« 第424話:痛恨の一撃 | トップページ | 第426話:おめでと♪ »

2006/04/27

第425話:←多分合ってる…と思う

せめて3桁くらいは数えられるようにしておきたいな…
こんばんは、れんです。





先日UP後、何気なく過去記事を確認しておりますと
「……あれ?なんかおかしくねーか?」





れんは「話数」を付けておりますが
「423話」も「424話」も2つある…ってオイ!
423話⇒424話⇒423話⇒424話とループ。
戻るなよ、自○隊の腕立て伏せじゃあるまいしw





気になって過去のものも確認しますと
413話から418話にイキナリ5話も逆サバを読んでいる等など
罪状が次々と発覚…
話数式にしたのは208話からですが、
それでも面倒なので捜査は打ち切りました。





見つけたところだけでも直そうかと思いましたが
コメント付けて頂いた方もいらっしゃいますので
下手に修正すると混乱する…





結論:放置。行ったり来たりで概ね数字は合ってる事と見なす。





小学校から算数は苦手でしたが
3桁の数字くらいは数えられるようにしたいものです。







時事ネタから少々。





・チェルノブイリ事故20年





当時10代ではありましたが、なんせ当時のソ連内の事故。
(…平成生まれは「ソビエト社会主義共和国連邦」を知らんのだろうな)
ゴルバチョフ政権だから多少は表に出たものの、
実態不明の部分が多く状況が把握できない。
なんと言っても日本より偏西風の風上で起きた大事故。
戦慄が走ったものですよ。
20年の月日が流れても、被災地は今だ復興せず。
爆発した4号炉を封じ込めた「石棺」を中心にした死の土地。
まさしく『墓標』ですね。
原発が一概に悪いとは言えないのですが
安全管理を強引に捻じ曲げるとこういう事になるいう最悪の教訓。





・JR福知山線脱線事故 1年





で、こっちに話は来るわけだ。
さて、教訓は生かされているのか?
生かされてゆくのか?





・清原「次に当てたらそいつを倒す」





う~ん…
嫌いな選手じゃないんだが…
歴代ダントツの死球数を誇る(?)彼ですが
別に彼だけを投手が「狙っている」訳ではないと思うが。



選手寿命を延ばすのには様々なファクターはありますが
「怪我をしない」というのは重要。
野球だろうがサッカーだろうがスポーツは怪我と裏表一体。
「逃げる技術」も立派なスキルだと思うんですよ。
『死球数が多いのは恐れず踏み込むから』
という声もありますが、なら怪我しても文句は言えん。
清原ほどの打者なら投手も必死。
むざむざ内角攻めの選択肢を放棄する投手はおるまい。



自分の決めたファイトスタイルを通すなら
対価は払わねばなりますまい。
「俺は逃げないけど、ぶつけたら殴るど!」
つーのはどうかと。
「投手を事前に恫喝してどうするんだ?」
という気がするんですがね…
一流の選手の発言だけに逆に気になります。





・耐震強度の偽装問題





…逮捕するまで時間かかりましたな。
ま、あらゆる犯罪の中で特に立件が難しいのは詐欺ではありますが。
これを気に膿みを出し切って欲しいですが
建物のみならず業界全体の「構造問題」ですから
難しいでしょうなぁ…




さて、昔から時事ネタを取り込むのが上手いのは
「えちー業界」と相場は決まっておりますが
今回も見事なものです。





『姉は一級建築士 ~イケない構造設計~ 』
【ジャンル】建築系恋愛ADV
(リンク先18禁。お子さまはダメよ(* ^ー゚)ノ)





…臆面もなくこういうのを張るから
「下ネタの多いブログ」と
弟子に突っ込まれるんですがね_| ̄|○





|

« 第424話:痛恨の一撃 | トップページ | 第426話:おめでと♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/9781898

この記事へのトラックバック一覧です: 第425話:←多分合ってる…と思う:

« 第424話:痛恨の一撃 | トップページ | 第426話:おめでと♪ »