« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/27

第497話:日曜日は寝てよう日

寒くなりましたね~
こんばんは、風邪気味のれんです。
そりゃあ気温がいきなり10℃も下がりゃね…

まぁ風邪をひいたのは他にも原因はありまして、
今月はかなり休日が潰れておりました。
月イチ恒例の有段者講習会もありましたが、
恵庭市のスポーツ関係イベントにボランティア…というか、
団体で差し出す人員として駆り出されておりまして。
(れんの通う道場は恵庭市にあります)
ウチは少数道場でしかも成人が少ないので、
道場No,2のれんがこの手は一手に引き受ける事に(;´Д`)

ツール・ド・北海道でコース警備したり(19日)、
えこりん村のイベントに顔出したり(23日)、
スポーツフェスティバルでスタッフやったり(26日)と大回転
土曜日は普通に稽古あるので土曜の夜→日曜のコンボ多すぎw

まぁこれも体育協会加盟団体としてはやらねばなりませんからねぇ。
ただ…正直バテますた_| ̄|○

しかし昨日は疲れがピークのわりに楽しめました。
長年憧れだった「真剣での巻き藁切り」をすることが出来ましたsun
恵庭市のスポーツフェスティバルでは様々なスポーツを体験できますが、
中には弓道の試射(初心者OK)や、居合の試し斬り(初心者OK)など、
普段触れられない事が体験できるのです。
れんはスタッフでしたが、わりと早めに担当競技は終わったので、
撤収までの時間一般客として楽しませていただきました。

弓道の試射は昨年も目を盗んで参加。
今年も行きましたが、げ、顔覚えられてらwww
れんは高校3年間弓道部でしたので、
初心者ではないのですが、如何せんウン十年引いてませんので
初心者みたいなもの。
射場に行ってみると…あら、ウチの道場の小学生が。

「おう、当たったか?(・∀・)ニヤニヤ」
「あ、先生だ」
「ふっふっふ、手本を見せてしんぜよう」


…三射ニ中は我ながら奇跡www


(普通は四射ですが体験ですので回数は自由)
いやぁ、やっぱ的を射抜く
「パン!」(的は紙ですので。「カン!」とも聞こえる甲高い音です)
という音は良いですな。
正直和弓には照準器も何もないので、
経験者でないとなかなか的には当たりません。
この音させたのはその場ではれんだけ。むふふ。

その後試し斬りへ。
中学時代剣道は1年ちょっとやりましたが、
当時は体力がまるでなく途中で断念。
その後演劇部へ転身した…のはまた別の話として、
真剣を握るのは初体験。
まず団体の皆さんの型を見せていただいたんですが、
剣道と違って柄尻を握らない?
後で団体の方に尋ねてみたのですが
「軽い竹刀を操作する剣道なら、
 両手の間が離れていた方が操作しやすいのですが、、
 実際に物を切る居合ではあまり柄尻は握らないのです」
と教えていただきました。

さてれんの番。
武器術は好きなのですが、棒術や片手持ち・双手系の武器ばかりが多く
日本人の基本(なのか?)、剣術は前述のとおりイマイチ。
さてはて…っと!

綺麗にぶった切りましたが、勢い余って床近くまで刀が…

そんな人が多いのでしょう。
床には厚さ10センチくらいあるマットがあらかじめ設置済み。
マットに食い込んで止まりましたが、危ねェ危ねェ
床に刀がめり込むトコだった

気を取り直して数度斬りましたが、
ほぼ綺麗に袈裟に斬ってのけました( ̄ー ̄)
腰の操作は武道は共通すると思って、
腰を据えて肩の力を抜いて、手の内を締めるとイイ感じでした。

二度目にチャレンジした時には師範の先生と思われる方に付いて頂いたんですが
斬った後「ふむ?…斬れてるな」という呟きが
ちょっと嬉しい。
やべぇ、やりたくなってきたぞsweat01
気配を感じたのか、入会のパンフを早速渡されましたが…www
み、身が持たん(あ、でも稽古かぶらんな…ってー)

やはり居合とかの背筋を伸ばす武道は美しいですね。
身体操作がかなりウチとは違うのでアレでしょうが、
「身体を安定させ、かつ居付かせない」というのは
全ての武道やスポーツの基本と考えますので。

欲を言えば、横なぎに斬ってみたかったですが。
いやホラ、飛天○剣流とかに代表される(ヲイ)
居合・抜刀系の決めポーズじゃないですか?

しかし、れんのヒザと両足は現在硬い床の上だと半日が限界。
後半は重だるく&鈍痛の両足を抱えてへたばっておりましたとさ(;´Д⊂

それはさておき、恵庭のスポーツフェスティバルはお勧めですよnote

おまけ
先日アパートの呼び鈴が鳴ったので出てみると
「こくぜいちょうさの者です」という高齢女性の声が…
出てみると

国勢調査

と書かれた封筒をたくさん持った方がw
「どちらさまですか?」
「こくぜい調査の者ですぅ」
「…税務署の方ですか?(´・ω・`)」
「いえ、こくぜい調査ですぅ」
だからなwww

しかし、これってどうせ郵送で返信するなら個別に配布する意味あるのかね?
税金の無駄遣いのような気がするんですが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/24

第496話:「願わくは 君に幸多からん事を」

えー、たまーに登場していた「年下の彼女」ですが
別れることと相成りまして。
3年以上の付き合いですから短くはないですね。
18歳下という驚異の年齢差でしたが、とても楽しい日々でしたね~
別れるのも喧嘩別れではないですし、今後も顔を会わせますし。
(そーいやとうとう1回もケンカしなかったなぁ…)

よくまぁれんのよーなバツイチ中年に(*´д`*)ハァハァしてきたものだとw
れん的には
「嬉しいけど、この娘の事考えると俺で良いのか?」
というジレンマがあったのも事実。

大事にはしたつもりですし、れんが与えられるものは全て与えたと思うので、
これはこれで自然に受け入れています。
俺から「卒業」する時が来たんだな、と。

本当に良く尽くしてくれたものだと感心しますし、
あれぐらい一途ならすぐに素敵な男性げとできるでしょう( ̄ー ̄)
男見る目は教えたつもりですしw

願わくは、君に幸多からんことを。

別れ際に「幸せになってね(u_u。)」と言われたのですが、
さて、自分の幸せってどうやって見つけるもんなんだろな……(´・ω・`)
間違いなくハードルは上げてくれやがりましたので(笑)。
なかなかあそこまで一途とゆーのも見つからんと思いますな。
ま、今現在も決して不幸ではないので、
飄々とやって行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/21

第495話:「友よ、おまえのためならば アマゾンライダーここにあり」

Spri3_2

「新仮面ライダーSPIRITS」3巻です。

れんは年齢的に1号・2号・V3よりはX・アマゾン世代な訳で。
Xのメカニカル加減とアマゾンの野生っぷりがたまりません。

そーいや劇場版ディケイドでもアマゾンがディケイドに噛み付いてましたなw

しかし何よりアマゾンは主題歌が大好き。
ライダー恒例ですが、石ノ森章太郎氏の詞は泣けるぜ。

「新」になってから3巻目ですが…ヤバイ、今回は泣かされた(;つД`)

「友よ、おまえのためならば アマゾンライダーここにあり」

という第10話のサブタイトルを見た瞬間、涙腺が決壊しかけました。
そのままズバリ主題歌2番のサビですが、
「仮面ライダーアマゾン」という作品を一言で表す見事な詞であり、
今回の「新仮面ライダーSPIRITS」アマゾン編のクライマックスにもふさわしい一言。
村枝センセには脱帽です。
他にも今巻には名台詞・名シーンが多かったのですが、さすがにこのフレーズには…

マサヒコとビクトルの絡みも最高なら、
バゴー(まさかの登場!)のアマゾンに対する想いも見事に描いてくれてもう最高でした。
つか、バゴーさん?
アンタがもう少し日本語覚えさせておけばアマゾンあんなに苦労しなくて済んだんじゃw
改造した後「日本に行け」「コウサカに会え」という暗示だけでは、、
下手すりゃ本編始まる前にアマゾンが強制送還されて終わってたぞ(;´Д`)

毎度おなじみ巻末のインタビューですが、今回はアマゾンの「トモダチ」
岡村マサヒコ少年役だった松田洋治氏。
…え~!、「もののけ姫」のアシタカって彼だったのかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/04

第494話:道場日記

…なんか道場日記も久しぶりな気がしますな。
別に道場行ってない訳じゃないですよ(笑)
ただまぁ、最近は歩くのもままならない状態ですんで、正直しんどいsweat02

さて、今回のれん先生の講義は「ヒジ打ち」。
もちろんウチの流派にもありますが、
創始者はさほど重視してなかったような気が…w
ウチの創始者はその昔、腹を刃物でえぐられているので
基本的に「接近戦」は極力避けよう、という意向が伺えます。
別に出来ない訳ではなく古流の柔術も仕込まれていたようですが、
相手に密着したり腰に乗せたりする投技が極端に少ないのです。

ただまぁ、例えば皆さん御存知の「一本背負い」でも、
古流柔術では相手が刃物を持ってることを想定して
相手の手を自分の身体から外し、脇の下方向に引きますから
決して投技=刃物対策が無い、という訳じゃないと思うんですがね。

さて、そういう流派にいても
「密着戦には遠いが打撃戦にはやや近い」
間合いを好むれんは、ヒジ打ち大好きw
困った時のヒジ頼みです。

先日YoutubeでムエタイのヒジでのKO特集を観まして
「おぉ、もつれたと思ったらバタバタ人間が倒れていくwww」
と感嘆。
この手は昔は良く研究用に観たんですが、やはり凄まじいですな。
寝技ありの総合格闘技にムエタイほか立ち技格闘技が出ると
少々分が悪いのですが、ヒジ解禁したら様相はまた違うでしょうな。
「自分の顔の前10センチを打ち抜ける凶器」ですからね。
極論すると「腕が入ればヒジは入る」のです。
格闘技の経験がない方でもちょっと試してみてください。

1.アゴをどちらの手でも良いので触ります。ヒゲをつまむ感じでw
2.そのまま手を滑らせて水平に背中をかく感じで、反対の肩へ。
3.ちょうどヒジの先端がアゴの前に来ませんか?

体勢や肩の柔軟性にもよりますが、
これに身体の回転が加わると目の前を打ち抜けます。
同じように

1.もみあげ辺りを触ります。
2.そのまま指⇒手⇒腕の内側で顔をこする感じで
3.最終的に肩甲骨を触りに行くと、アッパーのヒジ打ちです。

ヒジの恐ろしいところは、360°どこからでも襲ってくる事。
ヒザよりさらに鋭利で硬い事です。
頭部に当たるとザクザク皮膚が切れます((;゚Д゚)
ムエタイ戦士はOK狙いにも、出血でのTKO狙いにも使うそうで。

近距離戦用ですが、意外に遠くまでちゃんと届きます。
(その場合どうしてもオープンガードになるので要注意ですが)
女性でも大の男をノセますよ。
肩の柔軟性のトレーニングにもなりますので、
肩こり防止と思ってやっておくと役に立つ…かも?
(そんな場面は来ないのが良いのですが)
ヒジが痛そう、と思う方は思い切って体当たり気味にボディへ。
こうなると八極拳になるの…かな?(´・ω・`)
「拳児」ですね~

師匠も意外にバリエーションは知らなかったようで
「へぇ、そんな使い方が…」と。
まぁ俺好きですからね。

余談ですが、稽古後師匠と話すと
「いやぁ、ヒジとか頭突きって、どうも悪役な匂いがしてなぁ…」
あ~、分かります。ちょっとダーティなイメージありますもんね。
「昔は沢村忠とか良く見てたんだが」
…キックの鬼ですね。「真空飛びヒザ蹴り」ですね。
……昭和は遠くなりましたねぇw
(れんはリアルタイムでは見てないぞ。んな歳じゃねぇ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »