« 第433話:リハビリ中 | トップページ | 第435話:6月…ですか »

2006/05/27

第434話:明日も仕事ですが…

かんにんやー!仕方なかったんやー!ネタが無かったんやー!
(By巨匠椎名高志先生)
…というのは半ば本気の冗談ですが。
こんばんは、れんです。





本来なら執筆(…)に充てる時間をリハビリやら
Y○uT○beに食われてまして(オイ
リハビリも肩と股関節の2箇所となるとほぼ全身。
軽くやっても30分は優にかかりますので。





さて、幾つかこの間のネタを。







《ぽきぽき》





さすがにここのところ故障が多く辟易。
左の肩甲骨も随分とマシにはなりましたが、
依然として呼吸をすると肋骨に響きます。
『…仕方ねェ、行くかぁ』
てな訳で、自分にとっては二人目の師匠、
現在は引退して整骨院をしている先生のところへ。
色々ありましてまぁ正直、微妙に足が向きにくいのですが。
ここ数年の経緯も話さねばならんですしねぇ…www





それと足が向かないのは、結構痛いんですよ。
もちろんこの方は達人ですので、相手の体質や体力を見て
それに応じて治療しますが、れんのように顔見知りどころか
弟子で現役となりますと





「まぁ多少痛いのは我慢せいや、わっはっは( ^▽^)」





てな感じになりますので 。゚(゚´Д`゚)゜。
なんせズレてる骨に直接指を当てて押し込むんですぜ?
(普通の人では骨を的確に捉えることすら無理でしょうな)
れんのように自分でもある程度整骨の知識があり、
施術者の呼吸に合わせて体の力抜ける人間でも痛いのですよ。
ん?でも隣のおばちゃんは痛そうじゃなかったな…?
…先生、俺だけっスか?





さて、れんの治療。
「…酷いもんだなぁ。れん君、身体使ったら使いっぱなしだろう?」
「…うっ!…すいません。その通りです」
皆様、ケアは大事ですよ。





肩甲骨は腰方向に落ち、大腿骨は上方向に詰まった状態との事。
こういうのはMRIじゃ出ませんからねぇ。
しばし「ぽきぽき」「ごり」という治療が…
が、しかし。
数年前に比べて随分痛くなくなりましたね?
更に腕を上げたんでしょうが、それと同時に思った事。





かつて当団体では「北海のヒグマ」とすら言われた方ですが
ふと「あれ?先生こんなに小さかったかなぁ…」と。
…歳月は流れるものだな。
それと同時にふと不安。





開業当初、この先生が言っていた事ですが
「身体の調子の悪い人触るだろ?『吸われる』んだよな。
   上手く逃がさないと何人も治療できないよ」と。
直接人の身体に触る仕事は何と言いましょうか、
「悪い気」とでも言うべきものをモロにかぶるそうで。
「この先生ですら吸われるのか?!」
と慄然とした覚えがあります。





…先生こそ体調に気をつけて欲しいものです(;つД`)







《いらはい》





…「少子高齢化」「格闘技を観るブーム」ってのはホントなのか?
当道場の大人の部は年少部並の空間充足率になりつつあります。
いや、もちろん人数は少ないんですが
ガタイがでかい分手狭に感じますなwww
昨日より新人さん二人ご案内~
おぉ、17歳と22歳!
最近は年少部からの繰上り組ばかりだったので
久々の「まっさら新人さん」だわ。
なお言うまでもありませんが、
二人とも既に身長はれんより大きいですハイ。
(ちくしょー)





ふぅむ、カラダ硬そうだが1年やれば相当なモンになりそうだね。
よかよか。
最近の若者らしく、話す時に目線を微妙にずらしますし、
「荒っぽい」というより「…ヒッキー?」って感じですが
その分ストレスも溜め込んでそうな風体ですな。
それじゃー女の子にモテねーぞ?
(お前が言うな)
却ってこの手のタイプの方が暴力衝動やストレス発散下手なので
指導はデリケートにせねばなりませんがね。





まぁ気長にやろうぜ。
ウチは別に「世界最強」を要求してるわけじゃない。
『自分の勇気をふり絞る裏付け』をちょっぴり付けてあげるだけ。
「怖い」「言いたくない」「見てみぬふりしたい」時に、
震える足で、それでも一歩だけ前に進める力を付けるためのものだよ。
それさえできりゃ目的の半分近くは達成だわな。
あとの半分は…まーそうさな。
余力があったら相手を思い遣ることも出来るようになるさ。
自分が一杯一杯じゃ無理だからね。
そうなれるまで強くなれよ。





さて、メニュー作んなくちゃね。
わくわく。







《鋼鉄の尻》





同日の指導。
定番の「回し蹴りの防御」を講義。
「お尻」で迎撃する方法をちょっと伝授したんですが…





傍目にはあんまり「カッコよくない」。
なんせ蹴ってくる相手の足に腰を「うりゃ!」と横に振り出し
お尻を叩きつける訳ですから。
(まぁ迎撃された相手がスネ抱えて飛び跳ねるくらいの衝撃はあります)





で、れんの講釈。





「この腰の振りを覚えるために
 俺は夜な夜な公園に繰り出し、立ち木にお尻をぶつけた訳です。
 荒行の結果、お尻が割れてしまいますた。
 HGどころの騒ぎじゃないです。 
 いやもうね、通報されるんじゃないかと





と腰振り付きで実演。弟子達肩を震わせ失笑…
ゴメンね、威厳無くて…_| ̄|○
威力があるのは本当なんですが…
あとお尻が割れてるのも本当だよ♪えへ。





…久しぶりのUPがこんな締めで良いんだろうか…





|

« 第433話:リハビリ中 | トップページ | 第435話:6月…ですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/10255751

この記事へのトラックバック一覧です: 第434話:明日も仕事ですが…:

« 第433話:リハビリ中 | トップページ | 第435話:6月…ですか »