« 第421話:一度で良い、秘伝書見てみたい | トップページ | 第423話:Sayonaraは言わない »

2006/04/17

第422話:道場日記~特訓編~

ほい、今ターン終了っと。
こんばんは、お休みのれんです。
週を重ねるごとにプレッシャーがきつくなっていくのぅ…





今日は休日で日曜日ですが、大会間近な当道場は『特訓』です。
『特訓』……素敵な響き♪
なんかこう、青春な香りがしませんか?





先に構成を作成し渡してはいるものの、
それ以来練習を見てやれなかったので
どうなっているかも楽しみでしたが
そこそこイイ感じになってますな。
小学生達も、昨年出場組は確実に去年より上手ですしね。
練習後半、顔に拳当たって泣いちゃった子が出ましたがw
…まぁ痛いよな、うん。
(ちなみに小学校3年生の女の子なんだが)





このペアは同い年の女の子コンビですが
同学年でもこのくらいの年代は成長差が大きいので
身長がずいぶん違うんだよねぇ。
女の子とはいえ10センチ以上違う相手に叩かれたら痛いよな。
(>_< )ヾ(^-^;)ヨシヨシ





大人の部もなかなか面白い。



自分達がしっくりくる構成がなかったのか
新高校生コンビが「先生、何かないスか?」と訊いてきたので
かつてれんが20代の頃使っていたものを伝授。
まぁいわゆる飛び蹴りの一種ですが
空中で二回、前蹴り⇒回し蹴りと繋げます。
れんは今はあんまり使いませんがね。
(素直に「寄る年波で出来なくなった」と言え)





身体能力が傑出しとるOにさせてみましたが

「ブォン!」

…おぉ、蹴りがれんの頭の上軽々と吹き抜けて行ったな。
れんも大きい方ではありませんが
それでも一応170センチあるんですがね…
こいつはジャンプ力がすごいので
調整しないと高すぎますねぇw
(当たらなければしょーがない)





女子大生コンビ(一人は就職しているので正しくはないが)の
練習を見ていた高校生有段者がぽつり。
「お、俺らとレベルが違う…」
まぁ、確かになw
今はこの二人がウチのエースだろう。
この二人でも激戦区だからどこまで行けるか分からんがね。
なんせ毎日毎日「これでもか!」と練習してる
大学生の部活連中とまともにぶつかるからなぁ…
町道場はつれぇよな(´・ω・`)ショボーン





さて、昨年は『優勝狙い』を宣言したれんですが
今年は本番2週間前にMRIを撮らねばならないような有様ですので
そこまでおこがましくは…www
正味、今も椅子の上であぐらを書いてキーボード叩いてますが
左足はじんじん痛いっスねぇ…
先日左足を軸に急に方向転換したら、
脚がもげるかと思いました・゚・(つД`)・゚・





各道場幹部用に大会本部から出場者名簿のゲラが回ってきましたので
ひとまず自分の出場するクラスだけ参照。
…………ほぅ、奴が出場るのか。
実はいつも遊びに来る隣の道場の一人ですが
抜群に切れる技の持ち主。
もちろん何度も指導していますがなかなかの使い手。
身体能力、体力も抜群(なんせ現役自○官)。
こいつぁ厳しい戦いになりそうだねぇ…
今年は手ぶらを覚悟しておこうwww





道内の高名な先生の訃報が。
…あの先生そんなお年でしたか?
この業界の方は肉体年齢が若いせいか
外見上お年が分からない方が多く…
それにしたって、まだ亡くなるのには早すぎるお年。
う~む……

 

|

« 第421話:一度で良い、秘伝書見てみたい | トップページ | 第423話:Sayonaraは言わない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/9630849

この記事へのトラックバック一覧です: 第422話:道場日記~特訓編~:

« 第421話:一度で良い、秘伝書見てみたい | トップページ | 第423話:Sayonaraは言わない »