« 第546話:絶対可憐チルドレン 24巻 | トップページ | 第548話:良いお年を! »

2010/12/30

第547話:道場日記~オ・ト・ナの納会編~

大掃除の最中にちょいと一息(*´Д`)y-~~~

昨日は大人だけの納会でした。
「第510話:はこだてのひと」で転勤したウチのNo,3が年末休みで帰ってきたので、
できなかった送別会を兼ねて(笑)集合。
今回は市内の3道場の幹部や若手が終結、なかなかに盛況でした。

ウチからは師匠、れん、No,3のT君(26歳…だっけ?)のほか
・自衛隊に入って陸曹受かったS君22歳
・先日顔を出した専門学生O君20歳
・同じく先日顔を出したバー店長K君20歳

市内A道場からは
・最近結婚したB道場師範代K君(33歳…だっけ?)

市内B道場からは
・支部長のKさん(れんの兄弟子)
・同じく師範代のT君(れんの元教え子で移籍してKさん補佐、イケメン)

と、これだけの面子が集まるのは珍しい。
六段を筆頭に全員が有段者…punch
絶対に酒乱になってはいけない集団ですなsweat02
まぁこの集団の中でコワモテなのは…
Kさん(ガタイが良くて眼が切れ長)、ウチのK(夜でもキャッツアイ系グラサン)、
S君(自衛隊謹製の肉体、坊主頭…まではいいが、何だそのちょび髭はwww)
くらいですかね。

 

しかし…皆立派になったものです。
Sなどはすっかり自衛隊に洗脳され、かいがいしく先生方のお酒を作り続けるわ、
最年少のOやKも言葉遣いがしっかり敬語。
オィオィ、こちとらお前たちが小学生の頃からの付き合いなんだ。
しゃちほこばんなくて良いよwくすぐってェcoldsweats01

焼肉屋で一次会でしたがあれこれとたくさん話ができました。

 

奥さんに尻に敷かれてるA道場のKをいじったり

れ「お前、俺に奥さんの職場の看護婦さん紹介するとか言ってなかった?(# ̄З ̄)」
K「あ?紹介してもいいですか?29歳の娘いますよ!」
れ「こら!真に受けんなsweat01俺はさておき20代の娘に40代紹介したら恨まれるぞ(;´Д`)」
(とか言いつつれんの前の彼女は20代前半だった訳だが…)

Tから函館の土産話を聞いたり

れ「で、函館の走り屋はどうよ?」
T「ん~、雪に弱いっス」
れ「そりゃそうだろ(´・ω・`)」

兄弟子であるKさんからは

K「俺が入門した時、れんが中学生の筆頭でなぁ…」
れ「いや、もう40超えたオサーンなんでその話は…」
といじられたり( ̄Д ̄;;
(実際には1歳しか違わない上に入門はれんが先なんで「兄弟子」はむしろれんなのだがw)

うひゃひゃ、楽しいねぇ。
途中網走にいる元教え子Tも電話参加して盛り上がりました。

 

二次会はKが店長を務めるバーに移動。
シェーカーを振ってカクテルを作る姿に
「おぉ~!Kが振ってるぞ~!!」
「コノヤロ、一人前になりやがって!」
と一同拍手喝さい(笑)
(単なる酔っぱらい集団だ)

この段階で時々コメを残していく千葉の元W看板娘「はる」からも電話。

は「いいなぁ~!ワタシも参加したい~!(。>0<。)」
れ「遠くに嫁に行ったお前が悪いw」
(もう一人の看板娘も今回参加できず。残念!)

この頃になると酔いが廻った専門学生Oが泣きモードに。
…お前泣き上戸かよcoldsweats01
大人になってくるといろいろあるからなぁ…
昔の顔を見て安心したみたいですね。

O「れん先生の伸びる蹴りが憧れだったっス」
れ「そうけ?足短いんだけどなwお前もできるようにしてやるから道場来いよ( ̄ー ̄)ニヤリ」
O「ハイ!(いや、だから泣くなって…)」

実は先日の納会に引き続き、この宴会でもれんは一滴も飲んでおりません。
誠にお恥ずかしい話ですが、最近飲むと記憶を失くす事が多く
(様々な証言から記憶の無い間も「普通だった」という事は分かってるんですが)

「いい歳をしてこれは( ・∀・ )カコワルイ」
「それ以上に、楽しかった記憶が全部飛んじゃったら意味がない…_| ̄|○」

と外では飲まないよう勤めております。
余程安心できる状態なら考えますが…

ですので、宴会終了後残っていた4人を車で送り届けミッション終了。
師匠「よく飲まないでいられるな?」
れん「どーせ俺は飲んでも飲まなくてもあまり変わらないので。
    ただ普段に増して喋るだけですしね~」

それにしても、皆一人前になったなぁ…
「なんちゃって先生」としては感慨無量ですよ。
(学校の先生と違ってれん達は先生になるための訓練を受けてる訳ではないので)
こうやって何年も経ってからも顔を出し、慕ってくれるというのは先生冥利に尽きますね。
…来年も頑張ろうっと(;ω;)

|

« 第546話:絶対可憐チルドレン 24巻 | トップページ | 第548話:良いお年を! »

コメント

>O君が泣いちゃう気持ち、分かるなぁ~。

そういうものか…
そーいや、なんかSもOもKも
「先生方の凄さが最近分かりました!」
としきりに言ってたなぁ。
皆それだけ大人になったという事なんだろうね~
ただ、はるにしてもそうだけど
そうやって言ってくれる、そう思ってくれる人がいるから
俺も今までやってこれたんだよ( ̄▽ ̄)


>若干憂鬱・・・

まぁダンナさんの実家というのはね(;´Д`)
つか、俺も今年は妹・弟とも結婚したので
正直実家に帰るのがイマイチ…_| ̄|○
お兄ちゃん肩身がねw
早々に退散する予定sweat02

投稿: れん→はる | 2010/12/31 00:22

こんばんは~ 何とも素敵な納会だったんですね!情景が目に浮かぶ・・・そして本当に行きたかった~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 
O君が泣いちゃう気持ち、分かるなぁ~。学生の時には当たり前だった道場や先生との関係が、大人(社会人?)になって改めて良さを再認識できるんですよね!! そして私は今まさに再認識中デス(´Д⊂グスン戻れるなら戻りたい・・・


なんだか落ち込んでしまいそうですがそうも言ってられず、明日から旦那の実家へ帰省する、はるでした。若干憂鬱・・・

投稿: はる | 2010/12/30 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77612/50441331

この記事へのトラックバック一覧です: 第547話:道場日記~オ・ト・ナの納会編~:

« 第546話:絶対可憐チルドレン 24巻 | トップページ | 第548話:良いお年を! »