« 第529話:見事な大団円 『鋼の錬金術師 最終巻』 | トップページ | 第531話:T小牧はうっすら雪でゲソ »

2010/11/26

第530話:怪我の光明(誤字じゃないよ)

おおぅ、道場行けなかった…_| ̄|○
こんばんは、れんです。

準備はしてたんですけどね~
道着にアイロン掛けて(師範が小じわだらけの道着を着る訳にはいきません)
車に一式積み込んでたんですが。

 

今日は午後から道庁近辺で仕事してたんですが
仕事が早く片付いたので、札幌当時通ってた整形外科へ。
全般を診てくれますが専門は膝関節で、Jリーガーとか来ます。
年間執刀件数なら道内トップクラスかと。
れんは以前にここで「」の受診を((・_・)エッ....?膝だって言ってんのにw)

膝と足裏の状態が思わしくなく、
「専門医かかるかぁ…でも遠いからリハビリ来れないしな…」
という半ば凹んだ状態で受診。

まずはレントゲンを撮りまくられました(笑)。
そりゃまぁそうですね。
れんの今回の受診箇所は「両膝」と「両足裏」計4箇所ですから。

 

で、受診。おぉなかなか若くてイケメン。声渋ス。
…そりゃいいんですが先生、

目じりにガッツリ新しい縫い傷があるんですけど…(((( ;゚д゚)))

ボクサーかムエタイの方?
聞けなかったが次回聞いてみよう。
まだ抜糸もしてなかったが…

 

で、開口一番

「膝が硬い。足首が硬い」


…は???
そりゃ最近は開脚とか出来なくなりましたが
足首や膝は必要程度には柔らかいと思ってたんですが…

「膝を伸ばして座って膝が床に着かない」→確かに浮いてます。
「ふくらはぎがパンパン」→え?こーゆーもんだと…

偏平足が根底の原因ではあるのですが、
要は足から足首周辺、下腿部周辺の筋肉や腱が硬化しているのが原因とのこと。

れん「老化ですか?そりゃ歳が歳ですから仕方ないのでは?」
Dr「まだそんな年齢じゃないです
れん「そう…なんですか?」
Dr「膝が極端に悪い訳ではない。リハビリで治る筈です」
れん「…遠いので通えないんですが
Dr「やり方覚えて行ってください。あとは自分で」

 

…え?マジ?
それでいけるの?

Dr「ウェイトした後ストレッチしないとこーゆー風に硬くなります」
れん「む…最近はしてませんが、してた時もストレッチはおざなりだったかも…」

れん「つか歩いたり走ったりしても良いんですか?!」
Dr「まぁ良いですよ。無理はしない程度に」

 

や、やったー!!!!!

別のドクターには
「可能な限り動くな!歩くな!」
と言われており、じっとしてたんですが
それでも一向に良くならないわ、下半身の筋力は落ちるわ、
体重管理は難しいわで、気分的に凹んでたんですよ~
「オレ、このまま動けないまま体力回復もできずに衰えるのかなぁ…」とね。

 

動いて治るんなら幾らでもやります!

 

その後、腰と股関節も痛むのでレントゲンと診察追加。
特に問題なしなので、こちらもストレッチ中心のリハビリで行くことに。

さて今度はリハビリルーム。
理学療法士(PT)のセンセがふくらはぎを触りやはり驚く。
れん「これって普通じゃないんですか?」
PT「あはは。ちょっと自分の触ってみてもらえます?」

うわ、柔らけぇ!
商売柄体力は人並み以上のはずだし、これはやはり俺おかしいわwww

で、ひとまず下腿部のストレッチを習い、
あとは自分でやりつつ来れる時に来るという方針で終了。
ちなみに注射も薬も無し。

診察時に

Dr「シップとか出しときます?」
れん「効くんですか?正直注射されても効いてませんけど…」
Dr「原因放置のまま注射だけでは効かないでしょうねぇ」
れん「むぅ…お守りとして貰っておきます」

というやり取りはしてます(笑)。
シップは打ち身や軽い関節の痛みに流用するのでこーゆー時に貰って貯めてます。
やはりモーラスとかは効くので。

 

会計の段でびっくり。
初診料込みですが、7,000円近くかかったwww
まぁ、あれだけ写真撮ればねぇ。仕方ないか
今月は出費が多いのに

そして時間。
実に3時間以上いた事に。
4時に病院入りして終了が7時過ぎですからね。
混んでるとは言えキツかった。
おかげで道場行けませなんだ(´・ω・`)ショボーン

 

しかし、光明が見えてきた。

ここんとこ良くならない状態に焦りを感じ、
「俺ここまでかなぁ…もうできない身体になるのかなぁ…」と
不安を感じていたんですよ。
でも、原因がある程度特定でき、しかも自力でなんとかなる方法があるのなら
何としても治してやる!

思わずPTの先生に
「何とかあと10年やりたいんです!お願いします!」
って言っちゃいました
よーし、動いて治すぜぇ。ふふふふふふふふふふふ

 

余談

スポーツ医学系の病院ですので、全般に若い人が多いとこです。
学校名の入ったジャージやバッグを持った学生さんがたくさん。
バスケ部とかサッカー部、あるいは陸上部でしょうかね。
皆若い身空で怪我をして頑張ってリハビリしてます。
「あ~、俺も頑張らんとな~」と元気を貰えますね。
それはいいんですが…

 

何でこんなに女の子比率高いん?(´・ω・`)

正直おじさん気恥ずかしいんですが…
この歳になって女の子の集団に放り込まれても落ち着かん
それになんかこう、
「普段スポーツしてないオッサンが無理して怪我したんじゃない?(プゲラ」
的な視線を感じるのは気のせい?
違うんだこれは長年の激闘の結果なんだよぅ(;;;´Д`)
…まぁ誰もそんなこと気にしちゃいませんがね(笑)。

|

« 第529話:見事な大団円 『鋼の錬金術師 最終巻』 | トップページ | 第531話:T小牧はうっすら雪でゲソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第530話:怪我の光明(誤字じゃないよ):

« 第529話:見事な大団円 『鋼の錬金術師 最終巻』 | トップページ | 第531話:T小牧はうっすら雪でゲソ »