドを置き
その上から眼帯ですから、眼鏡が浮いてしまうんですよ。
かといって無事な方の目にコンタクト入れる気にもならず…





今は腫れは少し落ち着いてますので明日には大丈夫かな?
我が上司Rinさまからは
「黒いアイパッチとか似合う!」とのお言葉をいただきましたが
そんなもんどこに売ってるのさwww
「じゃあピンク」って、同じだ同じ。
…自作するか?
「キャプテン・ハーロック」か「柳生十兵衛」か…
まぁ「丹下段平」が関の山でしょう。





ところで大人で現実にアイパッチしてる方ってあまり見ませんねぇ?
欧米では医療用でも「一本紐に黒」が一般的だそうですが…





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

第423話:Sayonaraは言わない

…ヒゲって面倒くさいですねぇ
こんばんは、れんです。





お遊びで「不精風ヒゲ」を伸ばして少し経ちますが、
この「不精風」というのが曲者。
単に「不精ヒゲ」なら楽に決まってますが
それではただでさえ童顔・淡白・貧相なれんの顔立ちが





余計貧乏くさい





ので、そこは多少の加工が要りますよ。





まず

・鼻の下は剃る
 これで繋がってるんなら伸ばしてもいいですが
 れんは鼻の真下は生えないので『八』の字になるわけで…
 はい、「助平」ですね。
 『赤足のゼフ』ほど立派なら考えますが(ありゃ鼻毛だ)





・長さは揃える
 「ヒゲトリマー」大活躍。

Hige_1

 れんは多感な思春期(うふ)にヒゲが伸び始めた頃から
 T字のカミソリ派(ジレット・マッハシンスリー愛用)。
 ですので電動のものというのはちょっと楽しい。
 3ミリがデフォ。





・生えるエリアは限定する
 これがなー…
 面倒くさいのですよ。
 ちょっと気を抜くと「あ、剃りすぎた…」となるので。
 そうするとバランスとるため反対側も縮めてゆき…
 とマンガみたいな事になるのです。





結論





無精者に「不精風」は大変である。





ところで、今はもみあげと繋げていないのですが、
ここってのはどうしたら良いもんですかねぇ…?





・先日の(´・ω・`)ショボーンなネタ





先日osoさまとの雑談の最中の事。
何かの拍子にれんの口から当たり前のように





ツンデレ





という言葉が出てしまったのですが
それを聞いたosoさま、怪訝な顔。
…いえ、あの、良いんです。
知らないosoさまのほうが健全です…_| ̄|○
(言うておきますが、れんの方が大幅に年上です)





なお、『現代用語の基礎知識』に載っているとの事でしたので
手元の2006年版を紐解くと、ホントだ…
市民権得なくて良い言葉まで載ってるなぁ…www





「ツンデレ」に関してはこちらへ。
れんは別にゲームもしませんしその手のアニメも見ませんが
概念として、また心情として十分理解できますな。









本日の(;´Д⊂)なネタ





新庄、突然の引退宣言 (スポーツナビ)





……そうですか、地元開幕戦が満員になったのを見て
「自分の役割は終えたな」と。
男ですねぇ…





まだまだやれると思うんですがね。
ただ選手の引き際は自分が決めるものですから。
残る今季、思い切り楽しくプレーしていただきたいっ!
湿っぽいのは彼に似合いませんからね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

第422話:道場日記~特訓編~

ほい、今ターン終了っと。
こんばんは、お休みのれんです。
週を重ねるごとにプレッシャーがきつくなっていくのぅ…





今日は休日で日曜日ですが、大会間近な当道場は『特訓』です。
『特訓』……素敵な響き♪
なんかこう、青春な香りがしませんか?





先に構成を作成し渡してはいるものの、
それ以来練習を見てやれなかったので
どうなっているかも楽しみでしたが
そこそこイイ感じになってますな。
小学生達も、昨年出場組は確実に去年より上手ですしね。
練習後半、顔に拳当たって泣いちゃった子が出ましたがw
…まぁ痛いよな、うん。
(ちなみに小学校3年生の女の子なんだが)





このペアは同い年の女の子コンビですが
同学年でもこのくらいの年代は成長差が大きいので
身長がずいぶん違うんだよねぇ。
女の子とはいえ10センチ以上違う相手に叩かれたら痛いよな。
(>_< )ヾ(^-^;)ヨシヨシ





大人の部もなかなか面白い。



自分達がしっくりくる構成がなかったのか
新高校生コンビが「先生、何かないスか?」と訊いてきたので
かつてれんが20代の頃使っていたものを伝授。
まぁいわゆる飛び蹴りの一種ですが
空中で二回、前蹴り⇒回し蹴りと繋げます。
れんは今はあんまり使いませんがね。
(素直に「寄る年波で出来なくなった」と言え)





身体能力が傑出しとるOにさせてみましたが

「ブォン!」

…おぉ、蹴りがれんの頭の上軽々と吹き抜けて行ったな。
れんも大きい方ではありませんが
それでも一応170センチあるんですがね…
こいつはジャンプ力がすごいので
調整しないと高すぎますねぇw
(当たらなければしょーがない)





女子大生コンビ(一人は就職しているので正しくはないが)の
練習を見ていた高校生有段者がぽつり。
「お、俺らとレベルが違う…」
まぁ、確かになw
今はこの二人がウチのエースだろう。
この二人でも激戦区だからどこまで行けるか分からんがね。
なんせ毎日毎日「これでもか!」と練習してる
大学生の部活連中とまともにぶつかるからなぁ…
町道場はつれぇよな(´・ω・`)ショボーン





さて、昨年は『優勝狙い』を宣言したれんですが
今年は本番2週間前にMRIを撮らねばならないような有様ですので
そこまでおこがましくは…www
正味、今も椅子の上であぐらを書いてキーボード叩いてますが
左足はじんじん痛いっスねぇ…
先日左足を軸に急に方向転換したら、
脚がもげるかと思いました・゚・(つД`)・゚・





各道場幹部用に大会本部から出場者名簿のゲラが回ってきましたので
ひとまず自分の出場するクラスだけ参照。
…………ほぅ、奴が出場るのか。
実はいつも遊びに来る隣の道場の一人ですが
抜群に切れる技の持ち主。
もちろん何度も指導していますがなかなかの使い手。
身体能力、体力も抜群(なんせ現役自○官)。
こいつぁ厳しい戦いになりそうだねぇ…
今年は手ぶらを覚悟しておこうwww





道内の高名な先生の訃報が。
…あの先生そんなお年でしたか?
この業界の方は肉体年齢が若いせいか
外見上お年が分からない方が多く…
それにしたって、まだ亡くなるのには早すぎるお年。
う~む……

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

第421話:一度で良い、秘伝書見てみたい

…世の中は広いよな。
こんばんは、認識を新たにしたれんです。





第413話にてツッ込みを入れました
『シンガポール武道家一族 空手家探し来日 雪道に迷う』
のニュースですが、
たれぞ~さんからご指摘ありましたとおり
めでたく秘伝書が見つかったそうです。





『シンガポール人が探した「秘伝書」あった』





よ、良かったね…(;゚д゚)
まぁツッ込みどころは今回も満載なのですが、
多すぎるので絞りましょう。





-------------  引 用  -------------

一行が「譲り受けたい」としていた秘伝書は、
福田さんが中国福建省で修行した際に師範から授かったもので
「譲ることはできない」という。
代わりに「亡くなったシュイさんに
空拳法道の認定書を贈りたいと申し出たところ、
ご家族も快諾してくれた」といい、
14日に青森市内で認定式を行う。

-------------  引用終了 -------------





え~と、まぁ基本的に
秘伝書は貰いに押しかけるものではない

「認定書」って…





-------------  引 用  -------------

会談では、夫人のジオン・チュウメイさん(50)や
テンリンさんに、修行当時の様子を語って聞かせたという。
「まじめでガンコで、心はあまり開かない、
口より手が早い武道家だった」と話したところ、
チュウメイさんらは納得した様子でうなずいていたという。

-------------  引用終了 -------------





「口より手が早い武道家だった」
ってのは大問題でわ…_| ̄|○
そりゃヤバイって。
「心をあまり開かず、いきなり手が出る人」
って迷惑どころか普通に危険だろ、それ。





「納得した様子でうなずいていた」
って…
苦労してたんですね、DVで(;´Д⊂)





いやぁ、このご一行
「…日本から帰れる日が来るのかな?」
と思ってましたが、無事帰れそうですね。
…と思った周囲の人々の壮大な釣りじゃないだろうな?









本日取った電話。
いきなり「ゆー きゃん すぴーく ちゃいにーず?」

…アイヤー!!Σ(・ω・ノ)ノ

れん:「…のー」
電話:「いんぐりっしゅ?」
れん:「…のー」





うっわー、こてこての外人さんだわぁ。
中国語と英語ね…ワールドスタンダードではあるな。
この二つと、あとラテン語系をマスターすれば
人口カバー率は相当なものだ。





へ、自慢じゃねぇがこちとら



「小学校から英語教育だぁ?要らん!
 日本語をマトモに話せん奴に英語教えて何喋らす気だ!」

「賭けてもいいが、
 日本人の大多数が英語話せるようになる前に
 日本の誇る電子技術は携帯翻訳機を実用化するねっ!」



とゆーて憚らない人間だぜ?
英語はパスだwww





それはそれとして、
意思は疎通せねばならないので(泣)何とか意向をお伺いし、
英語OKの担当からの折り返しに丸め込みました。





隣で聞いていた上司の一言。
「『あい きゃん すぴーく いんぐりっしゅ』
 って言ってなかった?
 『喋れてねーよ!』とツッ込もうかと…www」





……「きゃんと」と言ったつもりでしたが
そうですか舞い上がってましたか_| ̄|○
(それとて正しくは「きゃんのっと」である)





なお、周囲では
「れんさんが英語でしゃべってる!」
と騒然としたらしいが…

『自分、不器用ですから…』





中国語ってんならいっそ
筆談なら意思疎通はしやすかったかも。
メッセンジャーかなんかを繋げてだね。
「中国語可?」
「否!」
「中国語可人間、我要求折返電話」
「了解!再見!」
で済む気が…
(でたらめな中国語を…)





こちらのお方が沈んでしまい痛ましい限り……(ノд・。)
まったく関係はないのですが
れんの本名のせいで、なんとなく責任を感じてしまう気がするぅ…

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

第420話:「射法八節」…もう忘れたなぁ

なんだか本州は異常気象気味のようで。
お見舞い申し上げます。
北の国からこんばんは、れんです。





こちらも順調に雪解けが進んでおります。
こーゆーのは徐々に進むのが良いのであって
あまり一気に進むのは風情が無いどころか
災害になってしまうので困りもの。





北海道の屋外系運動部はこの季節になると
各練習場の雪割りから活動が始まるわけです。
(積もった雪を砕いて空気に触れさせ融雪を早める事)
れんは高校時代は弓道部でしたが、
なぜか屋根なしの屋外弓道場でしたのでw
この季節になると雪割りしてたなぁ…などと。





敷地そのものは無駄に広かったのですが
その広さを悪用して脱線もしばしば。
そもそも、弓道場と言っても的を置く斜面(これとて天然)
矢道(矢が飛んでいく空間)、射場(弓を引く場所)があるだけで
あとは基本的に何も無いのです。



今考えると神聖な射場でとんでもねー事してたなと思いますが
自転車で乗り入れ二人乗りして、
背中合わせに後ろに乗った人間が弓を持ち
通過しながら矢を射る『流鏑馬(やぶさめ)』
的を転がしてもらい動く的を射る『コンバットシュート』など
悪ふざけも多少は…ね
時効ですんで許してくらはい…m(_ _;)m
今現在、道場を指揮する人間の端くれとしては
反省しきりなのでございます。
あの頃は若かったんですぅ…





れんが卒業する年に半屋内弓道場が完成。
(矢道だけ屋外)
そのような無法をする事もなくなりました。
…もっと早く作って欲しかった_| ̄|○





色々と面白かったですよ。
れんは下手でしたので大会メンバーって事は無かったですが。
どれくらい下手かというと、高校3年間で
「一度も弓返りをしたことが無い」というくらい下手です。
(経験者は分かると思う)
やたらと弦を切りまくったりとかね。
(不思議なもので、引き方や離し方で切れやすくなる。
 切れるのは下手の証拠と言われましたが)





顔を的の方向に向けるのが完璧でなく
耳を弦にいいだけ弾かれまくったり。
(れんは弱い弓でしたが、強い弓だと耳が飛びかねません)
床屋に行って
「…お客さん、なんで右耳だけ真っ黒で腫れてるの?」と。
…内出血してるんでつ(T△T)」とか。





袴も履きましたが、
慣れてないと正座から立つ時に裾を踏んでコケたり
階段の上りでコケたりとなかなか大変。
大会会場は袴を持ち上げて階段を上る選手の群れw
剣道も袴ですがそんなにコケた覚えは無いんですがね?
(一応剣道の経験もあり)
壮観なのはトイレ。
男性はみな、片足をべろんちょとむき出しにして用を足します。





男性の袴は『馬乗り袴(足がそれぞれ独立している)』で
女性のは『行灯袴(あんどんばかま、スカートと同じ)』だったかと。
よく女性部員はくるくると回転してから急にしゃがみ、
「ぼふっ」と袴をお椀状にして遊んでましたな。





なお、女性の袴姿に萌える向きも多いようですが





その気持ちは良く分かる





ただ、胸の大きい女性はちと大変。
弦が胸を弾いてしまうので、胸当ては必須。
それでも当たると大層痛いそうな(想像外)。





まぁ弓道はその後やってませんが、
後に自衛隊での64式小銃射撃に生かされたのでしたw
呼吸とか似てる気がしますね。
おかげさまで(?)、大隊では結構当たった方かと。





明日はちと早く出勤せねばです。
眠いよ~、今日は頭痛がひどいんだよ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/12

第419話:確かに白かった

レントゲン撮ったら「白い何か」が写りました!!
こんばんは、90%がそれで出来ているれんです。


昨日はたっぷり14時間の睡眠を摂りましたので
今日は病院行きました。
今回は先日ひどい目に遭った首…
…ではなく股関節を優先しました(オイ





首は確かにヤってしまえば動けません。
そりゃーもう先日の悶絶を味わってますとね…
しかしま、付き合い長いだけに対処法も。





さて、れんの大会当日。
オープントーナメントやる訳ではなく
型を一発やって終了する一発勝負。
型の規定時間は『75秒』。
そう、仕事なら欠勤モノの痛みでも、
大会当日『1分15秒間』動けばいいのです
あとは死んでてOK♪





仮に大会当日に爆弾が起爆しても
単にその時間もたせるなら幾つか方法はあります。
(例えば直前に師匠に整骨してもらうなど)
演武をごまかす事もできますしねぇ。
長年の付き合いなので、75秒間我慢するのはまぁなんとか。





が、しかし。股関節はそうはいきません。
モロに採点に響くわけで、ちょっとでも動いた方が良い。
対処法も現状ありません。
てな事で、今回はあえて股間股関節を優先。
さ、この判断、吉と出るか凶と出るか!
……つーても
絶対全治まで何ヶ月もかかると思うんですけどね(;´▽`A``





さて、向かう病院はれんの肘を治してくれたココ
…久しぶりだなぁ。
正味の話、この近所で○○生活送っていたので
近くに行くと他のトコロも痛くなるのですが
背に腹は代えられんからのぅ…





『今回は股関節診察するんだからジーンズはまずかろう』
と思い、トレーニングウェアで。
「れんはお医者さんの苦労を減らす良い患者♪」
と思ったら、ショートパンツ貸し出してくれやんの…_| ̄|○
気配りカラ回り。
せっかく風の強い中、すーすーするのを我慢して着てたのに。
ちなみに、レントゲン撮る時はノーパンに診察衣。
む。こ、これは…嗚呼、新鮮な感触♪





幸い、れんを担当してたお医者さんいまして。
Dr:「あ、れんさん。久しぶりですね。肘の調子は?」
れん:「無問題です。その節は <(_ _)>」
Dr:「で、今日は?」
れん:「まぁいろいろとありますが、まず股関節で」





症状を話し、ベッドで稼動域チェック。
Dr:「ご自分でもいろいろやってみたんでしょ?」
れん:「はぁ、まぁ。その結果自力じゃ無理と判断しますた…」





レントゲン先に撮りましたので
(ああっ、大事なところを被爆してもうた!)
その写真見ながらの診断。
左大腿骨骨頭を指しながら
Dr:「う~ん、ここにカゲありますねぇ…」
れん:「え、ハゲですか?」
(この辺フィクションです)





やはり炎症を起こしている可能性が極めて高いようで(;´Д⊂)





さて、この手の関節損傷は
外科的療法よりまずリハビリと稼動域と筋力回復が優先。
つーことは基本は『自分で治す』です。
昨年手術した肘はそれすら出来ない状態でしたので
やむなく手術をしましたが、
それとてぶっちゃけて言うと
「関節の中のカサブタひっぺがして、新しい傷を付ける」
という手術。
新しい血を出して、
もう一回最初から治し直しましょうとゆーもの。
変にカサブタがあるから治癒が止まってしまっているので
「うりゃ!(ペリペリ)」と取っただけで、
腱も筋肉も縫ったり繋げたりしてません。
「さ、あとは自己回復力♪」という手法です。
(医者にはっきり言われてますがな)





今回ももちろんリハビリは病院でしますが
とてもそんな回数では足りません。
まずは方法を覚えて自分でやること。
これしかないのです。





今回病院に行ったのは自分の状態がどうなのか、
自分でやって良い方法と悪い方法があるのか、
それを判断して欲しかったのです。
自分の身体ですからね。基本は自分で治さなくちゃ。
この先生はスポーツドクターですので
そこら辺は十分理解してくれておりまして。
ありがたやありがたや。





結局、詳細判断のためにMRIを撮る事に。
といっても、予約が要るので今日のものにはなりません。
仕事と付け合せていくと…早くても22日だぁ_| ̄|○





ま、今大会には間に合いませんが
多分この先長く付き合う事になるんで、焦っても仕方ない。
気長に治しましょう。
華麗な蹴り技を復活させねばね~www
(言ってみた)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

第418話:我が恋人は

おーわーっーたーぞー…
こんばんは、3月末からこっちへヴィだったれんです。





3月は丸一ヶ月間、勤務がへヴィだったわけですが
れんのセクション的にも山場を迎えていたのです。
それが終わって楽になるかなぁ…と思っていたら
首はめげるわ、仕事はよりハードになるわ…
いやぁ、正味バテました。
やっと2休だぁ…





疲れもピークに達していたのか
今朝目が覚めたのはいつも家を出る時刻の10分前
顔をばしゃばしゃと洗い、髪をワックスで適当に立ち上げ
歯を磨き、スーツに着替えてダッシュ。
いつもの電車に間に合っちゃいましたwww
いやー、最近ヒゲ伸ばしてて良かったわ。
剃らなくても格好が付く(゚∀。)アヒャ
それにしても、何でヒゲには白髪が多いのだ?
一割くらい白髪な気がしますな。
しかも左側にwww
髪にもあっちにも白髪はないんですがねぇ…





仕事も忙しい上にプライベートでも大会が近いので
大会用の技を構成したり、他にもいろいろと…
前にも書いてますが、ウチの大会は『殺陣』に近いので。
気分はすっかり殺陣師です。
夜の夜中に資料ひっくり返しつつ

「え~っと、この技は使って良いんだけっけ?」
「ここで右で蹴ってるから、足下ろしたときは相手はこうで…」


などと脳内格闘しつつキーボードカタカタ。





分量、実にA4用紙5枚。





まぁ自分がやるんならこんな量にはなりませんが
ウチの弟子たち用なので候補をたくさん作る必要が。
「できるできない」「好き嫌い」があるのでね。
一通りできて対象のコンビには渡しましたが、
他の連中も欲しがっているようなので、も少し追加が要りそう。
…だいたい、A4一枚に付き1時間は睡眠時間が削られますな(;´Д⊂)









こちらのサイトで見つけた





成分解析 Ver0.1A
http://www.tekipaki.jp/~clock/software/

(web上動作ではなくダウンロードして使用でつ)

やってみました。





『れんの成分解析結果 :

 れんの51%は鉛で出来ています。
 れんの30%は株で出来ています。
 れんの15%はスライムで出来ています。
 れんの4%は知恵で出来ています。』





……そうか、スライムか_| ̄|○





『飄々踉々の成分解析結果 :

 飄々踉々の81%は根性で出来ています。
 飄々踉々の15%は理論で出来ています。
 飄々踉々の3%は雪の結晶で出来ています。
 飄々踉々の1%はビタミンで出来ています。』





おぉ、「雪の結晶」ってなメルヒェンだな。
北海道のブログとしてはなかなかだ。
81%も根性とは思わんがwww





ちなみに本名でやってみる。





『****の成分解析結果 :





 ****の90%は白い何かで出来ています。
 ****の9%は陰謀で出来ています。
 ****の1%は波動で出来ています。』





…なんか、実物知ってる人は納得するようなそうでないような。
『白い何か』て。
しかもあとは「陰謀」と「波動」なのか…そうかそうなのか





さ、休みだ!寝るど!
『My Lover  in  is Bed!!』





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/07

第413話:だいぶ回復いたしますた

…動く、動くよ!
こんばんは、かなり回復したれんです。





いやぁ、人間の視界ってこんなに広いんですね。
最近視野の狭い生活してたもので…
手元が見えるとトイレも安心♪(そのネタは止せ)





もちろん完治などする訳もありませんが、
小康状態にはなりました。普通の生活は何とか。
打撃系格闘技が長いですから、幸い視野が広いと申しますか
認識できる領域が広いので生活は何とかなってましたが
それでもねぇ…





視野はきっと普通の方と変わらないと思いますが
目を正面に置いたまま、左右の状況を把握できます。
早く動くものは特に把握しやすい。
これは練習次第で誰にでも。
できるようになるといろいろ面白いですよ。
正面見たまま隣の女性の脚線美を堪能したりですとか(ウソです)。
進化と言えない事もないですが、
両生類爬虫類チックなのでむしろ退化なのかもしれません。





疲れもだいぶ減りました。
痛みによる全身の緊張は非常に体力を奪うので…
微熱も下がりましたねぇ。
ふぅ…
さて、次はいつ爆弾が…





稽古帰ってきてからNHK 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
見てましたが、この番組は面白いですねぇ。
OPのスガシカオもたまらん。この人の声反則だわ…
今日のプロデューサー鈴木敏夫氏も面白かった。
あ~、徳間書店の「アニメージュ」創刊したのはこの人なのね。
あっという間に業界トップに押し上げたもんなぁ。
れんは宮崎駿氏の『風の谷のナウシカ』の連載を
リアルタイムで読んでいた人ですからwww





『英語でしゃべらナイト』も面白いですし
NHKはこーゆー番組を淡々と作ればOK。
変にショーアップしたり媚びたりしなくていいからさ。
民放が手間が掛かったり予算的に厳しかったり
スポンサーの絡みでやりにくいテーマなどを
がっしり腰を据えて取り組んでくれれば良いのです。





《今日の 工エエェェ(´д`)ェェエエ工  なネタ》





シンガポール武道家一族 空手家探し来日 雪道に迷う
(Yahoo!ニュース)



『青森の山中で修行する空手の伝承者に会えとの遺言を受け、
 伝承者を探しているうちに道に迷った」と説明しているという。』





…ちょ、ちょっと待ってくれ。
武道家だったお父さんの遺言が「秘伝書を譲り受けてほしい」…
極真空手の秘伝書…
困惑する極真会館関係者…
は、腹痛ぇ…





しかし、さらにツッ込むべきはこのコメントかと。





「地元観光協会も『全力で手助けしたい』と支援を申し出ている。」





支援てー!





《本日の真面目な下半身の話》



包茎切らないで(YOMIURI ONLINE)




思春期の男子には深刻な問題ですからなぁ。
医学的見地というよりも文化や宗教観念で
こんなもんいくらでも価値観変わるのだ。
思春期男子諸君、心配はいらん。
ミケランジェロの『ダビデ像』を見よ。
あの当時はアレが「美しい」とされたのである。





時は新入学シーズン。
先輩に要らん事吹き込まれて不安になる事の無きよう
人生の先輩から贈るネタであるっ!
(あえて贈る必要1ミリもねェな…)

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第412話:道場日記

首はギリギリ何とか動くようになりましたので道場へ。
つか、今日は師匠居ないので
動けなくても指導はせねばならんのですが。





最近道場の日はすっかり
「うちのケイコ」
で通用するようになりました。
『お宅のケイコさん激しいからね~、身体に気をつけて♪』
と退勤時には声を掛けられる有様。
…今後「ケイコ」という女性に出会うと赤面してしまいそうです。
(全国のケイコさん、すいません)
今のトコ周囲に居ないのでまだアレですが。
ちなみにれん的には「慶子」が良いかな?
「啓子」も捨てがたいですが(何の話だ)。





今日は仕事ですので、年少部は弟弟子に頼みました。
れんは途中から遅れて参加ですので、後ろから見る感じで。
…ほほぅ、やはり彼は年少部の指導上手いなぁ。
やはり若くても子持ちは一味違いますな(関係ねぇ)。
娘のために「プリキュア」ビデオ揃えるだけの事はある(いや、だから)。





取り急ぎれんが道場に入っていくと少々反応が変。
……あぁ、スーツにコート姿、おまけに髭があるもんなwww
『れん先生、渋い!』とお褒めの言葉をいただきました。

小学校3年生で分かる渋さ

ってどんなモンか分からんけどサンキュ(*´Д`)。





さて、本日より諸般の事情で道場を離れていたTが
高校進学を機に復帰。
おー、背も伸びて……って、太ったろお前w
フン、補強練習で息上げてるな?身体遊ばせてたろ?
これからたっぷり絞ってやるから覚悟しろぃ





帰りしな誰かが知らず口にした言葉が何となく嬉しく。





『不思議と誰か居なくなったら誰か来るんだよなぁ、ウチ』





確かに、そうなのです。
今春は二人卒業して行きましたが、
代わりに年少部からの繰り上がりが一人と復帰のT。
……頭数減らないよなw
ふらっと復帰する人間も少なくない。
ま、「居心地が良い場所」と記憶に残るのなら嬉しい事です。
ウチは破門しない限り籍は残りますから、
基本的に「幽霊の集団」(オイ)。
幽霊期間が10年だろうが20年だろうが
「こんちは」と入ってくれば
「お~、久しぶり。元気だったか?どら、いっちょやるかい?」
とできるトコなのです。
ある意味、このたまらないルーズさが好きですね。





さて、大会まで一ヶ月を切りまして、
各組目の色が変わってきております。
年少部も真剣ですよ。
さぁて、どうなりますやら。





本日のドン引き



練習終了後の雑談。
れん:「昨日会社帰りにな、
     『仮面ライダーカブト』のOPのCD買いに行ったのよ。
    そしたら間違ってEDの方買っちゃってなぁ…
    もうガックリだよ。また買いに行かなならん』
弟子一同:
 『…先生、どこにツッ込んでいいのか分かりませんヽ(;´Д`)ノ



……どこからでも来いッッ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

第411話:年度変わり

やっとお休みだぁ…一休だけどね(´・ω・`)ショボーン
こんばんは、れんです。





依然として首は痛いまま。
昨日あたりはまた痛みが盛り上がっておりました。
う~む、不良期に入ったのかな…
痛いお。





今はキネシオテープとチタンテープがべたべたと貼られております。
いや、キネシオはコレでなかなか侮れないですよ?
かなり痛みは軽減します。
つーても今回に関しては気休め程度ですが。
せっかくの一休を病院に費やしたくはないのだが…
しかも行ってすぐ痛みが引くわけじゃねェしな~





ぼちぼちどころか、全国各地からサクラの便りが届いておりますが
北海道はまだ雪が降っておりますですよ。
G・Wまでは油断できまへんな。





4月に入りまして、あちこち入学や入社の時期。
当道場の三人娘、うち一人は上京いたしましてピンで活動開始なので
(おーいM、落ち着いたらカキコよろ)
二人残っております。
例えるなら「なぎさとほのか」ってトコでしょうか。
(例えがおかしいよお前。「Splash Star」じゃないあたりも…)





さて、一人は本日より会社員。
OLさんですよ!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
道場の生き痔引  字引たるれんの知る限り、
過去『女子大生』まではいましたが、
『OLさん』はウチでは史上初では?
まぁ、今時「OL」とも言いませんがねwww





本日入社式をして業務の案内を受けたようですが
なかなかハードなセクションのようで…
これから大変だろうなぁ…
ま、皆そうやって成長するんだ。
最初はキツイだろうが頑張れよ。
難しい部署に配置されるのは期待されてる証拠と思って。
お前さんなら大丈夫だ。





先日会社で「来年は当社にも『平成生まれが入社する』」
という話題になりまして。
そうかぁ…平成生まれかぁ…





「え~?先輩昭和生まれなんですかぁ?」
昭和って何年までありましたっけ?」
「えっと、明治の次…でしたっけ?」
「コレだから昭和生まれは使えねェ
80年代ってすっげー昔って気がするんスけど」





とか言われるようになるんでしょうなぁ…





  il||li_| ̄|○ il||li





ちなみにれんは免疫がありますので平気です。
既に道場の80%以上は平成生まれですから。
あろうことか、最近は身長でも小学生に抜かれました。
体重でも抜かれましたが、これは別に抜かれても…www
最近の子は発育良いですな。
(…エロい話じゃないぞ)





さ、北海道大会まで一ヶ月。
このコンディションで練習できるのか自分!www
大ピンチだ!!(((( ;゚Д゚)))

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

第410話:借金ないのにね

ちょっとはマトモになったかな?
こんばんは、ココログと本人、両方不調のれんです。





ココログはすこーし入りやすくなりましたかね?
昨日もBad Gateway出まくりっ!
入れやしねェ…





さて、仕事上では一区切り…って、
オイオイ、大丈夫なのかねぇ。
何だかお祭り騒ぎになってる気がするが…
率直に言おう





『人が足りねェんだよ』





さて、今シフト開始の31日。
一区切りの大事な日でしたが、れん遅刻。
原因は「おろ?……動けんっ?!」





目は覚めたんですが、ベッドからなかなか動けず…
原因は首の寝違え。
れんは首を痛めているので寝違えしやすく症状も重いのですが、
久しぶりに寝床から動けなくなりました。
何とか起きだし、シャワーを浴びて
筋肉を無理やりほぐし(もちろん痛い)何とか出勤。





炎症起こすので熱は出ますし、
可動範囲は「左に30°」…以上終了。
右はまったく向けず、上下もダメ。
首をかしげる?冗談でしょ。
トイレに行っても手元が見えないので冷や汗もの。
手の感触で…って、リアルな描写は不要だわなwww
痛みを我慢するので体力の損耗は非常に激しいし
良い事ないです。





まぁ何とか一日乗り切りました。
ずいぶん動くようになりましたがまだ痛いですよ。
こうなりますと寝るの怖いですしね。
横になっても良くなるとは限らないのがコレの嫌なところ。
むしろ悪化する事もあるので怖いですねー





原因としては高校時代に食らった
カウンターの右ストレートがきっかけと思われ。
首を鍛えてない人は打撃系しちゃいけませんねw
スーパーセーフ(強化プラスチック製フェイスガード)
越しのパンチで人生初のK.Oを…
その時期他にも首にダメージ負ってたので
正直なところは不明ですが、あの頃からですね。





もっとも思い出してみると、
れんは中学時代から
剣道の面+16オンスの座布団みたいなグローブ
で乱捕りさせられてたので、その頃からかもしれません。
あれは首にガックンガックン来ますので…
安全意識の薄い時代でしたねぇ…(遠い目)
もちろん、今はこんな事させませんよw





レントゲンにははっきり出ないので放置です。
一応何度も病院には行ってますが、
『普通の方の頚椎はS字型なんですが
 れんさんの頚椎はまっすぐですねぇ… 』
と言われて終わり。
神経痛持ちのおじいちゃんよろしく、
首で天気や湿度が分かります、ハイ。





ま、これも自分の身体ですから仕方なし。
好きで壊してますので文句も言えません。
良い時期悪い時期があるので、
このままおとなしくなってくれると良いんですが…









今日のコネタ





パパへの手紙  (ワラタ2ッキ)





ちょ…・゚・(つД`)・゚・
4月1日のこちらのサイトはこの手の話てんこ盛り。
…エイプリルフールだからだよね?ね?
この手の話は作り話でいいの。
でも実話も多いんだよなぁ…





気分転換に「ヒゲ」を伸ばして遊んでます。
不評ならやめますが(弱っ)、も少し遊ぼう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »