« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

第451話:ミノ 【牛の第一胃袋】

最近良く眠れるなぁ…
こんばんは、夜は涼しい街に住むれんです。




さすがに最近は少し暑い訳ですが、
ここ数日地元は夜になると気温がグンと下がり非常に寝やすい。
ついつい寝坊をしてしまいます(;´Д`)




金曜日は思い切り寝坊をしまして
浴衣を会社に持参するのを忘れたため
花火大会コンプリートはなりませんでした。
…つか、それを目指すのもどうかと。




まぁ少々疲れていたのもありまして。
前回の休み初日はこちらの方の送別会の打ち合わせで
昼に会社に出没、一度帰宅し夜に送別会。
⇒そのまま朝帰りとなり、
その挙句
⇒駅で出勤途中の弟子(OL)と入れ違いになりダメな人っぷりを露呈
⇒炎天下の自室で日中睡眠を確保
暑いわっ!!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻




翌日も動き回った挙句道場でしたので、
休んだんだか何なんだか…




浴衣はまぁ、地元の祭りにでも(まだ着る気か)。





今日は道場から帰ってみると妹が来ておりました。



れんは自分で言うのもなんですが、まぁ「長男的性格」。


基本的に気苦労を背負い込みつつ、かつ報われない


って感じですが、この妹は上下を男に挟まれておりますゆえ



回転早く抜け目なし。かつ辛辣毒舌



という姐さんっぷり。
味方なら良いけど敵に回したくないですなぁwww



ちなみに弟は



如才なく、友達多し。美味しいトコ取りしても恨まれない



という、れんなどからすると羨ましい感じなのですが、
ま、それはそれという事で。





さて、おふくろやれんにひとしきり会社の女の子の文句(毒入り)
を吐きまくっておりましたが、途中左のわき腹を押さえ「イタタ…」と。



れ:「なした?」
妹:「最近時々痛いのさ」
れ:「どの辺だ?」
妹:「ん~と…ミノの辺り?




……ミノってお前_| ̄|○






どこまでおやぢ発言だそれは。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第450話:読んだよ

書評をまとめてGOなのでつ。



Battle_1

『戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方』
  PHP文庫 松村 劭




 
…シミュレーションゲームの攻略本ではありませんwww
元自衛隊陸将補という本格的軍人さんが書いた本。
内容もこてこての戦術指揮方法とシミュレーションです。
なんか、防衛大学の授業でやってそうな感じ。
こういう戦術と指揮の入門本とゆーのは少ないので、
ついつい買ってしまいました。
後半はそれこそある程度軍事知識がないと
脳裏にイメージが沸きませんが
前半は仕事に役立つ発想がたくさん。




ビジネスに役立つと言う点では


『日本を滅ぼす教育論議』
  講談社新書 岡本 薫


Kyouiku_1


これは面白かったです。
つか、ごくごく当たり前の事を書いていると思うのですが、
これが当たり前じゃない現場って何だ?www
軽く見出しを抜粋しますと、

「現状が直視されていないのではないか?」
「問題の『原因』を究明・除去するという発想は持たれているか?」
「『目標』と『手段』の区別はできているか?」
「『心』や『意識』のせいにして『システム』の改革を怠っていないか?」
「『悪い事は起こる』という『リスク』は直視されているか?」
「『ルール』に関する感覚は十分に持たれているか?」




などなど。
さて、タイトルこそ「教育談義」と付いていますが、
この見出しから「あ~ウチの組織ってそうだよな」
と思った方も少なくはありますまいwww
淡々とした良著だと思います。
読みやすくお勧め。




『旅が終わる――――
 だけど日々は終わらない
 俺が愛した このタフで優しい日々は…』

Trigun12_1

『トライガン・マキシマム』 12巻
  ヤングキングコミックス 内藤 泰弘




あぁ、ウルフウッドが居ないよぅ…。・゚・(ノд`)・゚・。
さて、ナイブズとの最終決着スタート。
ま、1巻では到底収まるまいwww
…で、さらにあと一年待たされるのか?_| ̄|○




『拘束制御術式零号  開放 』

Hellsing8_1

『ヘルシング』 8巻 
  ヤングキングコミックス 平野 耕太




こちらはこちらでロンドンを焦土にして

・ドイツ第三帝国ナチス党私兵集団武装親衛隊
  吸血鬼化装甲擲弾兵戦闘団「最後の大隊」残存兵力572名と
・ローマ・カトリック ヴァチカン教皇庁
  「第9次空中機動十字軍」残存兵力2,875名と
・大英帝国王立国教騎士団
 「HELLSING」残存兵力3名が(え?)




文字通り血みどろの抗争を繰り広げております。
(…これだけでも、とてもじゃないがヨーロッパ輸出はヤバイな…)
この巻はアンデルセンとアーカードで出来ています。
少佐の露出が少なくて少し不満www
こちらはあと1年半待てば良いのかな…( TДT)




『くそっ!!
 今度は死なせないぞ!!
 今度は…!! 』

Gg7_1

『GUNSLINGER GIRL』 7巻
  メディアワークス  相田 裕




最近少し絵柄が変わった印象はありますが、
相変わらずきれいな絵ですね。
(少し描線が太く、コマ割りも大きくなった感じ)
…初期の繊細な絵に比べて
微妙に色気が増えて来ている気がするのは気のせいか?




前巻から登場のペトラが元気ですね。
サンドロとのコンビは他のフラテッロ(「兄弟ごっこ」の意)とは
随分異質に感じますが…
この後サンドロがペトラに惚れたらどうするだ?



ところで…ヘンリエッタは?
ヘンリエッタはぁぁぁぁ???
(出番なかった…_| ̄|○)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

第449話:これはまた…www

今日は一日『苦みばしった男』でした。
こんばんは、れんです。





先日の通院日の事。
今飲んでる薬のうちの一つが効きすぎ、
脳みそがでろでろになってしまうので
「何か別の薬はないれすか?(´・ω・`)」
とドクターに相談。





「ではこれなんかどうでしょう?」と別の薬を提示されました。



Dr:「ただ…」
れん:「ただ?」
Dr:「この薬苦いんですよ」
れん:「それは…まぁ薬ですからねー、あはは」
Dr:「でも本当に苦いんですよ?皆さんかなり辟易するんです」
れん:「?薬なんて味わって飲むもんでもありますまい?」



というやり取りの後、試しに処方してもらう事に。

正味のところ、



「子供じゃないんだから、薬の苦さなんて気にしなくても…
 ドクターも心配性だねぇ。
 つか、この歳で甘い薬を処方されてもな~www
 だいたい、ニトロみたいな舌下錠じゃないのに
 錠剤を解けるまでのんびり口に含む奴もおるまいに…」



とやり取りを面白く感じていたのです。





さて、昨日の晩
「せっかく処方してもらったんだし飲んでみるか」
とほぼ0:00頃飲んでみました。





「…?別に苦くは無いがなぁ???」
と思いながら就寝。





さて、今朝目が覚めてみて何か変…





にがーい 。・゚・(ノд`)・゚・。





物を食べてもタバコ吸っても歯を磨いても苦い。
つか、口中が何をしても常時苦い。





「ちょ、待っ…えええぇぇぇ、何これ~!?」





そ、そうか。こういう意味だったのか…_| ̄|○





結局、苦味が消えたのはつい先ほど。
ほぼ24時間を要しました(;´Д`)
いやもう、タバコ吸っても美味しくないし、
コーヒー飲んでも微妙な味。
晩御飯は好物の「うなぎ」だったのですが、
美味しさも数割引き。
ああっ、今年はうなぎ高いのに何ともったいない…





どうも味覚に作用しちゃうんでしょうねぇ。
胃から苦味が上がってくる訳ではなく、
舌の上に常に苦味が乗っかってる感じ。
…こりゃ「ダイエット薬」として使用した方が良いんじゃないか?
食欲は落ちるぞ、きっと。





という訳で、今日は実に「苦みばしった男」でした。
周りの人から見て「素敵♪」となる訳でもなく、
まして「イイ男」でもない、
単に口が「への字」になってるだけの男でしたが。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

第448話:花火大会Ⅱ

浴衣二晩目でつ♪
こんばんは、れんです。





今日は札幌の花火大会二週目。
んで久々の同期飲み会でしたので、堂々浴衣で出陣。
いやぁ、去年は浴衣着なかったからなぁ。
今年は口実こさえて着るよぉ~♪
(だいたいにして、れんは元々和服好きなのです)





今日の花火ですが、いやぁ綺麗でした!
先週より湿度が低かったのでしょうか、実にクリアに見えました。





札幌駅から地下鉄で会場まで
   ↓
そのままてくてくと花火を見つつ大通公園まで
   ↓
ビアガーデンにて皆と乾杯(。・ω・)ノ゙





つー動きをしましたのでちょっと歩く距離はありましたが
気温も浴衣向きで、気持ち良かった~(*^ー゚)b





久々の同期集合でしたが多数のツッ込みが…



『…独りで浴衣着て花火観てたの?』
『うわ、あり得ないでしょ!」




…ああ、そうだとも!
何か文句でも?!





…_| ̄|○









どちらかと言うと



花火<浴衣



なので、花火は着物着る口実なんですよねー



…よーし。
そこまで言うならやってやろうじゃないか。
来週金曜日は仕事だが早番。
前回着た浴衣もクリーニング上がってくるぞ。



こうなりゃ3回連続『浴衣で花火』やってやろうじゃないか!
(…何にムキになっているのやら)
これで札幌の花火大会は制覇したも同然!!
ふはははは!!!





…_| ̄|○





さて、札幌の大通公園ビアガーデンは22:00まで。
存外閉店が早いのです。
で、次の店に移動する途中で同期最年少の女の子が酔っ払い、
「歩きたくなーい」と駄々をこねやがりまして…
仕方なく同期最年長のれんが





おんぶして





数百メートル移動する羽目に…

役得と言うなかれ。
女の子である以上、お尻の下に手を回して組む訳にもいかず
(クラッチできないと腕力の消耗が激しい)
しかもれんは「下駄」に「浴衣」。





ああっ!鼻緒部分が地獄!!www





幸いだったのは今日の下駄は新調した下駄だった事。
さすが専門店!
前回はモロに皮が剥けましたが、
今回は今見てもどこも赤くすらなってない(;゚д゚)
現○屋さんありがとう。





ったく、自分の彼女なら





「お姫様抱っこ」





するくらいの気力・体力は維持しているつもりですが、
今回は役得ですら…
つかな、歩けよ(#゚Д゚) プンスコ!





さて、今回もついつい男性の浴衣姿を捜してしまいましたが
前回の花火大会に比べると質・量とも満足満足♪
こう来なくてはね~
特に若い方・彼女持ちの奮闘を期待するものであります。
彼女が浴衣なら彼氏も浴衣って事で♪





…ふと思いましたが、そうなった場合





統計で奇数になったら端数はれんに違いない…_| ̄|○





| | コメント (0) | トラックバック (0)

第447話:道場日記~理論編~

ぜぇ、ぜぇ…
いやぁ、この歳で高校生あたりとマトモに闘り合いますと
体力がせつねー…





これがまぁ試合とか真剣とかなら
瞬時に終わらせられる場合もありますので、
(こちらがその気なら1発KOも出来ます)
手抜きもできましょうが、稽古だとキツイですな…(;´Д`)





さて、れんは折につけ
「『速さ』と『迅さ』は違うんだっ!」
と言ってきましたが、
「それって何が違うのん?」
と言う話になりますので、少し解説しておきましょう。
最近このブログ、道場生にバレつつありますし…_| ̄|○
(内緒にしとくつもりだったのだが…)
見てたら参考にしたまえ。





れんの認識として、
「速い」あるいは「スピードがある」というのは





『打突部分の最終的到達速度が高い』





という認識でおります。
「パンチやキックの末端速度をスピードガンで計測すると
 時速何キロ、あるいは秒速何メートル出ているか?」
という趣旨です。





それに対して『迅い』という表現を充てる時は





『その動作を起動してから相手に到達するまでの時間が短い』





という意味で字を充てております。
この場合、最終的な速度はあまり気にしておりません。
あくまで「動作起動」⇒「相手にヒット」までの時間が短い場合は
『迅い』と称しております。





お気付きのように、単位が異なります。
「何キロ」で計れるものと「何秒」で計れるもの、という具合。



相手に『破壊力』として伝わるのはどちらかというと『速さ』です。
これは「質量×速度の二乗」という物理学ですので、
実に厳然たるものです。
他に介在する余地はないのです。
(まぁ「衝撃力を計測するのか」「力積を計測するのか」
 でも異なってくるのですが、ここでは置いておきましょう)





では『迅さ』というのは何のために必要か?



れん的には
「相手に当てるため」、そして
「当てた時のダメージが大きい方」という認識でおります。



人間は戦車ではありません。
戦車は無機物の装甲板で囲まれており
何時如何なる時でも防御力は一定です。
(まぁ入射角やらAPFSDS弾なのかHEAT弾かなどで異なるがこの際無視)

人体は有機物です。
装甲防御力は一定ではなく、その時々によって大きく異なります。
相手が筋肉を緊張させて防御力を発揮する前に
有効打撃を叩き込む事が出来るなら、
それは装甲値を上回る攻撃力を手に入れたと同じ事ではないのか?



分かりやすく言えば



「準備が整っていない時に喰らうと痛い」
「予測していない所に喰らうと効く」
「攻撃力を上げるのには素質によって限界があるが、
 『相手の防御力を相対的に落とせば』
 こちらも『相対的攻撃力』を手に入れたと同じ事ではないか?」





という事です。
ぶっちゃけ「不意打ちは効く♪」と言うことなのですが、
かと言って「後ろから殴れ」つー意味ではありませんよwww





れんが言いたいのは




「正面から攻撃しても『不意打ち』と同じ状態を作れ!」




という事なのです。





「相手の予測できないタイミング」
「予想より早く到達する打撃」
「どこに来るか分からない攻撃」




コレが出来るならば、相手が身体的優位に居たとしても
何とか五分にできると考えているのです。
(これすらギリギリです。
 不利な立場の人間が必死に闘うにはコレしかないのです)
 




『護身』において、体重測定や条件の平準化はあり得ません。
のっけから不平等な状態でスタートします。
まさか喧嘩する前に体重計に乗って、
グローブハンデ付ける訳はありますまいwww




『相手が筋肉や意識を緊張させて、
防御力を高める前に叩き込む攻撃』





無くして、体重差や体力差を埋める術は無いと考えているのです。





こう考えた場合、必要なのは



「どれほど予備動作を要しても、最終的な到達速度が速い方」





「威力を多少犠牲にしても、迅速な攻撃か」



と言う方向性になります。
これは良し悪しではなく、選択肢としてどうか?と言う話です。
(れんも『トドメ』として使用するなら威力重視です)




誤解を招きかねないので言っておきますが、
「タイミングが多少ズレても、小学生並みの攻撃ならどーでも良い」
と言う事です。
迅く攻撃をしたいあまり、攻撃力がガタ落ちでは意味がない。
手打ち、腰の入らない蹴りなど、するだけ



『無駄じゃ無駄じゃ』



っつー話です。



予備動作を殺す事によって発生する「代償」である
「威力の低下」を最小限度に留めつつ、
「必倒」の打撃を打ち込めるか?



コレに尽きます。




さ、諸君はこれを意識して稽古してるかな?
「虚」と「実」を意識してますか?
自分が相手の居る場所に立つ必要なんか無いのです。
相手を自分の居る場所に「引きずり下ろす」のが武道ですよ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

第446話:今日はかる~く飲み会

今月から来月前半は飲み会増えそうだなぁ…(;´Д`)
こんばんは、まずは第一波を終えたれんです。





今月序盤にチーム編成が大幅に変わりまして、
愛しの上司であるこのお方とは別チームに。
現在は新チームでお仕事をしています。
で、今日は新チーム初の飲み会。
ま、どこへ行っても





大抵チーム最年長なんだけどね…(´・ω・`)ショボーン





「前チームに比べると際立ったキャラが居ないかな?」
(つか、前が濃すぎた)
「皆さんおとなしめで、れんは浮くかもしれんのぅ…_| ̄|○」





などと思っていたら、いやぁ杞憂でした。
何と申しますか…





じわっと来る





キャラが揃っておりました。
今日は結構笑わせてもらいましたなwww





新上司は若い男性ですが、これまたなかなかのもの。



『イエス マム』

だの



『炎多留』

だのの


単語をフったりフられたりできるのはイカス。
(…ググるなキケン)





最近は宴会となると場の空気を読まず、
のっけから「日本酒くだはい」と注文し、
猪口で乾杯とかやってますが、
今日は明日通院日とゆー事もあり酒量は控えました。
え~と、二合徳利二本…だっけ。
この程度ならちょうど気持ちよく酔えますなぁ♪





金曜日も一応予定はありますが…
さて、浴衣で参陣すべきなのか?www
(当日は読売花火大会ですよ♪)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

第445話:行ってきました花火大会

…鼻緒の当たるところを虫に刺されるとは不覚であった。
こんばんは、れんです。





てな訳で、行って来ました『道新・UHB花火大会』。
札幌で三週連続で行われる花火大会の第一波。
例年天気が微妙なので、行ける時に行っておかないとね~





しかしアレですな。
集合場所が札幌駅なので、自宅から浴衣姿でしたが
もの珍しいのか、駅から電車内まで視線が集中…(ノ´∀`*)
まぁ、確かに女性に比べて男性の浴衣姿は珍しいですわな。
最近でこそ少しずつ増えては来ておりますが、
それとて「若い方」が、「隣に浴衣姿の彼女とセット」な訳で
れんのよーに





『若くはない男性が』『ピンで』





となりますと途端に浮く浮くwww
いやぁ、ちょっとした『羞恥プレイ』でした。
(そーゆー発想に行っちゃうあたりがダメなところだと思う)
浴衣ってのは気楽なものだと思うんですがね?





しかし、前日足の指を蚊に刺されたのは大誤算。
ちょうど鼻緒が当たる位置で、痛いやら痒いやら…
ぶよぶよしてたので、しっかり皮が剥けてしまいました(T△T)
あ~、痛ぇ。





さて、肝心の花火でしたが
天気もよく早くに場所を確保したので良く見え、
なかなか堪能させていただきました。
あそこまで近いところで本格的に…ってのは初めてですね。
川の音は涼やかだし、轟音も迫力あるし。
お好み焼きやフランクフルトを食べながらビール片手に花火見物…





これは( ・∀・)イイ!





派手に連発が決まると観客から拍手が沸くのも良いですな~





一応証拠写真



Hanabi_3





…すいません、花火撮影は難しいのれすm( __ __ )m
腕も悪いしなー

周辺には浴衣姿の女性もたくさん。
しかし何だ、男性ももっと浴衣着ませんか?
彼女が浴衣で彼氏がジーンズってのもしっくり来ないんですが…
ま、花火なんぞは気楽に見るものですから、
何だろうと構わないと言えば言えるのですがねぇ。
彼女が浴衣ならそれなりに「イベント」として認識されているのでわ…?





男性の浴衣なんぞは女性に比べればうんと気楽なんですから。
浴衣があって兵児帯(へこおび)がありゃ十分。
(まぁ兵児帯は高いのだが…)
兵児帯はとりあえず結んであれば良いので難しく考えなくてもOK。
角帯は少々コツが要りますが、なぁに最近は造り帯もあるし。
下駄で無くたってスポーツサンダルでも無問題。
スニーカーや革靴はやばいかもしれませんがwww





女性の浴衣は…暑いし大変ですよ(;´∀`)
浴衣に限らず男性の着物は「対丈(ついたけ)」と言いまして
仕立てた着物の長さは調整せず、そのまま着て帯を締めますが
通常、女性の着物は着る丈よりかなり長く仕立ててあり、
それを帯のところで折り返して着ます。
(「お端折り(おはしょり)」と言います)。
ゆえに帯周りは生地が数重になり、その上から分厚い帯を締める訳で
浴衣と言えど涼しいシロモノとは言いがたいのです。
今日び、タンクトップにミニスカの方が数倍涼しい上に気楽ですがな。





女性は気合を入れて着ているんですから、
彼氏もぜひ頑張って欲しいものです。
もっとも、途中見かけた





「浴衣の下に白いTシャツ」はのけぞりましたが





にいちゃん…
そりゃああまりに粋じゃねぇ…粋じゃねぇよ_| ̄|○





ちなみに、来週もシフト上は見られるスケジュールですが…
さてはて。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/14

第444話:感謝のキモチ

『あ~、あ~…ただ今ココログの私的負荷テスト中』
こんばんは、れんです。





ココログが48時間に及ぶ大規模メンテナンスを終了。
なんせ「メンテする度にドツボにはまる」ココログでしたので
ハラハラしつつ見ておりましたが、今のところレスポンスは好調ですね。
正味の話、メンテのスケジュールが分かっても
『…この重さではバックアップも取れーん!! ウワァァァンヽ(`Д´)ノ』
とゆー状態でしたから、腹を括ってお任せ状態。
ショウ・ザマではありませんが





『南無三っ!』





つー感じです。
幸い何事もなく終了しましたので、ほっと胸を撫で下ろしております。





しかし、メンテ中にこの『飄々踉々』





20,000HITを突破したのは





泣けるやら何やら…www





メンテ中は管理画面に一切アクセスできない訳ですから
メンテ明けにアクセス解析見て
「…あ~うん、突破してるね……(´・ω・`)」
という、実に微妙な感覚を味わいましたわ。





ともあれ、ご来訪の皆様には厚く御礼申し上げます。
紙面(?)の事ゆえ、気持ちを伝えるのは難しゅうございますが





『…愛してます。』





と申し上げさせていただきます。
今後もブログ名に恥じない
「ふらふらと方向性の定まらぬ内容」で書き連ねて参りますので
なまあたたかい目で見守ってくださいませ。





昨日から今日にかけてのお話





昨日:ご対面





出勤前にシャワーを浴び下着を付けて、何気なく鏡の前を通過。
「…む?今股間に肌色が見えなかった…か?」
視線を下に向けると…
前合わせは…閉まってるよね?
閉まってるけど…





れんれん、なんでそんなところから顔を出しているんだい?





(作者注:「れんれん」とは彼の愛称です)





どうもパンツが擦り切れていたらしく、
ありえないところからご対面となった訳です。
あ~、よく長持ちしたよなユ○クロぱんつ。





そのまま出勤しましたが。





だって涼しいじゃないですか?





今日:封印




今日は…遅刻しました_| ̄|○
つか、動けなかった訳ですが。
昨晩飲んだ薬がアレだったようで、脳内がでろでろになりまして。
影響はなんと夜まで続きました(;つД`)




先日の診断で変えた薬なんですが、
どうもコレとは相性が悪いなぁ…
今まで2回使って2敗です。
うち1回は休日でしたので事無きを得ましたが、
平日に使うにはリスクが高すぎるぅぅぅ。
しばらく封印せねばなりませんな。





明日(予定):休日




予告どおり札幌の花火大会に浴衣で出陣の予定でつ。
予報では「曇り時々雨」
…さて、と(;´∀`)





どうやら独りで、とはならない予定ではありますが
彼女とかじゃないあたりが泣けますね。
○○時札幌駅にて待ち合わせ…って、オイ。
その場所にその時間では
職場の面々が仕事を終えてぞろぞろ出てくるのでは…






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

第443話:蒸してますね

天気が長持ちしませんねぇ。
こんばんは、れんです。





本日は通院日。
眠い目をこすりつつ家を出て、
予約時間に間に合っているのに…随分と待たされるのぅ。
まぁぼ~っとするのは得意なので苦にはなりませんが。





経過はまずまずなので、当面はこのままの方針でって事で。
しかしこのドクターの口調がどうにも面白いんだよなぁ。

『…れんさんのぉ~場合わぁ…
 …このぉお薬がマッチしているぅみたいですねぇ~』


スローテンポ、「…」部分で「溜め」が入る。
かつ小文字部分でイントネーションが上がるのです。
なんと言うか、頭の中で文章を構築した後
その文章を「棒読み」しているような…
『…この先生、出来の悪いA・Iでも搭載してんじゃないか?」
と、どうにも脱力するのでありますwww
まぁ癒し系と言えなくも無いか。





帰りしな本屋で『レナード現象には理由がある』をゲト。
…川原泉の新刊って久々のような。
しかも恋愛もの(?)だ!
ちょっと意表を突かれたぜΣ(・ε・;)
まぁ、いつものようにときめかないし燃えない訳ですが





だがそれがいい





甘いというなら『BLOOD ALONE』の方が数百倍甘いな…
ミサキとクロエの関係を見ていると、
年甲斐もなく赤面しそうです(ノ´∀`*)
クロエはモテまくっている気がしますが
本人に自覚のない朴念仁ですな。
こーゆータイプは始末が悪いなwww





『BASTARD!』の新刊が出たのも驚きましたが。
萩原センセ、何とか生きてるうちに完結を…
(でも身体しんどそうだからなー)

今回は萩原マンガの真骨頂たる



『無駄な乳描写』『必要以上のエロアングルへのこだわり』



も大人しめでしたな…チッ(おい)





さて、明日は講習会なんだが、起きられるかな?
ここのところ休日に予定が多いもんで。





あ、そうだ。
休日といえば、れんは次シフト明けの休みが金曜なのですが
金曜は札幌の花火大会だった!
…浴衣、着たいなぁ(´・ω・`)
昨年は仕事でしたが今年は休み…
ふっふっふ…ニヤ


ええ、独りで着て歩きますが何か?





………_| ̄|○





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/08

第442話:ひとり上手w

「丑三つの 山岡屋にて 我想う
  
『シティーハンターは 初期が最高♪』」


…こんばんは、れんです。(なんだ?この駄句)





シフト終了に付き明日はお休み。
予定していた訳ではないのですが、
ひょんな事から独り呑みになりまして…
さっき帰ってきました。
大勢も楽しいですが、たまの独り呑みも良いものです。





休みとは言いましても、明日は通院日につき
病院に行かねばならないのであんまり寝坊してられません。
嗚呼…





てな訳でまた明日。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

第441話:北も南も

ここのところのココログの重さは尋常じゃねぇなぁ…
こんばんは、蹴られまくりのれんです。





今日はこのネタに触れない訳にはいかんのだろうなぁ…





北朝鮮ミサイル開発問題





先日のブログで
「上等だ!テポドンщ(゚Д゚щ)カモォォォン」
と書きましたが
ふふん、やってくれたじゃねぇか。
まぁ、さっぱり意味の分からないタイミングでやるあたり、
Kの国の面目躍如という感じですがwww
さぁ、7発だ。
今回は誤射とは言うまいな?、○○新聞さん♪
しかし、防衛庁も「完成度が低くて逆に危険」て…www
剛球しか能のないノーコンピッチャーみたいな扱いだな…
「気をつけろ!奴らのミサイルは戦略目標と関係ないトコに飛ぶぞ!」
「隊長!そんなミサイルってアリですか?!」





さすがに前回のよーに列島跳び越すような真似はしませんでしたが
今回の着弾地域を見る限り、
むしろ中国のこめかみに井桁のマークが浮かぶんじゃねぇか?w
『舎弟が親分の鼻先にチャカ撃ち込むたぁ、
 おどれ随分とのぼせとるのぉ?(#゚Д゚)ゴルァ!!』

となりはしないかと。
ハイ、これで中国の北への公然たる支援の目は無くなった。
(まぁ安保理でごねる位はするだろうが)
南も同様。


晴れてめでたく日本も制裁発動。
つか、遅いしまだまだぬるいが…_| ̄|○
だいたい、「万景峰92」の入港禁止が何で半年の期限付きやねん?
あの船に乗ってる物資は北朝鮮人民には渡らないよ?
工作船を大手を振って入れさせる必要もあるまいて。
無期限停止でなんか問題あるのか?





「大人の対応」も結構ですが、武力で脅されそうになったら
それに恭順する姿勢を見せちゃいけません。
マジの殴り合いをするか、兵糧攻めにするか、
喧嘩するにしても本人同士で喧嘩するか、
数を頼んでボコにするかはそれぞれ戦略ですが、
少なくとも「屈しないよ」という意思表明は絶対に必要でしょう。
「屈服させるには高くつく、痛い目を見る」
と思わせるのが個人から国家まで、
『安全保障』の第一歩だと思いますので。





で、こっちもなんだが。





竹島問題





…で、あれかな?
今回のミサイル騒動はこのニュースから目を逸らすために
同胞たる盧大統領の身を案じた将軍様が打った
乾坤一擲の一大パフォーマンスなのかな?www
『大した役者だったよ、正日!話し合いの余地がないとするならば…!』

竹島?


日本の領土ですが何か?


実質支配されてるし日韓摩擦の元だからあげちゃえば?
…是非を問え!不法に目をつぶるのは大人の対応などではない!
北方領土四島を抱える北海道民としては人事ではないのですよ。
竹島あげたら「次は対馬♪」って言いますよ、きっとw
(今でさえひどい事になってるのに…)
次は九州ですか?





人口1億をまだ超えてる日本人の食料安定のために
どれだけの水産資源が要ると思ってます?
小国、しかも資源小国の日本で領土・領海がどれだけ大事か。
今は日本は経済大国で円が強いですから、
世界中どこの国も食料や資源を売ってくれますが、
栄枯盛衰は世の習い。
50年後もそうだとは言い切れない。
日本の50年前は焦土だったんですよ?www
50年後、孫の代になってお腹空かせた孫、ひ孫達に
「なんてバカな事してくれたんだ…_| ̄|○」
と言われたくは無いでしょう。





一歩譲れば二歩踏み込まれます。
悲しいかな、国際社会とはそーゆーものです。
でも日本は意外と嫌われてないので結構大丈夫だと思ってますが。
今日くらいは大きくライトカーブしてみました(* ^ー゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

第440話:道場日記~室蘭出張編~

日曜日は講習会が室蘭で開催。
師匠とれんとで参加してきました。





ここんとこ天気が悪い日が多かったのですが当日は好天。
師匠の車に同乗して向かいましたが、途中の会話。
れん:「…こんな日に体育館にこもって殴る蹴るって不健康っスねぇ」
師匠:「まったくだwww」





いつものように午前中が講義ですが、前日準備に手間取り寝不足のれん。
ふ、午後からの対人戦闘の前に睡魔と闘わねばならんとはな…
しかもコレが強敵w





準備って何が要るのよ?って話にもなりますが
今回参加要綱に一文が。
『厳粛にやりたいので法衣持参でお願いします』





え?ほ、法衣?!Σ(・ω・ノ)ノ


ウチには儀礼用として法衣とゆーものがありまして。
そうですね、お坊さんの衣装を連想していただけると。
(まぁまったくその通りだしな。これに輪袈裟で完成だ)
…そんなもんここ20年くらい着てないぞヽ(;´Д`)ノ
立場的にれんも必要かは微妙なラインだったのですが
一応引っ張り出し準備をしているうちに時間が経過。
朝にはアイロンも一応掛けたので早起きも強いられた訳です。





結局要りませんでしたが…_| ̄|○





師匠も久々の着用でしたので
「れん君、写真撮ってよ♪」とデジカメを差し出す始末。
ま、こんな機会でもないと着ないしねぇ。
ちなみに…この季節にコレ着るとめっさ暑いです。





さて、睡魔との闘いをどうにか引き分けに持ち込み、午後から実技。
講師の先生がいろいろと説明してくれるわけですが
大抵自分の道場の若手を実験台として用意(?)しています。
が、それだけでは馴れ合い、予定調和的になってしまうので
当然参加者を捕まえてやる事も多々。


…こーゆー時、どーして決まって実験台として目を付けられるかな自分はwww


他にも30人から居るだろうに。
もっと丈夫そうな奴を選んでくれても…





実技後半はすっかり当たり前のように
用意した実験台役の若手君ではなくれんを手招き。
「せっかく参加の講義なのに、質問したり体験しなくちゃ損だろう」
という主義なので、それはそれで良いのですが…
痛いよね、やっぱ。・゚・(ノд`)・゚・。





帰りの車でも師匠にぼやきましたが
「れん君には技かけやすいんだよ。動きが素直だから」
との事で。褒められてますか?
まぁ実戦ならいざ知らず、ダミーとして掛けられ役してるのに抵抗してもね。
実際、下手に抵抗したほうが怪我はしやすいのです。
掛ける方を信じて身を任せた方が吉ですね。
(…うまい相手ならね。今回の講師はさすがに上手でした)





今回は怪我もなく楽しく終了しました。
が、最後まで講師に名前を間違って呼ばれました…(´・ω・`)ショボーン
それはまぁいいとして(いいのか?)…


れんの本名には「井」の文字が入ります。
まぁ確かに珍しい苗字ではありますが
ウチは道着の裾や襟に黒糸で刺繍、帯にもありますので
(黒帯に金糸か銀糸で刺繍なので結構目立つ。れんは銀糸の人)
まぁ初対面でもひとまず名前は分かるようになっております。


で、帰りがけに参加者の一人でその日パートナーとなった人と挨拶
れん:「お疲れ様でした~、またお会いしましょう♪」
その人:「…あのぅ。最後に訊くのもなんですが、お名前の読み方って…」





…名前を間違えられる事は多いが
「井」の字を「丼」と読んだ人は初めてだよッ!ヽ(`Д´)ノ

どん【×丼】

「どんぶり」の略。「うな―」「天―」

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ] 

30年以上の人生で「丼」って字が入った苗字の方は一人も知りません。
どなたか居たら教えてください…_| ̄|○
帰りがけではなく練習途中だったら一発入れてやれたのに…w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »