« 第448話:花火大会Ⅱ | トップページ | 第450話:読んだよ »

2006/07/24

第449話:これはまた…www

今日は一日『苦みばしった男』でした。
こんばんは、れんです。





先日の通院日の事。
今飲んでる薬のうちの一つが効きすぎ、
脳みそがでろでろになってしまうので
「何か別の薬はないれすか?(´・ω・`)」
とドクターに相談。





「ではこれなんかどうでしょう?」と別の薬を提示されました。



Dr:「ただ…」
れん:「ただ?」
Dr:「この薬苦いんですよ」
れん:「それは…まぁ薬ですからねー、あはは」
Dr:「でも本当に苦いんですよ?皆さんかなり辟易するんです」
れん:「?薬なんて味わって飲むもんでもありますまい?」



というやり取りの後、試しに処方してもらう事に。

正味のところ、



「子供じゃないんだから、薬の苦さなんて気にしなくても…
 ドクターも心配性だねぇ。
 つか、この歳で甘い薬を処方されてもな~www
 だいたい、ニトロみたいな舌下錠じゃないのに
 錠剤を解けるまでのんびり口に含む奴もおるまいに…」



とやり取りを面白く感じていたのです。





さて、昨日の晩
「せっかく処方してもらったんだし飲んでみるか」
とほぼ0:00頃飲んでみました。





「…?別に苦くは無いがなぁ???」
と思いながら就寝。





さて、今朝目が覚めてみて何か変…





にがーい 。・゚・(ノд`)・゚・。





物を食べてもタバコ吸っても歯を磨いても苦い。
つか、口中が何をしても常時苦い。





「ちょ、待っ…えええぇぇぇ、何これ~!?」





そ、そうか。こういう意味だったのか…_| ̄|○





結局、苦味が消えたのはつい先ほど。
ほぼ24時間を要しました(;´Д`)
いやもう、タバコ吸っても美味しくないし、
コーヒー飲んでも微妙な味。
晩御飯は好物の「うなぎ」だったのですが、
美味しさも数割引き。
ああっ、今年はうなぎ高いのに何ともったいない…





どうも味覚に作用しちゃうんでしょうねぇ。
胃から苦味が上がってくる訳ではなく、
舌の上に常に苦味が乗っかってる感じ。
…こりゃ「ダイエット薬」として使用した方が良いんじゃないか?
食欲は落ちるぞ、きっと。





という訳で、今日は実に「苦みばしった男」でした。
周りの人から見て「素敵♪」となる訳でもなく、
まして「イイ男」でもない、
単に口が「への字」になってるだけの男でしたが。





|

« 第448話:花火大会Ⅱ | トップページ | 第450話:読んだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/11077969

この記事へのトラックバック一覧です: 第449話:これはまた…www :

« 第448話:花火大会Ⅱ | トップページ | 第450話:読んだよ »